1. Top
  2. » ライティング

アフィリエイト記事の外注に使えそうなサービス「CROWD」を発見。

ASPアフィリエイトやアドセンスで稼ぐための「記事外注」に使えそうなサービスを発見しました。

CROWD」という記事作成代行サービスです。

稼ぐためにはテキスト(文章)はどうしても必要

アフィリエイトで稼ぐにあたって記事の作成は避けては通れない道です。

YouTubeやTwitterなどを使うという手もありますが、やはりインターネットはテキスト(文字情報)が主体だと、私は感じています。

文章だとサッと読めますが動画だと時間を喰います。私個人としても動画があってもテキストが無い記事などに遭遇するとイラッとします(笑)。

でも書くのは時間がかかる、面倒くさい。

そうは言っても、文章を書くには時間がかかる・・。

というのも事実だと思います。

何より時間をかけて調べて、それをカチカチとキーボードに打ち込んで文章を作り、さらには画像を盛り込んで(アプロードしてタグを貼り付けて)、そして最後に文章を推敲して整えて、始めてネット上に文章を公開できます。

これってかなり、いやかなり(2回目 笑)手間がかかります。

記事を外注すれば手間が省けるが・・。

そんな時に便利というか、作業の手間を省けるのが「記事の外注」です。

私自身は記事を外注したことはありませんが、「記事の作成代行」はしたことがあります。つまりライターとして活動していたことがあります。1年弱ほどですけど。

記事の外注として利用できるのが「Lancers」や「クラウドワークス」といったクラウドソーシングサービスです。

ここに発注者として登録するとライターさんに記事を書いてもらう(記事を外注する)ことができます。

私自身はLancersにライター(記事の書き手)として登録して、少しだけ活動したことがあります。

クラウドソーシング・サービスで記事を外注すると、「記事の修正依頼」など敷居が高い。

その経験から言えるのは、「記事を外注したい側」と「記事の書き手側」の間で行われる「やり取り」が結構面倒くさい、ということです。

まず、記事を外注したい側はどのライターが優秀なのか、きちんとした記事を書いてくれるのかがわかりません。過去の実績などを見ればある程度はわかりますが、そのライターが書ける内容と、こちらが外注したいテーマが一致しているのかがわかりませんし。もし仮に書けたとしても、どれくらいの質の記事が出来上がってくるのかがわかりません。

さらに、仕上がってきた文章を見て、直してもらいたいところを「ココを直して下さい」と言って、直してもらう。その文章を見てさらに修正してもらいたいところは修正してもらう・・。

ということを繰り返さなければなりません。

これは私のように(笑)遠慮がちな人間には結構なストレスになると思います。

「CROWD」なら“企業に”外注するので、やり取りのストレスが減る可能性

でも今回発見した「CROWD」は“企業レベル”で記事作成の代行をしてくれます。

なので、おそらくですが「窓口」と「ライター」は別個に分けられていて、私達が直接ライターさんに「ここを直して下さい」というストレスフルなメッセージを投げかけなくても済むと思われます。

料金は1記事1000円前後

気になる料金ですが、私が見た限りでは「1文字1円前後」です。

1記事あたり1000円前後になります。

(詳しくは「CROWD」のページを見て下さい。)

これを安いとみるか、高いと見るかは難しいところですが、私は「質の良い記事が出来上がるなら全然安い」と感じました。

(ちなみに私はライターをしていた頃は1文字1円で書かせてもらっていました。でも、私としてはもっと高い方が嬉しかったです。なにより、長時間PCに向かうので体調が物凄く悪くなってしまったため、地獄のような状態で日々文章を書いていました。その状況を考えると1文字10円位にしてほしいくらいでした。贅沢言い過ぎですか?^^;)

出来上がる記事の質は頼んでみないことにはわかりませんが、少なくとも1度は試してみる価値はあると思います。

1文字1円で、1記事1000文字とすると、「1記事1000円」で外注することができます。

記事の外注はアドセンスと親和性が高い

思ったのは記事の外注はアドセンスと親和性が高いように思います。

ASPアフィリエイトの場合、そのサービスや商品を紹介するための文章(≒セールス文章)のようなモノを書かなければならないので、それを外注するのはなかなか難しように思います。

