1. Top
  2. » デビット・フィンチャー

映画「ゴーンガール」めっちゃ面白かったの巻

ベン・アフレック、ロザムンド・パイク主演の「ゴーンガール」見たんですが、これがメッチャクチャ面白かったです。(ネタバレはしないんで安心してください^^)

久々に重厚というか、しっかりとした作りで面白い映画でした。

予告編

以下が予告編です。

それほど期待せずに見たんですがグイグイ引きこまれました。「え?」「え??」「そうくるかぁーっ」「マジで!?」という展開です。

ナンノコッチャ分からないと思いますが1つだけ言えるのは、「この映画は面白かった!!」っていうことです。

時間があれば見てみて下さい。

かなり面白いです。

ヒットメーカー、デビット・フィンチャー監督作品

で、監督は誰なんだろ?と思ったらデビット・フィンチャーでした。ん、なんか聞いたことのある名前だなと思って過去の作品を見てみると、これが驚き。

デビット・フィンチャー作品は名作揃いでした。

  • エイリアン3Alien3(1992年)
  • セブンSeven(1995年)
  • ゲームTheGame(1997年)
  • ファイト・クラブFightClub(1999年)
  • パニック・ルームPanicRoom(2002年)
  • ゾディアックZodiac(2007年)
  • ベンジャミン・バトン数奇な人生TheCuriousCaseofBenjaminButton(2008年)
  • ソーシャル・ネットワークTheSocialNetwork(2010年)
  • ドラゴン・タトゥーの女TheGirlwiththeDragonTattoo(2011年)
  • ゴーン・ガールGoneGirl(2014年)

オモロイのばっかやんけ!

エイリアンシリーズの中では3が一番好きだったし、セブンも面白かった(バッドエンドだったけど)。ファイトクラブは文句なしに面白いし、パニックルームも名作。ゲームも最高っ。

つい最近ゾディアックを期待度ゼロで見たんですがメチャクチャ面白かったです。あれもデビット・フィンチャーだったとはっ。

ベンジャミン・バトンとソーシャルネットワークはまだ見てないんですが、ドラゴン・タトゥーの女は面白かった。

そして今回のゴーンガール。

ヒットメーカーですな、デビット・フィンチャーは。

個人的に監督で凄いなと思っていたのはリュック・ベッソンだけだったのですが、これからはデビット・フィンチャーも私の監督メモに書き加えることにしました。(なぜ上から目線 笑)

原作本

知りませんでしたがこのゴーンガールの原作はアメリカでメチャクチャヒットしていたそうです。

翻訳もされていて、上下出ています。

DVD、ブルーレイ

当然ですがDVDとブルーレイも出ています。

。。。

いや~、久々にレベルの高い映画を見ました。

デビット・フィンチャーほんと凄いと思います。

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示