1. Top
  2. » 2013/01

「正しい立ち方」を実践すると、超能力レベルの「勘」が身に付くかもしれない

最近、直感が冴え渡っています。

どんな直感かというと、こんな感じです。

・携帯電話の電源を入れずに時間が分単位で予想できた
・普段携帯は持ち歩かないのに、気になって持っていったら、携帯が必要な事件が起きた
・携帯に営業電話がかかってきて、その相手を予想できた


「信じる信じないはあなた次第です」なんですが、こんなことがありました。

詳しく言います。

■携帯電話の電源を入れずに時間が分単位で予想できた

朝、ふと目覚めた時に、時間を確認したい時ってあるじゃないですか。

で、私の部屋には時計がありません。

時間を確認するには、携帯を開くしかありません。

私は夜に電話がなるのが嫌なので、電源を切っています。
(目覚ましをセットすると、自動で電源が入って、アラームが鳴ります)

その時は目覚ましをセットしていませんでした。

なので、手動で電源を入れて、携帯を開いて(ガラケーです^^;)時間を確認しなければ、今の時間を知ることはできません。

それで、朝目が覚めたんですが、携帯に布団から手を出して、携帯の電源を入れるのがめんどくさかったんです、冬だし、寒いし、私の住んでる所は東北の岩手なので、部屋の中でも0度近くにはなってるんじゃないでしょうか?(言い過ぎ?)

それで、携帯に背を向けて、「めんどくさいなぁ」と思いながら、イメージの中で、携帯電話に電源を入れて、開いて、時間を確認しました。

何時かは覚えていませんが、「27分」だということは、ハッキリ確認できました。

この時、この時間に自信があるとか、確信があるとかは、全然なかったし、ただのイメージだと思っていました。

なので、その数分後、「やっぱり、時間確認するか」と思い直して、実際に携帯電話に電源を入れて、時間を確認したら、「29分」でした。

「ひょっ!?(驚)、さっきの27分って、マジだったんじゃね??」

ビックリしつつも、「もしかして俺は凄いかもしれん」と変な自信が湧いてくる感じでした。

「イメージしただけと思ってるかもしれないけど、実際に携帯に電源入れて、夢遊病患者のように、時間を確認して、もう一度電源切って、そのことを自分が忘れてるだけじゃね?」

という意見もあると思いますが、私自身は確かにイメージの時は、携帯には電源を入れてないし、その数分後に始めて、実際に電源を入れました。

事件もののテレビのように、それを証明できる他人がいないので、やっぱり、やりすぎコージーのように、「信じるか信じないかはあなたしだいです」という締めにはなってしましますが。

さらに、こんなこともありました。

■普段携帯は持ち歩かないのに、気になって持っていったら、携帯が必要な事件が起きた

私は普段あまり携帯を持ち歩きません。(それって携帯じゃないじゃん)

色んなツッコミはあるとしても、それを余裕でスルーして、話を進めます。

その日も近所のスーパーに車で行こうとしていました。

いつもなら、携帯は家に置いて、身軽な感じで行くんですが、その日は何故か、何かが気になって「持っていった方がいいかな・・」と思って、実際に携帯を持って行きました。

そしたら、この記事にあるように、車のタイヤがパンクして、タイヤ交換方法をすっかり忘れていたのでえ、自動車修理工の父に連絡しなければならない事態になりました。

いつもの私なら、この時点で連絡手段が無いので、結構めんどくさいことになります。
(スーパーの人に電話借りるとか、一般の方に無理言って、携帯を借りるとか)

それで、この日はたまたま「携帯持っていくか」と思えたお陰で、無事、父に携帯から電話することができて、事は丸くおさまりました。

「最近の俺冴えてるぅ~!!」

と、アンタッチャブルの山崎バリに思った次第でした。

そして、今日、もう一つ、「冴えてるな」と思ったことがありました。

■携帯に営業電話がかかってきて、その相手を予想できた

昔、営業電話が携帯にかかってきて、凄い不快な思いをしたことがありました。

正直、根が無駄に真面目なので、その件で結構落ち込みました。
数ヶ月位は落ち込んだと思います。

「落ち込みすぎじゃね?」

と思うかもしれませんが、映画のダンサー・イン・ザ・ダークを見て、3ヶ月くらい落ち込み続ける位の、感情移入しやすい、めんどくさい性分なんです。

んなこたぁ、良いとして。

その「落ち込んだ電話営業の件」以来、精神的疲労が激しくなりそうな営業電話はとりたくないし、仕事の集中力も切れるので、普段は携帯電話の電源は切るようにしていました。

「それってもはや携帯じゃなくない?」

というツッコミも華麗にスルーして、その日も、着信やメールをチェックしようと、携帯の電源を入れました。

そしたら、「ピンポンパンポーン♪」と、着信かメールがあったことを知らせる音楽が鳴りました。

で、見てみると、どうやら着信があったようでした。

その瞬間、「あの嫌気分になった営業電話の件」のイメージがドンドン頭に湧いてきて、少し気分が悪くなって来ました。

「なんで、こんなこと思い出すんだろ」と思いながらも、着信のあった番号をGoogle検索して、発信元を調べました。

そしたらそしたら、まさしく、「あの嫌な気分になった営業電話をかけてきた会社」からの着信でした。

それで、詳しく調べて見ると、どうやら詐欺的な会社のようでした。
(あえて名前は挙げませんが)

それよりも、その電話番号を見た瞬間に「あの嫌な営業電話の件」を思い出したのが、「凄いなぁ」と自分のことだけど、思いました。

って、この記事今書いてて思ったんですが、その電話番号が潜在意識の奥底に「記憶」として残っていて、その番号を見た瞬間、その当時のこと(営業電話で気分を悪くしたこと)を思い出しただけかもしれませんね。

というか、こっちの方が、論理的に納得しやすい(笑)

。。。

まぁ、最後のは置いとくとしても、最初の2つは、自分的には、「結構凄いなぁ」と思っています。(自慢するとかじゃなく)

結局は、「信じるか信じないかはあなた次第」なんですが、なんで、こんなに最近、勘が冴えわたっているのか、自分なりに考えて見ました。

そしたら、思い当たる所が1つありました。

それは、「立ってパソコン作業をする」ようになったことです。

立ってパソコン作業をするようになった経緯と、途中経過は次の記事にまとめてありますので、もしよければ、見てみて下さい。

立ってパソコンをすると、筋肉ムキムキになって最強の肉体を手に入れられるかもしれない

それで立ってパソコン作業をするようにしたことが、「最近の勘の冴え渡り」の原因なんじゃないかと、今考えています。

その理由をこれからお話します。

■勘を働かせて戦場を生き延びた人、藤平光一さん

まず、人間は自然でリラックスした姿勢だと、「勘が働くようになる」そうです。

これは、合気道などをやられている、藤平光一(とうへい・こういち)さんの著書「「氣」の威力 (講談社プラスアルファ文庫)」を読んで知りました。

よく武道などで、「丹田に力を込めろ」とか「丹田に氣を集めろ」という話があります。

藤平さんは、この「丹田に意識を集中させる」ことで、「戦地を生きてくぐり抜けた」そうです。

それには「勘」の役割も大きかったようです。


その部分を引用します。

(引用文に出てくる「臍下の一点」とはさっきの「丹田」のことです。)

臍下の一点に心をしずめて行動すると、度胸がつくだけではない。不思議とカンが鋭くなった。

たとえば、行軍中、前方に敵が待ち伏せをしているのがなんとなくわかるのである。臍下の一点に心をしずめていると、リラックスして安心感があるが、それでもザワザワと不安な氣が起きてくることがある。ふつうなら、下腹に心をしずめれば、不安は消える。それでも消えないというときは、自分のせいではないはずだ。というもおかしい。そう考えていると、次第に前方の山の形が氣になってくる。そこで偵察を出すと、たいてい、敵が隠れていた。こうして、私は敵の待ち伏せ攻撃を避けたことが何度もある。


(太字強調などは、私の方で加えました)

戦場を生き抜くために「働いた勘」は丹田に気をしずめることで、体得できたそうです。

命をかける場面での勘ですし、それが上手く働かなかったら、藤平さんはこうして、本を出版することもできなかった思います。

ですから、私はこの藤平さんのエピソードと「丹田に気をしずめる」ことが人間の自然な状態だと考えています。

でも、これだけだと、私の「勘が冴え渡ったエピソード」とは繋がりません。

私はもう一人の達人の本を発見し、その人が言う、「正しい立ち方」を意識して、ずっとパソコン作業をしていました。

その結果、立った状態の自然体に近い状態になっているので、勘が冴えてきていると考えています。

■稽古を積めば積むほど強くなる沖縄古伝空手の宇城憲治さん

まずは、その達人を紹介します。

沖縄古伝空手、心道流空手道師範の宇城憲治さんです。

私は古武道にも興味があって、古武道家の甲野善紀さんの本も読んだりしています。
あるとき、Amazonで武術関連の本などをあさっていたら、こんな文章がありました。

古武道家・甲野善紀氏をして「すごい人がいる」と言わしめたその技の数々は、数多くのスポーツ選手を引きつけてやまない。

古伝空手の発想 身体で感じ、「身体脳」で生きる (光文社新書)の商品紹介文より


甲野さんが「凄い」っていう人は、凄いに違いないと思って、早速、宇城憲治さんの「武道の心で毎日を生きる (サンマーク文庫)」という本を買ってみました。

この本の中で、最も「凄いっ、これは本物だっ」と思ったのは次の部分です。

私の師・座波先生は91才を超えてなお、突きの威力は私の突きをはるかに上回ります。


(「突き」とは現代風に言えば「パンチ」のようなモノです。)

