1. Top
  2. » アドレナリン

断糖(糖質・炭水化物を完全に断つ)すると、「統合失調症の症状が完全に消える」らしい。

断糖・減糖(糖質や炭水化物を断ったり減らすこと)を推奨している、精神科医の西脇俊二さんの著書「なぜ一流の人はストレスが溜まらないのか」によると、

「断糖すると、統合失調症の症状が完全に消える」そうです。

このブログでは以前、統合失調症の原因はこれなんじゃ?ということでアドレノクロムを挙げていました。

統合失調症の原因はこれか?健康な人でも「アドレノクロム」を注射すると、いきなり統合失調症の症状が出る。

不勉強なので私自身はアドレノクロムとアドレナリンの違いが明確にはわかっていないのですが、

糖質や炭水化物を摂取すると、一般的には血糖値が上がると言われています。そしてその上がった(正確には上がり過ぎた)血糖値を下げるためのホルモンとしてアドレナリンが分泌されることがあります。

これは私自身も体験していて、

強烈な空腹状態(低血糖状態)になると、アドレナリンがガンガンに分泌されて、まるでヤクザのような戦闘状態になったことがあります。

これは1日1食を実践していた時に起こりました。

その時のことは、次で記事にしています。

体に良いとされる「1日1食」をやってみたリアルな感想(場合によっては死ぬ可能性あり)

そしてこのアドレナリン様物質?のアドレノクロムを注射すると、健康で正常な人でも統合失調症の症状が出てくるのだそうです。

このことから、統合失調症の原因はアドレナリン(アドレノクロム)だと、私自身は考えていました。

。。。

そして、精神科医の西脇さんによると、

断糖をすると統合失調症の症状が完全に消える、というのです。

「糖や炭水化物を摂取する→低血糖になる→血糖値を上げるためにアドレナリンが分泌される→統合失調症の症状が出る」

というメカニズムがあるとしたら(少なくとも私はその可能性が高いと思っていますが)、断糖をすることで、統合失調症の症状が“消える”のは、当然のことかもしれません。

ただ、西脇さんによると、少しでも糖や炭水化物を摂取してしまうと、また統合失調症の症状が出てしまうそうです。

なので、西脇さんのクリニックでは統合失調症の治療としては“断糖はオススメしていない”のだそうです。

。。。

また、笑うことでも血糖値が下がる、という話があります。

これからいくと、血糖値を下げるためには、必ずしも(絶対的に)アドレナリンを分泌する必要は無い、と思います。というか、血糖値を下げるホルモンはたくさんあるようですし(血糖値を上げるホルモンはインシュリンしかないですが)。

なので、上がった血糖値を下げるためにアドレナリンが分泌されない状態を作ることができれば、もしかしたら統合失調症の症状は出ないかもしれません。

笑うと血糖値が下がるとしたら、リラックスすることでも血糖値は下がると思われます。

緊張やリラックスは自律神経(交感神経・副交感神経)が関係していますから、そこら辺に解決の糸口が見つかるかもしれません。

完全な解決情報ではありませんが、解決のヒントにでもなあれば幸いです。

ではでは!

体に良いとされる「1日1食」をやってみたリアルな感想(場合によっては死ぬ可能性あり)

1日1食、少食、もしくは朝食抜き。

これらは一部の間で「かなり健康に良い」とされています。(有名どころで言えば、甲野善紀さん、船瀬俊介さん、etc..。)

で、私は朝食抜きはしばらくやっていたのですが、1日1食はやってみていませんでした。

なにごとも自分の体を被験体として使ってみてしまうマッドサイエントティスト的な部分がある私は、自分自身の肉体を被験体として「1日1食」を実践してみました。それも実験結果の確実性を高めるために3度以上はこれを実践しました。

で、その結果をこの記事に残したいと思います。

1日1食は食物を意識的に考えないと(選ばないと)危険、な可能性。

結論から言うと、

「1日1食は摂取する栄養を意識的に考えないと(おそらく初期段階では)、かなり危険が多い」

と私自身は考えています。

その理由は、

「低血糖状態になると、アドレナリン分泌により猛烈に攻撃的になる」

からです。

常識的な1日3食状態から急に1日1食になると、低血糖状態になります。

一般常識的には、脳の唯一の栄養源はブドウ糖(炭水化物、糖)とされています。普通はご飯やパン、パスタなどの麺類などから炭水化物を摂取していますが、それを2食分カットするわけです。

