1. Top
  2. » 水分

サウナでむくみはとれるか?

このブログに「サウナ むくみ」で検索して来る方が少しいるので、「サウナでむくみはとれるのか?」ということについて記事にしたいと思います。

結論から言いますと、「少なくとも水分のとり過ぎによる、むくみは“とれる”」と思います。※体験済みです。

私は以前、酒を毎日結構飲んでいました。

具体的には、1日350mlのビールや酎ハイを3本くらい。

これが多いのか少ないのかは、個人の判断によるところですが、

私の場合、このペースで毎日酒を飲んでいました。

すると、日に日に、顔がフニャけてくるというか、顔がむくんできます。

それと当時に、少し鬱っぽくなってもきます。

そこで「なんだか調子が悪いなぁ」ということで、温泉に久しぶりに気分転換に行ってサウナなどで、たっぷり汗をかくと、これが大きくなってフニャけていた顔がシュッと小さくなります。

つまり、顔のむくみがガツンととれます。

私の場合、次のコースで温泉に3時間以上入ります。
  1. 湯船に入る(温かい温泉)
  2. サウナに入る
  3. 水風呂に入る
  4. 1に戻る
このサイクルを繰り返します。

すると、サウナに入りますから、どんどん汗をかきます。

たまに、洗い場に行って、水を飲んだりして(ペットボトルに入れて持ってきた自分の水)、鏡でふと自分の顔を見ると、

温泉に来たばかりの頃の顔と比べて「明らかにシュッと小さくなっている」ことに気づきます。

また、次に記事にあるように、


私の場合、温泉に入ると2kgくらいは普通に体重が減ります。

毎日酒を飲んで、体内に余分な水分が溜まっているからだと思いますが、それらの水分がなんとも恐ろしいことに、2リットルもある計算になります。あぁ、恐ろしい。

体内にあった余計な水分が汗として排出されるので(サウナの効果で)、当然、体重は減りますし、それと同時にむくみもとれるはずです。少なくとも、私はこの効果を毎回体感しています。

なので、もしあなたが酒の飲み過ぎなどで体内に余分な水分が溜まっているとしたら、またそれによって、むくんでいるとしたら、サウナでむくみはとれると思います。

また、体内の余分な水分を体外に排出させるためだからといって、水分を全く取らないで、温泉やサウナに長時間入るのはおすすめしません。

私も温泉に3時間〜5時間くらい入ることがあるのですが、水分補給のためのペットボトルを必ず持参しています。それができない場合でも、脱衣所の水を飲める場所がある温泉では、その水を飲んで水分補給しています。

私の場合、そのようにして水分補給しつつ、温泉やサウナに入ったとしても、お風呂から上がって体重を計ると、普通に2kgくらいは減っています。

なので、水分ほ補給しつつ、サウナに入ったらむくみはとれないんじゃないか!?という心配は無用です。普通にむくみは取れると思います。少なくとも私の経験上はそう思います。

以上、個人の体験談でしたっ。

ではではっ^^

ビールなどの酒をやめたら顔が小さくなるのか?→イエス!

かなり昔になりますが、酒をしばらくやめた時期があります。

そしたら日に日に顔がドンドンドンドン小さくなっていきました。

「顔が小さくなる」という意味では、酒のむくみ対策として次でも記事にしましたが、

酒をやめることで、余計な水分を摂取しなくなったせいなのか、日に日に顔が小さくなっていく、という経験を私はしました。

その証拠?でもないですが、顔が小さくなるのとは別に、おしっこがかなり濃い黄色になりました。まるでオロナミンCやリポビタンDのような真っ黄色のおしっこがこの頃は出ました。

これは、余計な水分を摂取しなかったため、超高濃度のおしっこが出たためだと私は思っています。

よくよく考えてみると、ビールやワイン、焼酎を「純粋に水分」として見た時、それらの「水分摂取量」はハンパないです。

ビールで考えてみてください。

もしあなたが、私と同じく飲兵衛だったとしたら、ビール350ml数本は余裕のはず。もっと言えば500mlを数本も余裕のはず。

例えば500mlのビールを2本飲んだら1リットルですよ!?

1リットルの牛乳パック1本分を普通の食事と一緒に摂取していることになります。

もしこれが、ただの牛乳だったら1リットルも飲みますかアナタ?そして私(笑)。

私は絶対の飲まないと思います。

ワインにしても、焼酎にしても、それらを水やそれ以外の清涼飲料水に換算したとすると、「酒じゃないなら、それほどは絶対に飲まない」というのが、正直な感想だと思います。

だからこそ、その「酒だから異常に水分として摂取している」状況を、酒をやめれば断つことができます。

なので、「酒飲みの日々に比べて遥かに水分を摂取する量が減る」ので、自動的に、それも当たり前に顔は小さくなると思います。

私自身もそれは、禁酒数日で体験しています。また、温泉でひたすら水分を排出したら、ドンドン小顔になっていった経験があります。

なので、「ビールやワイン、焼酎やカクテルなどの酒を辞めると、顔が小さくなる」というのは事実だと私自身は確信しています。

なのでなので、酒を常飲していて顔のむくみが気になる場合は「禁酒」というのも、かなり有効な手段だと思います。

ではでは!