「91歳を超えても、甲野さんが凄いといっている武道家の突きよりも、はるかに強い突きを打てるなんてっ」

普通の武道とかスポーツとかって、「年を取ると弱くなってくる」じゃないですか、少なくともそういうイメージがありますよね。

でも、この宇城憲治さんの師匠の座波さんは、91才を超えても、「弟子の宇城さんよりも、強い突きを打てる」なんて、本当に本物の武道だと思いました。

それで、その宇城憲治さんが、「正しい立ち方」というのをこの本の中で解説されていました。

それが次のモノです。

まずは正しい立ち方です。これはスポーツ選手だけでなく、全ての人にとって大切な基本です。

両足を軽く開いて立ち、足裏全体で体重を支えます。そのとき、大事なことは、かかとを意識するということです。漠然と立っていた最初に比べて、足の裏に身体の重さを感じ、足裏で地面を踏みしめている感じがだいぶわかってきたのではないでしょうか。


この「立ち方」を意識して、私はずっと、パソコン作業をしていました。

この正しい立ち方こそが、言葉は違いますが、藤平光一さんが戦場で実践していた、「自然体」なんだと、私は思っています。

なぜなら、宇城さんの言う「正しい立ち方」を実践していたら、「自然と丹田に重心が落ち着く」ように感じてきたからです。

気分も落ち着いてきましたし、呼吸もものすごく楽に、深くできるようになりました。
また、声も前より低くなったように思います。

そういう「正しい立ち方」でパソコン作業を続けていたところ、「俺、勘が冴え渡ってるかもっ」と思えるようなことが起こるようになってきました。

なので、「正しい立ち方」を実践すれば、もしかしたら、あなたも同じように「勘」が冴え渡ってくるかもしれません。

私はこれからも、宇城さんの言う「正しい立ち方」を続けていこうと思っています。

では、またっ^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アコギの新品の弦が届いたっ

アコギの新品の弦が届きましたっ。

実は、アコギの弦交換が始めてで、少し手こずりました。

それでググって、次のサイトを参考に弦交換しました。

"アコースティックギターの弦の張り方(弦交換のやり方)初心者のためのアコースティックギターサイト k.natsu.brand.81

アコギの場合、エレキと弦交換の方法が少し違ったので(といっても、エレキもかなり忘れてると思いますが 笑)、とても勉強になりました。

このサイトの管理人さんも、Googleアドセンスという広告をサイトに貼って、広告収入を得ているようです。どれくらいの収益になっているんでしょうか?

以前、YouTubeにエレキ・ギターの演奏方法を動画で解説したモノをアップロードしている人がいて、その人は「ほったらかしで月に5万円ほど稼いでいる」と言ってました。

ネットビジネスをやらている方はほとんど知っていると思いますが、著作権違反の動画などを除いて、自分オリジナルのコンテンツをアップロードしていて、それにある程度アクセスが集まってくると、「動画に広告を載せませんか?」とGoogle側がオファーしてきます。

(たしか、オファーがなくても自分から動画広告を申し込めるような気がしたんで、調べてみたら、やっぱりできるようです。参考:YouTube パートナーになる - YouTube ヘルプ

それで、「Youtubeパートナーで収入を得る」ということに、興味が湧いたので、調べてみました。

別の記事にまとめましたので、良かったら見てみて下さい。

YouTubeに56秒の動画を公開して5000万円稼いでる(予想)人がいるので、動画を公開して広告収入が得られるYouTubeパートナーシップというモノを調べてみた

YouTubeパートナーシップはかなり面白そうです。

日常的にビデオカメラを構える習慣を作るか、なんか帽子のようなモノにビデオカメラがついていて、それで日常を自動的に撮影できるモノがあれば嬉しいな。。それで、あわよくば、数千万稼げたり。。

と思う、今日この頃でした(笑)

それでは、またっ^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

立ってパソコンをすると、筋肉ムキムキになって最強の肉体を手に入れられるかもしれない

去年の年末頃から、私は「立ってパソコン作業をする」ようにしています。

これは「日本版ライフハッカー」さんの次の記事を読んだことがきっかけです。

立ったまま机に向うと快適! : ライフハッカー[日本版]

米Lifehackerの母、Gina Trapaniさんは立ってパソコン作業をすることで、「姿勢が良くなった」そうですし、「もう座ってパソコンはやりたくない」と思うようになったそうです。

その頃、座ってパソコン作業を繰り返して、体がかなり不調だったので、「もしかしたら、これで良くなるかもしれない」と思って、早速、パソコン環境を「立ってやる」モノに作り変えました。

それで今、1ヶ月半位になるんですが、「メチャクチャ調子が良い」んです。

これはもう、マジで本当に、「俺ってこんなに健康だったんだ」と思えるほどに調子が良いんです。

前に大学生の頃のフニャケタ生活から、体を使う職種に就職して、ひどい筋肉痛になりながらも、ようやく体が慣れて、肉体労働的な「健康な肉体が出来上がるまでに3ヶ月位かかった」ので、今年の3月頃には、もっと健康になってるんじゃないかと予想&期待してます。

体のどこが違うのかというと、「体の背中側の筋肉の発達が凄い」です。

・ふくらはぎ
・太ももの裏
・ケツ
・背筋全般

ここらへんの発達が凄いですし、最初の頃はずっと筋肉痛でした。

また、「下がっていた肩が上がって」きました。

座って長時間パソコン作業をしていると、どうしても首が前に出て、猫背気味になって、結果として、肩が下がりがちになります。

そして、肩が前に入って下に下がってくると、とんでもない不具合が頻発するようになります。(実体験)

私は座ってパソコンを長時間やり過ぎて、体調をかなりのレベルで壊しました。

私が体験した症状を次に挙げます。

やせ細って、横から見るとアイスの棒のようなペラペラ状態になった
(いや、マジです)

字が書けなくなった
(腕の極度の疲労と、肩が下がっているので、思ったように字を書けなくなりました)

手が冷たい

精神状態が悪くなる
(肩が前に入って、下がっているので、横隔膜が圧迫されて呼吸が上手くできない)

パニック障害のように人が怖くなった
(これは首と目の筋肉の疲れが原因かもしれません)

いくら食べても体重が増えない
(多分栄養を吸収できる状態じゃなかったんだと思います)

関節リュウマチ
(朝起きたら、指がぼっこり腫れて曲がりませんでした)

坐骨神経痛
(詳しくは忘れましたが、その時、症状をGoogle検索をした結果、坐骨神経痛だと確信しました)

「痩せた?」と人に会う度に言われる

自分に自信が無くなった
(正常に呼吸できないのが原因だと思います)

こんな感じです。

どうですか?とんでもなくヤバイですよね。

老人になってから経験するであろうことを大体経験できたと思っています。
今では、これは本当に良かったと思ってます。

なぜなら、「これからは上がっていくだけ」ですから。

私は中高生の頃の自分の肉体を越えようと思っています。

そして、今のまま、健康状態が復活していけば、これは可能だと思っています。

なぜなら、中高生の頃の自分には無い、「知識と経験と技術」があるからです。

人間の自然で正しい姿勢はどんなモノが理想かを色々研究した結果、「こうだろうな」というモノを見つけてあります。

そこを目指してやっていけば、中高生の頃の自分は超えられると思っています。

話が結構それた気がしますが、

座ったままパソコンを長時間、長期間やっていたら、私はかなりのレベルで体調を壊しました。

そして、それを「立ってパソコン作業をする」ようにした所、メキメキと健康を取り戻しつつあります。


体が仕上がるであろう頃の3月が本当に楽しみです。

なので、もしあなたが、座ってパソコンを長時間していて、昔の私と同じ様な症状に苦しんでいるのなら、「立ってパソコン作業をする」というのを試してみるのも良いと思います。

もし、私の大切な人が、昔の私と同じような状況だったら、私は迷わず、本当に迷わず、速攻で「立ちパソコン」を進めます。

もしくは、立ってやる仕事だったり、肉体労働(肉体労働をやっていた頃の私はかなり健康でしたし、かなりの筋肉だったようです、私は忘れましたが 笑)を勧めます。

もし状況が合えば「立ちパソコン」を考えてみてください。

それでは、またっ^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下腹ポッコリは「水分の取り過ぎ」の証拠・・かもしれません

私は下腹がポッコリしたり、簡単に戻ったりを何回も繰り返しています。

その原因が最近わかったような気がします。

それは、タイトルにもあるように「水分の取り過ぎ」です。


その理由をこれからお話します。

まず、私は、普段生活していて、気づいたら、「下腹がポッコリしてきたな」と思うことがよく有りました。

それで、次の記事にもあるように、

温泉入ったら体重2キロ減。酒を飲み過ぎた体には2リットルもの余計な水分が溜まってる?

たまに、近くの温泉に行く時があります。

そして、ここからが重要なんですけど、「温泉に入る前には下腹がポッコリしていたのに、温泉に入って、汗をいっぱいかくと、その場で下腹がシュッと凹みます」

これ、マジです。

家族にも言ったんですが、信じませんでした(笑)

でも、マジなんですよ。

私はこの経験をしょっちゅうしています。

それで、さっき挙げた記事にあるように、「むくむ」というのは、「水分の取り過ぎ」が原因のようです。

これは、医師の石原結實さんの「水分の摂りすぎは今すぐやめなさい」という本で知りました。

そして、この本の中には、「水分の取り過ぎ」の証拠となる、色んな症状が載ってました。
その中に、まさに、「下腹ポッコリ」が載ってました。


他にも症状を挙げると、次のようになります。

・イライラ、不安、不眠
・発赤(発疹)
・吐き気、せき
・口内炎
・口臭
・動悸
・息苦しさ
・腰痛
・生理痛
下腹がポッコリ出る
・手のひらが赤い
・生理不順
・ヒザの痛み
・痔
・便秘
・頻尿(または乏尿)
・ぼうこう炎
・むくみ、大根足
・静脈瘤

このようにメチャクチャあります。

もちろん鵜呑みにするのは、あまり良くないと思いますが、少なくとも私は、さっき言ったように、「お風呂に入って、体を温めて、汗をいっぱいかいたら、下腹ポッコリが一瞬にして、シュっと凹んだ」ことを何度も経験しています。

