1. Top
  2. » 2014/09

はてブ・ブログパーツ「人気記事ランキング」の横幅を変える方法

はてなブックマークのブログパーツ「人気記事ランキング」をブログに設置すれば、「はてブ数に応じた人気記事ランキング」を表示できます。

hatebu_ninkikiji_ranking

ただ、デフォルトのまま貼り付けると「横幅が合わない」という場面も出てくると思います。(確認した時点では150px,200px,250pxが用意されています。)

このブログにも今さっき設置したのですが、横幅が合いませんでした。でも「横幅を変える」ことでスパっと設置できたので、その方法を紹介します。と言っても超簡単。

まず、「人気記事ランキング」にアクセスして、自分のブログのURLをボックスに入力して、普通に貼り付けタグを取得してください。

hatebu_ranking_yokohaba_kaeru 

そうすると、その中に「Hatena.BookmarkWidget.width」とうい部分があります。この「数字部分」を変更することで、ブログパーツの横幅を変えることができます。(例えば180pxや230pxなどに)

この部分を自分のブログに合うように微調整すれば、いずれスパッ収まるように、なるはずです。

ではでは。

Windows Essentialsをインストール後、パソコンを起動するたびに「ログインしますか?」と聞いてくる(正直邪魔)。これが出てこないように設定した方法

Windows Live Writerを使いたくて、「Windows Essentials」というパッケージをインストールしました。(パソコンはWindows7です。)

(後々わかったんですが、使うのがWindows Live Writerだけなら、それだけをカスタムインストールすればいいようです。私はめんどくさかったので、パッケージを全てインストールしました。)

するとパソコンを起動するたびに「ログインしますか?」と聞いてくる。(たしかWindows Messengerが勝手に起動されて、それが「ログインしますか?」と聞いてきたような気がします。私が使いたかったのはWindows Live Writerのみだったので、それ以外は使う気がない。今のとこ。)

さらに「スカイプをインストールしませんか?」とまで聞いてくる(スカイプは既に最新版が入っていつつも、この質問に「イエス」と答えて、インストールを始めようとすると、「あぁ、既にスカイプインストールされてますね。古いバージョンですけどインストールしますか?」と聞いてくる。答えは当然「ノー」だろう 笑)。

ということで、パソコンを起動するたびに、勝手に起動されるコレを停止しました。

その方法をメモしときます。

  1. 「スタート」をクリック
  2. 「プログラムとファイルの検索」部分に、「msconfig」と入力して検索
  3. 「msconfig.exe」が出てくるのでそれをクリック
  4. 「システム構成」ウィンドウが出てくる
  5. 「スタートアップ」タブを選択
  6. 「Windows Live Messenger」のチェックをはずす
  7. 「適用」をクリック後、「OK」をクリック

あとは再起動すれば完了です。

これで、PCを起動するたびに「ログインしますか?」と聞いてくることはなくなるはずです。

ではでは。

布団たたきで蜂(ハチ)を退治すると、刺されてしまうことがあるので注意が必要です。え?そんなこと誰もしないって?

ウチは建付けが悪いので、蜂(ハチ)がたまに部屋に入ってきます。

今日も入ってきたので、網戸をスッとあけてその蜂を逃してあげようとしたのです。やさしいでしょ?でも逃げないでトロトロと網戸の上を歩いている。

私としては早く出て行って欲しかったので、側にあった布団たたきで、そーっと蜂を外の方に押しやったのです。そしたら何を思ったのか、その蜂さんがテンパリはじめて少し攻撃になってきたのです。

以前、蜂と死闘を繰り広げたことがあって、その時は死ぬほど疲れました(いったいどんなことがあったんだ? 笑)。なので、今回は死闘に発展する前に、早めに退治してしまおうと思ったのです。

それで手に持った布団たたきで、蜂の頭とお尻の中間あたりのくびれている所を軽くぐっと押しました。(布団たたきはハエたたきと違って、空洞部分が多いので、棒状の部分でグイッと押さなければ確実には退治できない、と思ったのです。)

でも退治できませんでした。普通に動いています。

それで勢いをつけて、パチンと蜂のくびれめがけて布団たたきを振り下ろしました。

「痛ってっ!!」

その瞬間、右腕の内側に強烈な「焼けるような痛さ」を感じたのです。ヤケドをした瞬間のような痛さでした。私は痛くて思わず飛び上がりました。痛みを感じた部分にチラリと目をやると、少し赤く滲んでいます。

それを見てようやく、自分の身に何が起こったのかを悟りました。

蜂に刺されていたのです。(いや、わかれよ 笑)

どうやら、布団たたきで蜂のくびれを勢い良く叩いたのがきっかけで、蜂のお尻部分だけがジェット機のように猛スピードで後方に飛んだようなのです。そしてそのお尻ジェット機の向かう先に、たまたま私の腕があった。

ということのようです。そうとしか考えられません。

蜂をしっかりと見据えながら布団たたきで叩いた瞬間、右腕に強烈な痛みを感じました。少なくとも蜂の頭部分は動いていなかったと思います。にもかかわらず、一瞬で腕を刺したとなると、お尻部分だけが飛んだとしか考えられません。

こんなこともあるんですね(次からハエたたきでやりなさい)。

私は最近、「テラフォーマーズという漫画に出会って、それに熱中しています。それは「昆虫」の能力を獲得して、通常では考えられないくらいの驚異的な力を発揮する、というのが主なテーマだったりするのですが。

蜂に久々に刺されて、痛みで脳内モルヒネが大量に分泌されたのか、その漫画のせいかわかりませんが。

刺された直後、メチャクチャ元気になりました(笑)。

私は漫画や映画などに影響されやすいので、「うおっしゃぁ!!、昆虫の能力を獲得したっ」と、心の深い所で勘違いしていたのかもしれません。

(テラフォーマーズの中で蜂の能力を獲得した人が出てくるんですよ。その人がまた強い。「この人カッケーなー!」と思った数時間後、まさに蜂にさされたわけです。)

ということで。

蜂を布団たたきで退治しようとすると、私のように痛い目に合うかもしれませんので気をつけてくださいね。そんな人いないか(笑)

ではでは。

「特許申請をする前に”それを他言”すると特許は取れない」そうですぞ。

今、発明・特許について勉強しています。

あるアイディアを思いつき、それを元に発明したら、それを特許申請することで、最長で20年間の特許権を取得できます。これを一般的には「特許を取る」、と表現されています。

ところがこの特許を申請する前に、人に話したりして「情報を公開してしまう」と、特許が取れないのだそうです。

これは私のような素人にとっては超重要な情報です。

具体的には次のような行為をすると、特許は取れないそうです。

・他人に話す
・試作品を「展示会や発明展示会」で展示する
・インターネットで発表する
・新聞で発表する
・学会で発表する

これをすると、原則として特許は取れないのだそうです。

私も勉強中ですので、解釈が間違っているかもしれませんので、参考にしている本「たった一人のビジネスモデル」から、その原文を引用します。

注意事項として、新規性という要件は自らの行為に対しても要求されることです。

仮に、私が先程の例のポップアップ機能付き携帯電話を発明をしたとします。その発明を特許出願前に、他人に話したり、試作品を展示会や発明展に展示したり、あるいはインターネットや新聞などの紙媒体に自ら発表したり、学会で発表した場合には、原則として特許は取れないのです。

私の事務所に相談に来られる方の中には、そのようなことを熟知されていない大学の先生や企業の開発者の方がいらっしゃいました。従って、発明をしたときは、新聞などの媒体や学会で発表する前に、特許出願をすべきかどうかを最初に検討するべきです。

たった一人のビジネスモデル

「特許を取ろう」と思ってるくらいですから、その情報を外部に公開する、というのはもしかしたら、考えにくいかもしれません。

でも、発明やアイディアに自信が無い場合は、それを公開して他人の反応を見てみたい時もあると思います。ただし、これをしてしまうと「特許が取れない」、と上記の文章から読み取れます。

気になるのは、どの程度の情報公開で「新規性」が損なわれた、と判断されるか?です。

(発明にはそれが「新しいこと」が求められます。これを上記の本では「新規性」と表現しています。これががなければ発明としては認められないようです。自分の発明情報を公開してしまうと、この「新規性」が損なわれてしまいます。特許を申請する前に、その情報を公開してしまうと、その特許が「もう新しくないモノ」と判断されるからです。)

例えばブログでピロッとその情報を公開しただけで(全ての情報ではなく、情報の一部)、「新規性は無い」と判断されるのか・・。

いずれにしても、知識が深まらない家は、自分の発明に関する情報は公開しない方が懸命ですね。

余談ですが、次はこの本を読んで見ようと思っています。

女子大生マイの特許ファイル

ではでは。

Web制作で、ガラケー無視するのは危険かも。週間7アクセス程度(月間28)はガラケーから来ています。

さっき何気にこのブログのアクセスランキングを見ていたのですが、驚くべき事実を発見しました。

ガラケーからも結構アクセスが来ているのです。

オービス記事がガラケーから週間7アクセスある。
(この画像は「オービスに関する記事の”ガラケーページ”」に週間7アクセスあることを示しています。)

