1. Top
  2. » 2015/08

Windows10にアップグレードしたらGoogle日本語入力が使えなくなってた(怒)、を一瞬で解決した方法

先日、Windows7をWindows10に無料アップグレードしたところ、「何か漢字変換が変だな」と思っていたら、Google日本語入力が使えなくなっていました(怒)。

Google日本語入力が使えないと不便きわまりないので、使えるように設定した方法を紹介します。

次の方法ですぐに使えるようになりました。

  1. Google日本語入力を再インストール
  2. PCを再起動

詳細を書く必要が無いほど簡単です(笑)。

私の場合はこの方法で上手くいきました。これで安心安心♪

アドセンス報酬の受け取り口座を変更する方法

諸事情でアドセンス報酬の受け取り口座を変更しました。無事できたので、その方法をメモとして残しておきます。

次の手順で行います。

  1. アドセンス管理画面で新規口座を登録する
  2. Googleからその口座に振り込まれた金額を入力して認証する
  3. 新規に登録した口座をメイン口座に設定する

1.アドセンス管理画面で新規口座を登録する

まずアドセンスの管理画面から新規の銀行口座を登録します。

次の手順で口座登録画面に移動できます。

右上「歯車マーク」>お支払い>左メニュー「お支払い設定」

後は普通に追加したい口座を登録します。

2.Googleからその口座に振り込まれた金額を入力して認証する

アドセンスでは口座の認証のために、「新規口座にGoogleがお金を振り込み、その金額(数字)がわかるか」という方法を使っているようです。

例えばGoogleが26円を新規口座に振り込んだとしたら、その口座の管理人ならその金額がわかります。後は26円をアドセンス管理画面から入力すれば認証に成功します。このような仕組みで口座の認証を行ているようです。

Googleからの振り込みは、新規口座登録後2~3営業日に行われるようなので、振り込みを確認したら、その金額をステップ1と同画面から、入力して認証を完了させます。

認証が完了すると、同画面に新規口座が追加されているはずです。

スクリーンショット_081215_013116_PM

3.新規に登録した口座をメイン口座に設定する

今のままだと、過去に登録した口座がメインになっています。

なので、新規に登録した口座をメインに設定します。

新規登録した口座の横に「メインのお支払方法に設定」というリンクをクリックすると、メイン口座に設定できます。

スクリーンショット_081215_012629_PM

。。。

これで完了です。

お疲れしたっ。

e-Taxで確定申告した「申告書や決算書の控え」を手に入れる方法

色々な申請などで「申告書の控え」や「決算書の控え」が欲しい場合があると思います。

これまでのように、紙に書いて申告をしていた場合は、申告書などの控えは手元にあると思いますが、e-Taxで確定申告すると、申告書の控えが手元にありません。

なので、国税庁のe-Taxシステムから「申告書や決算書の控え」をダウンロードして、印刷などをして提出する必要があります。

私自身も、これらの書類が必要になって、いろいろ試してみたところ、ようやく成功したので、その方法をメモとして残しておきます。

参考リンク

次の手順でやったところ、上手くいきました。

  1. 準備:IE(インターネットエクスプローラー)を起動する
  2. 「元データのxtxファイル」をパソコンにダウンロードする
  3. xtxファイルを読み込んで、PDF形式の「申告書・決算書」をダウンロードして印刷する

1.準備:IE(インターネットエクスプローラー)を起動する

まずは、ブラウザのIE(インタネットエクスプローラー)を起動します。

今後の作業はすべてIEで行います。

e-Taxで電子申告する時も「IEを使いなさい」と指示されましたが、今回もIEを使う必要があります。

(ちなみにFirefoxでアクセスしようとしましたが、アクセスに対する警告のようなモノが出て上手く表示できませんでした。なので、IE必須のようです。)

2.「元データのxtxファイル」をパソコンにダウンロードする

まず、「元データとなるxtxファイル」をパソコンにダウンロードします。

確定申告作成コーナーにアクセスします。

確定申告書作成コーナー

ページ中段にある「メッセージボックス確認」をクリックします。

スクリーンショット_081015_032524_PM

ページが切り替わるので、次の2つを入力したら「実行」をクリックします。

  • 利用者識別番号
  • 暗証番号

スクリーンショット_081015_032358_PM

「メッセージボックス一覧表示」をクリックします。

スクリーンショット_081015_103352_PM

取得したいデータにチェックを入れて、「詳細表示」をクリックします。(ちなみに私の場合は「所得税及び復興特別所得税申告」でした。)

スクリーンショット_081115_021854_PM

「受信データ(XML)」部分の「ダウンロード」をクリックします。

スクリーンショット_081115_022133_PM

これでこのステップは完了です。

上記を見るとXMLファイルがダウンロードされるように見えますが、実際にはxtxファイル(拡張子がxtx)」がダウンロードされます。(これらの違いや仕組みはよくわかっていませんが、この方法で上手くいきました。)

「JyusinData394203409.xtx」のようなファイルがダウンロードされているはずです。

スクリーンショット_081115_022558_PM

(ちなみにWindows10の場合は、「左下の四角形が四つ集まったマーク>エクスプローラー>ダウンロード」の場所にダウンロードされました。)

3.xtxファイルを読み込んで、PDF形式の「申告書・決算書」をダウンロードして印刷する

次は今ダウンロードしたxtxファイルを読み込んで、PDF形式の「申告書や決算書」をダウンロードします。後はそれを印刷すれば役所などに提出できます。

ではもう一度、確定申告作成コーナーにアクセスします。

確定申告書作成コーナー

今度はページ中段右にある「送信した申告書等の表示」をクリックします。

スクリーンショット_081115_023033_PM

ページ下にある「参照」をクリックして、さっきダウンロードした「JyusinData394203409.xtx」のようなファイルを選択して読み込みます。そして、「電子申告等データ読み込み」をクリックします。

スクリーンショット_081115_023904_PM

取得したいデータかどうかを確認して「次へ」をクリックします。

スクリーンショット_081115_024219_PM

これでついに申告書がダウンロードできます。欲しい書類にチェックが入っているのを確認して「帳票表示・印刷」をクリックします。

スクリーンショット_081115_024447_PM

すると「h26syotoku.pdf」のようなPDFファイルがダウンロードできます。

スクリーンショット_081115_024728_PM

これで「申告書の控え」をPDF形式ファイルとしてダウンロードできました。これを印刷して役所などに提出することができます。

(ちなみに、このPDFファイルもxtxファイルがダウンロードされた所と同じ場所にダウンロードされました。)

決算書もPDFでダウンロードできる

同じページ(申告書をPDFファイルでダウンロードできるページ)の下の方に「決算書」もPDFとしてダウンロードできるコーナーがあります。

もし決算書をダウンロードしたい場合は、その部分の「決算書等帳票の表示」をクリックします。

スクリーンショット_081115_025436_PM

そして、「帳票表示・印刷」をクリックすると、決算書をPDFファイルとしてダウンロードすることができます。

スクリーンショット_081115_025612_PM

「h26kessann.pdf」のようなPDFファイルがダウンロードされます。

スクリーンショット_081115_025801_PM

これで、「決算書の控え」もPDFファイルとしてダウンロードすることができました。あとはこれを印刷すれば、役所などに提出できます。

。。。

これで「申告書の控え」「決算書の控え」を、役所などに提出できるはずです。

お役に立てれば幸いです。

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示