なので、下腹ポッコリの原因は「水分の取り過ぎ」である可能性が高いと思っています。

ちなみに、冒頭に紹介した記事にあるように、「体内にたまった余分な水分」を取り除くには漢方の「五苓散」と「苓桂朮甘湯」が有効と言われています。

私が考える、下腹ポッコリのもう一つの原因は「ガスが溜まっている」ことです。

唾などを飲み込んで、いつもより、空気を多めに飲み込んだ時に、下腹がポッコリ出ることも経験しています。

ココらへんの見極めが難しいですが、石原さんの本と、自分の経験を照らし合わせると、自分なりに見極めができるようになってると、個人的には思っています。

もちろん、他のなんらかの病気が原因で、下腹ポッコリすることもあると思いますので、厳密にこれら2つだけが原因だとは、口が裂けても言いません。

普通の健康な体の場合は、下腹ポッコリはこれら2つ(水分の取り過ぎ、ガスが溜まった)が原因なんじゃないかと、個人的に考えています。

そして、「水分の取り過ぎ」が原因の場合は、温泉に行って、お風呂に入ったり、サウナに入ったりして、汗を大量にかいたら、「下腹が一瞬にして凹む」かもしれませんし、「おなかに溜まったガス」が原因の場合は、運動やリラクゼーションなどをして、オナラを出すようにしたら、凹む可能性があります。

少なくとも、私はこれらのことを実際に経験しています。

ですから、私自身は、これらのことを確信しています。

どうですかね、家族が信じないので、あまり信じる人はいないかもしれませんね^^;

それでは、またっ^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温泉入ったら体重2キロ減。酒を飲み過ぎた体には2リットルもの余計な水分が溜まってる?

こないだ、酒を飲み過ぎました。

当たり前のごとく、何時に寝たのかも、どれくらい飲んだのかも、どんな話をしたのかも(主要テーマぐらいは覚えてますが)覚えていませんでした。

で、朝起きて、自分の顔を鏡で見てみると、メチャクチャむくんでるんです。

顔のサイズが二回りくらい(おおげさ?)デカくなってるんです。

「これはヤバイな」とも思ったし、最近の精神状態もあまり良くなかったので、気分転換に近くの温泉に行きました。

420円で早朝から夜までやってる所なんですが、そこに昼くらいに行きました。

たっぷり汗をかいて、体のコリとか歪みも治したかったので、

温泉 → 電気風呂 → サウナ → 水風呂 → また温泉

というループを何回も繰り返しました。

そして、たまに温泉の席というか、鏡のある所に戻って、自分の顔を見るんですが、

見るたびに顔が小さくなっていきました(笑)


モヤっとふやけたような感じの顔が、次第にシュッとなっていきました。

「おぉ、これはイケる」と思ったと同時に、「どんだけむくんでたんだ、俺」と思いました。

それを繰り返して、約3時間くらい温泉に入りました。

それで、温泉から上がって、体重計に乗ったら、「なんと、2キロも減って」ました。

リットルに直すと、「2リットルも余分な水分が体の中に余っていた」ことになります。


「ににににっ、2リットル!?

 1リットルの牛乳パック2本分??

 こいつぁ、マジで恋する5秒前くらいやべーっ」

と思いました。

そういえば、昔、夜の商売をしている子と付き合ったことがあるんですが、その子はラシックスという利尿剤を飲んでました。

それを飲まないとむくんで仕方ないそうです。

「うーん、俺は夜の商売をしている人と同じレベルの酒飲みになりつつあるな、ムフフ」

とはならず、本気で「ヤバイな」と思いました。

それで、

・水分の取り過ぎは体に悪い(中医学で言うところの「水毒」)

ということを主張している、石原結實さんというお医者さんの本を持ってたので、それをもう一度読むことにしました。

読んでみると、思い当たることありまくりで、恐ろしくなったので、同じ酒飲みの同志の方のためと、戒めとして、自分が忘れないようにと、記事にしました。

まず、「むくむ」ということは、「水分が体の中に溜まっている」ということだと思います。

そして、飲み過ぎた次の日、顔がむくんでいるというのは、酒(水分)を取り過ぎて、それが体の中に溜まっているということだと思います。

そしてそして、「お風呂に入って汗をかくと体重が減って」スッキリしたり、「利尿剤を飲むとむくみがとれる」ということは、体の中に溜まった水分を汗や尿の形で外に出せれば、調子が良くなるということだと思います。

本題はここからです。

漢方にも利尿剤として、使われているモノがあります。

五苓散(ごれいさん)と苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)というモノです。


そして、この「漢方の利尿剤」が効く症状に驚くべきモノがあります。

それを紹介します。

「水分の摂りすぎ」は今すぐやめなさい―細胞が元気になる根本治療法より)

まずは、五苓散から。

■五苓散(ごれいさん)が効く病気

・下痢
・口渇
・二日酔い
・胃下垂
・乗り物酔い
・糖尿病
・腎炎
・ネフローゼ
・腎盂炎
・ぼうこう炎
・頭痛(偏頭痛)
・陰のう水腫
・メニエル症候群
・てんかん
・黄疸
・胆石症
・肝炎
・涙のう炎
・結膜炎
・しゅう明(まぶしさ)
・吐乳

五苓散(ごれいさん)

次は、苓桂朮甘湯です。

■苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)が効く病気

・胃下垂
・メニエル症候群
・神経性心悸亢進(しんけいせい・しんきこうしん)
・不安神経症
・ヒステリー
・心臓病
・バセドウ病
・結膜炎
・慢性視神経炎
・腎炎
・ネフローゼ
・高血圧症
・ぜんそく
・貧血症

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

このように、大量の病気が挙げられてます。

「漢方の利尿剤」がこれらの病気に効くならば、「これらの病気は水分の取り過ぎ」ということになります。

酒を飲み過ぎたり、ジュースなどで水分を取り過ぎると、これらの病気になる可能性があって、それらの病気には「漢方の利尿剤が効果があった」ということだと思います。

酒の飲み過ぎでこれらの病気になる可能性があるって、ヤバくないですか?

思い当たる部分はありませんか?

私の場合は次のことが思い当たりました。

・二日酔い(飲み過ぎた次の日こうなる、当たり前 笑)
・下痢(飲んだ次の日、下痢になることがあります)
・しゅう明(まぶしさ)(飲んだ次の日、太陽が、まぶしくて目が開けられない時があります)
・不安神経症(飲む日が続くと、精神状態が悪くなることがあります)
・ヒステリー(飲む日が続くと、精神状態が悪くなることがあります)
・心臓病(最近、心臓のあたりが痛い、、これは違う原因か?)

少なくとも知識として、このことは知っておいた方が良いと思います。

巷の情報は「水分を多く取りなさい」というモノがほとんどですが、逆のことを言っている人にも注目した方がいいと思います。

少なくとも「むくみ」に関しては、石原結實さんに賛成です、私は。

自分の体験的にもそう思いますし、石原さんの本を読んでも、論理的に納得出来る部分があります。

対処法としては、
・飲み過ぎない(キャー、私にそれを言わないで 笑)
・飲む前にサウナなどに入ってたっぷりと汗をかく
・二日酔いになったら、お風呂やサウナに入って、体を温めて、尿や汗を出す


ということが挙げられています。

他にも、食生活を改善したり、日頃から運動して、筋肉をつけて、基礎体温を上げておくことで、体に入った水分を正常に外に出せるようです。

というのは、体が冷えると腎臓の血流(腎血流)が悪くなって、「尿の生成量」が少なくなって、結果的に「体に余分な水分が溜まる」んだそうです。

これに対処するためには、体の基礎体温を上げておけば良いそうです。

それには、筋トレをしたり(体が生成する熱量の40%は筋肉だそうです)、運動をしたり、体を冷やす食物をとらないで、体を温めるモノを摂取するようにするといいそうです。

そんなこんなで、

酒飲みの私達にとっては、恐ろしい情報ですが、「水分を取り過ぎて、体の中に余分な水分が溜まった状態が長く続くと、体には色んな不具合が出てくる」ようです。

それに対処するためには、

・水分を体の外に出す(お風呂、サウナ、運動など)
・基礎体温を上げておく(筋トレ、ジョギング、温かい食物を取る)
・飲み過ぎない。。(笑)


などが良いようです。

そして、飲み過ぎの害についてなんですが、個人的にもう一つ仮説を持っています。

それもいつか、記事にしたいと思います。

それでは、またっ^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonにはギターのバラ弦も、セットの弦も売っている(えっ?知ってた?)

おととい位に、アコギ(アコースティック・ギター)の1弦が切れました。

で、中高の頃にギターを弾いてたんだけど、どこで弦を買ってたのか覚えてない(笑)

(中高と岩手に住んでいて、北海道の大学に引越し、その後、岩手に帰ってきて、現在33才位なので、記憶がかなりあいまい)

「どっかの電気屋で売ってたような。。でもその電気屋の記憶がない。。」

そんなことを妹に話してたら、

「Amazonで買えば?」

はっ!!!