このように、週間7アクセスもあります。つまり月間に直すと28アクセス。これを多いと見るか、少ないと見るかは人によって違うと思いますが、少なくとも私は「想像以上に多い」と思いました。

私はガラケーでインターネットをしている人はそれほどいない、少なくともネットに関してはラケーは考えなくてもいいんじゃないか、と思っていました。でもこの数字を見る限りまだまだ無視できませんね。

ガラケーでインターネットをする人はまだまだいるようです。

ばいちゃっ。

日本未公開映画「タイムリミット」に出てた、可愛くて美しい女性はユーリヤ・スニギル(Yuliya Snigir)さん。

日本未公開映画「タイムリミット」見ました。

これを再生しつつ、仕事していたのですが、途中から気になり始めて、最後は食い入るように見てしまいました。(仕事してなくね? 笑)

それでこの映画のヒロイン?というかが、とてもかわいくて美しかったので「誰かな?」と思い調べてみました。

ユーリヤ・スニギル(Yuliya Snigir)。「タイムリミット」のワンシーン
(出典:Pictures & Photos of Yuliya Snigir - IMDb

名前はユーリヤ・スニギル(Yuliya Snigir)。Yuliya Snigir - Wikipedia, the free encyclopediaによると、今年(2014年)で31歳。ロシア出身の、モデル&女優さんだそうです。

次のページではユーリヤ・スニギルさんの画像がまとめられていました。

綺麗なおねーさんは、いかがですか? 15 世界で最も美しい顔100人 46位:ユーリヤ・スニギル

他にも「2012年の最も美しい顔100人」の46位にユーリヤ・スニギルさんがランクインしています。

次がその動画です。



気になる場合は、次のリンク先でも画像を見れます。

Yuliya Snigir - Google 検索
ユーリヤ・スニギル - Google 検索

今回の作品の他には「ダイハード・ラストデイ」や「プリズナー・オブ・パワー 囚われの惑星」に出演しているようです。

両方とも見てないので、見てみようかな。

ではではっ。 

追記:インスタより画像拾ってきました

ユーリヤ・スニギル(Yuliya Snigir)公式インスタグラムから画像をピックアップしてきました。





























ツイッターからも拾ってきました















さらにピンタレストから
















他の女優さん画像

他にも、次の女優さんの画像を集めてます。
  • スーパー・ナチュラルの「ジョー
  • ワイルドスピード・スカイミッションの「ラムジー
  • メイズランナーの「テレサ
↑よければ見てみてください。

編集後記

こういう掘り出し物の映画で、さらに掘り出し物?の女優さんを発見すると興奮しますよね。なんだか他の人はまだ見つけていないお宝を発見したような感覚です。

この映画はほんとに面白くて(流し見でしたが 笑)、「そうくるかっ」という驚きに興奮しました。この作品は知る人ぞ知る名作のような気がします。

他にも「そうくるかっ」と感じた個人的な掘り出し物には、
などがありました。個人的にはですけどね。

こういうのを発見した時は嬉しいですよね。映画冥利につきます。全然期待してなかったのに食べてみたらメッチャ美味い食べ物のようです。

お役に立てれば幸いです。

ではではっ。

作業用BGMにYouTube再生リスト「ミックス - パレストリーナ 祝福の賛美歌(ラテン語)」がイイ!

さっき何気に、「賛美歌でも聞きたいな」と思って、YouTubeで検索してみたら、ものすごく良いものがありました。



ふつくしい(ポっ)。ラテン語ってこんなに美しいですかね。それとも賛美歌の和声やメロディーがここまで美しくさせてるんでしょうか。両方か^^

■少し脱線:この曲が収録されてるCD

購入したわけではないので、断定は出来ませんが、この「パレストリーナ 祝福の賛美歌(ラテン語) 」は次のCDに収録されているかもしれません。



上記のYouTube動画の説明部分に次にようにあります。

16世紀にイタリアで活躍したジョヴァンニ・ピエルルイ-ジ・ダ・パレストリーナ(G­iovanni Pierluigi da Palestrina)による教皇マルチェルス二世(Pope Marcellus II)のミサ曲の一部"グロリア"。美しく神聖な響きのある歌声­と旋律に心が洗われ、どこか懐かしい思いに浸らせてくれます。

パレストリーナ 祝福の賛美歌(ラテン語) - YouTube

↑の太字部分を頼りに調べてみると、さっき紹介したCDの裏面に「Missa Papae Marcelli ~ 4.Gloria」とあります。

Palestrina Missa Papae Marcelli

なので、おそらくこのCDに「パレストリーナ 祝福の賛美歌(ラテン語)」が収録されているのではないかと思われます。(※断定はできませんけど)

■話しを戻します

それで、「そうだっ、それなら賛美歌の再生リストを聞いてみよう!」と思って探してみたら、これまた良いのがありましたよっと。

ミックス - パレストリーナ 祝福の賛美歌(ラテン語) - YouTube

これはいちおう「賛美歌の再生リスト」になっているんですが、それ以外も入っています。まだ全部聞いたわけではないので、全部聞いた上での感想は言えませんが、これは良いですぜ!

途中に「【作業用BGM】カッコイイ 民族音楽風曲集 ~ドイツ編~ 」というのが入ってくるんですが(今もこれを聞いている所)、これが良い!カッコイイ!

かなりテンションが上がります。アップテンポで本当に美しい。ドイツの民族音楽ってこんなにカッケーとはっ。ドイツに行きたくなってきた!音楽はこんなにも素晴らしいものだったのか、と音楽の素晴らしさを思い出しました。

ここしばらくはこの再生リストをかけながら、ガンガン仕事しようと思います。

ばいちゃ。

眼筋ストレッチをしたら、長時間PCに作業による精神の不調が全快っ。

コピーライターとして活躍し、かなり多くのコピーを書いたとされているユージン・シュワルツ。

「彼が33分33秒区切りでライティングしていた」とういうのは、ライターやコピーライターの間では有名な話です。

彼は「”書く”という高度な知的作業を人間はそう長くはできない」という理由で、33分33秒に区切って仕事をしてたそうです。つまり「書く作業には”脳機能的”に限界がある」という見方です。

(個人的には脳の疲れ、というより「眼筋の凝り」が原因で、人は長時間書くことができないのだと感じています。また脳研究者の池谷裕二さんも「脳は疲れない。疲れるとしたら”目”です。」と著書「海馬/脳は疲れない」の中で言っています。)

私もライティングの仕事をしているのすが、確かに長時間ライティングすると「脳が固まった」ような状態になります。

・文章が出てこない
・オデコの奥が痛い
・やる気が出ない
・集中力ガ出ない
・イライラする

正直言って、私生活に支障をきたすほどの悪影響がでます。

それで、私も何度か33分33秒で区切って仕事をしてみようともしたのですが、どうしても「ノッてる状態だと書き続けてしまう」ということが何度も起こって、いつのまにか、区切るのを忘れてしまいます。

それでこの33分33秒メソッドは私の中に定着していたなかったのですが、この「33分33秒区切りは絶対やった方がいい!」と思える出来事があったので記事にしたいと思います。(自分に言い聞かせるとという意味も込めて)

。。。

私は最近、禁酒してました。

酒を飲み過るとどうしても頭の働きが鈍ります。すると、文章の質も落ちてしまいます。私は酒が大好きで禁酒するまではずっと毎日飲み続けてきました。それで「これではイカンっ」と、一念発起して禁酒に踏み切りました。(数えてみると今日で12日目になります。)

たしかに禁酒すると調子がいいんです。パソコンに長時間向かうと肩や首、腰周りがカチコチに凝りますが、その凝り具合や回復具合が酒浸りの日々に比べて早いです。また、日に日に体調が良くなっているのを感じます。

ただ、長時間PC作業による、精神状態の悪化はそれほど改善されませんでした。(イライラ、やる気減退、集中力が無い、書く気が起きない、など)

それである時、眼の筋肉のストレッチ運動をしてみたのです。

松本康さんの、疲れ・頭痛・肩こりが「脳内視力」で治った!という本に載っていた「眼筋のストレッチ法」です。

今検索したら、松本康さんが視力指導されている動画を発見しましたので、それも載せておきます。



(その日はくしくも家族の誕生日パーティーで、そんなイベントの日に酒を飲まない、なんてことをやったことが無いので、私は正直テンパっていました。今まで数年以上、毎日酒を飲んでいた人間が、イベント時に酒を飲まないなんて、何をどうしたらいいか、わからない、そんな心境です。でもその日も精神状態があまりよくなく、なんとかしてこれを改善したい、と切実に思いました。)