でも、アドセンス記事ならばそもそも特定のサービスや商品を紹介しなくても済むわけですから、「アクセスさえ呼び込めればチャリンチャリンとお金が入ってくる」という状況を作り出せると思います。

私はまだ購入してませんが「ノーワーク・アドセンス」というアドセンス教材の発行者によると、

アドセンスと親和性の高いテーマを選べば、アドセンスだけで一家を養っていけるくらいの収入にはなる、しかもほったらかしで。というようなことを言っていました。

記事の外注×アドセンス=ほったらかし収入

ですから「CROWD」を使ってアドセンスと親和性の高いテーマ(高単価、クリックされやすい=悩み・痛み系)の記事を外注すれば、もしかしたら数千円から数万円の費用で「ほったらかしアドセンス収入」を作れるかもしれません。

さっき、試しに「保険系」のテーマで料金シミュレーションしてみたところ、1000円ちょっとで外注できるようです。(1記事1000文字)

結構いいかもしれません。

私も機会があったら試してみようと思います。

ドラマ「ワイルドヒーローズ」のストーリー展開がアメリカドラマ並に面白い。脚本家の蛭田直美さんスゲー!

EXILEのTAKAHIRO主演ドラマ「ワイルドヒーローズ」のストーリー展開(脚本)がアメリカドラマ並に面白いです。

もし見ていない場合は、今からでも見ることを激しくオススメします。

公式ページ:ワイルド・ヒーローズ|日本テレビ

脚本は蛭田直美さん。

こんな面白い脚本を日本人が書けるなんて凄い!と思いました。

もう本当に大どんでん返しの連続なんですよ。毎回期待が裏切られます。正直、ストーリー展開に関して、ここまでの出来の日本ドラマは始めてです。アメリカドラマ並にグイグイと引っ張られます。まぁ、思いっきり主観なんですけどね^^;

個人的には激しく激しくオススメです。

蛭田直美さんは小説も出されているようで、今のところ次の2つを発見できました。

ちょっと読んでないので詳細はわかりませんが、上記は2つとも短編小説集で、その中の1つに蛭田直美さんの小説があるのかな?と思いました。

上記の短編小説集は同シリーズが複数あるのですが、その中でも蛭田直美の小説が載っている物を調べあげました。

ちなみに「99のなみだ・夏」を読んだ感想ツイートが以下です。

。。。

ということで、ワイルドヒーローズ超オススメです。

最新話は公式ページで無料で見れますし、過去動画もHulu(フールー)に会員登録すると全話視聴することができます。

※少なくともこの記事を書いている時点では「Huluは2週間無料でお試し」できます。ですので、その間に今までの全話を見てしまうことも可能です。)

来週が楽しみです。

ではではっ。

酒はライティングスピードを上げる。

酒はライティングスピード(文章を書くスピード、分量)を上げますね。

今も酒を飲みながら書いているのですが、スムーズにそしてスピーディーに書けています。

なぜ、酔えば書くのが早くなるのか?

いつもはウンウン唸りながら苦労して書いているのに、何で今日はこんなにも書けるんだろ?と思ったので、

酔っぱらいのパフォーマンスが低下した分析脳であえて分析してみたいと思います。(あぁ、明日この記事を冷静に読み返すのが楽しみだ 笑)

酔えば分析脳(左脳)を眠らせることができる

なんで今これほどスムーズに書けるのかというとやっぱり「分析的な脳(一般的には左脳)が働いていない」ことだと思います。そう感じます。

普段シラフでライティングしているときは、文章を書きながらも「あぁ、この流れはこれでいんだろうか」「論理的に矛盾していないだろうか」「失礼なこと言ってないだろうか」みたいな、ある意味ネガティブな心の中のひとり言が次々と出てきます。

シラフで書けば「一歩進んで二歩下がる」ようなペースになりがち

その度に今まで書いた文章を読み直して、「あぁ、ここは良いな。でもここはダメだな」みたいにして、書いては推敲を繰り返していました。まるでサザエさんの歌にある「一歩進んで二歩下がる」を繰り返している状態です。

これでは少なくとも早くは進めません。

(出来上がる文章が良いのかどうかはさておいて)

