1. Top
  2. » ソフト

CravingExplorer最新版(1.6.15)を標準インストールしたら余計なソフトが自動で入ってた。その解決法メモ。

今日、CravingExplorerの最新版(1.6.15)を“標準”インストールしたら、次のソフトが勝手に(自動で)インストールされていました。

  • CEBar for Internet Explorer
  • MacAfee Security Scan Plus
  • DayzWeather for Windows

なんぞ?これは!?と怒り狂いそうにもなりましたが、

もう一度CravingExplorerをインストール画面を呼び出して「使用許諾書」を読んでみたところ、「これらのソフトもインストールしますよ、不要なら削除してね」という趣旨の文言がありました。

「標準インストール」すると、これら3つのソフトも自動でインストールされる

でさらに詳しく見てみると、「CravingExplorerを“カスタム”インストールすればこれらのソフトを省いて、CravingExplorerだけをインストールすることができる」ようです。

ただ、今このページを見ているあなたは既にCravingExplorerを“標準”インストールして、気づいたら、これら3つのソフトが自動で入っていて、「なんじゃこりゃぁ!!」と、太陽に吠えろの松田優作・殉職シーンのようになっているでしょうから、

これら3つのソフトの削除方法を紹介します。(わかっている方は多いと思いますが)

これら3つのソフトの削除方法(Windows7)

私のPCはWindows7なので、このタイプのOSのみでの解説になります。

スタート>コントロールパネル>プログラムのアンインストール

と進み、

  • CEBar for Internet Explorer
  • MacAfee Security Scan Plus
  • DayzWeather for Windows

これらを探し出して、「右クリック → アンインストール」で、これらのソフトを削除できます。

つまり、アンインストール(ソフトの削除)を3回する必要がある、ということです。

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示