すると当然「低血糖状態」になります。

血糖値を上げるための糖質(ごはん、パン、麺類)を断つので、体は低血糖状態となり、その症状を現し始めます。

低血糖状態を解決するために攻撃ホルモン「アドレナリン」が分泌される

そして体は低血糖状態を解決するために、血糖値を上げようとします。

その時に分泌されるホルモンの1つがアドレナリンです。

アドレナリンは攻撃ホルモンと言ってもいいくらい、「あ、俺いまアドレナリン出てきたわ」という、俺、戦闘モードに入ったわ、なニュアンスで使われるくらい、戦闘ホルモンの1つです。

アドレナリンが分泌されると血糖値を上げることができる

これを分泌することで、血糖値を上げることができます。

ですから、1日1食などの少食では、(少なくとも私の経験上では。さらに少なくとも小食生活の初期段階では)、アドレナリンがガンガン分泌されることになります。

すると、戦闘ホルモンのアドレナリンがドバドバ分泌されるわけですから「当然、かなり戦闘的」になります。

「●しあい上等」

どれくらい、私が戦闘的になったのかというと、喧嘩上等。もう少し言えば「●し合い上等」くらいまで戦闘的になりました。

普段は、かなり平和主義な私なのですが、1日1食の時には、ヤクザの鉄砲玉くらいの危なっかしい感じの人間になりました。

ぶつかるレベルの対向車を避ける気ゼロ。むしろ「来いよっ!」という感覚。

例えば、車を運転していて、対向車が“対向車線にいる車を避けようとして”、私の車線に入ってきた時、私は全く避けようとする気持ちが起きませんでした。スジとして(正論として)対向車線にある障害物(車など)は、対向車線にいる車の問題なので、こっちには全く関係が無い。という考えでした。

ですから、対向車線の車がセンターラインをはみ出してこっちの車にぶつかるような運転をしてきても、まったく避ける気持ちが起きませんでした。

来るなら来い、と。ぶつかるならぶつかれと。

「来いよっ!!(殺気混じり)」

という感じで、対向車線に何か障害物があって、対向車がセンターラインを超えて、こっちに来たとしても「ぶつかってもOK」「ぶつかったらやり合える」という、異常なまでの戦闘モードでした。

まるでヤクザ

普段は平和主義な私なのですが、1日1食のアドレナリン効果でここまで戦闘的になっていました。

正直、本当にヤクザの鉄砲玉みたいな感覚(常に戦闘モード)だったので、「これをこのまま続けると、いずれ俺は死ぬ」と思ったので、私は1日1食を辞めることにしました。

そしてこれはただ1度の経験ではなく、1日1食をためしてみると、かなりの確率でこのような「常に命の危険を伴うような戦闘モードになる」ことがわかりいました。

何も考えない(摂取する栄養素を考えない)1日1食は死ぬほど危険。

ですから、現時点での私の考えは「何も考えない1日1食は相当に危険(マジな意味で死ぬ危険性がある)」だと考えています。

その後、栄養学などを色々学んだのですが、血糖値を安定的に保てるならば、もしかしたら、命の危険はなく、1日1食を実践できるかもしれない、と今は考えています。

これに関しては気が向いたら記事にしたいと思います。

ではではっ!

統合失調症の原因はこれか?健康な人でも「アドレノクロム」を注射すると、いきなり統合失調症の症状が出る。

アドレナリンが酸化したモノ「アドレノクロム」を注射すると、例え若くて健康な男性でも、「統合失調症のような症状が出る」ようなのです。

私個人は、多くの肉体的・精神的な病は治せると考えていて、その病気がもし“治らない病気”と認識されているなら、まだ一般には知られていない「本当の原因」があると考えています。

統合失調症は一般には“治らない”と言われてるが本当だろうか?