酔ったほうが論理的にスムーズに書ける、とも感じる

でも少なくとも、今この文章を書いている時点の感覚では、酔って左脳(論理脳)を取っ払って(酒で麻痺させて)書いた方が、「結果的にスムーズな論理の流れができて読みやすくなってる」と、自画自賛の感覚ではありますが、そう思います。

ライティングは「書く」「推敲」の2段階に分けられる

フリーライティングというライティング手法を編み出したピーター・エルボウという英文学者(たしか)は、「書く」という段階と「推敲」という段階の2つに分けることで、スムーズにそれも早く書ける、ということを主張していました。

酔って書けばスラスラ書ける

今思ったのですが、「酒で酔えば、第一段階の“書く”ということに、没頭しやすくなる」のではないかと思いました。

私もフリーライティングの手法が自分にあってるかな、と思っているのですが、どうしても書きながら「推敲脳」が顔を出してきます。

  • 「いや、底の言い回しはこうした方がいいんじゃないの」
  • 「その言い方だと失礼にあたるから、こっちの方がいいかも」
  • 「ここは論理的におかしいな」

などという心の声が無意識に上がってきます。

できるならそのような声は出てこないようにしたいのですが、

でも酒を飲めば(少なくとも自分を見失わないレベルでなら)、そのような「書く」という行為に純粋に没頭するためには邪魔になる雑音(推敲脳)をシャットアウトできる感覚があります。

だから酒の酔えばスラスラと書けるのだと思います。

降霊術ライティング

少しスピリチュアルな話しになりますが、「イタコ」という霊を呼び出して自分を器にして呼び出した霊を入れる、という職業?の人がいます。このような人は自分を完全に明け渡してしまうため、自分で自分をコントロールすることができません。

そのために審神者(さにわ)という役割りと持つ人が、すぐ側に待機しているのだそうです。

イタコが呼び出した霊が、目的の霊(呼び出したい霊)だったらいいのですが、そうでは無い霊を呼び出してしまうこともあるようです。例えば狐やタヌキのことをあえて低級霊と言えば、そのようなイタコに害を与えてしまうような、低級霊を呼び出してしまうこともあるようです。