その発想は無かったっ(笑)

Amazonではほとんど本しか買ったことが無かったので、まさかギターの弦を買えるなんて思いつきませんでした。^^;

で、早速買ってみましたっ。

他の弦も結構錆びてきてたので、思い切って、5弦全部買い換えることにしました。

買ったのは、Martin(マーチン) マーチン アコースティックギター弦 M-140 ライトというやつ。

一番安い(440円)ので、試しにこれにしてみました。

ちなみに、この価格でも送料無料。

1弦のバラ弦も売ってましたが、こっちはマーケットプレイスからの出品のようで、価格は80円ですが、手数料が210円プラスされて合計290円なので、なんか290円も440円もあまり変わらないような気分になってきて、せっかくだから、全部とっかえることにしました。

うぉーっ、届くのが楽しみだっ^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分らしい最高の人生を生きる1つの方法(マーカス・バッキンガム流)

柴田です、

今日、図書館でマーカス・バッキンガムの「さあ、シンプルに生きよう!」という本を読みました。

中でも、ためになったのが、「強まる瞬間」と「弱まる瞬間」という考え方です。

何かをしていて、「心や体が強くなる瞬間」のことを「強まる瞬間」というそうです。

それとは反対に、何かをしてい「心や体が弱くなる瞬間」のことを「弱まる瞬間」というそうです。

例えば、ある人が、野球をしていると本当に楽しくて、充実感があって、時間も忘れてしまう、ということは、その人にとって、野球をすることが「強まる瞬間」なんだそうです。

この「強まる瞬間」に注目して、最終的には「強まる瞬間」だけを行なって生活していく、というのが最終目標だそうです。


簡単に言えば、「好きなことをする」という事なんですが、「強まる瞬間」という言葉を使った方が、「自分の純粋な感覚に集中できる」ので、こっちの方が良いと感じました。

「好きなことをしなさい、そうすれば成功します」

ということは、多くの人が言っていますが、この「感覚」に注目して、それを教えている人はそんなに多くないと思います。

私が知っている限り、「自分の感覚」に注目して、それ(成功法則や生き方)を教えているのは、バシャールと、マイク・マクマナスと、今日のマーカス・バッキンガムです。

バシャールも、マイク・マクマナスもその「感情」のことを「ワクワク」と表現していました。

正確には、Voice出版の日本語訳者の方が英語を日本語訳する時に、「ワクワク」という言葉を選んだそうです。

何をするにしても「ワクワクすることをしなさい」、「ワクワクしないことはやめよう」というのが、2人の主張です。

バーシャールの方は、瞬間瞬間において、「ワクワクすることを選択しなさい」という感じで、マイク・マクマナスの方は、「生まれながらに持っているワクワクという情熱を行動に移そう」という感じです。

マーカス・バッキンガムの主張は、どちらかというと、マイク・マクマナスよりの、人それぞれ生まれながらに持っている「ワクワクすること=強まる瞬間を起こすモノ」を見つけて、それを行動に移して、生活全体をそれで満たそう、という感じです。

最近色々考えることがあって、結構凹んだりもしてましたが、この「強まる瞬間」という言葉を聞いて「ワクワク」という言葉を思い出しました。ありがたいです。

人間誰でも、生まれながらに持っている個性的で、人それぞれ違う、「ワクワクするもの」があるはずで、それをしている瞬間は例外なく、「強まる瞬間」で、それを見つけて、その「強まる瞬間を引き起こす活動」で生活全体を満たせば満たすほど、本当に自分らしい人生を生きられるようになるそうです。

感覚的にも、論理的にも納得できる話でした。

この「強まる瞬間」に注目して、少し、自分を見つめなおしてみようと思います。

あなたも、もし、現状に満足していない場合は、「何をしている時に自分が感情的に強まっていたか?」に注目しながら、生まれてから今までを振り返ってみるのも良いと思います。

最後に、「強まる瞬間」を見つけて人生を変える手順を簡単にまとめておきます。

1.何かをしていて「自分が感情的に強まっている」ということは、それは本当に自分がやりたいことだということを理解する
2.「何をしている時が感情的に強まっていたか?」を自問しながら、生まれてから今までを振り返って、じっくり考える
3.「強まる瞬間を引き起こすモノ」が見つかったら、それを生活に取り入れる
4.生活の中で「強まる瞬間」の割合を増やしていく
5.最終的に、生活全てが「強まる瞬間」で満たされれば最高っ


それでは、またっ^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ記事につけたタグが「ハッシュタグ」になる「ツイートボタン」をFC2ブログに設置する方法

今日は、ブログ記事につけた「タグ」がハッシュタグになるツイートボタンをFC2ブログに設置する方法を紹介します。

ブログ記事には「タグ」をつけることができます。

例えば、マラソンに関する記事を書いた時は、

・ダイエット
・マラソン
・ランニング
・カロリー消費
・etc..

みたいなタグをつけることがあると思います。

このタグ機能は、FC2ブログ管理画面の上に表示されている「簡易モードをOFF」にすることで、使うことができます。

そして、Twitterには、「ハッシュタグ」という機能があります。

例えばラーメン屋に行って、ラーメンを食べた、というツイートをしたい時、

・ラーメン
・食事
・美味い
・etc..

このようなハッシュタグをつけることで、同じハッシュタグが使われているツイートとつながることができます。

FC2ブログが1つのブログ内で、同じタグをつけたモノをつなげるのに対して、TwitterのハッシュタグはTwitter内全体のツイートをつなげるようなイメージです。

それで、ツイートボタンにある、簡単な細工を施すことで、ツイートボタンに「ハッシュタグ」を追加することができます。

どういうことかというと、あなたが「今朝もランニングしてきました、目標体重まであと1.2kgっ」という記事を書いて、その記事に「ランニング、ダイエット」というタグをつけたとします。

そして、その記事を気に入った人が、ツイートボタンを押すと、「そのツイートに自動的に、[ランニング]、[ダイエット]、という、ハッシュタグが自動で追加」されるようになります。


こうすることで、ハッシュタグ経由のアクセスアップを狙うことができるようになります。

使い方は簡単で、次のタグをツイートボタンを表示させたい場所に追加するだけです。



もし良ければ、使ってみて下さい。

では、またっ^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FC2ブログの自分の記事を読んだ人が「いいねボタン」を押したら、その人のFacebook友達全員に、「いいねを押したブログ記事」をお知らせできる、「特性いいねボタン」を設置する方法

FC2ブログに標準で装備されている、「いいねボタン」はある意味、ちょっと不便というか、かなりソーシャルな機能を殺してしまっています。

どういうことかというと、あなたのブログを見に来た人が、記事を気に入って、「いいねボタン」を押した時、それが表示されるのは、その「いいねボタンを押した人のFacebook画面だけ」になります。

つまり、その人が「いいねっ」って大声で叫んでいるのに、その人以外には、そのことが伝わりません。


これは不便だと思います。

でも、ある設定をすれば、その「いいねっ」という雄叫びが、「そのボタンを押した人の友達全員に知らせる」ことができます。

今回はその方法を紹介します。

その設定のことをOGP (Open Graph Protocol)と言います。

正式にこれを自分だけでやる場合は、Facebookに開発者登録しなければなりません。

これは面倒だと思いますので、私の開発者アカウントのIDを使うことで、かなり「簡単にOGP設定済みのいいねボタン」を設置することができます。

ただし、この方法だと、誰かがあなたがのブログで「いいね」を押した時に、ニュースフィードに表示される部分に「シバタスブログ」へのリンクが表示されます。

自分で開発者登録すると、この部分を自分のサイトやブログなどに設定できます。


自分だけでやりたい場合は、「OGP設定方法」などで検索するとヒットすると思いますので、そちらを参考にしてください。

開発者登録や管理画面や、不具合チェックツールなどは、なれるまで少し時間がかかると思いますし、結構めんどくさかったので、今回は簡単な私のIDを使用した方法を紹介します。

手順は次のようになります。

1.HTMLソースの<head>~</head>内にmetaタグを追加する
2.<body>の真下に専用タグを追加する
3.「いいねボタン」を表示させたい場所にタグを追加する
4.最後に変更を保存する

■1.HTMLソースの<head>~</head>内にmetaタグを追加する

FC2ブログ管理画面「テンプレートの設定」画面の「HTMLの編集」部分に移動して、<head>~</head>内に、次のmetaタグを追加します。



■2.<body>の真下に専用タグを追加する

同じく、「HTML編集」部分で、今度は<body>タグの真下に、次のタグを追加します。



■3.「いいねボタン」を表示させたい場所にタグを追加する

同じく、「HTML編集」部分で、「いいねボタン」を表示させたい場所に、次のタグを追加します。



記事本文の真下に表示させたい場合は、<%topentry_body>のすぐ下か、追記を書いている場合は、<%topentry_more>の真下あたりに追加すると良いと思います。

ここらへんは、試行錯誤しながらやってみて下さい。

■4.最後に変更を保存する

最後に「更新」ボタンをクリックして、変更を保存します。

。。。

これで、OGP設定済みのスペシャルな「いいねボタン」が表示できるはずです。

それでは、またっ^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好きな彼女とドライブ中にタイヤがパンクしても「フンフフーン」と鼻歌交じりに余裕でタイヤ交換して、彼女を自分に惚れさせる方法

昨日、タイヤがパンクしました。

いつもどおりに車を運転していたら、「なんか音が変だなぁ」と思ったので、スーパーの駐車場に車を止めて、タイヤを見てみると、右の後輪のタイヤに全く空気が入っていませんでした。

それで、車に積んであるスペアタイヤ(たいていの車にはスペアタイヤとタイヤ交換キットが装備してあるはずです)に履き替えようとしたんですが、これがなかなかスムーズにいきませんでした。

ウチの実家は自動車の修理工場をしているんですが、その関係で今は、そこの車を借りています。

で、自分の車では無いので、あんまり手をかけていませんでした。

冬になった時のタイヤ交換とかも工場に任せっきりでした。

昔、北海道にいた時は自分の車のタイヤ交換は自分でしていたので、その時はタイヤ交換なんて屁でもなかったです。

でも、今回は違いました。

すっかりタイヤ交換の方法を忘れていました。

タイヤ交換するには、まず、ホイールカバーを開けなくちゃならないんですが、これが、変にやると壊れそうで開けられませんでした。

今回は修理工場に電話して、父に来てもらって、「これどうやって開けんの?」と聞けたので、この問題は解決しました。

ホイールカバーを開けてから、いよいよタイヤ交換するんですが、そのやり方もスムーズには行きませんでした。

やり方の手順に結構、忘れている部分がありました。

それで、タイトルにある「スムーズにタイヤ交換する方法」なんですが、いざという時、好きな彼女を横に乗せていて急にパンクして、彼女の視線を背中に感じながらもスムーズにタイヤ交換して、彼女を自分に惚れさせるためには、

「普段からタイヤ交換に慣れておく」

これ以外に無いと思います。


そして、それを実現する最も簡単な方法は、北国であれば、夏タイヤから冬タイヤに交換する時も、冬タイヤから夏タイヤに交換するときも、「自分でやる」のが良いと思います。