そして眼筋ストレッチの存在を思い出し、それを実際にやってみたのです。

そしたら劇的に調子が良くなりました。ストレッチ法は簡単で全てのメニューをこなしても10分間くらいで終わります。ただ、その日はどうしても調子を良くしたかったので、多めにやりました。大体30分~1時間半くらいやったかもしれません。(厳密には覚えていない)

すると、普段パソコンのモニターを見続けていて、コチコチに固まっている眼筋をストレッチしたので、最初のウチは目の周りの疲労感はありました。それに他人の目を見にくい、ということも起こりました。(もともと、長時間PCに向かうと他人の目を見れない、ということは経験していました。)

でもしばらく、家族と会話しているうちに、スッと目の調整が合った瞬間がありました。それからはメチャクチャ調子が良かったです。多分。眼筋ストレッチでほぐれたり、逆に疲労していた筋肉のバランスが撮れたのだと思います。かなり調子がよくなりました。

。。。

という経験をしていたのですが、最近またしても袋小路に迷い込んでいました。

休憩することなく、長時間PCに向かい続けて、イライラ、不安、やる気減退、などの精神症状が起こってきました。このような状態になると、そもそも「考える能力」も下がってきます。そうすると解決策自体を見いだせない(思い出せない)という状態にハマってしまいます。まさに袋小路。いい加減にしてくれよ(笑)

それで、さっきようやく「あっ、眼筋が凝っているのかもしれない・・」と思い出して、眼筋ストレッチを1セット(約10分間)やってみたのです。

そしたら、やっぱりメチャクチャ調子がよくなりました。


それをするまでは、書くという気持ちも、目標に向けて行動しようという気持ちも、全然湧いてきませんでした。でもようやく調子がよくなったお陰で、こうしてブログの更新ができています。

・やる気が出てきた
・集中力も出てきた
・自信がみなぎってきた

などなど、良いことだらけです。

全て「眼筋ストレッチ」をやった直後に起こりました。

なので、「眼筋ストレッチ」は良いです。そしてPC作業は時間を短く区切ってやるのが良いです。私の場合はユージンシュワルツを習って33分33秒で仕事をし、最初のウチは休憩中に眼筋ストレッチをやっていこうと思っています。(やり過ぎかな?^^;)

ではでは。

よく使うボールペンはAmazonでまとめ買いすれば、移動費と手間が省ける!

私はゼブラボールペンのSARASAを愛用しています。

心の太さは1.0。

こないだまで0.7を使っていましたが、いつも行くホームセンターの0.7の側にたたずんでいる1.0を見てみて、「もうちょっと太いの使ってみよっか」と思って、買って使ってみたところ、これがイイ!

太いんです!(いや、当たり前 笑)

0.7でも人によっては「太すぎるっ」と思うかもしれませんが、少なくとも私は太い方が好きです(注:下ネタではありません)。太い方が読みやすい。遠くからでも見えやすい。視認しやすい(全部同じ意味の気が・・笑)。そしてたぶん記憶にも残りやすい。またSARASAの名前のごとく、サラサラとスムーズに書けるので気に入っています。

こういった理由で私はZEBRAのSARASAを使っています。

先日まではインクが切れる度に近所のホームセンターに車で出かけて買っていたのですが、「ちょっと待てよ、頻繁に車を使って行くならAmazonでまとめ買いした方が良くね?」と思いました。

それでAmazonで検索してみると、ありました。

ゼブラ ジェルボールペン サラサ1.0 黒 10本入 B-JJE3-BK

1.0ほどのマニアックな太さでも(いや、だから下ネタじゃないって)、Amazonならちゃんと置いてありました。しかも送料無料♪

早速10本セットを注文しました。

ちなみに「1.0の替芯10本セット」もあったのですが、値段が約100円しか違わなかったので(ボールペン×10=864円。替芯×10=740円)、ボールペン10本セットにしました。

替芯で10本も使っていると、おそらく壊れたりすると思います。私も替芯を使ったことがあるのですが、3本目くらいでボールペンの方が壊れました。たしか、落としたか何かして壊したと思います。)

Amazon、便利ですねぇ。

Meryでテキストファイルをを開く方法(右クリック→プログラム選択のリストにMeryを表示させる方法)

ライターという仕事上、色々とテキストエディタを使っています。

・Crescent Eve
・DarkRoom
・Mery

主にこの3つを使っています。

で、テキストファイルを右クリックして、「プログラムから開く」を選択しても、そのリストにMeryが表示されませんでした。(Windows7)

デスクトップ上にMeryのショートカットアイコンを常備しておいて、そこに毎回ドラッグする、ということでも開けるには開けますが、なんだか面倒&不便。

そう思って、「テキストエディタを右クリック→プログラムから開く」のリストにMeryを表示させることに成功しましたので(と言っても超簡単)その方法メモしときます。

1.テキストエディタを右クリック
2.「プログラムから開く」を選択
3.「既定のプログラムの選択」をクリック
4.「参照」ボタンから、Meryのexeファイルを選択
5.(「この種類のファイルを開く時は、いつもこのプログラムを使う」のチェックボックスは任意で)
6.テキストファイルがMeryで開かれる
7.次回から「テキストファイル→右クリック→プログラムから開く」のリストにMeryが表示される

という手順で完了です。

全てを忘れて「書くことだけ」に集中できる超シンプルエディタ「DarkRoom」(Windows)

私はパソコンで文章を書く仕事を主にしています。

それで最近使い始めたエディタがあるのですが、これがイイ!めちゃくちゃライティングに集中できます。

きっかけは使わなくなったノートPC(WindowsXPがサポート終了したため)にUbuntuというLinux系OSを入れたことでした。

Linuxにも当たり前ですがテキストエディタがあります。その中に「PyRoom」とういうモノがあるのですが、これがとてつなくクールでした。

PyRoom(テキストエディタ)スクリーンショット
PyRoom

真っ黒な画面に「緑色の文字」が表示される。

ただそれだけのエディタです。

これを使えば、目に入るモノは「今まさに自分が書いている文章のみ」です。とてつもなく集中出来ました。

他のエディタやワード(私の場合はLibreOfficeのWriter)で文章を書いていると、自分が書いている文章以外にも色々なモノが目につきます。文字装飾のボタンだったり、目次のナビゲーション。他にもタスクトレイに表示されるアイコンの数々。

脳神経科学者の林成之さんによれば「脳は目につくモノ全てを処理しようとする」そうですから、ライティングする時に目につくモノが多ければ多いほど、私達の脳は「それらも一緒に処理しようとする」はずです。

ライティングという特集な集中環境を必要とする作業で、このような「脳にとっての雑音」があるというのは、あまり良くないことかもしれません。

それでこのPyRoomというエディタが痛く気に入ったので、Windows版にも同じようなエディタがないかと探しました。

色々探したところ、ようやく良さそうなエディタを見つけました。

DarkRoomというエディタです。

DarkRoom(テキストエディタ)スクリーンショット
Dark Room
(.NET Framework 2.0が必要だったはずです。)

他にもPyRoomと似たWindows版エディタは色々と試したのですが、これが一番良かったです。

私はGoogle日本語入力を使っているのですが、普通の状態であれば「言葉を変換するウィンドウ」が文字入力をしているすぐ上に表示されます。ですが、別のエディタでは、ずっと画面左下に固定されたままでした。

なので、WindowsでPyRoomと似たようなエディタを使うなら、DarkRoomが断然イイ。と私は思います。

PyRoomとの違いの1つは画面右上にアイコンが4つ表示されているところです。最初は気になったんですが、これも気にならなくなりました。

なにより、これ以外のエディタで書いていると、なかなかペンが走りません。

今では手放せないエディタになっています。

・保存:Ctrl+S
・全画面表示解除:Esc

上の2つのショートカットキーさえ覚えておけば、使いこなせると思います。またフルスクリーン表示はエディタ上部メニューの「View」から「FullScreen」を選ぶとできます。これさえお覚えておけば大丈夫なはずです。

いいですよ、これ。

ではでは。

長時間睡眠では解決できなかった「オデコの不調」が、たった数十分の瞑想で全快しました。

最近3日ほど、「早寝で爆睡」という生活をしていました。9時~10時位には布団に入って、翌日の7時前後に起きる、という生活です。

でも疲れがとれないのです。

私はパソコンに長時間向かう仕事をしています。

その大半が「文章を書く」という仕事です。最近は特に仕事に熱中していて、長時間文章を書いていました。(文章を書くといっても色々あるのですが、マインドマップを作ったり、下書き段階の文章を書いたり、実際に人に読ませる形の文章に仕上げたり・・といった形の仕事です。)

そうすると、オデコの部分が重く、鈍い痛みを感じるようになってきました。

集中力が下がり、やる気も余りでなくなって、「とにかく疲れた」という感覚がずっと続きます。できるなら夜も仕事をしたかったのですが、疲労困憊(ひろうこんぱい)なので、「疲れをとる」ことを優先させました。それで早く寝て、それも出来る限り、長時間寝るようにしてみたのです。

