1. Top
  2. » 画像

エックスサーバーはアダルトな画像・動画を掲載するのがNG。風俗店コンテンツやアダルトグッズはOK。

エックスサーバーでアダルトはNGなのですが、規約などをよく見ると、
  • アダルト画像や動画を掲載するのがNG
  • 風俗点コンテンツやアダルトグッズの掲載はOK
という風に解釈できます。

次のエックスサーバーの「よくある質問」を見てください。
以下のコンテンツの運用は禁止しており、該当のコンテンツを運用されていることが発覚した場合、サービスの提供を停止することがございます。

・ポルノサイト、またはそれに類似するもの
・出会い系・売春を助長するようなもの
・第三者の知的財産権や肖像権・プライバシーを侵害する、または侵害するおそれのあるもの
・無限連鎖講(ねずみ講)、マルチ商法、またはそれらに類似するもの
・日本国内の法律に違反するもの
・以上のようなサイトへのリンクが含まれるもの

なお、当サービスでは、風俗店やアダルトグッズを取り扱うコンテンツ、同人系コンテンツの運用自体は、禁止事項に該当をいたしません。

しかしながら、性行為、またはそれを連想させる画像・動画を掲載している場合は、禁止事項に該当するコンテンツであるとの判断をいたします。
引用:禁止事項について - よくある質問 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

これによると、
  • 風俗店やアダルトグッズ、同人系コンテンツはOK
  • アダルトな(もしくはそれを連想させる)画像や動画がNG
のようです。

同人系コンテンツの定義がちょっと未知です。最初「同人=エロ」なのかとも思いましたが次の記事を見ると「同人=同じ趣味の人達」という意味のようです。


エックスサーバー側が「同人系コンテンツ」をどういう意味で使っているかはわかりませんが、もし同人系コンテンツを扱う場合は事前にエックスサーバーに確認をとった方がいいですね。

さらに利用規約を見てみるとこのようになっています。
利用者は本サービスを利用するにあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為またはそのおそれがある行為をすることはできません。

(1)他の本サービスの利用者、第三者または弊社の知的財産権(著作権、意匠権、特許権、実用新案権、商標権、工業所有権等)及びその他の権利を侵害する行為、また侵害するおそれのある行為
(2)他の本サービスの利用者、第三者または弊社の財産、信用、名誉、プライバシー、肖像権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
(3)他の本サービスの利用者または第三者の身体、生命、自由、名誉、財産等に対して害悪を加える旨の情報等を掲載する行為
(4)他の本サービスの利用者、第三者または弊社に不利益を与える行為、またはそのおそれのある行為
(5)他の本サービスの利用者、弊社がコミュニティ運営を委託した者、第三者または弊社を誹謗中傷する行為、または不快感を抱かせる行為
(6)他の本サービス利用者または第三者の個人情報を売買または譲受にあたる行為、またはそれらのおそれのある行為
(7)公序良俗に反する行為やそのおそれのある行為、またはそれを助長する行為
(8)公序良俗に反する情報を他の本サービス利用者もしくは第三者に提供する行為

(9)自殺または自傷行為を肯定・勧誘あるいは助長する行為
(10)自殺、殺人の方法などを掲載する行為
(11)猥褻な表現を含む情報、または公衆に羞恥心を抱かせるおそれのある情報、その他公衆の射幸心を仰ぐ情報を掲載し、または他の利用者もしくは第三者に提供する行為
(12)不倫・援助交際・売春・買春等の勧誘行為

(13)未成年者にとって有害と認められる情報の売買、譲受または掲載する行為、それらを助長する行為
(14)人の死体、裸体、児童ポルノ、人を殺傷する現場もしくは児童虐待に相当するおそれのある画像または動画を掲載する行為
(15)法令に違反する行為や犯罪的行為、もしくはそのおそれのある行為、あるいはそれを幇助・勧誘する行為
(16)無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、またはこれを勧誘する行為
(17)本サービス及びその他弊社が提供するサービスの運営を妨げる行為、または弊社の信用・名誉等を毀損する行為
(18)コンピューターウィルス等有害なプログラム、コード、ファイルを、本サービスを通じて、または本サービスに関連して使用する、もしくは提供する行為
(19)他人になりすまして情報を送信、受信または表示する行為
(20)弊社の本サービスを利用して無差別または大量に不特定多数の者に対してその意思に反しEメール、コメント、トラックバック等を送信する行為、または事前に承認していない多数の送信先に対するEメール情報配信行為
(21)IPアドレス、アカウント、ログインID、パスワード、Eメールアドレス、及びドメイン名を不正に使用、譲渡または貸与する行為
(22)利用者が本サービスを利用して、本サービスに定めるサービスと同様のサービスを、有償無償を問わず第三者に提供もしくは再販売、あるいは転売する行為
(23)本サービスおよびその他弊社が提供する各種サービスの信用・名誉等を傷つける行為、またはそのおそれのある行為
(24)インターネット上で、他の本サービス利用者、第三者若しくは弊社が入力した情報を不正に改ざんする行為
(25)他の本サービスの利用者、第三者または弊社のサーバその他コンピュータに不正にアクセスする行為
(26)サーバーまたはネットワークへ著しく負荷をかける行為
(27)プログラムのバグ等の不具合の利用または悪用をする行為
(28)本サービスにおいて、事実に反する、またはそのおそれのある情報を提供する行為
(29)公職選挙法に違反する行為
(30)虚偽の情報で利用者登録を行う行為 (31)無限連鎖講(ねずみ講)、マルチ商法、またはそれらに類似するもの、それらのおそれのあるものと弊社が判断する内容を掲載する行為
(32)バナーやリンク、他のサイトからの文章の引用または転載、キーワードの羅列などの、転載行為が主となる記事を掲載する行為
(33)プログラムによってブログ、記事、コメント、トラックバックを自動生成、自動投稿、自動送信する行為
(34)本規約のいずれかの条項に違反する行為
(35)その他、弊社が不適切と判断する行為
引用:利用規約 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

