1. Top
  2. » 山邊英伽寿

ネットビジネスをしている人は山邊英伽寿さんの教材「1億円の公式」は見た方が良い。

アフィリエイトや情報ビジネス、転売、etc..など、個人でネットビジネスをしている人は、

事業戦略家の山邊英伽寿(やまべひでかず)さんの教材「1億円の公式」は見ておいた方がいいです。

1億円の公式~一匹狼マーケティング戦略セミナー完全版~

この1億円の公式を見ると、良い意味で価値観が揺さぶられます。

アフィリエイトで月500万は大したこと無い

例えば山邊さんは教材の中でこんなことを言っています。

「アフィリエイトとかメルマガで今月500万円稼ぎましたって・・。そんなの大したことないですよ。」

個人的には月に500万円稼ぐのって、メチャクチャ凄いことだと思ってるんですが、山邊さんに言わせれば、

「そんなの大したこと無い」

ということなのだそうです。

もうこの時点で価値感がグラグラと揺さぶられます。「あれ、もしかして俺は小さな世界のことを見ていたのか。井の中の蛙だったのかもしれない」そう思わされます。

この教材はビジネスの総合教材

この教材は一見、冒頭で書いたようなネットビジネスの教材(特に情報ビジネス)に見えるのですが、ほんとのところは「ビジネスの総合教材」です。

私はこの教材を「情報ビジネスの教材」として買いました。

もちろん中では情報ビジネスの売れるネタ(教材内では「企画」と表現されています。)の見つけ方だったり、売れるコピーライティングの方法などが解説されています。

でも、山邊さんが見ている世界はもっと広くて大きいです。

「ビジネス」という大きな視点で全てを語っています。

その視点から言えば、情報ビジネスやアフィリエイト、メルマガアフィリエイトなどは、「大したことのない世界」なのだそうです。

月10億の世界を構築する方法

一億円の公式の特典に、次があります。

「月10億の世界を構築する方法」

月に10億ですよ?

スケールが違い過ぎて笑いがこみ上げてきます(笑)

でも、山邊さんは「これが本当に実現可能」と確信しながら話しています。

教材なのだから作り手(山邊さん)が、内容に確信を持っているのは当然なのですが、「月10億」のスケールがデカすぎて、そこに確信を持っている山邊さんが「スゲー」と思いました。

この特典を聞いた後はでは「たしかにアフィリエイトで月500万円なんて、ちっぽけな存在だな」と感じるようになります。

ちなみにこの方法はリアルビジネスなのですが、確かにそれを本気でやれば月に10億はいくんだろうな、という内容です。月に10億ですから当然人を雇う必要があります。また稼ぐ金額が莫大なだけに、経理などの知識も必要になってきます。

などなど、ネットビジネスを小さく始めようとしている人間にとってはかなりスケールの大きな内容が語られています。

上の世界を見ると良い意味で肩の力が抜ける

という風に、「大きくビジネスをやっている山邊さんの言葉」を色々と聞けるので、ネットビジネスという(小さな)世界にいる自分自身の価値観がグラグラと揺さぶられます。

そして「あぁ、アフィリエイトや情報ビジネスってそれほど凄いことでもないんだな」と感じるようになります。

良い意味で肩の力が抜ける感じです。

なのでネットビジネスをやっている場合は、この教材は見ておいた方が良いですよ。値段も手頃です。

1億円の公式~一匹狼マーケティング戦略セミナー完全版~

ではではっ。

情報ビジネスをやるなら、必ずマークしておくべき人、山邊英伽寿(やまべひでかず)さん

情報ビジネス、情報起業、など色々呼び名がありますが、

このビジネスをやるなら、必ずマークしておくべき人を紹介します。

それは、事業戦略家の山邊英伽寿(やまべひでかず)さんです。


山邊さんのメールを受け取って読んでるんですが、
この人は凄いです。

やばいです。

メールで月数百万稼ぐ方法を普通に公開してます。
(無料で公開してます)

しかも、それをちゃんと理解できる形で公開されています。

山邊さんは、

1億円の公式という情報ビジネスの教材を販売されていたり、
もうすぐ募集が締め切られる、ビジネススクール“金狼”というのもされています。

資金の関係やタイミングの関係で、今回はスクールの参加は見送りましたが、
教材もお金ができたら必ず買いますし、おそらくスクールにも参加すると思います。

私の場合、山邊さんと男性向けの恋愛教材やスクールをやられている田辺祐希さんが共同で開催したプロモーションに参加したことがきっかけで山邊さんのことを知りました。

山邊さんの場合、ブログはどうやらやられていないようですし、自分の個人媒体は、twitterとfacebookだけのようです。(調べてみた限り)