でも長時間眠っても、「オデコの不調」は改善されませんでした。

眠って起きても、まだオデコが重く、鈍い痛みを感じました。もちろん、少しは改善されました。でも全快とまではいかない。私が長時間睡眠で目指したのは「体調の全快」でした。

「寝るのが一番良い」という話もあるように、寝れば治ると思って、やってみたのですが、少なくとも、この「オデコの不調」はただ寝るだけでは、改善しませんでした。

それで機能の夕方、久々に瞑想してみたのです。おそらく15分~30分程度の瞑想だったと思います。

すると「オデコの不調が全快」したのです。10時間近く爆睡しても全然改善できなかった「オデコの不調」がたった数十分の瞑想で完治してしまったのです。

このことから、瞑想には「睡眠が回復できない何かを回復させる機能がある」と考えています。

それは次の2つです。

・身体をリラックスさせて、全身を最適な状態に戻す
・レム睡眠を強制的に行って、未処理の記憶を処理する

■身体をリラックスさせて、全身を最適な状態に戻す

瞑想すると体全体がリラックスします。

人間は外界の情報の9割を視覚から得ている、と言われていますが、瞑想はその視覚を遮断します。そしてただじっと座り続ける、ということをします。

こうすると、自然と身体全体がリラックスしてきます。

それに伴って精神もリラックスしてきます。

それまではイライラしていたり、心配事があったとしても、瞑想するとそららが気にならなくなります。瞑想前は精神的に限界だっとしても、瞑想後は元気いっぱいになっていることが少なくありません。

という感じで心身共にリラックスしてきます。

すると体全体がまるで形状記憶合金を熱した時のように、「正常な状態に戻っていく」のを感じます。

これに関しては次の記事まとめました。

瞑想は形状記憶合金を温めるように「身体を正常な状態に戻すパワー」があるようだ。

詳しくは上記の記事を読んでもらえればわかりますが、とにかく瞑想をすると「身体が快方に向かう」のは、私の体験上、確かなことです。

■レム睡眠を強制的に行って、未処理の記憶を処理する

瞑想するとレム睡眠を強制的に行うことができます。

瞑想に関する著書を何冊も出されている宝彩有菜さんは、著書の中でこう言っています。

普通、人は睡眠中に約1時間半から2時間おきに約15分のレム睡眠の状態になります。レム睡眠とは、眠っていても眼球が活発に動いている状態からネーミングされたものですが、これは脳が活発に働いてデータの整理収納をしている状態です。

瞑想が上達してくると、このレム睡眠中に行う整理収納作業を、日中の瞑想中に進めることができるようになります。睡眠中では、約2時間おきにわずか15分しかその貴重な作業時間は得られないのですが、瞑想では、いきなりその貴重な15分を簡単に得ることができます。15分間瞑想するだけで、約2時間分の睡眠時間に匹敵します。

始めよう。瞑想―15分でできるココロとアタマのストレッチ

このように瞑想は「レム睡眠」の美味しい所だけを強制的に行うことができます。

人間の睡眠周期からいくと、レム睡眠は1回の睡眠中に数回しかありませんが、瞑想中はその美味しいところだけを瞑想を続ける限り、ずーっと続けることができます。

すると「心配事」や「イライラしていること」「腹が立つこと」など、たくさんの雑念が綺麗に処理されていくのです。

アーユルベーダの医師は「気持ちが落ち込んだら3日間、夜10時前には寝なさい。そうすれば全快する」と言っています(「脳にいいこと」だけをやりなさい!より)。これはおそらく、心配事などをレム睡眠で処理できるからだと思われます。

そのレム睡眠を瞑想ではすぐに行うことができます。

だから、瞑想すると気分が相当なレベルでスッキリするのだと思います。(瞑想すると、実際そうなります。)

。。。

瞑想にはこのような2つの効果があると、私は実感しています。

爆睡では回復できなかった「オデコの不調」が瞑想で全快したのは、この2つのどちらか、あるいは両方が効果を発揮したのだと思います。

。。。

これで今日、瞑想関連の記事3連発です(笑)。

残りの2発は次です。

呑気症の原因は「首こり」。「アメを舐める」「瞑想」で改善する可能性。
瞑想は形状記憶合金を温めるように「身体を正常な状態に戻すパワー」があるようだ。

忙しい毎日を過ごしていると、ついつい瞑想することを忘れてしまいます。

この記事3連投で、「瞑想」の価値を再認識し、再び習慣づけたいと思ったのでありました。

ばいばい。

呑気症の原因は「首こり」? 「アメを舐める」「瞑想」で改善する可能性。

私は昔、ひどい呑気症になったことがあります。

やめようと思っていても、何度もつばを飲み込んでしまう。これが数週間続きました。酒で紛らわせようと、赤ワインを大量に飲んで寝てみようともしました。でも、口の中にツバと泡がドンドン溢れてきて、すぐにトイレに駆け込んでは、口と胃の中に溜まったツバと空気を吐き出す。という毎日でした。本当に苦しかったです。

■アメリカドラマ「プリズンブレイク」の見過ぎで呑気症を発症

それでその時、何をしてたのかというと、アメリカドラマ「プリズンブレイク」を徹夜で見ていました(笑)。ネット上に無料でプリズンブレイクを見れるサイトを発見してしまって、それを夜中までずっと見ていました。(その時、アメリカドラマ「24」を徹夜で見てしまう、という友達の言葉を身にしみて感じたのでした。)

私はこの時、パソコンでプリズンブレイクを見ていたのですが、この「PCに長時間向かっていた」ことが呑気症の原因だったと思っています。

これ以外には、生活の変化がなかったからです。

■呑気症になると、無意識にツバを吐きたくなる

呑気症になると「無意識にツバを吐きたくなる」ということも起こります。

私もなりました。

外を歩いていても口の中にドンドンドンドンつばが溢れてきて、吐き出さずにはいられませんでした。それで、どこかで吐こうとも思うのですが、人目もあるのでなかなか難しいこともありました。吐くのを我慢しているうちに、ドンドン口の中にツバが溜まってきて、アンパンマンのような状態の口になったこともあります。とにかく辛かったです。

■パソコンに長時間向かう仕事をし続ける → 無意識にツバを吐いている自分

それで、私はパソコンに向かって文章を書く、という仕事をしています。

そして、「仕事に熱中するとツバを無意識に吐きはじめる」ということを何度も経験しています。

パソコンに向かうとどうしても下を向きがちになります。プリズンブレイクを長時間見た時も、そうでした。その時はノートPCを机に置いて見ていたのですが、やっぱり少し下を見る感じになっていました。

■学生時代、勉強のし過ぎでも「何度もツバを飲み込む」を経験

また、学生時代にも「ツバを何度も飲み込む」ということを経験しています。その時は意識的にゲップをすることで、胃の中に空気が溜まることを防いでいましたが、その行為が周囲の人にとっては怪しかったようです(当たり前ですね 笑)。

受験の頃に確かこうなったと思うんですが、その時は「前かがみになって机に向かう」という姿勢です。

これも首に負担がかかるはずです。

■首に負担がかかると呑気症になる可能性

このように、首に負担がかかるような状態だと、呑気症になるのだと思われます。

現時点では、長時間、机やパソコンに向かうことで、次のような不具合が出てくるのでは?と思っています。

・首が凝る
・肩、背中周りが凝る
・眼筋が凝る

この3つ。あるいは全てが作用して「物を上手く飲み込めなくなる」という、口周りの状態が最終的にできあがってしまうのだと思っています。(物というのは、空気だったり、ツバだったり、食物だったり)

「これら3つを改善できれば、呑気症も改善するのでは?」と考えています。

次から、私が実際に行って、呑気症が改善された方法を2つ紹介します。

・瞑想
・アメ玉を舐める

の2つです。

・瞑想で呑気症が改善

最近も私は仕事に熱中していました。すると「気づけばツバを吐いている」という状態にまたなっていました。私は長時間パソコンに向かう仕事をしているので、またしても前かがみの状態になっていたのだと思います。

その状態が瞑想でかなり改善できました。それを次の記事にまとめました。よければ参考にしてください。

瞑想は形状記憶合金を温めるように「身体を正常な状態に戻すパワー」があるようだ。

・アメ玉を舐めて呑気症改善

また、以前、呑気症で地獄のような状態を味わった時、それを改善できた方法も最後に紹介します。

それは「アメ玉を舐めた」です。

コンビニで「アメ玉の袋」を買ってきて、それを傍らに置いて常になめていました。そうしたところ、呑気症がスッキリ治ってしまいました。

おそらく、舌を動かすことで、首から胃にかけてがマッサージされ、正常な状態になったのだと思われます。

■呑気症の原因は「首こり」?