アダルトに関連しそうな部分を太字にしました。

最初の「よくある質問」を見た時は、アダルトな画像や動画はNGで、アダルトな文章はOKなのかと思いましたが、これを見ると「アダルトな文章。官能小説のようなモノもNG」のようです。

アダルトコンテンツを扱いたい場合

もし、ガッツリエロなコンテンツ(画像や動画、文章)を扱いたいならFUTOKAというレンタルサーバーが良いようです。

私はアダルトサイトを運営する場合はFUTOKAを使う予定です。

FUTOKAの料金体系やサービスはエックスサーバーにそっくりです。

私は「高速SSDスタンダードコース」を利用しようと思っているのですが、このプランだと、
  • 月額2,280円
  • ドメインもこの金額で10個まで利用可能
  • ドメイン取得費用も.comで1,685円
このようになっています。かなりエックスサーバーにそっくりです。

月額2,280円でサイトを10個まで運用できます。サイトを追加する場合は+ドメイン取得(更新)費用。

エックスサーバーよりは費用が割高になりますが、それはアダルトなのでしょうがないところです。

アダルトは市場が大きので大きく稼げる可能性もあるので、最低でも月額2,280円は稼ぐ気持ちで運営していく予定です。アダルトアフィリエイトなども稼ぐ人は月数千万円レベルで稼いでいますからね。

ではではっ。

スーパー・ナチュラルに出て来るジョー(Alona Tal)が可愛い&キレイ過ぎて困るから画像をこってり集めた。その3

その2はこちら↓ 

スーパー・ナチュラルに出て来るジョー(Alona Tal)が可愛い&キレイ過ぎて困るから画像をこってり集めた。その2

その1はこちら↓

スーパー・ナチュラルに出て来るジョー(Alona Tal)が可愛い&キレイ過ぎて困るから画像をこってり集めた。その1
 

スーパー・ナチュラルに出て来るジョー(Alona Tal)が可愛い&キレイ過ぎて困るから画像をこってり集めた。その3

ワイルド・スピード・スカイミッション、ハッカー・ラムジー役女優の名前はナタリーエマニエル。可愛い♪

昨日、ようやくワイルド・スピード・スカイミッション見ました♪(あぁ、ポール・ウォーカー 悲)

で、見てみたらハッカー役(役名:ラムジー)の女優さんが可愛い!スレンダーでグラマラス?黒人の血が入っているんでしょうか?凄く魅力的でした^^。

調べてみるとこの女優さん、ナタリー・エマニエル(Nathalie Joanne Emmanuel)と言うそうです。

イギリスの女優で、2015年現在26才(1989年3月2日生まれ)。

スカイミッションの他には次の作品に出演しているようです。

  • メイズランナー2
  • ゲーム・オブ・スローンズ(シーズン3・4ゲスト。シーズン5メインキャスト)
  • ミスフィッツ(エピソード1)

メイズランナー2(映画)は今まさに公開されてる映画ですね。ゲーム・オブ・スローンズ(ドラマ)は私は見てないんですが、結構ガッツリ出てるようです。ミスフィッツ(ドラマ)はエピソード1のみに出演。私は見たんですが、記憶が無い(笑)、今度機会があったら見てみよう^^。

