1. Top
  2. » マーケティング

YouTubeで稼ぎやすい6つの動画ジャンル

今日はYouTubeで稼ぎやすい6つの動画ジャンルを紹介します。

参考にさせていただいたのは以下の記事です。

ユーチューブとエロ動画でありえない稼ぎ方をする件ww

(「YouTubeでお金を稼げるの?」という場合はこの記事を参考にしてください。)

このブログ作者の方は動画マーケティングのコンサルなどをされている方のようなので参考になると思います。

YouTubeで稼ぎやすい動画ジャンル6つ

YouTubeで多く再生される動画は次の6つのようです。

1.元々有名だった
2.衝撃的
3.感動的
4.エロ
5.バカ
6.子供、ペット(かわいい)


最初に紹介したブログ作者は「再生回数が増える条件」としてこの6つを挙げていましたが、私は「稼げる動画ジャンル6つ」と解釈しました。

1の「元々有名だった」は私たちにとっては難しいので、現実的に再生回数の見込める動画ジャンルは「衝撃的、感動的、エロ、バカ、子供&ペット」になりますよね。

これらの動画を公開すれば、比較的「多く再生される」そうです。

つまり、「たくさん稼げる」ことになります。

1時間で動画1つ作れば、時給1000円

YouTubeに動画を公開して「どれくらい稼げるのか?」の1つの目安として「1万回再生されて1000円稼げる」というのがあります。私も次の記事でそれを紹介しました。

YouTubeに56秒の動画を公開して5000万円稼いでる(予想)人がいるので、動画を公開して広告収入が得られるYouTubeパートナーシップというモノを調べてみた

参考にさせていただいたブログ記事にありましたが、例えば1万回再生される動画を1時間かけて作ったとしたら、時給1000円になります。

こう考えてみると、結構現実的に、「いけそうかも」と思えるようになりました。

タイトルも重要

タイトルも再生される動画には重要のようです。

第一線で活躍してるブロガー達は口を酸っぱくして「タイトルが重要」だと語っています。

これは私もブログを運営してきて、かなり実感しています。

タイトルを少しいじっただけで、アクセス数が変わってきたりするからです。

同じように動画でも「タイトルが重要」で、ここを魅力的なものに(もちろんウソはつかないで)することで、多く再生される(=たくさん稼げる)ようになるようです。

「じゃあ、どんなタイトルにすればいいの?」

と思ったので、調べてみると効果的なタイトルの付け方を解説したブログ記事がありましたので、紹介します。

Youtubeタイトルの付け方 効果的な5つのポイントとは?

これによると、次の5つを意識して動画を公開すれば良いようです。

1.ひと目で人を惹きつけるインパクトのあるタイトル
2.重要なキーワードは前にする。後ろには内容を的確に表す言葉を入れる
3.タイトル詐欺はダメ
4.カスタムサムネイルを活用してタイトルを目立たせる
5.動画公開後、再生数の低い動画はタイトルを変更する


他にも、ブログ記事のタイトルの付け方はそのまま参考になりますので、以下に最も参考になりそうな記事を載せておきます。

アクセス増加を狙え!読みたくなる記事タイトルの付け方、7つの秘密

これらを参考に動画タイトルをつければよさそうです。

英語圏を視野に入れる

個人的には英語圏を視野に入れることで、再生回数を稼げるのではないかと思っています。

実際、最初に紹介したブログ記事の作者も以下の記事で同じ様なことを書かれています。

YouTube動画で収益を得る方法 How to earn income on YouTube

少し紹介すると、次の部分を英語でも表記すると良いそうです。

・タイトル
・コメント(動画の説明部分のことだと思います)
・字幕


動画タイトルや説明文を英語にして、さらに動画内の字幕も英語を追加すれば、英語圏でも再生される可能性が上がります。

日本の人口は1億2千万人ですが、英語圏の人口は17億5千万人だそうです。(参考ページ:世界人口約70億人のうち英語人口はどれくらい?

ということは、日本語の動画だと最大で1億2千万人にアピールできるのに対して、「動画を英語化」すれば、17億5千万人もの人達にアピールできることになります。

ざっくり日本人口の17倍の人にアピールできるので、動画を再生される可能性も17倍。動画の再生数も17倍になるかもしれません。そして、稼ぐ金額も17倍になる可能性もあります。

やっておいて損はなさそうですね。

おわりに

私の場合は犬を飼ってるので、その散歩動画をテスト的にYouTubeに公開してみようと思います。(再生されやすい6つのジャンルにも入ってますし)
最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示