今思いつきましたが、呑気症になっている状態というのは、舌が正常な位置に無い、のかもしれません。

一般的に舌の正常な位置は前歯の裏にピタっとくっついた状態だと言われています。が、長時間PC作業すると、その舌の位置から離れていきます。前歯の裏にピタッとくっつけられなくなってきます。

ですから、呑気症は前かがみの姿勢などによって、首・肩・背中まわりが凝って、舌が正常な位置から離れてしまう。結果として、「飲み込む」という行為が正常にできなくなり、ツバや空気を何度も飲み込んでしまう、という状態に達する。

というのが呑気症の正体かもしれません。

。。。

ということで、呑気症の原因は「首のコリ」が原因かもしれません。

そして、「アメ玉を舐める」や「瞑想」で、その不調は改善できる可能性があります。

ではでは。

瞑想は形状記憶合金を温めるように「身体を正常な状態に戻すパワー」があるようだ。

最近、仕事に熱中してました。

すると疲れます。

私の場合、主にパソコンで文章を書く仕事をしているのですが、最近は「オデコの辺りが重くて凝った」ような状態が続いていました。しんどかったです。(PC作業の体勢によって、凝る部分が違うようで、腰が痛くなることもあれば、首が痛くなることもあります。)

それで、睡眠を多くとってみることにしたのです。

大体、夜の9時~10時位には布団に入るようにして、次の日の7時~8時位に目覚める、という感じです。だいたい10時間くらい寝てる計算です。

すると、ある部分では調子がいい感じはします。でも、肝心のオデコの重さとか、凝った感じはそれほど改善しませんでした。それで次の日も仕事をするわけですから、昨日の疲れを引きずったまま仕事をする形になっていました。

■瞑想したらオデコの不調が消えた

で、昨日の夕方、久々に瞑想してみたのです。

(疲れが溜まっていたようで、瞑想中カックンカックンと何度も眠りに落ちそうになりました。それを立て直しながら瞑想を続けました。)

そしたら、そのオデコの凝りがスッキリ良くなったんです。

瞑想中の自分の身体をよくよく観察してみると、首のあたりの筋肉がほぐれるのを感じました。また、瞑想を始めた直後は「舌が上の前歯の裏にくっつかなかった」のですが、瞑想を続けるうちに少しずつ、舌が前歯の裏にピタッとくっつくようになったのです。

「舌の正常な位置は前歯の裏にピタッとくっつくことだ」とは結構言われていることですし、それに特化した本もあった気がします。(調べ見ました。たぶん次の本だと思います。舌は下でなく上に “舌の吸盤化”で、あなたの脳力・人生が開花する!

瞑想をしたらその「舌の正常な位置」に舌が収まるようになりました。

おそらく、長時間のPC作業で首・肩まわりが凝って、舌が正常な位置に収まれないような身体状態になったのだと思います。

■瞑想を習慣づけてた頃は風邪をひかなかった

思えば、瞑想を習慣づけていた頃、風邪を引くことがなかったです。

仕事で体が凝ったりすることはあるんですが、瞑想するとそれが改善されていたことを思い出しました。

瞑想は形状記憶合金を温めるのと同じように、身体を正常な状態に戻す作用があるのだと思います。(形状記憶合金は温めると元の状態に戻る性質があります。)

■瞑想したら視力アップ

そうそうもう1つ変化が。

瞑想前はPCの画面上の文字が読みづらかったのですが、それが瞑想したらクッキリ見えるようになりました。

森田健さんは仙人修行のための瞑想を数日間行った所、視力が0.4前後から1.0までアップした、と著書、ハンドルを手放せの中で語っています。

筋肉、神経、血液など、身体全てが瞑想によって「正常な状態に戻る」としたら、視力がアップするのも不思議ではありません。

原久子さんは、主に瞑想で視力改善を指導されています。著書、呼吸を変えれば目はどんどんよくなるによると、この方法で視力がアップした方が多数いるそうです。

ですから、瞑想は視力アップにも良い。と考えられます。

■瞑想は身体全体を元の正常状態に戻そうとするパワーがある

また瞑想に関する著書を多く出している宝彩有菜さんは、「瞑想すると長年の肩こりや腰痛が治る」と著書、始めよう。瞑想―15分でできるココロとアタマのストレッチの中に書かれています。ですから、瞑想すると「身体の状態が改善される」というのは、ほぼ間違いないと思います。私はそれを体感しています。

そして、私の経験では、瞑想は形状記憶合金を温めるように、「身体の状態を正常に戻す」作用があると、感じています。

忙しい日々に追われると、ついつい瞑想を忘れがちですが、もう一度習慣づけようと思った次第でした。

ちゃんちゃん。

自分はフォローしてるけど、フォローしてくれてない人をクリック連打でアンフォローできる無料サービス「ManageFlitter」

Twitterをしていると、一括でアンフォローしたい場面も出てくると思います。

特に「自分はフォローしてるけど、フォローしてくれてない人」を一括でアンフォローしたい時などです。公式サービスにログインして、アンフォローしまくる、というのも手ですけど、これはかなりめんどくさい。

そんな時は「クリックを連打するだけで、連続アンフォロー」できる無料サービス、ManageFlitterが便利です。

ManageFlitter

Twitterアカウントさえ持っていれば、会員登録する必要もありません。Twitterにログインした状態でこのサービスにログインできます。

次の手順で連続アンフォローできます。

1.ManageFlitterにアクセス
2.右上「Sign UP」をクリック
3.「Connect to Twitter」ボタンをクリック
4.TwitterアカウントとManageFlitterを連携させる
5.上部メニュー「Manage」の「Unfollow」を選択
6.「自分がフォローしていて、相手がフォローしていない人」がズラーっと表示される
7.「Unfollow」ボタンをクリック連打する


これでガシガシアンフォローできます。

アカウントによってはアンフォローし過ぎると、アカウント削除されることもあるそうなので、一気にアンフォローはやめておいた方がいいかもしれません。

私の場合は、一日50くらいを目安にアンフォローしています。

収益性の高い広告ユニットを「ブラウザに最初に読みこませる」と、収益の増加が期待できるようだ。

クリック率の高い広告ユニットをHTMLソースの先頭に記述することで、収益の増加が見込めるようです。

次のページにその設定方法が書いてあります。

広告ユニットの優先順位 - AdSense ヘルプ

上記に、「広告ユニットの優先順位はブラウザによる読み込み順と同じ」とあります。

各サイトによって違うと思いますが、例えばサイドバーに配置したビッグバナーがそのサイトで最もクリック率が高いとしたら、そのビッグバナーを最初に読み込ませることで、収益の増加が見込めるようです。

これはどのような仕組みでこうなるのかわかりませんが、少なくとも次の2つの可能性が考えれます。

・早く表示されるため、ユーザーが広告を見逃すことが少なくなる
・広告ユニットはクリック単価の高い順に表示されるから、クリック率の高い広告ユニットを最初に読み込ませれば、収益の増加が見込める

よくわかりませんが、もし後者だとすると、大変興味深いです。

PDFファイルをブラウザではなく、AdobeReaderで開く方法(Windows7)

先日から、Windows7パソコンを使い始めました。

それでPDFファイルを見ようと、そのアイコンをクリックすると、何故かブラウザで開かれる。(私の場合はFifrefox)

以前は、こんな事がなかったので戸惑いました。

で、さっき解決できたので、その方法をメモしておきます。

1.Adobe Readerをインストールしておく
2.PDFファイルを右クリック
3.プロパティを選択
4.「全般」タブの「変更」ボタンをクリック
5.「AdobeReader」を選択

これで解決できました。

酒をやめて5日。酒をやめると毎日が楽しくなって、日々に幸せを感じられるようになる可能性あり!