気になる血筋は母からドミニカ、父からイギリスとセントルシアの血が入っているようです。ドミニカの血で黒人ぽいグラマラスな感じが出てるんでしょうね、きっと♪

次にナタリー・エマニエルの公式リンクを紹介。

最後に、ナタリーの画像と動画を紹介します。

"But I know we'll meet again some sunny day..." #1940sStyle #happybirthdayAml

Nathalie Emmanuelさん(@nathalieemmanuel)が投稿した写真 -

Are you ready?? #TheScorchTrials #Yeahbaby! #itsoutlikeSOsoon

Nathalie Emmanuelさん(@nathalieemmanuel)が投稿した写真 -

I wouldn't mess with us if I were you.... #harriet #sonya #thescorchtrials #kickasschicks #groupB #behindthescenes #MazeRunner

Nathalie Emmanuelさん(@nathalieemmanuel)が投稿した写真 -

Thank you @presscriptionjuice (great name by the way ) for the 2 day juice cleanse. I'm excited to get started! #ooohjuicy

Nathalie Emmanuelさん(@nathalieemmanuel)が投稿した写真 -

oh hey Drogon... #episode9 #gameofthronesseason5 #epic

Nathalie Emmanuelさん(@nathalieemmanuel)が投稿した写真 -

Shameless picture steal from my girl @emilia_clarke! Fun times ahead no doubt! ✌️

Nathalie Emmanuelさん(@nathalieemmanuel)が投稿した写真 -

Nathalie Emmanuelさん(@nathalieemmanuel)が投稿した写真 -

And sleep.... #goodnight

Nathalie Emmanuelさん(@nathalieemmanuel)が投稿した写真 -

芸能人など著名人の画像を(著作権の心配をせずに)使いたいなら、Twitterやインスタグラムの「埋め込み」が使えそう。

ブログを運営していると、芸能人などの著名人の画像を記事に貼り付けたい場面って結構出てきます。

でもそれって著作権的に難しかったりします。

そんな時は、著名人の公式Twitterや公式インスタグラムなどの「ツイートや画像をブログ記事に埋め込む」ことで、著作権の問題を回避しつつWinWinの関係性で画像をブログ記事に表示できると“個人的には”考えています。

たとえば「米ドラマ「キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿」ヒロインのスタナ・カティック(Stana Katic)とタレントのホラン千秋が似てる。」の記事でホラン千秋さんの画像を使いましたが、これもホラン千秋さんの公式ツイッターのツイートをそのまま記事に埋め込みました。

また、以前カヤ・スコデラーリオ(Kaya Scodelario)さんの画像ギャラリー記事を作成したのですが、その時は公式インスタグラムの画像を埋め込みました。

Had a very fun day watching the Gold Coast Titans play

Kaya Scodelarioさん(@kayascods)が投稿した写真 -

このような「埋め込むことができるサイト」を著名人が利用していて、そこに(本人が)画像を投稿するということは、それ(画像)が使われる可能性もわかった上で公開している、ということになります。(少なくとも規約上はそうなっていると思います。)

なので個人的には埋め込んでも大丈夫だと考えています。

また、“画像を埋め込む形”ですので、例えば著名人の方が「あっ、この画像他で公開されるの嫌だな」と思って、元画像を削除すれば、

その画像を貼り付けたブログ記事上の画像も非表示になるはずです。(厳密に確認はしていませんが、仕組み上そうなると予想しています。)

つまり、画像の公開or非公開の主導権を「画像を公開した本人が握っている」ので、その画像をブログ記事などに埋め込んでも、それほど問題にはならないのではと、“個人的には”考えています。(画像を公開した本人が、即座に画像を非公開にできるので)

というわけで、賛否両論もあると思いますし、解釈も人それぞれだと思いますが、

私個人としては、著名人の画像を使うならTwitterやインスタグラムのツイートや画像を「記事に埋め込む形」の方が、安心できると考えています。

少なくとも、著名人のブログや公式サイトから画像を引っ張ってくるよりは、はるかに安心できます(私は)。

ですので個人的には、著作権の心配を軽減しつつ、ブログ記事に著名人の画像を貼り付けたいなら、Twitterインスタグラムの画像を“埋め込む”のが良いと考えています。

Twitterのツイートを埋め込む方法

Twitterのツイートを埋め込むには、埋め込みたいツイート下にある「・・・」をクリックして、「ツイートをサイトに埋め込む」を選択すれば、ブログ記事などに埋め込むためのタグが表示されます。

horan

あとはそれをコピーして、ブログ記事などに貼り付ければ、そのツイートを記事に埋め込むことができます。

インスタグラムの画像を埋め込む方法

インスタグラムもTwitterとやり方は同じです。

埋め込みたい画像の右下の「・・・」をクリックして、「埋め込み」を選択します。

kaya

埋め込み用タグが表示されるので、それをブログ記事などに貼り付ければOKです。

。。。

ブログ記事などに著名人の画像を使いたい時は、このように「ツイートや画像を埋め込む形」にすれば、著作権の心配も比較的少なくすんで、少しは安心して使えるのではと、個人的には考えています。

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示