なので、教材を買うか、スクールに入るかしないと、山邊さんの情報を受取るのは難しいと思います。

追記)

山邊さんのメルマガに登録できるページを見つけました。

ここから、メールアドレスを登録すれば、メルマガを講読できるはずです。


情報ビジネスを始めようとしていたり、
情報ビジネスの世界で成功したい場合、

ビジネスをやろうとしていたり、
起業して、成功したいと思っている場合は、

山邊さんとコンタクトをとったり、
情報を受け取っておくことを激しくオススメします。


マジで激しくオススメします。

最後に山邊さんの情報をまとめておきますね。

・Twitter : 山邊英伽寿 (becchie)
・Facebook : 山邊 英伽寿
・情報ビジネス教材 : 1億円の公式
・ビジネス・スクール : 1億円プレーヤー養成ビジネススクール“金狼”
・メルマガ : メルマガ登録ページ

山邊さんのプロフィール写真が若干怖いので、最初はビビってましたが、^^;メールや動画を見ると、本当に紳士で誠実な人なんだということがわかって、感動しました。

また、情報ビジネスの教材の半分は、拝見したことがあります。

情報ビジネスの教材は今まで色々見てきましたが、その中で一番良いです。
そこは、保証できます。

興味がありましたら、見てみてください。

月に数百万稼ぐビジネスを構築する「絶対的な順番」

山邊英伽寿さんは、次の順番でビジネスを構築するべきだと言っています。

1.誰に(ニーズ)
2.何を(商品)
3.どのように(販売方法)


この順番、優先順位でビジネスを構築するべきだそうです。

そして、多くの企業はこれができていないそうです。

多くの企業は、2番の「商品」だけを全面に押し出して、
ビジネスを展開するので、上手くいっていないんだそうです。

確かに私も自分の考えだけで、
情報商品を作って、販売してみたら、

1個も売れませんでした。(笑)


山邊さんの言う、「誰に」がすっぽり抜け落ちていました。

情報商品を作って、セールスレターを作って、
情報商品販売ASPのインフォトップに登録すれば、

とりあえず、数本は売れます。

「よっぽど変なモノ出ないかぎり、
 インフォトップに商品を登録すれば、
 少なくとも、数本は売れる」

というのが、当時の、私の感覚でした。

それが、「誰に」をすっ飛ばして、
商品作って、登録したら、1本も売れませんでした。


それで山邊さんの話を聞いてから、

今まで自分が作った商品を思い返せば、
「誰に」を意識して作ったモノが一番売れていました。

セールスレターを書くにしても、
「誰に」が明確になっていないと、

文章が進みません。


今まで、4本くらいのセールスレターを書いて来ましたが、

「なんか、文章書けないなぁ」

そう思って、手がとまってしまうのは、
「誰に」が明確になっていないからだと、
気づきました。

「誰に」を明確にして、セールスレターを書くと、
かなりスムーズに書くことができます。

現実世界で例えれば、

誰もいない空中に向かって、話しかけるのは、
難しいですし、「何を話すか」が出てこないと思います。

それに対して、相手がいる場合は、話す内容は、
自然に出てくると思います。


このように、ビジネスでも文章を書く時も、

「誰に」

が重要なようですし、
私の体験的にも、重要だと思います。

この「誰に(ニーズ)」を明確にして、

その次に、「何を(商品)」を作って、

最後に「どのように(販売方法)」を行う。


この順番でビジネスを構築することで、
圧倒的に儲かることができるそうです。


多くの企業はこの順番が守れていない中、
自分がこの順番でビジネスを構築すれば、

圧倒的に儲かるのは「当たり前」なんだそうです。

山邊さんのメールを読んでると、

その感覚というか、実感が湧いてきます。

月に数百万稼ぐのが、
本当に簡単なような気持ちになってきます。

もう一度、ビジネスの構築順位を書きますと、

1.誰に(ニーズ)
2.何を(商品)
3.どのように(販売方法)


この「順番」です。

この順番でビジネスを構築すれば、
圧倒的に稼ぐことができるそうです。


私も、これからは、
この順番でビジネスを構築しようと思います。

今日は、自分が忘れないためにも、
ビジネスの構築順位を紹介しました。

では、また^^
最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示