最近、禁酒をはじめました。

私はけっこう酒が好きで、最近はずっと毎日飲んでいました。ですが、家族全員の禁酒デーをきっかけに(家族全員、酒好きなんです 笑)、いっその事「完全にやめてやろう」と思いました。

酒を飲むと楽しいし、会話も弾むから良い部分はあると思います。

でも、少なくとも私の場合、ライター(文章を書く)という頭脳労働をしているので、酒を飲んで頭の調子が悪くなると、仕事がはかどりません。

酒を飲みながら文章を書くと、流れるような文章が書ける・・が

伝説の広告マンで、広告文章も書いていたデイヴィット・オグルヴィは「酒を飲みながら書くと、良い文章が書ける」と言ってました。確かにそれは事実だと思います。酒を飲みながらとか、飲んだ後に文章を書くといい意味で精神のタガが外れます。すると世間体や理性、羞恥心などを無視した、自由で流れのある文章が書けます。

ただ、かなり自由に書けるので、「論理的な破綻」をしやすくなります。気づいたら、何を書いているのかわからない、という状況になりがちです。(いや、飲み過ぎだろ 笑)

ライティングに「酒を活かす」ためには、酒を飲んで自由奔放に書き、次の日、酒を抜いてから推敲する、という方法がいいかもしれません。

話がいつのまにやら、「仕事に酒を活かす」方向に行ってしまいましたので、話を戻します。

酒を毎日飲むと、日常の精神状態が悪くなる。

酒はある意味で良いモノです。

でも、毎日酒を飲んでると、日常の精神状態が少しずつ、それも継続的に、さらに無意識的に「悪くなる(悪い状態が続く)」と感じています。

酒を飲むとドーパミンが放出されます。すると気持ちが良いです。酒を飲むと気分が良くなるのは、これが理由だと考えられます。つまり、酒を飲めば飲むほど、ドーパミンがガンガン放出されます。

これは一見いいことのように見えます。

でも、何度も強制的に脳神経からドーパミンを放出することを繰り返すと、「脳神経は疲れてくる」のだそうです(二重洗脳―依存症の謎を解くより)。すると、次第に脳神経は放出するドーパミン量を少なくしていきます。つまり「快感を感じる感度が鈍くなってくる」ということです。不感症になるんですね。

そうすると、今まで飲んでいた酒の量では満足できなくなります。次第に酒量が増えていきます。

酒を毎日飲むと、不感症になる。

禁酒を数日して久々に酒を飲むと、予想以上に酔います。グラス1杯か2杯でいつものように酔うことができます。でも次の日からは、それまで通りの酒の量じゃないと酔えなくなってきます。

これは不感症になっているからだと思います。

それまでは小さな刺激で満足できたのに、その刺激を何度も繰り返すにつれて、小さな刺激では満足できなくなる。満足するために刺激を強くする。これを繰り返すことで、次第に酒の量は増えていく。ということだと思います。

そしてこれをくりかえせばくり返すほど、脳神経は疲れ果てて「不感症の進行度」はスピードを上げていきます。

日常の些細な「快の出来事」に感動できなくなってくる

ドーパミンは「快感を感じた時」に放出されます。

そのドーパミン感度が鈍ってきます。すると、日常の些細な「快の出来事」に満足できなくなっていきます。例えば「空が青い」だとか「山が綺麗」といった、子供の頃なら感じていたであろう「純粋に嬉しい感覚」が次第に消え失せて行きます。

これは「大人になったから」という一言で片付けられる場合もありますが、「脳神経の疲弊」も原因の1つだと思っています。

酒を飲んで、強制的に脳神経からドーパミンを放出し続けると、このような日常の些細な「快の出来事」でも、脳神経はドーパミンを放出しなくなります。

すると、なんとなく日々がつまらない。

刺激が足りない。

ということが起こってくるのではないでしょうか。

酒をスパッとやめると脳神経は回復をはじめる

私はこれを実感しています。今日で禁酒5日目くらいなのですが、今朝朝日を見たら、すごく感動しました。キラキラ美しかったです。禁酒する前も朝日を見て、それなりに感動していたのですが、今日ほどは感動していませんでした。

二重洗脳の著者、磯村 毅さんは「酒をスパッとやめると、脳神経は回復を始める」と言っています。酒を飲む頻度を減らすのではなく、スパッと完全にやめると、脳神経は次第に回復をはじめるのだそうです。飲兵衛にはキツイ言葉ですね(笑)

でも、これをすることで、脳神経が回復し、「些細な快の出来事」でも脳神経はドーパミンを放出するようになります。そうすると、日常の中で「幸せだな」と思うことが多くなるのだそうです。

禁酒5日目。少しずつ調子が良くなてきた。

今日で禁酒5日目ですが、昨日までは結構調子が悪かったです。今まで強制的にドーパミンを放出させていたのをパタっとやめたわけですから、調子が悪くなるのも当然です。ドーパミンがスッカスカになるはずですから。(ここの仕組みを理解しているので、今回は結構耐えられました。)

それで今朝、ようやく「少し調子いいかも」と思えるようになってきました。

脳科学者の苫米地英人さんは「ドーパミンは脳の運動ホルモンだ」と言っています。つまり、ドーパミンが放出されていれば、思考活動を盛んにできる、ということです。

私の場合、今朝、ようやくドーパミンが放出されてきたようで、色々なことを考えられるようになってきました。それもポジティブに。

ということで・・。

「禁酒」はいいですよ。

それまで毎日飲んでいたとしたら、急にやめるのはキツイことかもしれません。でも挑戦してみる価値はあります。「刺激がないと生きられない、なんだか日々がつまらない」といった状況から抜け出せるのかもしれないのです。

酒を毎日飲んでると、「命がけの出来事」じゃないと、快感を感じられなくなる?

余談ですが、役者の岩城滉一さんは「小さな刺激ではつまらない」そうです。何か大きな、命がかかるのような刺激でないと「楽しくない」のだそうです。

私も少しだけ、似たような部分があります。

アクシデントが起こると「快感」を感じます。昔、山形の御釜(カルデラ湖)に観光に行った時、ちょうど台風か何かが来ていて、猛烈な突風に襲われました。家族は命の危険を感じて、身を低くして、飛ばされないようにしていました。

でも私は違いました。

ジャンプして風を全身に受けて、飛ぼうとしていたのです。

もちろん、自分なりに安全確認はしています。でも、家族から見たら「かなりおかしい行動」だったようです。何かのふしに、その時の会話になると、未だに「あれはおかしい」と言われます(笑)

これは自分の体質とか性格だと思っていたのですが、もしかしたらアルコールの飲み過ぎで、「脳神経がデカイ刺激じゃないと反応できなくなっている」からかもしれません。脳神経が疲れ果てて、小さな刺激では反応できなくなって、普通の人なら恐怖を感じるような大きな刺激でなければ、ドーパミンを放出できない(楽しいと思えない)ような体(脳)になっていたのかもしれません。

それで岩城滉一さんの話に戻るのですが(脱線長くね?)、彼はあの年で酒を飲み過ぎて、マーライオンの如く「吐く」ということをしているそうです(若すぎる 笑)。この話はダウンタウンDXで言っていました。記憶が確かなら「誕生日パーティ」でそんな出来事があった、と語っていたので、もしかしたら、頻繁にそのような酒の飲み方をしているわけではないかもしれません。

ただ、「命をかけるようなことをしないと楽しくない」という状況は「脳神経が疲れきってドーパミンを出せないでいる」ということになっている可能性がかなり高いと思います。(勉強した結果と、自分自身の体験を通して)

なので、呑兵衛のあなた。

禁酒に挑戦してみるのもいいかもしれませんよ。

禁酒すれば脳神経のドーパミン放出機能が回復して、些細なことでも幸せを感じられるようになるかもしれません。

今まで遠くにあると思っていた「幸せ」がすぐ近くにあることに気づくかもしれません。

。。。

今日、家族の誕生日パーティーがあるのですが、今日も禁酒しようと思っています。「この飲兵衛の俺がイベントで酒を飲まなかったら相当かっこいい」。という状態を現実化させるためにも、この記事を書いてみました。

動画再生中、ファイルダウンロード中にネットワークが強制的に遮断される。を解決した方法メモ(Windows7)

最近、次のような症状に悩まされていました。

「ストリーミング形式の重めの動画を再生したり、重めのファイルをダウンロードすると、強制的に無線LANが切断される」(ちなみにWindows7です)

で、先ほど対策を打ったところ、今のところ改善できてるようです。(動画再生しても、ダウンロードしても)

次の手順で対策をしました。

0.念のため「復元ポイントを作成」
1.スタートをクリック
2.検索ボックスに「更新プログラム」と入力し検索
3.検索結果一覧の「更新プログラムの確認」をクリック
4.もし「利用できる更新プログラムが○個あります」とあれば
5.それら全てを更新する

参考ページ
ドライバーを修復または更新する

これをした所、今のところ症状は出ていません。

。。。

これだけだと、心もとないので、ここに辿り着いた経緯を書いておきます。

■症状

まず、もう一度症状を。

次のような場面で強制的にネットワーク(無線LAN)が切断されました。

・重めのストリーミング形式の動画再生中
・重めのファイルダウンロード中

動画を最後まで再生できなかったり、ファイルのダウンロードに何度も失敗しました。ソフトをインストールするためのexeファイルのダウンロードにまで失敗した時は、さすがにイラつきましたね(笑)

■似たような症状の人。と解決方法

それで検索してみると、似たような症状に悩んでいる人を見つけました。

質問No 3563ネットワークが切断される

この方はNICドライバーを更新したら改善できたようです。

■ドライバの削除は怖くてできなかった

それで少し検索すると、「ネットワークアダプターの再インストール」というのが見つかりました。

Windows 7でネットワークアダプターのドライバーを再インストールする方法

これをやろうと思ったのですが、実際にデバイスマネージャーからネットワークアダプタを見てみると2つある。どっちを削除したらいいのかわからない。しかも、削除すると何が起こるかわからない。これは恐ろしい。

