1. Top
  2. » 求人

市場規模1659億円に成長すると予想されているアフィリエイト市場。そこに参加している企業が社員を募集しています。

矢野経済研究所によると2015年の市場規模が1659億円にまで成長すると予想される「アフィリエイト市場」に参加している企業があります。

アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)のアクセストレードです。

このアクセストレードが社員を募集しています。

詳細は↓の画像をクリックすると見ることができます。

営業、営業事務、JAVA技術者を募集

募集している人材は以下。

  • 営業
  • 営業事務
  • JAVA技術者

アクセストレードはEC市場のマッチングサイト

アフィリエイトとは「他社の商品をネット上で紹介して、その紹介手数料を得るビジネス」です。このビジネスを行っている人のことをアフィリエイターと言います。

アクセストレードなどのASPは、次の2つを結びつける役割をしています。

  • 商品を売りたい(集客したい)企業
  • 他社の商品を紹介して、紹介報酬を得たいアフィリエイター

楽天やAmazonでは「商品を売っている企業と顧客」の2つを結びつけていますが、アクセストレードのようなASPは「企業と営業集団」を結びつけています。

このように「企業」と「営業マンの集団」がガッチリと手を組むことで、インターネット上の商品売買が促進されてきた、という背景があります。

EC市場は年々増大している

このインターネットで商品やサービスの取引が行われることを電子商取引(eコマース、EC)と言いますが、このEC市場は年々増大しています。

以下が、経産省による、平成25年度の調査結果のグラフです。

スクリーンショット_031715_102940_AM
「平成25年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備 (電子商取引に関する市場調査) 」の結果公表について(調査結果要旨)

このようにEC市場は年々増加しています。

2015年にはアフィリエイト市場は1659億円に成長すると予想されている

ではアクセストレードなどのASPが参加している「アフィリエイト市場」はどうなのか?

というところですが、矢野経済研究所から2012年に、次のようなデータが発表されています。

アフィリエイト市場に関する調査結果 2012

これによると2012年のアフィリエイト市場規模は前年度比 112.6 %の 1,276億9千万を見込んでいます。

そして2015年には、このアフィリエイト市場規模は1659億円にまで成長する、と予測されています。(年平均成長率10%を見込んでの数字です。)

このようにEC市場、アフィリエイト市場ともに成長を見せています。

今までネットでお金を使っていなかった女性達が、ネットでお金を使うようになってきた

また私個人の肌感覚ですが、今まではネット上で商品を購入するのは男性がほとんどでした。例えば店頭で商品をチェックし、自宅に帰ってからネットで注文する、というような行動をするのが男性に多く見られます。

それに対して、女性は店頭で商品を見たら、そのままその場で購入することが多いです。

ですが、スマホの普及により、女性がネットで商品を購入する機会が増えてきているように感じます。

  • 女性向けショッピングサイトの増加
  • 多くのPCサイトがスマホに対応してきている
  • 決済手段の多様化など

このようなことが要因で、女性が以前よりもネット上でお金を使うようになってきたと感じています。

今までネットでお金を使っていなかった女性たちが、ネットでお金を使うようになってきた(EC市場に参加してきた)わけですから、

当然EC市場はこれまでよりも拡大し、そのEC市場で商売をしている企業がアクセストレードなどのASPに参加する場合あるということは、アフィリエイト市場はこれからも拡大を続けていくと、個人的には考えています。

まとめ

そんなEC市場で「企業」と「営業マンの集団」の2つを結び付けてるASPアクセストレードが社員を募集しています。

もう一度募集人材を記載しますと。

  • 営業
  • 営業事務
  • JAVA技術者

このようになっています。

  • 営業スキルや経験がある
  • 営業をやってみたい
  • 営業事務に興味がある、やったことがある
  • JAVAスキルがある、やってみたい

というような場合は、アクセストレードのような成長していく市場に参加している企業に入社することで、「より旨味のある生活」ができるかもしれません。

追伸)

私もアフィリエイトのビジネスを行っているのですが(アフィリエイターとして)、たくさんのASPがある中、アクセストレードは好きなASPの1つです。

「自分が好きなASPだから」という理由で、今回の紹介記事を書きました。

参考になれば幸いです。

ではではっ。

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示