統合失調症も一般的には“治らない”と言われているようです。ウチの妹もテレビか何かで見て、「統合失調症って治らないんだってよ」と言っていました。

でももし、アドレノクロムを摂取したら、統合失調症の症状が出たのなら、統合失調症の原因はアドレノクロムかもしれないし、

そうではなくても、そのアドレノクロムが作用する「脳内の変化過程」に統合失調症の“本当の原因”が眠っている可能性があります。

アドレノクロムを注射すると統合失調症の症状が出る

この現象を発見したのはエイブラハム・ホッファー博士。

溝口徹さんが「「うつ」は食べ物が原因だった!」という本を出していますが、ホッファー博士はその中で分子整合栄養療法(オーソモレキュラー療法)の祖として紹介されていました。

で、先日ホッファー博士の著書「統合失調症を治す」を買って読んでみたところ、「アドレノクロムを注射すると統合失調症の症状が出る」と書かれていたのです。

博士自ら、アドレノクロムを注射する人体実験の被験者になった

ホッファー博士はかなり気合の入った人のようで、自分自身と相棒のオズモンド博士と一緒に、自分自身にこのアドレノクロムを注射して、どのような症状が出てくるのかを実験しました。

そしてその症状が上記の著書に書かれています。

書かれていたのは相棒オズモンド博士の症状です。

その部分を引用します。

オズモンド博士は、アドレノクロムを注射されて10分後、天井の色が代わり、照明が明るくなったのに気がついた。

「明るい色彩の点が現れ、それが次第に魚の形になった。私は(注:オズモンド博士)海底か水槽の底に、たくさんの明るい魚と一緒にいるように思えた。自分はこの中の海アネモネだった。」

(中略)

さらに博士は、研究室を出た時の様子を描いた。

部屋の外の廊下が何か邪悪で敵意があるように見えた。床の割れ目は何か意味があるのか、なぜこんなに多いのか、不思議に思えた。外に出たら、よく知っている病院の建物が、何か鋭く、なじみがないように思えた。

街の中を車で走っていたら、それぞれの家が、何か特別な意味を持っているように見えた。それが何かは言い表せない。

1つの窓でランプが燃えているのを見て、その優雅さと鮮やかさに驚いた。私は友人にそのことを知らせたが、友人は何の反応も示さなかった。」

アドレノクロムを注射してわずか10分でこのような症状が起こっています。

これが1回目の実験です。

博士は「自分が人間なのか」疑い始めた

続いて、ホッファー博士とオズモンド博士は2回目の実験を行なっています。

当然、この時もアドレノクロムを注射しています。証言者はまたオズモンド博士です。

その部分も引用します。

「エイブの家に車で帰るとき、歩行者が道を横切った。私達の車が人を轢くかもしれないと思ったが、私は無表情に好奇心だけで、その様子を見ていた。

車はその人を轢かなかったが、私は自分が人間なのか疑い始めた。自分は植物か石ではないかと思いはじめた。

無生物に対する私の思いが強まるとともに、人間に対する私の感情と感心は薄らいだ。人間に対してどうでもいいという感じになり、人間をののしりたくなるのを抑えなければならなかった。」

1回目の実験の後に(アドレノクロムの作用を見た後に)、アドレノクロムを注射して「車を運転する」のは、相当に危険だと感じますが、その時の恐ろしい感覚が見事に描写されています。

健康的な若い男性でもアドレノクロムを注射したら、統合失調症の症状が出た

ホッファー博士とオズモンド博士はさらに人体実験を繰り返します。

今度の被験者は健康で親しみの持てる(外交的な)若い男性。

彼にアドレノクロムを注射したところ、次のような症状が出たそうです。

  • 発作的に暴力を爆発させる
  • 妄想や猜疑心が強くなる
  • 統合失調症の典型的な言動が出る

アドレナリンとアドレノクロムは統合失調症や鬱(うつ)の症状を引き起こした

ホッファー博士とオズモンド博士はこのような人体実験を繰り返した結果、ほとんどの被験者が「アドレナリン」と「アドレノクロム」に反応したことを突き止めました。

そしてアドレノクロム(もしくはアドレナリン)を注射すると次の3つの変化が起こることを突き止めました。

  1. 知覚変化:舌に30mgおくだけで幻想が起きた(本には“何を”とは書いていませんでした。)
  2. 思考変化:統合失調症と似ている
  3. 気分の変化:ほとんどの被験者が「うつ」になった

このようなことから、「アドレノクロムは統合失調症の症状を引き起こす」と考えられました。

つまり、統合失調症の原因はアドレナリンやアドレノクロムなのではないか、ということです。

次回に続く。

ということは、アドレノクロム(やアドレナリン)が体内で“生成されない”ようにすれば、統合失調症の症状を抑えることができるはずです。

そしてホッファー博士はこれにも成功しています。

長くなったので次回に続きます。

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示