ということで、この方法はやめました。

■復元ポイント作成

今さらながら、「復元ポイント」ありがたみがわかりました。

これはロールプレイングゲームで言うところの「セーブ」です。何かエキセントリックなことに挑戦するときは、セーブ(復元ポイントを作成)しておけば、何かあったとしても、元の正常な状態の戻すことができます。

なので、実際に作業を開始する前に、次のリンクにしたがって復元ポイントを作成しました。

復元ポイントを作成する

■NICドライバーを更新すれば良いっぽい

色々検索して、次のページにたどり着きました。

ドライバーを修復または更新する

この手順にしたがって、更新プログラムを探したところ、「8個のプログラムが利用できる」とあったので、それら全てを更新しました。

その8個のプログラムの中に、ネットワークアダプタの名前があったので「これはいけるかもしれないっ」と思った次第であります。

。。。

今さっき、ストリーミング形式の動画(映画)を再生しながら、重めのファイルをガンガンダウンロードしてますが、全然OKです。ネットワークが切断されません。以前なら、これをすると何度も無線LANが切断されてました。

ノンジャンルブログでもアドセンス月10万円は簡単!?1日平均1700PVあれば月1万円は行きそうだ。

アドセンスで稼ごうと思うと「どれくらいアクセスがあれば、どれくらい稼げるのか?」は気になるモノです。

目安って欲しいですよね。人間って。

それで今日調べてみました。

結論から言いますと、1日平均1700PVあれば、月に1万円は稼げそうです。もう少し具体的に言うと、1つのブログやサイト、で毎日に1700PVあれば月給1万円はいけそうだ、ということです。

根拠としたのは以下の記事です。

Google アドセンスで毎月3万円以上の収入を得るいちばん簡単な方法 | うぇぶ小屋

この記事によると、「月1万円稼ぐには月に5万PV必要」とあります。

私の場合、あまり月間のアクセス数やPV数って気にしたことがなく、いつも1日のアクセス数を見てしまいます。(ブログにアクセスカウンターを載せていて、それでアクセス数をチェックしているのもありますし)。

なので月間何万PVと言われてもピンと来ないので一日あたりのPVに変換してみました。それが最初の数字「1日平均1700PVあれば月に1万円稼げる」というモノです。

目安としては、これくらいになるそうです。

実際、今のこのブログのPV数は月間で約13000ですが、上記の記事の目安によると、「1万PVで2,000円~4,000円」となっていますが、実際、この範囲の報酬額におさまっています。ですから有効な指標だと思います。

ノンジャンルブログでもOKじゃね?

で、アドセンスにしろ、他のアフィリエイトにしろ、ブログは何か1つのテーマに特化して作った方が収益性が高い、ということは色んなところで言われています。

でも、少なくとも私は1つのことに特化した記事を書き続けるが苦痛です。これが私がアフィリエイトができない大きな理由です。(笑)

でもこの1つのテーマで記事を書く、ということを諦めてこのブログのようなノンジャンルブログで思いついた記事を片っ端から書いていったら、Amazonアソシエイトでも月に数千円は稼ぐことができるようになってきました。

これはある意味でアフィリエイトに成功しています。

今まで特定のテーマに沿ったブログを無数に作って、数記事書いては放置。ということを繰り返してきましたが、このブログだけは続けることができています。

それは書くジャンルを絞っていないからです。

ノンジャンルだからです。

トレンドアフィリエイトは詳しくは知りませんが、テーマを絞る方法と、ノンジャンルで行く方法の2つがあるように思います。そのトレンドアフィリエイトでもノンジャンルブログで月に10万円稼いでいる人達はゴロゴロいるようです。

ですからノンジャンルでも全然いける、ということだと思います。

何より、私はノンジャンルじゃないと続かない(笑)。その日に書きたいテーマがコロコロ変わるので^^;

で、私の感想だけだと心もとないので、ノンジャンルブログでもアドセンスで稼げた、という記事を2つ紹介します。

ノンジャンルで稼げた事例1

まずは1つ目。

アドセンスは日記を書くだけで毎月10万円稼げる! - アフィリエイトで稼ぐWEBコンサルタントNaokiのブログ

タイトルにもある通り、「日記ブログでも毎月10万円は稼げる」と言っています。

しかも、多くのアフィリエイトでは「人のためになる記事を書きなさい」と言われますが、この方は「継続すること」を第一にしています。

例えば、次のような記事でもOKと言っています。

・食事の感想
・出かけた場所の感想
・テレビ番組の感想
・ショッピングの感想
・おもしろ動画の感想

などなど、ある意味「ライトな記事」でも書いてOKとしています。

そう言われると心が楽になりますよね。

実際、私は映画の感想なども別のブログで書いたことがありますが、結構なアクセスが来ました。映画はかなりの人が見ますが、その「感心事」がヒットすれば、普通の感想記事なのに、そこそこのアクセスは見込めます。

そしてアドセンスはクリックされれば報酬になりますから、そのクリックの入り口(アクセス数)は多ければ多いほどいいですし、そのさらに入口(記事数)も多ければ多いほど良い。

つまり、どんな記事でも書きまくって、書き続ければ、アドセンス報酬はドンドンドンドンうなぎのぼりになっていく、ということだと思います。

このブログ運営者はWEBコンサルタントをされているそうですが、このように語っています。

アドセンスはアフィリエイト初心者でも簡単に稼ぐことが出来ます。
しかしながら、これからアドセンスを始める入門者の中には、
何から始めたらいいのか分からない人も少なくないかと思います。

そこで今回は、その疑問を解消して頂こうと思うのですが、
結局のところ、アドセンスで稼ぐには、

とにかくたくさんのページを持ったサイト(ブログ)を作ればいい

それだけです。

あなたがもしこれからアドセンスを始める入門者であるなら、
SEO対策(検索エンジン上位表示対策)とか難しいことを考えるのはやめて下さい。

(中略)

というわけで、アドセンスは日記を書くだけで簡単に毎月10万円くらい稼げます。
もちろん、外注スタッフに記事を書いてもらったり、儲かるキーワードが分かったり、
SEO対策を行えば、1年間経った頃には月収100万円くらいになってます。

アドセンスは日記を書くだけで毎月10万円稼げる! - アフィリエイトで稼ぐWEBコンサルタントNaokiのブログ

メチャテンションが上がりますね、ノンジャンルで記事を書くだけで簡単に月10万円は稼げるし、さらに月100万円も夢ではないと。ワクワクします。

ノンジャンルで稼げた事例2

さらにもう1つ。

さっきの記事はプロっぽい方だったので、次はいい意味で素人っぽい(ブログの作りが)記事を紹介します。

アフィリエイトで月1万円稼ぐまでの苦しい道のりを振り返る! - 文系プログラマによるTIPSブログ

この方は地道に記事を書き続けて、月1万円稼げるようになったそうです。

しかもノンジャンルです。

アドセンスで稼ぐコツとして、次のようなモノを挙げられています。

・興味のない記事は書けない(書かない)
・ノンジャンルでOK
・無料ブログでもOK
・SEOも気にしなくてOK

無料ブログでもOK

無料ブログでもOKというのが良いですね。

トレンドアフィリエイトを始めとして、多くのアフィリエイト教材などではワードプレスブログを推奨しています。

これはドメインをお金をかけて自分でとって、さらにレンタルサーバー契約をお金を払って済ませて、ということをするので費用がかかります。「ビジネスなんだからお金をかけるのは当たり前」という話もあると思いますが、「初期費用はできるだけ抑えたい」という部分もあると思います。

何より、そのブログを継続して更新できるかどうかわからない(自分で自信がない)という時点でお金をかけてワードプレスを運営するのは、心理的にもなかなかキツイものがあります。

だから、私もこの「シバタスブログ」は無料のFC2ブログを使っています。

昔はお金をかけてワードプレスブログを使ったこともありましたが、続きませんでした(笑)。勉強代にはなりましたが、ある意味でお金の無駄です。それ以降無数にブログを作ってきましたが、続かなくてゴミになったのがほとんどです。というか、現状で着実に記事更新できているのは、このブログのみです^^;

ということで、そんな「不安定なブログ運営初期の頃」には、無料ブログはありだと思いますし、月に1万円以上のアドセンス収入が得られている人が、そう言ってくれるのはありがたいですね。

FC2ブログの場合は放置すれば広告が表示されますが、放置しないでガンガン記事更新すれば、広告が表示されない上に、記事数が増える、という好循環が生まれます。さらにブログが起動に乗ってきたらお金を払って放置しても広告が表示されないようにもできますし、独自ドメインに乗り換えることもできます。

