1. Top
  2. » メール便

なんとっ!?クロネコメール便が3月31日で廃止されるらしい。

さっき何気にメールチェックしてたら、驚愕の文章を発見。

「クロネコメール便が3月31日の受付分をもって廃止される」

なんとっ!?

結構便利なので、頻繁にではないけど、そこそこ利用していたクロネコメール便。

これが3月31日の受付分をもって、廃止されるそうです。

理由は、

  1. 郵便で送るのはOKだけど、メール便でコレを送ったら「法的にアウトだよ」というのがあり
  2. さらにその「法的にアウトだよ」というモノを誤ってメール便で送ってしまい、送り主が書類送検などをされるケースが8件あり
  3. さらにさらにその「法的にアウトだよ」の“線引(定義)が曖昧”なこと

これらのことから、ヤマト運輸は今回、メール便廃止の決定を下したそうです。

信書(手紙)をクロネコメール便で送ると違法

そして「コレをメール便で送ったら法的にアウトだよ」の「コレ」とは何なのか?

それが「信書(手紙)」なのだそうです。

では、「信書って何?」ということで、総務省のページをチェックしてみると、こうあります。

「信書」とは、
「特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、又は事実を通知する文書」と郵便法及び信書便法に規定されています。
 
「特定の受取人」とは、
差出人がその意思又は事実の通知を受ける者として特に定めた者です。
 
「意思を表示し、又は事実を通知する」とは、
差出人の考えや思いを表現し、又は現実に起こりもしくは存在する事柄等の事実を伝えることです。
「文書」とは、
文字、記号、符号等人の知覚によって認識することができる情報が記載された紙その他の有体物のことです(電磁的記録物を送付しても信書の送達には該当しません。)。

総務省|信書便事業|信書のガイドライン 

なるほど、わからん。

状態なのですが、総務省のページに、「これが信書にあたります」というのがあったので、それを記載します。

信書にあたるもの

  • 書状
  • 請求書の類(納品書、見積書、願書、申込書、etc..)
  • 会議招集通知の類(結婚式の招待状、業務報告文書など)
  • 許可書の類(免許証、認定書、表彰状)
  • 証明書の類(印鑑証明書、納税証明書、戸籍謄本、住民票の写し、etc..)
  • ダイレクトメール

「これらをメール便で送ったら違法だよ」ということのようです。

マジでっ!?

という感じです。そもそも郵便法があることも知りませんでしたし、信書便法という何やら新手の呪文のような法律があることも知りませんでした。

あまり意識していませんでしたが、このことを知っている人はそれほど多くないのではないのでしょうか?

つまり、知らず知らずのウチにメール便で信書を送っていた人もいたかもしれません。

総務省も「これが信書か?」に即答できていないらしい

そして最近のビジネス書類の増加によって、「総務省に直接問い合わせて『これは信書ですか?』と質問しても、即答できないケースが多発」しているそうです。

現状では「信書の定義が曖昧」で、何を送ったら違法になるのかが、厳密にはわからないのだそうです。

そして、ユーザーが信書とは知らずに「信書をクロネコメール便で送ってしまい、書類送検されたり、事情聴取されるケースが8件あった」そうです。

これらのことから、ヤマト運輸は「クロネコメール便の廃止」を決断したそうです。

4月1日から「一般向け」「事業者向け」に、変わりの新サービスの提供を開始するらしい。

今後は事業主向けに「非信書とわかったモノだけ」送れる「クロネコDM便」が4月1日から開始されるそうです。

また、一般の利用者向けにも4月1日から新たなサービスを提供する、としています。

。。。

世の中知らない事だらけですな。

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示