南の方に住んでいて、タイヤ交換する機会が無い場合は、時間がある時に、自分でタイヤ交換してみるのが良いと思います。

やり方がわからない場合は、専門家に教えてもらいながらやってみたり、おそらく、検索すれば、タイヤ交換の方法も載ってると思いますので、それを参考にしてみると良いと思います。

ここには、一応、父親が専門家(車の修理工)の私が、タイヤがパンクした時のタイヤ交換の方法を乗せておきたいと思います。

手順はこんな感じです。

1.水平で硬い路面(アスファルトのような)に車を止める
2.エンジンを切って、サイドブレーキを入れる
3.スペアタイヤを取り出す
4.ホイールカバーを外す
5.全てのボルトを少しだけ緩ませる
6.タイヤ交換する部分の近くにジャッキをセットして、タイヤを外せる高さまで、車を持ち上げる
7.全てのボルトを緩ませて外して、タイヤを取り外す
8.スペアタイヤをはめる
9.ある程度までボルトを締める
10.ジャッキを回して、車を地面に下ろす
11.きつくボルトを締める
12.ホイールカバーをはめる
13.タイヤ交換キットを車に納めて、修理工場に直行して治してもらう

■1.水平で硬い路面(アスファルトのような)に車を止める

まず、車を水平で硬い路面の所に停めます。

坂になっていない、スーパーの駐車場のような所です。

なぜ、「水平」なのかというと、タイヤ交換するのは、ジャッキという工具を使って、車を持ち上げる必要があります。

それを「坂のような傾いた路面」でやってしまうと、間違って車がジャッキから外れてしまって、車が急に地面に落下してしまう可能性があるので、危ないからです。

また、「土などの柔らかい所」でやってしまうと、同じように、土台(地面)がしっかりしていないので、車をちゃんと持ちあげられないし、落下の危険性もあります。

なので、必ず、「硬くて、水平な路面」に車を停めます。

■2.エンジンを切って、サイドブレーキを入れる

次はエンジンを切って、サイドブレーキを入れます。

車をキチンと固定して、ジャッキから車が外れて、落下するのを防ぐために、「エンジンを切って」、「サイドブレーキを入れます」。

■3.スペアタイヤを取り出す

次はスペアタイヤを取り出します。

これは車それぞれで収められている場所が違うので、普段から「どこにスペアタイヤが収めらてるか」を確認しておくことをオススメします。

■4.ホイールカバーを外す

次はホイールカバーを外します。

スペアタイヤと一緒に収められている、工具の中に、先っぽがマイナスドライバーのようになっているモノがあると思います。

それを、ホイールカバーとタイヤの間にねじ込んで、グイっとやって、ホイールカバーを外します。

これも普段から練習しておくと、いざという時、外せるようになるはずです。

■5.全てのボルトを少しだけ緩ませる

全てのボルトを「少しだけ」緩ませます。

ホイールカバーを外したので、タイヤを車に固定している「ボルト」が見えるはずです。

それら全てのボルトを少しだけ緩めます。

なぜ、これをこの段階でするのかというと、最初の段階ではボルトはきっちりと閉まっています。

もし、ここで少しだけボルトを緩めないで、そのままジャッキを使って、車を持ち上げて、その後にボルトを緩ませようとすると、かなりの力が入ります。

そうすると、当然、車にもかなりの力が加わるので、車がジャッキから外れて、落下してしまう危険性が出てきます。


それを防ぐために、「かなり力のかかる最初のボルト緩め」はジャッキで車を上げる前の、タイヤが地面に接している状態でやります。

ボルトを緩める手順は十字を描くように、対角線上に緩ませると良いと思います。

サイコロの4の目の1つの角のボルトを緩めたら、今度は対角線上の反対側のボルトを緩めて、その次のとなりのボルトを緩めて、最後にその対角線上の反対側のボルトを緩めます。

軽い力でも、ボルトを緩められるようになったら、次に進みます。

■6.タイヤ交換する部分の近くにジャッキをセットして、タイヤを外せる高さまで、車を持ち上げる

タイヤ交換キットの中にジャッキという、「変な形をした一番大きな工具」があると思います。

それを取り出して、交換するタイヤのそばの凸が下向きになった部分にはめます。

ジャッキの上の部分は凹のようになっていて、反対に車のタイヤのそば部分は「凸が下向きのように」なっていて、ちょうどハマるようになっているはずです。

それキチンとはめて、地面にちゃんとジャッキの下の部分が設置されているのを確認したら、ジャッキを回して車をタイヤ交換できる高さまで上げていきます。

タイヤ交換キットの中に、「ボルトを外す時に使った工具」と「ホイールカバーを外す時に使った工具」の2つがあるはずです。

それらをつなげることで、スムーズにジャッキを回すことができるはずです。


まず、ジャッキの「輪っか」になっている部分に、ホイールカバーを外す時に使った工具の「フック」になっている部分を引っ掛けます。

次に、そのフックの反対側の端っこを、ボルトを外す時に使った工具に「穴が開いている」と思いますので、そこに入れます。

そして、片方の手でホイールカバーを外した工具を握って、もう片方の手でボルトを外した時に使った工具を掴んで、ぐるぐると縦に両手を回転させる感覚で回すと、スムーズにジャッキが上がっていきます。

それを交換するタイヤが地面から少し浮くまで、続けます。

■7.全てのボルトを緩ませて外して、タイヤを取り外す

そしたら、全てのぼるとを緩ませて、タイヤを外します。

■8.スペアタイヤをはめる

パンクしたタイヤを外したら、スペアタイアをはめます。

■9.ある程度までボルトを締める

ある程度まで、ボルトを締めていきます。

最初にボルトを外す時とは逆の手順で、「力を入れてボルトを締める」のは、次の段階の、車を地面に下ろしてからです。

今の段階で、ボルトを力を入れ過ぎて閉めてしまうと、車がジャッキから外れて、落下してしまう危険性があるので、今は、ある程度までボルトを締めていきます。

ここらへんの力の入れ具合とか、ボルトの締め具合とかも、練習していけば、わかってくると思います。

■10.ジャッキを回して、車を地面に下ろす

ジャッキを車を上げる時とは逆の方向の回して、車を地面に降ろします。

■11.きつくボルトを締める

ここで、ボルトをキツめに仕上げとして、締めます。

■12.ホイールカバーをはめる

最後にホイールカバーをはめて、交換は完了です。

■13.タイヤ交換キットを車に納めて、修理工場に直行して治してもらう

後は、パンクしたタイヤと、タイヤ交換キットを車に積んで、最寄りの自動車修理工場に直行して、パンクを治してもらいます。

。。。

パンクしたタイヤを交換する方法はこのようになっています。

普段から練習しておけば、彼女の前でも、余裕でタイヤ交換できると思います。

もし良ければ、参考にしてみて下さい。

私も今回の件で、もう一度、「車に普段から手をかけておこう」と思うようになりました。

それでは、またっ^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雪道や凍った道で、周りのみんながスッテンコロリン転んでいるのに、自分だけスムーズに歩く方法

先日、東京に大雪が降って、沢山の人が転んでいるのをテレビで見ました。

なので、もう手遅れかもしれませんが、雪国出身じゃなくて、雪に慣れていないで、雪が積もったり、凍った道路を歩くのが怖い場合のために、参考になればと、北国出身の私が「雪道の歩き方」を紹介します。

私は東北の雪国、岩手の出身で、今も岩手に住んでいます。

当然、生まれた時から、今まで冬を経験してきました。
大学も北海道の大学だったので、そこでも散々雪を経験しています。

なので、雪道を歩くのには慣れています。

どれくらい慣れているのかというと、冬でも「靴底がつるっつるのスニーカー」を履いて歩けるほど慣れています。


田舎なので、長めの距離を移動する時は車なので、よっぽど雪が積もっている時でない限り、スニーカーでも問題ありません。

このつるっつるのスニーカーで駐車場や歩道などを歩いています。

それでも転びません。

なぜ転ばないのかというと、「夏とは別の歩き方」をしているからです。

乾いた道路や歩道などを歩く時と、雪が積もったり、凍っている道路を歩く時では、歩き方が違います。

北国の方は意識している、していないにかかわらず、必ず違う歩き方をしているはずです。
(じゃないと、転びまくってるはずです。)

その歩き方をすることで、冬の道でも転ばずに歩けています。

それでは、その「歩き方のコツ」を紹介します。

ポイントは1つです。

それは、「重心を前に置きながら歩く」です。

普段、乾いた道路を歩いている時には、気づきにくいですが、多くの場合、普段歩く時は「重心がカカトより」になっているはずです。

このままの歩き方で、冬の凍った道路を歩くと、「カカトから滑る」ので、後ろにひっくり返る形で転びます。

逆に前に重心を置きながら歩くと、転ぶとしても前に転びますが、多くの場合は転ばないはずです。

多分、前に重心を置くと意識している状態くらいが、ちょうどいい重心配分というか、転ばないような、安定した状態になるんだと思います。

凍った道路で歩く時は、普段の歩き方ではなく、「重心を前に置きながら」歩くことで、転ぶ確率が格段に減ってくると思いますので、良ければ試してみて下さい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleアナリティクスに「自分の痕跡を残さないで」、自分のブログやサイトにアクセスしまくる方法

私はアクセス解析にGoogleアナリティクスを使っています。

自分のブログやサイトは、カスタマイズしたり、更新したり、記事を確認したりするたびに、当然何度もアクセスします。

何も設定していない状態だと、アクセス数などの部分に自分の痕跡が残ってしまって、本当意味でのアクセス数や他のデータが取れません。

「これは困った」

と以前までは思ってました。

でも、それを解決できるアドオンをGoogleが提供してくれています。

これを使えば、「このアドオンに対応しているブラウザなら」どれだけ自分がアクセスしても、アクセス数に影響を与えることはありませんし、当然その他のデータにも自分の痕跡を残しません。

つまり、Googleアナリティクスの全てのデータに、自分の痕跡を残さないで、自分の管理しているブログやサイトに何度でもアクセスできるということです。

「こいつぁ便利だっ」

ということで、早速このアドオンを導入して、今までずっと使っています。

このアドオンに対応しているブラウザは、次のモノです。
(確認した時点)