なので、私もはじめは無料ブログでもいいんじゃないかと思います。

SEOも気にしなくてOK

SEOも気にしない、というのもいいですね。

最初のWEBコンサルタントの方も言ってました。「SEOは気にする必要はない」と。

私もかなり昔にSEOを本気で勉強したことがあるのですが、最終的に「いい記事を書けばそれでOK」という結論が出たので、それ以来、一切SEOは勉強していません。

Googleは色々なバージョンアップを繰り返していますが、結局のところ「ユーザーが欲している情報を”高い精度”で届ける」という目的で動いています。そしてユーザーが欲している情報というのは、「良い記事やコンテンツ」なわけですから、細かいことは考えずに「いい情報を公開」していけば、良いのだと思っています。

。。。

という感じで、記事を書きまくれば月1万円や月10万円はなんなく行きそうです。

一番最初の目標として月1万円を掲げるなら、1日1700PVあれば、この数字に届くようです。

かなりモチベーションが上がってきました。

私にとっては「何気ない日記ブログでも記事を書きまくれば月10万円は簡単にいく」というWEBコンサルの方の言葉にかなりパワーをもらいました。

「そうか、ただ書けば収入は上がるんだ」

そう思った次第でござりまする。

AdSense広告を間違って自己クリックしても、Googleに報告する必要はないようだ。

さっき、記事タイトル直下のAdSenseはアリか?の考察の記事を書いている時、AdSense広告の配置替えをしました。

PC版とスマホ版でテンプレートを色々といじくったのですが、勢い余って「AdSenseを自己クリック」してしました。

ずっと自己クリックしないように気をつけていたのですが、久々にやってしまった(汗)。早速Googelさんに報告して、「俺は悪いことやってないぜアピール」をしようと、検索してみたところ、次のページを見つけました。

間違って自分の広告をクリックした場合に必要な対処

これによると、「間違って自己クリックした場合でも、報告の義務はない」そうです。

原文を引用します。

サイト運営者様が故意に自分の広告をクリックすることは認められませんが、誤ってクリックする場合も十分に考えられます。このような場合に Google まで特別にご連絡いただく必要はありません。有効と見なされたクリック数および表示回数に対する収益はこれまでどおりお客様のアカウントに集計されますので、ご安心ください。

間違って自分の広告をクリックした場合に必要な対処

ホッ。ひと安心です。

昔は間違って自己クリックしてしまったら、速攻でGoogleに連絡してました。すると「これからは気をつけてくださいね」という返事が返ってきたモノですが、時代は変わりましたね。報告の義務が必要なくなったなんて。IPアドレスかなんかで自己クリックを判断してるんでしょうかね。

よかったよかった。

記事タイトル直下のAdSenseはアリか?の考察

Googleは公式ページでファストビューに広告を表示することを推奨しています。

AdSenseチームはファストビューに広告を配置することを推奨
AdSense をご利用いただく上での必須知識 - AdSense ヘルプ

で、記事タイトル直下にアドセンス広告を配置すれば、ファストビューなのでクリック率が上がるのでは?と誰でも思うはず。

でも、アドセンスポリシーの中で、コンテンツがスクロールしないと見られないようになるような、アドセンス広告の配置はNGですよ、とあります。

スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるサイト レイアウト

で、ここからが考えどころです。

「記事タイトルはコンテンツに含まれるのか?」

ここが一番のポイントだと思います。もし、記事タイトルがコンテンツに含まれるなら、記事タイトル直下にアドセンス広告を配置してもOKということになります。でももし、記事タイトルがコンテンツじゃないとしたら、それはNGということになります。

検索して調べて見ると、賛否両論です。

・記事タイトル直下はダメだ
・いやOKだ。こうすると収益が上がった
・スマホの場合はNGだ

など、色々な意見があります。

ここで私のスタンスは「もしアリなら記事下にアドセンス広告を配置してみたい」です。

そのスタンスで情報を眺めてみた所、次の記事が目に止まりました。

Googleアドセンスの広告配置を最適化してクリック率が倍になった話 | アフィるネット

この方は次のようなアドセンス配置で運用されているようです。

・記事タイトル直下に1つ
・記事下に1つ
・関連記事下に1つ

全てメインカラムに配置しています。

こうした所、収益がアップしたそうです。

つまり、この方は「記事タイトル直下でもアドセンスから警告が来ていない」ということになります。

もう1つ興味深い記事を見つけました。

【アドセンス・コラム】 第50回: 記事ページ 見出し直下のレクタングル(大)&ビックバナーは大変有効 …(2012.3.17)

この記事によると[N]ネタフルの管理人さんが「記事タイトル直下のアドセンス広告は大変有効だ」と言っていたそうです。

そしてネタフルさんの個別記事を確認してみると、確かに記事タイトル直下にアドセンス広告が配置してあります。

ということは、「記事タイトル直下でもOK」と考えられます。

「ちょっと待て、スマホの方はどうなの?」

と思うと思います。私も思いました。それでChromeのディべロッパーツールでネタフルさんの個別記事をスマホで表示させてみたところ、スマホ版でも記事タイトル直下にアドセンス広告が表示されていました。(ソースを見てみると300×250のアドセンス広告が記事直下に表示されています。)

ということは、スマホ版でもタイトル直下にアドセンス広告は配置できる可能性が出てきます。少なくとも、ネタフルさんではこの配置で今の所、問題なく運営できているようです。

■まとめ

まとめると、「記事タイトル直下のアドセンス広告はアリの可能性が高い」と私は考えました。

この考えにしたがって、早速このブログのアドセンス広告の配置を変えてみました。具体的には次のように変えました。

-PC(全て「レクタングル大」)

・記事タイトル直下
・記事コンテンツ直下
・関連記事直下

-スマホ(全て「レスポンシブ」)

・記事タイトル直下
・記事コンテンツ直下
・下部ナビバー直下

これでとりあえず、運用してみようと思います。

もしダメだったらAdSenseから警告がくると思いますので、その時は直したいと思います。

モバイルはPCを追い越した?約12000アクセス中、7000がモバイル経由のアクセスな事実

Googleアナリティクスのアクセス数をチェックしていたら、驚くべきことを発見しました。

アクセスの半分以上がモバイルからでした。

正確には2014年8月9日から2014年9月9日までのアクセス状況が次のようになっていました。

・トータル:12082
・desktop:4731
・mobile:6878
・tablet:473

2014-09-09、シバタスブログ、アクセスサマリー

パソコン(desktop)のアクセス数は4731に対して、モバイル(mobile+tablet)のアクセス数は6878+473で7351です。トータルアクセスが12082ですから、アクセスの半分以上はモバイルということになります。

少し前はPCからのアクセスの方が多かったのに、時代は進みましたね。そして、この傾向は加速するんじゃないかと予想しています。

※このブログは「モバイルでアクセスするような記事」を意識して書いてはいませんので、ナチュラルなアクセスだと考えています。

疲れない「座り姿勢」と「立ち姿勢」のトレーニング方法メモ

長時間のPC作業はキツイ。

肩は痛くなるし、首も痛くなる、腰まで痛くなって全身痛みだらけでもうどうにもならない。おまけに精神状態まで悪くなってくるんだから目も当てられない。

ということで、疲れない座り姿勢と立ち姿勢のトレーニング方法の動画をメモしておこうと思います。

動画の方はさとう式リンパケアの佐藤青児さん。

佐藤さんのYouTubeチャンネルを見てもらえればわかりますが、肩こりを一瞬で治す動画などがアップされています。素人の方が施術されていて、その効果に驚いている動画が何個かあります。長時間PC作業で悩んでいる場合は、一見の価値ありです。



動画で全て解説されてますので、あえて付け加える部分はないと思います。

最後に佐藤さんの公式ブログと著作を紹介して終わりにしたいと思います。

■ブログ

さとう式リンパケア

■著作

佐藤青児 著作一覧

ドラゴンスピーチとAmiVoice(アミボイス)の動作環境。(ソフトが正常に動くためのPCスペック)

音声で文字入力を試したい時は、ドラゴンスピーチAmiVoiceで迷います。

私も現在進行形で迷っているんですが、性能云々よりも、今自分が使っているパソコンでこれらが正常に動作しないとしたら、全く意味がありません。

なので、今日はそれぞれのソフトが正常に動作するために、必要なPCスペックの公式ページメモしておきます。

■ドラゴンスピーチ

ドラゴンスピーチが正常に機能するための、動作環境は次のページに記載されています。

ドラゴンスピーチ:システム要件

■Amivoice(アミボイス)

Amivoice(アミボイス)が正常に機能するための、動作環境は次のページにあります。

AmiVoice(アミボイス)動作環境

。。。

実際見てみると、ドラゴンスピーチは必要なPCスペックは高めです。それに対して、Amivoice(アミボイス)はそれほど高スペックを要求してはいないようです。

私の今のPC環境ではアミボイスしか使えないことがわかりました(笑)。なので、私が使うとしたらアミボイスになります。うーん、早く試してみたいっ。

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示