1. Top
  2. » 早い

chromebookに慣れてしまったせいで、WindowsPCを使うとめっちゃストレスを感じた話。

私は最近ずっとchromebookというノートPCを使っています。


(上記は実際に私が使っているchromebook。最近は他にも色々安いのも出ています。こちらからチェックできます。)

chromebookはず〜っと爆速。WindowsPCは遅い

これはGoogle製のOS、ChromeOSと搭載していて、基本的にWeb上にデータなどを保管するため、「ノートPC自体がデータパンパンになって、重くなる」ということが“ありません”。

つまりchromebookは買った時の爆速感が、それからず〜と続きます。

WindowsPCも買ったばかりは早いですよね。結構サクサク動きます。

でも色んなモノをダウンロードしたり(いったい何をダウンロードしてるんだい?(笑))、色んなソフトを入れていると、次第に次第に、それも確実に、パソコンのスピードが遅くなってきます。

気づいた頃には、買ったばかりの頃のスピード感はまるで夢だったかのように重くなっています。

これがWindowsPCの弱点であり、私が嫌いな点です(笑)。

昨日、それをまじまじと体感する出来事がありました。

ほ、本当に遅い・・

昨日、私はらくスパ カフェというスーパー銭湯のような施設に行ったのですが、そこでは、無料でコーヒーが飲めたり、漫画や雑誌、本が読めたり、パソコンでネットができたり・・、と色々できます。

で「パソコンでもやるか」とWindowsパソコンの前に座ってネットサーフィンをしようと、IEアイコンをクリックしてみたら・・、

これが遅い遅い。

いや遅い遅い。

本っっっっっっっっっっっっっっっっっ当に遅い遅い!!

マジでイライラしました。

そりゃ環境もありますよ。

そういう場所のネットはみんなが回線を使っていますから、ネットの速度は遅くなるかもしれません。またPC自体が古かったのかもしれません。

そうかもしれません。

そうかもしれないけど、

それでも、

まじで本当に遅い。

マジで嫌になりました。

Windowsはフォントが汚いけどchromebookは綺麗

また、すっかり忘れていたことですが、WindowsPCはフォントが汚い。

最近のWindowsPCはもしかしたらフォントもキレイになっているかもしれませんが、

少なくとも私が昔使っていたWindowsPCは仕事のやる気がでなくなるほどにフォントが汚かったですし(フォントが綺麗なchromebookに乗り換えたら仕事が楽しくなった時に気づきました)、少なくとも昨日私が使ったWindowsPCもフォントが汚かったです。

Macやchromebookを使ったことがあればわかると思いますが、これらは本当にフォントが綺麗です。

PCを触っていて気分が良いんです。

だから気分良くPC作業したいなら、絶対的にMacやchromebookをオススメします。

(ただ、Windowsはソフトが充実しているので、IT系の仕事だとWindowsPCを使わざるを得ない場面が出てきてしまいますけどね。ここが個人的にはネックです(笑))

なんというか、Windowsのフォントは「ただ情報を伝えられればOKでしょ?文字が読めればOKでしょ?」という雰囲気を感じます。その点、Macやchromebookは「美しい文字を読んで楽しくPCしようよ♪」というニュアンスを感じます。

安く気分良くPC作業したいならchromebookがオススメ

そんなこんなで昨日は、めっちゃストレスを感じながらネットサーフィンをしていました。

「クリックして、その反応を待つ」

という作業?がこれほど苦痛だとは。

久々に「待つ」という作業をしましたよ。

なので、個人的にはMacやchromebookがオススメです(2回目 笑)。

Macは高いので手が出にくいですが、chromebookは安いので本当にオススメです。

私のchromebookもたしか4万円ちょっとでした。

今でも買った時まんまの爆速で作業できます。フォントも綺麗でパソコン作業が楽しいです。

ただ、ソフトやゲームなどはまだまだ充実していないですけどね。

それでももう、私はWindowsPCを使えない身体になりました(笑)。

んではではではっ。

Craving Explorerは「変換なし」でダウンロードすると超早くダウンロードできる。

YouTubeやニコニコ動画など、色んな動画共有サイトの動画をダウンロードできるCraving Explorerですが、先日発見したことがあります。

「変換なし」でダウンロードすると超早くダウンロードできる。

craving_henkannasi

Craving Explorerで例えば動画をダンロードしようとすると、次のファイルタイプを選ぶことができます。

  • 変換なし
  • WAV
  • AVI
  • WebM
  • MPEG
  • MP4

私は今で何を勘違いしたのか、WAVやAVIなどを選んだ方が早くダウンロードできると思っていました。なんかこっちの方が軽い感じがしていました。

でも先日、ダウンロードしようとしてもエラーになってダウンロードできないことがあって、

「そうだ、変換なしで保存してみよう」

と思ったんです。

そしたら、ダウンロード完了するのが早いこと早いこと。

メチャクチャ早くダウンロードすることができました。

よくよく考えてみると“変換しないで”ダウンロードするわけですから、アップロードされたファイルをそのままダウンロードすることができるわけです。

別のファイル形式でダウンロードすると、「ダウンロード → 変換」と二度手間

でもWAVやAVIなど、もし「元ファイルとは違うファイル形式」を選んでダウンロードすると、ダウンロードして且つ変換しなければなりません。

なので、時間がかかって当然、という感じです。

「なぜ、こんな単純なことに気づかなかったんだろう(笑)」

という感じなのですが、結論としては、

Craving Explorerは「変換なし」でダウンロードすると早い。

ということになります。

機会があれば試してみてください。

ではではっ。

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示