1. Top
  2. » インスタグラム

芸能人など著名人の画像を(著作権の心配をせずに)使いたいなら、Twitterやインスタグラムの「埋め込み」が使えそう。

ブログを運営していると、芸能人などの著名人の画像を記事に貼り付けたい場面って結構出てきます。

でもそれって著作権的に難しかったりします。

そんな時は、著名人の公式Twitterや公式インスタグラムなどの「ツイートや画像をブログ記事に埋め込む」ことで、著作権の問題を回避しつつWinWinの関係性で画像をブログ記事に表示できると“個人的には”考えています。

たとえば「米ドラマ「キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿」ヒロインのスタナ・カティック(Stana Katic)とタレントのホラン千秋が似てる。」の記事でホラン千秋さんの画像を使いましたが、これもホラン千秋さんの公式ツイッターのツイートをそのまま記事に埋め込みました。

また、以前カヤ・スコデラーリオ(Kaya Scodelario)さんの画像ギャラリー記事を作成したのですが、その時は公式インスタグラムの画像を埋め込みました。

Had a very fun day watching the Gold Coast Titans play

Kaya Scodelarioさん(@kayascods)が投稿した写真 -

このような「埋め込むことができるサイト」を著名人が利用していて、そこに(本人が)画像を投稿するということは、それ(画像)が使われる可能性もわかった上で公開している、ということになります。(少なくとも規約上はそうなっていると思います。)

なので個人的には埋め込んでも大丈夫だと考えています。

また、“画像を埋め込む形”ですので、例えば著名人の方が「あっ、この画像他で公開されるの嫌だな」と思って、元画像を削除すれば、

その画像を貼り付けたブログ記事上の画像も非表示になるはずです。(厳密に確認はしていませんが、仕組み上そうなると予想しています。)

つまり、画像の公開or非公開の主導権を「画像を公開した本人が握っている」ので、その画像をブログ記事などに埋め込んでも、それほど問題にはならないのではと、“個人的には”考えています。(画像を公開した本人が、即座に画像を非公開にできるので)

というわけで、賛否両論もあると思いますし、解釈も人それぞれだと思いますが、

私個人としては、著名人の画像を使うならTwitterやインスタグラムのツイートや画像を「記事に埋め込む形」の方が、安心できると考えています。

少なくとも、著名人のブログや公式サイトから画像を引っ張ってくるよりは、はるかに安心できます(私は)。

ですので個人的には、著作権の心配を軽減しつつ、ブログ記事に著名人の画像を貼り付けたいなら、Twitterインスタグラムの画像を“埋め込む”のが良いと考えています。

Twitterのツイートを埋め込む方法

Twitterのツイートを埋め込むには、埋め込みたいツイート下にある「・・・」をクリックして、「ツイートをサイトに埋め込む」を選択すれば、ブログ記事などに埋め込むためのタグが表示されます。

horan

あとはそれをコピーして、ブログ記事などに貼り付ければ、そのツイートを記事に埋め込むことができます。

インスタグラムの画像を埋め込む方法

インスタグラムもTwitterとやり方は同じです。

埋め込みたい画像の右下の「・・・」をクリックして、「埋め込み」を選択します。

kaya

埋め込み用タグが表示されるので、それをブログ記事などに貼り付ければOKです。

。。。

ブログ記事などに著名人の画像を使いたい時は、このように「ツイートや画像を埋め込む形」にすれば、著作権の心配も比較的少なくすんで、少しは安心して使えるのではと、個人的には考えています。

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示