そんな時、イタコ1人だけだと、なかなか太刀打ちできなません(完全に自分を明け渡しているので)。

そのようなイタコに降ろされた霊を見極める役割りとして「審神者(さにわ)」という“神を見極める者”が、イタコのすぐ側で見守るのだそうです。

「イタコ=書く」「審神者(さにわ)=推敲」

つまり降霊術は通常、イタコと審神者(さにわ)の二人一組で行われるようなのです。

これって、物凄くライティングに似てると感じています。

ライターは1つの体でありながら「イタコ(憑り代=純粋に書く人)」と「審神者(さにわ=文章を推敲する人)」の2人の役割りをこなします。

イタコと審神者を同時に発動すると苦しい

シラフで私のようなライターの熟練度が増していない人は、この2つの役割りと同時にこなしてしまいがちです。

これがとっても苦しいです。

少し書いては(イタコ担当)、ここがマズいんじゃないのと訂正し(サニワ担当)、これを繰り返します。

だから、文章を書くスピードが中々上がらなのだと思いました。

審神者を酔わせれば、イタコがガンガンに書ける

このイタコと審神者の2つの人格が同居しているような状態を避けて、審神者を眠らせるためには、酒(アルコール)はかなりの効果を発揮すると感じています。

だから酒を飲めばライティングスピードが上がるのだと思います。

書いた後の推敲(審神者が担当)は置いておいて、少なくとも酒を飲めば「純粋に書く」ということに集中できるので、ライティングスピードが上がるのだと思います。

ぐぅ、結構酔っ払った・・。

「雨音を聴きながら」「時間を区切って」文章を書く。すると抜群に書ける。

雨音を聴きながら、さらに時間を区切って文章を書くと「抜群に書ける」ことに今さっき気づきました。

雨音などの「ノイズ」を聴くことで、創造性が高まってより文章を書けるかもしれない、ということは以前にも2つ記事にしました。

この時は、「なんとなくそうかも」という感じだったのですが、今日は違います。

「雨音を聴きながら、さらに時間を区切って文章を書いたら、抜群に書けたっ」という実感のこもった記事になります。

それでは本題に入ります。

Noisliで雨音を聴きながら文章を書いたらかなり書けた

私は今日、雨音などの自然音をオンラインで無料で聴けるサービス「Noisil」で、雨音を聴きながら文章を書いていました。

Noisli

Noisliについてより詳しく知りたい場合は、以下の記事を参考にしてください。

こいつはいいぞ!自分好みのノイズ音を作り出せるWebサービスNoisli

私は今日、このサービスの「雨音」と「雷の音」をミックスさせて、PCの音量MAXで聴きながら、文章を書いていました。

33分33秒×1日6セットの秘密

するとまず、33分33秒間の間に1230文字書くことができました。そして次の33分33秒の間には2303文字も書くことができました。

33分33秒というのは、アメリカのコピーライター「ユージンシュワルツ」が実践していた方法です。

33分33秒にタイマーをセットして文章を書く。タイマーが鳴って時間が来たら手を止めて、小休憩する。これを1日6セットこなす、というメソッドです。

ユージンシュワルツはこの方法を実践することで圧倒的な結果を出して、悠々自適に暮らしたそうです。

詳しくは次の記事を読んで下さい。

最強コピーライターの「ライティングメソッド」

私はつい先日、次のように思いました。

「そうだユージンシュワルツに習って33分33秒で区切って、文章を書いて、その後休憩。そしてその時間に書いた“文字数”をエクセルに記録していけば、モチベーションが上がるし、達成感も得られるし、自分がどれだけ書いたかを客観的に知れるからいいんじゃないか?」

そして今日、その方法を実践してみました。

しかもNoisliで「雨音」と「雷の音」を聴きながら。

そしたら、上記のように、私にとっては圧倒的なスピードで書くことができました。

この方法の良いところ3つ

私がこの方法が良かったな、と思ったのは次の3つです。

  • 33分33秒で区切るから、その間は集中力が高まって、文章を書くことにより集中できる
  • 「33分33秒を1日6セット」と決めているので、気持ちが楽。仕事が終わるポイントが明確なため「エンドレスに仕事がある」というプレッシャーが無い
  • 「雨音」と「雷の音」という自然音(ノイズ)を聴いているため、創造性が高まって良い文章を早く書ける

というように、良いことづくしだと感じています。

アンソニートロロープという作家は、似た感じで15分で250文字を書くことを目標に執筆活動を続けていたそうでうす。しかもこの人は他に本業がありながらも、多くの著作を残しています。

その秘訣は「1日にどれくらい書くかを決めいた」ことにあるようです。

まとめ

最後にまとめます。

次のようにすることで文章を書くスピードと質が上がり、さらにモチベーションも高く維持できて、さらにさらに達成感も得られる、感じています。

  • 仕事の「始まり」と「終わり」を明確にする
  • 「1日にどれだけ書くか」を決めておく
  • 「どれくらいの時間で、何文字書いたか」を正確に記録・把握する
  • ノイズを聴いて創造性を高める

ではでは。

音楽はライティングの「質」と「スピード」を上げる

さっき、音楽を聴きながらライティングしたのですが、これが思いのほかスラスラと書くこができました。

  • 文字数:4500文字
  • 作業時間:3時間くらい

(ちなみに「PC作業の不調は「大腰筋トレーニングをすれば全て解決するかもしれない」、という仮説。」の記事です。)

神経科学研究者・アンドリュー・スマートの著書「できる人はダラダラ上手」に「適度なノイスは創造性を高める」という記述があるのですが、「音楽というノイズを聴くことで、創造性がアップした」と個人的には考えています。ライティングという文章を書く作業はどう考えても「創造的な作業」ですよね?

ノイズが創造性を高めるとは?

ノイズが創造性を高めるのは、脳が非線形のシステムであること。そして非線形のシステムにノイズを放り込むと整合性を持ったモノが出力されるからです。

この時の整合性を持ったモノが今回で言うところの「書きだされた文章」です。

詳しくは上記の本を見て欲しいのですが、このブログでも次で少し取り上げています。

「吹き替え映画」を聞き流しながらライティングすると自分でも驚くほどスラスラ書ける時がある。(適度なノイズは創造性を高める)

上記の同著では具体的には「70dB程度のホワイトノイズを聴きながら、創造的な作業をしたところ、最も効率が良かった」という実験結果が出ています。

ホワイトノイズとは?