・Microsoft Internet Explorer
・Google Chrome
・Mozilla Firefox
・Apple Safari
・Opera

次のリンクから、アドオンをインストールして、

Google アナリティクス オプトアウト アドオンのダウンロード ページ

「インストールしたブラウザ」で自分のサイトなどにアクセスすると、
自分の痕跡を残さないでアクセスしまくれます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

限定ページで公開されている、YouTube動画をダウンロードして、個人的に視聴する方法

最近のオンラインセミナーや動画セミナーでYouTube動画を使う方が増えてきました。

YouTubeなら無料で動画を公開できますし、限定機能を使えば、検索エンジンやYouTube内に掲載されないように、設定できます。

これらのセミナーやノウハウ動画を自分のパソコンにダウンロードして、後で復習したい時もあると思います。

私は多々あります。

そんな時、私は、Craving Explorerを使って、パソコンに、
音声ファイルや動画ファイルをダウンローしています。

さらに、Windows Media Playerを使って、
最大2倍速で視聴して時間を短縮
したりもしています。

それでは、限定公開されている、YouTube動画を自分の
パソコンにダウンロードする方法を紹介します。

1.Craving Explorerをインストールして、起動
2.ダウンロードしたいYouTube動画の「タイトル」か「YouTubeロゴ」をクリック
3.動画のURLをコピー
4.Craving Explorerのアドレスバーに貼り付けて、Enterキーを押す
5.ダウンロードしたいファイルをダウンロードする

■1.Craving Explorerをインストールして、起動

まず、Craving Explorerをダウンロードして、インストールします。

次のページからできます。

YouTube・ニコニコ動画ダウンロードブラウザ Craving Explorer - Download

インストールが完了したら、起動します。

■2.ダウンロードしたいYouTube動画の「タイトル」か「YouTubeロゴ」をクリック

限定ベージで公開されているYouTube動画の、

・タイトル
・YouTubeロゴ

このどちらかをクリックします。

YouTubeの元動画ページに行くためのリンク

そうすると、その動画のYouTubeページに移動します。

■3.動画のURLをコピー

そしたら、その動画のURLをコピーします。

YouTube動画のURLをコピー

■4.Craving Explorerのアドレスバーに貼り付けて、Enterキーを押す

コピーしたURLをCraving Explorerのアドレスバーに貼り付けて、Enterキーを押します。

YouTube動画をCravingExplorerで表示

■5.ダウンロードしたいファイルをダウンロードする

上部メニューの「フィルムに下向きの矢印」のアイコンの、
▼をクリックすると、ダウンロードするファイル形式を選ぶことができます。

ダウンロードするファイル形式を選択する

音声と動画のどちらかをダウンロードできます。

また、それぞれでダウンロードしたいファイル形式も選べますし、
そのファイル形式がWindows Media Playerに対応していれば、
最大で2倍速で視聴
もできます。

。。。

このようにして、私は、限定公開されているYouTube動画セミナーなどを自分のパソコンにダウンロードして、視聴しています。

よければ、参考にしてみてください。

それでは、また^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows Media Playerで「動画や音声」をクリアな音質で「最大2倍速」で視聴する方法

最近は動画や音声などのリッチコンテンツが増えて来ました。

ビジネスを勉強していると、
音声セミナーや動画セミナーを視聴する機会があると思います。

そんな時、2時間のセミナーを1時間で視聴できたら便利だと思いませんか?


それを可能にするのが、馴染み深いWindows Media Playerです。

最初に視聴する時は、スローなスピードで再生して、
概要をきちんと聴きとって、

深く理解したかったり、マインドセットを身に付けたい時は、
この方法を使って最大2倍速で聴くと良いと思います。

私はこの方法を多様して、作業中に音声ファイルを聴いて、
理解を深めるようにしています。

この方法を使えば、

5時間のセミナー音声でも、2時間半で視聴することができます。


時間の短縮と、理解のスピードアップにこの方法は良いと思います。

全てのファイル形式を試したわけではありませんが、
おそらく、Windows Media Playerが対応しているファイル形式なら、
最大で2倍速で視聴できると思います。

それでは、その方法を紹介します。

1.Windows Media Playerを起動する
2.上部メニューを「プレイビュー > 拡張設定 > 再生速度の設定」と進む
3.好きな再生速度で視聴する

■1.Windows Media Playerを起動する

まず、いつもどおりにWindows Media Playerを起動します。

■2.上部メニューを「プレイビュー > 拡張設定 > 再生速度の設定」と進む

上部メニューを、

 プレイビュー > 拡張設定 > 再生速度の設定

と進みます。

再生速度設定

そすうると、左下に再生速度を調節できる、
ウィンドウが出てきます。

再生速度選択ウィンドウ

■3.好きな再生速度で視聴する

メモリを好みの位置に合わせて、好きな再生速度で視聴します。

再生速度2倍メモリ

私はこの方法を使って、音声ファイルや動画ファイルを視聴しています。

良かったら、やってみて下さい。^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新たに2chまとめブログを作る場合は、運営側に「登録申請しなければならない」

新たに2chのまとめブログを作る場合は、

2chを運営している側に「登録申請しなければならない」そうです。

商用利用のブログを運営する場合は、必ず登録するように、
アナウンスされています。


今、2chトップページにアクセスしたら、
次のようなリンクがありました。

2ch内の書き込みを再掲載するいわゆるまとめサイトの運営をされている方へ。

このリンクの中で、登録方法とその理由が解説されています。

簡単な手順を掲載しておきます。

ステップ1:2chまとめブログの箱を作る
ステップ2:ニコニコ大百科にサイト名の単語記事を作る
ステップ3:2ch関連まとめサイトの一覧に作った単語記事のリンクを貼る


詳しくは公式ページを参照してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リンクの解析ができるらしい、Googleアナリティクスの拡張リンク・アトリビューションを設定してみた

リンクの解析ができるという、Googleアナリティクスの
拡張リンク・アトリビューションを設定してみました。

拡張リンク・アトリビューションを使用すると、次のようなことができるようです。

●同じリンク先が設定されているページ上の複数のリンクについて、別々に情報を参照する。たとえば、「お問い合わせ」ページが表示される 2 つのリンクが同じページ上にある場合、クリック情報をリンク別に確認できます。

●リンク先が複数に分かれるページ要素を確認する。たとえば、ページ上の検索ボタンは、クリックするたびにリンク先が異なる可能性があります。

●ボタン、メニュー、Javascript ベースの操作をトラッキングする。


詳しい手順は公式ヘルプに譲るとして、
ここには簡単な手順を残しておきます。

ステップ1:普通にアナリティクスに新しいサイトを追加
ステップ2:トラッキングコードを改造して、HTMLソースに貼り付け、保存
ステップ3:拡張リンク・アトリビューションを有効化する(GoogleAnalytics内で)


これで利用できるようです。

詳しくは次の公式ヘルプを参照してください。

拡張リンクのアトリビューション分析 - アナリティクス ヘルプ

どうなるか楽しみです。^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年賀状を作って、十数万円稼ぐ方法

HiKKAiというサイトに登録すると、
自分でデザインした「年賀状など」を販売できます。

そして、デザイナーランキングを見てみると、
ランキングトップのデザイナーさんは、

230,895円売り上げていました。(まじでっ!?)

販売手数料は8割~3割でランキングトップの方は、
手数料は3割のようです。(詳しくは後半で解説します)

そうすると、161,626円(約16万円)が利益として入っているようです。

これは年賀状なので、年末のみで、
この収益を得たんじゃないかと思います。


これって結構凄くないですか?

最初、このサイトを見てみるた時、
年賀状デザイン1つにつき、だいたい500円以上の価格がついてました。

それがポンポン売れてるようなんです。

年賀状1つのデザインに500円って、
個人的には抵抗がある価格なんですが、

購入者のコメントもありますし、
Facebookのいいねボタンも1万以上押されてますし、

最初は「マジでそんなに売れてんの?」と疑ったんですが、

どうやら売れているのは本当のようです。


早速登録して、テスト的に年賀状を作ってみました。

HiKKAiでテスト的に作った年賀状デザイン

適当に作ったので、かなりチープですが、
こんな感じで年賀状を作ることができます。

年賀状を作るのはHiKKAiのサイト上です。
それを公開販売すると、HiKKAiのサイト上で公開されます。

そのデザインがもし売れれば、自分の収入になる仕組みになっています。


それで最初の方に「手数料が8割~3割」と書きました。

手数料が8割と3割じゃ、雲泥の差がありますし、
自分の収入にも大幅に影響がでます。

--------------------
手数料について
--------------------


手数料は「友達紹介数」と「出品コース」に影響されるようです。

■友達紹介数

まず、基本的に

「友達を1人紹介して、その友達がHiKKAiに登録する毎に
 1割手数料が下がります。」


(※最大で3割まで下がります)

■出品コース

そして、出品コースには、ブロンズとプラチナの2種類があります。

・ブロンス出品

これは、商品登録料0円で、
手数料8割から友達紹介毎に1割ずつ、最大3割まで下がっていきます。

・プラチナ出品

これは、商品登録料3000円で、
手数料4割から
友達紹介毎に1割ずつ、最大3割まで下がっていきます。

私の感覚では、ブロンズから始めるのが良いと思います。

また、友達を紹介すると、

・紹介した側の手数料が1割下がって、
さらに、紹介された側の友達の手数料も1割下がります。

つまり、私の紹介であなたがHiKKAiに登録すると、
通常なら手数料8割から始まる所を7割から始められるということです。


もし、7割から始めたい場合は、紹介しますので、
次のアドレスに連絡ください。

shinsuke.shibata.jp@gmail.com

。。。

最近はいろんな、稼ぐ方法がありますね。

デザイン系では、昔Tシャツトリニティというサイトに
登録してみたことがありました。

このサイトでは、自分でTシャツのデザインを作って、
それを登録して、そのデザインのTシャツが売れたら、
自分の収入になる、というサイトです。

テスト的にTシャツデザインを登録して、
今は放置中ですが(笑)、あなたがデザインが好きなら、

このサイトも良いかも知れませんね。^^

もし、同じようなサイトを知ってましたら、
是非教えてくださいっ。

それでは、また^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若者はTwitterを最も多く利用しているようです。