温泉でむくみは取れます(ただ、足はむくむ場合があります)。

次の記事に「温泉でむくみはとれる?」という検索キーワードで訪問された方がいたので、その疑問に私なりに解答したいと思います。

温泉入ったら体重2キロ減。酒を飲み過ぎた体には2リットルもの余計な水分が溜まってる?

温泉でむくみはとれます。

いきなり結論ですが、「温泉に入るとむくみはとれます」。

私自身、むくみやすい体質なのと、毎日酒を飲むので、知らず知らずのうちにむくんでいるらしく、温泉に入るとだいたい平均して「2Kgは減ります」。

つまり水分に直すと2リットル分くらいは減ります。つまりつまり、それまで体に余分な水分が2リットルは溜まっていたことになります(詳しくはこの記事を見てください。)

温泉に入った直後は鏡で自分の顔を見ると、モヤっというか、ふやけた感じがしますが、

温泉・サウナ・水風呂などを繰り返して汗をたっぷりかくと、次第に顔がシュッと引き締まってきます。

この顔だけ見ても、むくみは取れてきてると自分なりに実感するのですが、お風呂あがりに体重計に乗って見ると2kgも減っているので、いつも私は「あぁ、また酒の飲み過ぎでむくんでたんだな」って思っています(笑)。

飲み屋に勤めていた前の彼女も温泉やサウナを利用してむくみ(水分)を解消していた。

前に飲み屋に勤めていた女性と付き合っていた時期があるのですが、その子も温泉やサウナでタップリと汗をかいて体調を維持していました。

飲み屋に務めていると接客上、たっぷりと酒を飲まなければならない状況になることもあります。ですから人によっては水分過多になってしまう場合があります。

その彼女も、水分過多によるむくみに悩んでいました。

そのむくみ対策として、温泉やサウナ、彼女の場合は利尿剤のラシックスも服用していました。

医師の言葉「酒などの水分を毎日とるなら、汗をタップリかいて体から余計な水分を排除すべし」

医師の石原結實さんは、「余計な水分はとらない方が良い」と主張をしています。

一般常識的には「水分は多く取りなさい」というのが多い中、石原さんは「あまり水分はとらない方が良い」と主張しています。

以下のように「余計な水分はとるな」という主題の本も出版されています。

で、この本の中に「毎日酒を飲む人はサウナなどでたっぷりと汗をかくと、精神状態を含め、健康を良好に保てる」という内容が書かれています。

私自身、毎日酒を飲みますし、むくみやすい体質です。そして温泉やサウナに入ってタップリと汗をかくと、物凄く体調が良くなります。

ですから、少なくとも私自身は石原さんの言う「毎日酒を飲むなら(水分を多めに摂る食生活をしてるなら)、タップリ汗をかけば健康を保てる」というのは、凄く納得しています。自分自身の体験から。

。。。

少し話しが横道にそれた気もしますが、

少なくとも私自身の経験から言うと、温泉に入るとむくみは取れます。

それも2リットル分のむくみ(水分)が私の場合、キレイさっぱり体の外に排出されています。

足はふやけてむくむ場合がある。

ただ、温泉やサウナに入ってたっぷりと汗をかくと顔がシュッと引き締まってきて、体重もKg単位で減ってくるのですが、

足はむくんだようになる場合があります。

温泉あがりにいつものように靴を履くと「靴がキッツキツで窮屈」な場合があります。

もしかしたら、これを「温泉に入って、逆にむくんでしまった」と解釈してしまう場合が有るかもしれませんが、その場合は体重計に乗ってみてください。もし体重が減っているのであれば、むくみは少なくとも解消の方向に向かっていると思います。

(まれに、温泉に入ると体重が増える方もいるかもしれません。別の彼女は温泉に入ると1Kgくらい増えていました。これはおそらく、普段の生活で水分の摂取量が少なすぎて、温泉などで逆に水分を吸収したからだと、私自身は考えています。)

子供の頃、お風呂や温泉に入ると足の指がシワッシワにふやけた経験があるかもしれません。

それと同じで長時間、温泉に入っていると足がたっぷりと水分を含んで、むくんだような状況になる場合がありますが、

もし、その状況で体重が減っているのであれば、しっかりとむくみは解消されている(解消の方向に向かっている)と思います。

ですので、むくみ対策には、温泉・サウナ、いいですよ!

