1. Top
  2. » 死亡

性の喜びおじさんが死亡したらしい、まとめ。

今日ふと2ちゃんブログを見ていたら「性の喜びおじさんが死亡〜」のような記事を発見。

「なんだ、またネタで笑いとってるのか」

と思いながら軽い気持ちで記事を読んでいくと、どうやら「駅でサラリーマン3人に抑え込まれて死亡した男性が“性の喜びおじさん”かもしれない。犯人?のサラリーマンは誰だ?」のような内容の記事でした。

つまりマジな内容。笑いとかネタではなく。

性の喜びおじさんを知った時はYouTube動画で腹筋が崩壊するほど笑わせてもらいました。「こんなに笑ったの久々だわ」と思ったほどです。あまりにも面白かったので友達にもその動画を紹介しました。

その後、テレビにも出演されたようで、芸人の千鳥と話している様子を見ると、結構まともそうな人柄で尚かつ面白い人だったので、なんだかほのぼのと見ていました。

その「性の喜びおじさんが死亡した」という話が出ているようです。

性の喜びおじさん死亡のまともなニュース記事

最初はデマだと思ったので個人ブログなどは探さずニュース系の「まともな記事」を探しました。

するとニュースサイトでも以下のように、取り上げられていました。
大手のニュースサイトでも「性の喜びおじさん“らしい”人が東京の田園都市線で数人のサラリーマンに取り押さえられた結果死亡した」という記事を公開していました。

CNNは「性の喜びおじさんが殺された」と報道

さらに、CNNでも取り上げられています。


CNNでは「性の喜びおじさんが殺された」と断定して報道しています。

「もしかしたら本当に性の喜びおじさんが亡くなったのかもしれない」と思い、さらにTwitterなどを調べてみました。

事件当日の性の喜びおじさんの服装と亡くなった男性の服装が似ている

まず、事件当日の取り押さえられている男性の服装と、性の喜びおじさんの当日の服装が、かなり似ています。

事件当日、性の喜びおじさんの服装

性の喜びおじさん3月11日の服装

取り押さえられている男性の服装


画像が不鮮明ですが、当日の性の喜びおじさんの服装も、取り押さえられた男性の服装も、「ジーンズに深緑のパーカー」と一致しているように見えます。

「性の喜びおじさんは生きている説」は微妙

「性の喜びおじさん死亡説はデマで本当は生きているのでないか?」という意見もあります。

その根拠は事件当日に性の喜びおじさんを撮影した画像付きツイートの公開時刻が、男性が死亡した事件が起こった時刻(12:20)の“後に”公開されている、というモノです。

そのツイートが最初にも紹介した次のモノです。

性の喜びおじさん3月11日の服装
  • ツイート時刻が3月11日16:04
  • 事件が起こったのが同日の12:20頃
なので、性の喜びおじさんは生きているのでは?という流れです。

ですが、私はTwitterはやらないので詳しいことはわかりませんが、

性の喜びおじさんを発見 → 一緒に写真を撮ってもらう → ※すぐにはツイートせずに(おそらく12:20よりも前)→ 落ち着いてからツイートする(16:04)

ということはあると思いますし、おそらくこうだったのではないでしょうか。

性の喜びおじさんは“現在”家にもいない、電気メーターも止まっている

性の喜びおじさんと住居に行ったことがある方がいるようで、その方がTwitterに近況を公開しています。


これによると、性の喜びおじさんの家に行っても応答はなく、電気メーターも止まっているようです。

電話も繋がらない、警察が性の喜びおじさんの親族を探している

また次のような情報もあります。


性の喜びおじさんの本名は岩下竜二というらしく、その知り合いの方からの情報です。

これによると、岩下さん(性の喜びおじさん)に電話しても繋がらず、警察が岩下さんの親族を探しているそうです。

よく出没していた渋谷で性の喜びおじさんを見かけない

また性の喜びおじさん調査団というTwitterアカウントが性の喜びおじさん(岩下竜二さん)の安否状況をかなりの頻度で更新しています。


これによると、性の喜びおじさんはいつも渋谷で目撃されていたそうですが、今現在も「渋谷で性の喜びおじさんが目撃されていない」とのことです。

性の喜びおじさんが死亡した可能性は高い

これらを総合すると、性の喜びおじさんは死亡した可能性がかなり高いと感じました。

本当だとすると悲しいです。

性の喜びおじさんは(全ては知りませんが)確かに奇抜な行動してましたが、少なくとも千鳥との対談を見ているとまともな部分はあるようですし、なんというか愛くるしいキャラでした。

そんな人が詳しくはわかりませんが、些細なトラブルでしかも3人の男性に取り押さえられて亡くなったなんて、可哀想すぎます。

もし本当に亡くなっていたらご冥福をお祈りいたします。
最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示