ニフティ、コムニコ、ライフメディアの3社が共同で行った調査によると、

2013年に成人を迎える男女の中で、最も多く利用してるソーシャル・メディアは、Twitterということがわかったそうです。

新成人に最も使われているソーシャル・メディアはツイッター | エンタープライズSNS | トピックス | Computerworld - エンタープライズITの総合ニュースサイト

有効回答数は776人(男性351人、女性425人)の内、42.5%が最も多く利用しているソーシャルメディアにTwitterを挙げたそうです。

私の場合は、Twitterはなんか時間がとられるというか、ずっと、いじってなきゃならないイメージがあって、

使っていなかったんですが、最近の若者はこれを積極的に使ってるんですね。

Twitterは文字情報が少ないので、携帯から利用しやすいのが、1因と記事元では考えているようです。

私は個人的に、ガラケーは無くなって、携帯全てがスマホに変わってくると予想してるんですが、その流れの中でソーシャル・メディアがどのように変化していくかが、楽しみです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月に数百万稼ぐビジネスを構築する「絶対的な順番」

山邊英伽寿さんは、次の順番でビジネスを構築するべきだと言っています。

1.誰に(ニーズ)
2.何を(商品)
3.どのように(販売方法)


この順番、優先順位でビジネスを構築するべきだそうです。

そして、多くの企業はこれができていないそうです。

多くの企業は、2番の「商品」だけを全面に押し出して、
ビジネスを展開するので、上手くいっていないんだそうです。

確かに私も自分の考えだけで、
情報商品を作って、販売してみたら、

1個も売れませんでした。(笑)


山邊さんの言う、「誰に」がすっぽり抜け落ちていました。

情報商品を作って、セールスレターを作って、
情報商品販売ASPのインフォトップに登録すれば、

とりあえず、数本は売れます。

「よっぽど変なモノ出ないかぎり、
 インフォトップに商品を登録すれば、
 少なくとも、数本は売れる」

というのが、当時の、私の感覚でした。

それが、「誰に」をすっ飛ばして、
商品作って、登録したら、1本も売れませんでした。


それで山邊さんの話を聞いてから、

今まで自分が作った商品を思い返せば、
「誰に」を意識して作ったモノが一番売れていました。

セールスレターを書くにしても、
「誰に」が明確になっていないと、

文章が進みません。


今まで、4本くらいのセールスレターを書いて来ましたが、

「なんか、文章書けないなぁ」

そう思って、手がとまってしまうのは、
「誰に」が明確になっていないからだと、
気づきました。

「誰に」を明確にして、セールスレターを書くと、
かなりスムーズに書くことができます。

現実世界で例えれば、

誰もいない空中に向かって、話しかけるのは、
難しいですし、「何を話すか」が出てこないと思います。

それに対して、相手がいる場合は、話す内容は、
自然に出てくると思います。


このように、ビジネスでも文章を書く時も、

「誰に」

が重要なようですし、
私の体験的にも、重要だと思います。

この「誰に(ニーズ)」を明確にして、

その次に、「何を(商品)」を作って、

最後に「どのように(販売方法)」を行う。


この順番でビジネスを構築することで、
圧倒的に儲かることができるそうです。


多くの企業はこの順番が守れていない中、
自分がこの順番でビジネスを構築すれば、

圧倒的に儲かるのは「当たり前」なんだそうです。

山邊さんのメールを読んでると、

その感覚というか、実感が湧いてきます。

月に数百万稼ぐのが、
本当に簡単なような気持ちになってきます。

もう一度、ビジネスの構築順位を書きますと、

1.誰に(ニーズ)
2.何を(商品)
3.どのように(販売方法)


この「順番」です。

この順番でビジネスを構築すれば、
圧倒的に稼ぐことができるそうです。


私も、これからは、
この順番でビジネスを構築しようと思います。

今日は、自分が忘れないためにも、
ビジネスの構築順位を紹介しました。

では、また^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows Media Playerでmp3を再生中にエラーが出て、何を試しても再生できなくて、泣きそうになったけど、ようやく解決できた方法

Windows Media Playerでmp3を再生中に、

「ファイルの再生中にWindows Media Playerに問題が発生しました。」

というエラーメッセージが出て、何をしても、
再生に成功しないという事態に陥りました。


もちろん次のヘルプも見て、全て試しました。

Windows Media Player エラー メッセージ ヘルプ

ただ、このヘルプの中に、何か可能性を感じるモノを見つけました。

次のモノです。

圧縮された ID3 ヘッダを含んでいる MP3 ファイルを再生しようとした。ID3 ヘッダはファイルの一部分であり、楽曲のアルバム情報 (曲名、アーティスト名、アルバム名、ジャンルなど) が格納されています。この情報は、"タグ" と呼ばれる場合があります。

この問題を解決するには、ファイルのコピーを作成し、マイクロソフト以外の ID3 タグ編集プログラムを使用して、ファイルの ID3 ヘッダを削除またはリセットします。ID3 ヘッダを削除すると、Windows Media Player でその MP3 ファイルを再生することができます。


「ID3ヘッダ??」

初めて聴く単語でした。

それで、この「ID3ヘッダ」を手がかりに、
色々試した所、ようやく、再生に成功しました。


その方法をここに載せておきますね。

(次に、ID3タグというのが出てきますが、
 これとID3ヘッダの違いが今でもよくわかっていませんが、
 次の方法で解決できました。)

解決方法は次のようになります。

-------------------------------------------------------
SuperTagEditorというフリーソフトを使って、
再生できないmp3ファイルを標準MP3形式に変換する
-------------------------------------------------------


次の手順でmp3ファイルを標準MP3形式に変換できるはずです。

1.SuperTagEditorをインストール
2.SuperTagEditorを起動
3.SuperTagEditor内にmp3ファイルをドラッグ・アンド・ドロップ
4.ファイル名を右クリックして『標準MP3形式に変換』を選択
5.タグ情報を更新する

■1.SuperTagEditorをインストール

次のページからSuperTagEditorを
ダウンロードして、インストールします。

SuperTagEditor
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se139061.html

■2.SuperTagEditorを起動

次のように進んで、
SuperTagEditorを起動します。

スタート>プログラム>MERCURY>SuperTagEditor>SuperTagEditor

■3.SuperTagEditor内にmp3ファイルをドラッグ・アンド・ドロップ

SuperTagEditorを起動した状態で、
そのウィンドウ内にmp3ファイルを
ドラッグ・アンド・ドロップします。

これで、mp3ファイルを編集できる状態になります。

■4.ファイル名を右クリックして『標準MP3形式に変換』を選択

ファイル名を右クリックすると、メニューが表示されます。

その下の方にある、『標準MP3形式に変換』を選択して、
実行します。

■5.タグ情報を更新する

SuperTagEditor内の上部メニューを
次のように進んで、タグ情報を更新します。

ファイル>タグ情報を更新

これで完了です

参考ページ
http://www.gigafree.net/media/mu/supertageditorre.html

自分の場合は、この方法で解決できました。

良ければ、試してみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GmailのBCCを使って、一括でメール送信できる件数は500件が限界

柴田です。

「GmailのBCC使って、一括メール送信すれば、
 メール配信ソフト使う必要ないんじゃね?」


とは思ったものの、

「待てよ、Google側で何か制限を設けてるかも」

と思って、調べてみると、やっぱりありました。

送信に関する制限事項 - Gmail ヘルプ

どうやら、Gmailで一括送信できる限界は500件までだそうです。
これを超えて、メールを一括送信すると、一時的にアカウントが停止されるそうです。


なので、注意ですね。

なんでこう思ったのかというと、まぐまぐでメルマガを作ると、
登録してくれた人に一括でメールを遅れます。

でも、

・登録者のメールアドレスがメルマガ発行者にはわからない
・メルマガを創刊するときに、審査がある
(=常に、自分のタイミングでメルマガを作れるとは限らない)


こういうデメリットがあります。

有料のメール配信ソフトやサービスを利用する手もありますが、
ビジネスの初期段階で、できるだけ資金をかけたくない場合は、
これらもできれば、使いたくない。。

こう思ってた時に、

「あれっ、GmailにBCCっていう、
 一括メールを送信できる機能があったなぁ、

 あれを使えば、無料で一括メール送信できるし、
 メールを送る相手のアドレスもわかる、、

 完璧じゃんっ^^」

って思って、冒頭のような展開になりました。

調べた結果をもう一度、まとめると、

・Gmailでメールを一括で送信できるのは500件まで
・この件数を超えると、一時的にアカウントが止められる


このようになります。

Google側では、複数の相手に一括でメールを送信する方法として、
Google グループを推奨していました。

メルマガ配信に関しては、もうちょっと考えてみようと思います。

■追記:月額1980円の独自メール配信システム

かなり多くのネットビジネス個人事業主が使っているエキスパートメールを紹介します。

エキスパートメールクラウド

上記は、エキスパートメールの最も安いプランで月額1980円です。

・メール配信数無制限
・アドレス無制限
・メルマガ数無制限
・ステップ数無制限

と、信じられないほど高機能です。

これほどの機能をわずか月額1980円で利用できるメール配信システムを私は他に知りません。

またシステム開発者の七里さんは、ゴリゴリのシステム屋なので、「メール到達率」にもかなりこだわっています。

「到達率」という観点で見ると、「エキスパートメールプロ」や「エキスパートメールネクスト」の方が有利です。

「プロ」はメール到達率9割以上。「ネクスト」の方は自分だけの専用サーバーを利用できるので、同じサーバー内にたとえばスパマーがいて、その人のせいで、こっちのメール到達率が悪くなる、という心配がありません。その分、これらは費用がかかりますが。