ホワイトノイズ (White noise)、あるいは白色雑音(はくしょくざつおん)とは、不規則に上下に振動する波のこと。通常、可聴域のホワイトノイズを指すことが多い。フーリエ変換を行い、パワースペクトルにすると、全ての周波数で同じ強度となる。「ホワイト」とは、全ての周波数を含んだ光が白色であることからその表現を借りたものである。

ホワイトノイズ – Wikipedia

70dBとは?

dBとは音の大きさを表す単位で、「dBデシベルの話し 音の大きさ」によると、70dBは「騒々しい事務所の中・騒々しい街頭」のような音の大きさだそうです。

このような音を聴きながら、創造的な作業をした所「最も創造性を発揮できた」のだそうです。

で、話しは戻りますが、今回音楽を聴きながら、ライティングをしたら、私のとってはスラスラというスピードで、しかも質の良い文章がかけたと感じています。

これは音楽というノイズを聴いたことで、創造性が高まったからかもしれません。

それともう1つ。

音楽は脳にエネルギーを与えることもできる、ようなのです。

モーツァルト音楽を徹底的に研究したアルフレッド・トマティス博士は「音は内耳の蝸牛管でエネルギーに変換され、脳の直接供給される」と主張しています。(参考:モーツァルト療法

特に2万ヘルツを越す高音域の音がエネルギーが高いのだそうです。

これは蝸牛管の「音をエネルギーに変換する細胞」が“高音域の方が多い”からなのだそうです。

例えば、1,000Hzに対応する蝸牛管の中の細胞数が100個だったとすれば、10,000Hzに対応する細胞数は1万個ある、といった具合です。(これは例えです。)

私は結構クラシックが好きで、さっきは、ショパンの音楽をYouTubeで聴いていました。

具体的にはこれです。


Amazon「ショパン」検索結果ページ。これと同じCDを探しましたが日本のAmazonでは見つけられませんでした。)

ショパンはピアノの曲が多いのですが、調べてみるとピアノの音色の周波数はそれほど高くはありません。ですから、蝸牛管で音エネルギーが変換されて、脳にエネルギー供給されたのではないかもしれません。

ただし、テンションが上がったのは事実です。

そこでもう1つ考えられるのが、「“集中力”を10年以上研究してきたルーシー・ジョー・パラディーノの言葉」です。

この人は著書「最強の集中術」の中で、「集中力が上がらい時は音楽を聞くと良い」と言っています。

一般的に「ながら作業は悪い」という主張は多いですが、同著では「集中力が上がらない場合にはながら作業は“あり”」としています。

つまり今回の私のように音楽を聴きながらの“ながら作業”をすれば、集中力を上げられる、ということです。(集中力が上がらなくて困っている場合)

今回、これが効いたのかもしれません。

というのも、今日は天気もそれほどよくなく、もしかして低気圧が来ていたせいか、それほどテンションが上がりませんでした。眠くなるし、やる気もそれほど出てこない。当然集中力は上がらない。

そんな状況です。

それで自分の次の記事を思いだし、

「吹き替え映画」を聞き流しながらライティングすると自分でも驚くほどスラスラ書ける時がある。(適度なノイズは創造性を高める)

「そうだ、音楽を聴きながらライティングしてみても良いかもしれない」と思ってやってみることにしたのです。

そしたらみるみるテンションが上がり、やる気もむくむくと湧いてきて、書くことに集中できるようになりました。

まとめると、音楽を聴きながらライティングすると次の3つの効果を望める可能性があります。

  • ノイズ効果で創造性が高まる
  • 高音域の音の場合、脳にエネルギーを供給できる
  • 集中力が上がる

今回の私の場合は、このうちの2つ。

  • 創造性が高まってスラスラと書けた
  • 眠くてやる気が出なかったが、テンションが上がって集中して書くことができた

これらの効果を感じました。

ですから、ライティングに「音楽」は結構使えるかもしれません。

ではでは。

メモ)

ちなみにこの記事は約2000文字。作業時間は40分くらいです。もっともっとライティングスピードを上げたいです。

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示