私の場合、毎日酒を飲みますし、むくみやすい体質なので、できれば毎日温泉に入りたいくらいです。

まとめ

まとめると、少なくとも私個人の経験では「温泉でむくみはとれます」。

水分過多、むくみやすい方、毎日酒を飲む方、などは温泉やサウナに入って、タップリと汗を書けば、もじっ通り汗(=水分)がたっぷりと体外に排出されますので、むくみは解消されると思います。

ただし、むくみが取れるくらい長時間温泉に入っていると(私の場合は2時間~3時間くらい)、足が水分を含んでフヤケてしまってむくんだような状態になる場合があります。

それはそれで、単純に「足がふやけた状態」だと私自身は考えているので、それほど気にする必要は無いと思います。

ですから、むくみ対策に温泉やサウナは良いですよっ。個人的にもこれからずっと温泉の世話にはなりそうです(笑)。

ではでは!

低体温で悩んでいた私が温泉入って汗を流して、電気風呂で筋肉を刺激したら、次の日に36.4℃にまで体温が上がった!

昨日、久々に近くの温泉に行きました。

温泉に行くからには日頃のPC疲れをタップリととるつもりなので、3時間以上は余裕では入ります。

  1. 温泉
  2. サウナ
  3. 水風呂
  4. 電気風呂

このループの繰り返していると、3時間くらいはあっという間です。

それで、昨日はスッキリして帰ってきて、風呂あがりの酒を楽しみながら、寝たわけですが・・。

今朝、起きて体温を計ってみたら「36.4℃」だったんです!

私はずっと低体温で35℃代で悩んでいたんですが、それがいきなり平熱になりました。

そして今日、かなり調子が良いんです。

昨日寝たのは12時頃だったのですが、今日は6時代に普通に目覚めました。

(私は目覚まし時計を使っていなくて、自然に起きるようにしています。今日はその「自然に起きる時間帯」が普通に6時台でした。いつもは7時代で、疲れている時などは8時代であることもあります。)

この原因を自分なりに考えてみたんですが、考えられるのは次の2つだと思います。

  • たっぷり汗をかいて体内の水分が抜けたおかげで、体温が上がった
  • 電気風呂で筋肉をビンビン刺激したので、筋トレの次の日みたいに筋肉が熱を持っている

たっぷり汗をかいて体内の水分が抜けたおかげで、体温が上がった

昨日は温泉に入る前の体重は62キロ。

上がった時の体重は60キロ。

つまり2キロ分の水分が体内に溜まっていたことになります。リットルに直すと「2リットル」の余分な水分が体の中に溜まっていたことになります。

この「温泉入ったら2リットル分の水分が出た!」に関しては以前も記事にしています。

温泉入ったら体重2キロ減。酒を飲み過ぎた体には2リットルもの余計な水分が溜まってる?

体内の余分な水が体を冷やして体温を下げる

話しを戻します。

「水分の摂りすぎ」は今すぐやめなさい」の著者、石原結實さんは「水分を摂り過ぎると、水が体内に溜まって、その水が体を冷やして体温を下げる」と語っています。

私は最近は酒はそれほど飲んでいなかったのですが、「酒の代わりに水」を結構飲んでいました。

またその水が想像以上に美味いので、イメージとしては、酒をゴクゴク飲むのと同じペースで水を飲んでいたと思います。また、酒は主に夜だけですが、昼飯を食べる時も、それまでよりも(水の美味さを知ってしまったので)余計に水を飲んでいました。

酒(主に禁酒)に関しては次で記事にしています。

「水はこまめに頻繁に飲んだ方が健康には良い」

と、結構言われますから、私も、水を飲むことにそれほど特別な意識もなく、ただ美味いからゴクゴクと飲んでいたんですが、温泉に入って2キロも体重が減るということは、「体に2リットルの水が溜まっている」ということの証拠です。

この体内に溜まっていて「体を冷やしていた2リットルの水」が、体外に出たから、体が冷やされなくなり、今朝は36.4℃もの平熱になれたのだと、思いました。

電気風呂で筋肉をビンビン刺激したので、筋トレの次の日みたいに筋肉が熱を持っている

また、私は長時間PCに向かう仕事をしているのですが、最近はPC疲れが溜まってきて、唾を飲み込むことが多くなったり、首や頭が痛くなってきていました。

それで、これはそろそろ温泉行かないとヤバイぞ、と思ったので、久々に温泉に行くことにしました。

で、温泉ではその「首、肩、背中」周りの筋肉をほぐすために、電気風呂に必ず入ります。入るとビリビリくる、あのお風呂です。

この電気風呂で「肩」や「背中」「腰」などを重点的に、ビリビリやるわけです。

電気を流して腹筋を鍛える器具などがありますが、あれは筋肉に電気を流すことで「強制的に筋肉に力を入れる」ものです。

それと同じ原理で、電気風呂に入った後も筋肉痛になることが結構あります。やり過ぎって話しもありますが(笑)。

この「電気風呂による筋トレ効果」もあって、今朝は体温が高かったのかもしれません。

という報告でした。

ではでは。

追伸:今の体温も36.5℃だった!