多くのネット起業家のメールを受信して、その配信元アドレスをチェックしてみると、ほぼこのエキスパートメールを使っています。それくらい人気のあるメール配信システムなのだと思います。

私自身も、独自配信を行う際には、このエキスパートメールを使おうと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
タグクラウドとサーチ

> tags
テラフォーマーズ マンガ 漫画 延期 ヤングジャンプ 死亡 性の喜びおじさん アクセス解析 Google GoogleAnalytics 目標 願望実現 ブレインダンプ YouTube ジョン・リース Chromebook やよいの青色申告オンライン ブラウザ OS 週間SPA! 買う 過去 動画 Amazonビデオ レンタル 画質 GooglePlay Amazonプライム Amazon ジュヌヴィエーヴ・コルテーゼ ルビー 女優 スーパー・ナチュラル 2代目 リッチ 記事 WordPress コピペ FC2ブログ パーソナリティタイプ チェックリスト 恋愛研究 人類学者 ヘレン・フィッシャー 自分を知る FUTOKA 画像 アダルト アダルトグッズ 風俗 エックスサーバー 階層構造 リスト 箇条書き 力ずく 無理やり 使う blockquote 方法 新記事投稿画面 引用タグ ASP アフィリエイト まとめ クローズド 安い 格安 無料 映画 視聴 ドラマ 2年間 用紙 年金 支払い 納付 納付期限 ログインID ブログID エンディング 蒼天の拳 テーマ テーマ曲 アニメ doa 太った 彦麻呂 Tal Alona ジョー AlonaTal 海外ドラマ Instagram ピンタレスト Twitter タブレット ドメイン ブログ はてなブログ 有料ブログ 解約方法 はてなブログPro 資産 Mr.X インデックスファンド 投資 保存 下書き リビジョン ライター タイピング PC作業 フォント 無料ホームシアター 無料映画シアター トレンド アルゴリズム パスワード トレンドアフィリエイト PCモニター PS2 プレイステーション2 プレステ2 東京 事故 意味 YATIT テロ 路線 陳建一 モニター 麻婆 激辛 ハロウィン コスプレ 魔女 カラオケ 中川町 上川地方 北海道 Wi-Fi プラズマクラスター 育毛 シャープ ヘアドライヤー Firefox GoogleCrome ビール券 セイコーマート コンビニ Facebook 1日1食 体験談 感想 刺し身 ラップ 便利 冷蔵庫 W-POWER 食事 少食 仙人さん 断糖食 MicrosoftIME IME Google日本語入力 Windows10 糖質 腎臓 アルコール 肝臓 細胞 禁酒 口コミ ワンデーアキュビュートゥルーアイ コンタクトレンズ プライムワンデー 評判 おすすめ サスペンス DVD クレイジージャーニー SMSメール Cメール ゆうちょ銀行 フィッシング詐欺 キーワード コンタクト 充血 乾き PayPal 炭水化物 血糖値 白米 神内ファーム 牛肉 牛すじ煮込み 首都圏 札幌 空気嚥下症 自律神経 筋肉 舌の吸盤化 呑気症 低血糖 アレルギー アトピー 糖質制限食 タンパク質 GoogleChrome Ptengine HTML5 消す テンプレート SEO レスポンシブ 断糖 アドレナリン 統合失調症 糖質制限 五感 情報 料理 むくみ 漢方 利尿剤 ラシックス 解約 歪み 電気風呂 筋トレ 水分 楽天 リノベーターマルチツールキット 体重 温泉 洗濯洗剤 レビュー Wパワー アタックNeo抗菌EX 収入 カバー曲 広告 AdSense ノートPC ゲストアカウント 副腎 1日1食 減糖 壊血病 西脇俊二 ビタミンC コーデック Widows プレイヤー 再生 メール OCN 削除 パソコン マイクロソフト 日本語入力 Windows 口座 変更 控え e-Tax 申告書 確定申告 決算書 PDF 重い アカウント 審査 ワードプレス Yahoo タイトル 絶歌 酒鬼薔薇聖斗 ゴーストライター ubuntu スクリーンセーバー かな入力 テレビ ゲーム ブルーライト 睡眠 メラトニン メガネ Zip 桝太一 ものもらい 姿勢 鎮痛薬 頭痛 スマホ 神経 三叉神経 大後頭神経 アドオン アクセス制限 Adobe Excel CSV 外注 ライティング 少年A ショップジャパン CM 不正アクセス NTT IP電話 DRM コピーライティング ダン・ケネディ ツイート RSS購読 RSS メール購読 リンク 著作権 インスタグラム ホラン千秋 そっくり スタナ・カティック カメムシ パクチー 臭い 扇風機 冷風 脚本 アプリ ギャラリー イギリス SF アクション アドベンチャー Kindle Amazonアソシエイト 電子書籍 関連記事 クリック率 フライパン セラフィット 単品 冒険 自由 ミラーニューロン FC2 SayMove! 凍結 政治 都構想 大阪 景色 写真 グリズリー クマ アドレノクロム ステイン 歯磨き粉 3.11 地震 地震学者 震源地 アスペリティ プレート 潜在意識 スピリチュアル 顕在意識 ブラックリスト KDDI auひかり 電話 勧誘 ボタン ツール 規約 条件 レンタルサーバー ワイルドスピード ワイスピ サントラ ポール・ウォーカー PPC PPCアフィリエイト 山邊英伽寿 転売 情報ビジネス マット・デイモン ロザムンド・パイク デビット・フィンチャー ゴーンガール 日本 アメリカ 早い CravingExplorer ダウンロード 創造性 ノイズ サーバー プラグイン アメブロ WindowsLiveWriter ブログ運営 事務 営業 求人 JAVA 報酬 住基カード ICカードリーダー 体温 低体温 体温計 Skitch キャプチャ WoindowsLiveWriter FTP NAVER LINE 韓国 スクワット 大腰筋 トレーニング 懸垂 腕立て伏せ vimeo セロトニン 血管 リンパ管 抗重力筋 Blu-ray 遺作 Gmail 迷惑メール 血流 腰椎 太もも上げ 背中 音楽 聴覚 ロルフィング 視覚 強制終了 寄生獣 グッズ セイの格率 アクセサリー 肩こり 腰痛 腸腰筋 ソフト ドーパミン 依存症 アラーム 東京上野ライン サプリメント 居眠り ジェームズ・スキナー 英語 教材 英会話 時計 アロマ 目覚め CCライセンス Wikipedia 風邪 瞑想 メールマガジン WindowsMediaPlayer 倍速 後藤健二 モールス信号 まばたき バイオロギング 買い取り 矢沢永吉 オサガメ クリーチャー キーボード スニーカー 転ばない 雪道 サービス Tシャツ メジャー 下着 コンベックス 手首 ストレッチ 運動 鎖骨 ビール 副交感神経 炭酸 ダンサーインザダーク 悪の法則 セブン Googleアナリティクス 開発 Mobilizer シミュレーター クロネコ メール便 お金 部屋干し 洗濯 洗剤 うつ ノルアドレナリン 玄米ブラン 朝食 デスクトップ Windows7 しょこたん 市川海老蔵 進撃の巨人 Amaozn 中古 ジャンプ 発売日 ガソリン ジョジョの奇妙な冒険 ダイエット 岩盤浴 バナナスリム プロバイダ IPアドレス ocn フケ ウーマシャンプー 痒み 抜け毛 脂漏性皮膚炎 使い方 類似品 組み立て方 価格 ワンダーコア 効果 最安値 ムームードメイン Xサーバー 宝くじ お年玉 行動 ストレス 交感神経 小林弘幸 ディーバックチョプラ セールスレター セールスライティング 非線形システム カオス理論 ロッキー・リャン 願望 Audacity 潜在意識CD パソコン作業 イス フェードアウト 水晶 エンパシー エンパス クリスタル ブラックルチル エネルギーヴァンパイア シータヒーリング ヴァイアナ・スタイバル DNAアクティベーション 若返り ドランヴァロ・メルキゼデク プリント やっちまった Android eclipse マスターキートン ダイバージェント サイト サーキットトレーニング ロック 実話 エボラ出血熱 ノンフィクション 岩手 赤ワイン 1日 使い捨て Ping ベネッセ ページ お詫びの品 個人情報流出 IE GIMP ブログパーツ はてなブックマーク カスタマイズ スカイプ スタートアップ WindowsEssentials 発明 特許 ガラケー ドイツ 賛美歌 ラテン語 民族音楽 ボールペン レム睡眠 首こり 視力 一括 アンフォロー ManageFlitter AdobeReader ネットワーク ファイルダウンロード 切断 改善 動画再生 PV 報告 自己クリック 配置 ファストビュー ポリシー アクセス モバイル インストール Ubuntu Mozc 平秀信 野菜ジュース Linux EcoLinux 酵素 ランニング 前頭前野 天才 モチベーション エネルギー 仕事 イライラ FC2カウンター 洗濯機 節約 節水 コーヒー トリゴネリン 記憶力 学習 バランスボール FeedBurner YouTuber マーケティング AED 通販 デュアルソーダブルカッター 地デジ ダビング REGZA(レグザ) DVD-R MTSファイル 変換 フリーソフト ネット銀行 奨学金 ジャパンネット銀行 インデックス ホームページ ファイル アップロード 出会い 問題解決メモ SUPER(c) まぐまぐ Jing 無料ソフト TechSmith 復刊 メルマガ 休刊 特定電子メール法 小野たつなり 法律 メールアドレス Apple iPod Safari Mac 本物 Asmazon プレイステーション 超能力 藤平光一 甲野善紀 宇城憲治 空手 武道 立ち方 自然体 下腹ポッコリ ガス 水毒 アドセンス アコースティック・ギター 広告収入 人生 マーカス・バッキンガム マイク・マクマナス 感情 ワクワク バシャール タイヤ交換 歩き方 自動車 オービス セミナー 音声 2ch 年賀状 稼ぐ方法 HiKKAi ソーシャル・メディア 再生できない mp3 解決した方法 Googleグループ

最新コメント
カウンター
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
人気ページランキング