今この記事を書いている最中に、体温を計ってみたんですが、36.5℃でした!!これほどの高体温は久々です。

「とり過ぎた水分が体を冷やしていたかもしれない」という考えから、今朝はそれほど水を飲まず、普段はコーヒーも結構飲んでいるのですが、それも控えました。

さらに、昼飯の時も以前はコップ2杯~3杯くらい飲んでいたんですが、今日は水を飲みませんでした。

食事で吸収する水分としては味噌汁の水分。それと他の食物の水分です。

石原結實さんによると、普通の食物にも結構水分が含まれているそうです。ですから意識的に水分を取る必要が肉体労働者やアスリートでない限り必要でないそうなのです。

下腹ポッコリは「水分の取り過ぎ」の証拠・・かもしれません

私は下腹がポッコリしたり、簡単に戻ったりを何回も繰り返しています。

その原因が最近わかったような気がします。

それは、タイトルにもあるように「水分の取り過ぎ」です。


その理由をこれからお話します。

まず、私は、普段生活していて、気づいたら、「下腹がポッコリしてきたな」と思うことがよく有りました。

それで、次の記事にもあるように、

温泉入ったら体重2キロ減。酒を飲み過ぎた体には2リットルもの余計な水分が溜まってる?

たまに、近くの温泉に行く時があります。

そして、ここからが重要なんですけど、「温泉に入る前には下腹がポッコリしていたのに、温泉に入って、汗をいっぱいかくと、その場で下腹がシュッと凹みます」

これ、マジです。

家族にも言ったんですが、信じませんでした(笑)

でも、マジなんですよ。

私はこの経験をしょっちゅうしています。

それで、さっき挙げた記事にあるように、「むくむ」というのは、「水分の取り過ぎ」が原因のようです。

これは、医師の石原結實さんの「水分の摂りすぎは今すぐやめなさい」という本で知りました。

そして、この本の中には、「水分の取り過ぎ」の証拠となる、色んな症状が載ってました。
その中に、まさに、「下腹ポッコリ」が載ってました。


他にも症状を挙げると、次のようになります。

・イライラ、不安、不眠
・発赤(発疹)
・吐き気、せき
・口内炎
・口臭
・動悸
・息苦しさ
・腰痛
・生理痛
下腹がポッコリ出る
・手のひらが赤い
・生理不順
・ヒザの痛み
・痔
・便秘
・頻尿(または乏尿)
・ぼうこう炎
・むくみ、大根足
・静脈瘤

このようにメチャクチャあります。

もちろん鵜呑みにするのは、あまり良くないと思いますが、少なくとも私は、さっき言ったように、「お風呂に入って、体を温めて、汗をいっぱいかいたら、下腹ポッコリが一瞬にして、シュっと凹んだ」ことを何度も経験しています。

なので、下腹ポッコリの原因は「水分の取り過ぎ」である可能性が高いと思っています。

ちなみに、冒頭に紹介した記事にあるように、「体内にたまった余分な水分」を取り除くには漢方の「五苓散」と「苓桂朮甘湯」が有効と言われています。

私が考える、下腹ポッコリのもう一つの原因は「ガスが溜まっている」ことです。

唾などを飲み込んで、いつもより、空気を多めに飲み込んだ時に、下腹がポッコリ出ることも経験しています。

ココらへんの見極めが難しいですが、石原さんの本と、自分の経験を照らし合わせると、自分なりに見極めができるようになってると、個人的には思っています。

もちろん、他のなんらかの病気が原因で、下腹ポッコリすることもあると思いますので、厳密にこれら2つだけが原因だとは、口が裂けても言いません。

普通の健康な体の場合は、下腹ポッコリはこれら2つ(水分の取り過ぎ、ガスが溜まった)が原因なんじゃないかと、個人的に考えています。

そして、「水分の取り過ぎ」が原因の場合は、温泉に行って、お風呂に入ったり、サウナに入ったりして、汗を大量にかいたら、「下腹が一瞬にして凹む」かもしれませんし、「おなかに溜まったガス」が原因の場合は、運動やリラクゼーションなどをして、オナラを出すようにしたら、凹む可能性があります。

少なくとも、私はこれらのことを実際に経験しています。

ですから、私自身は、これらのことを確信しています。

どうですかね、家族が信じないので、あまり信じる人はいないかもしれませんね^^;

それでは、またっ^^
最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示