1. Top
  2. » 瞑想

風邪を引かなくなる方法=瞑想の習慣化

風邪。

正直、邪魔くさいですよね。

鼻水ジュージュー、咳コホンコホン、ノドは痛い、吐き気や腹痛など。

できるなら、風邪はひかないに越したことは無いと思います。

瞑想を習慣づけたら風邪をひかなくなった

私は瞑想を習慣づけるように心がけているのですが、瞑想をやるようになって気付いたことがあります。

「瞑想すると風邪をひかない」

のです。

瞑想に関しては、以前もいくつか記事にしています。

瞑想をやるようになってから、気づいたら風邪をひかなくなっている自分がいます。

家族はちょくちょく風邪をひいてゴホンゴホンと言っているのですが、そんな家族をしり目に元気いっぱい活動している自分が“いつもいる”ことに気づいきました。

実は今朝、東北には大雪が降って、朝早くから起きて雪かきを2時間ちょっとやってきたのですが、結構元気です。そして妹は風邪を引いてます。

普段PCだけに向かってるので、雪かきで血行が良くなったのか、気分も爽快になって、ちょっとした部屋の模様替えもしました。

それくらい元気です。

話を戻します。

瞑想をサボると風邪を引く

瞑想をやるようになってからというもの、風邪を引くことがなくなりました。

たまに風邪を引いたり、インフルエンザにかかることはあるのですが、その時は決まって瞑想をして“いません”。

仕事が忙しかったり、集中していると、「忙しいから・・」という理由で瞑想をしないでいると、決まって風邪を引きます。

それで「イカンイカン」と思って、瞑想をするようになると、風邪をひかなくなります。

これが何度もありました。

この経験を何度もして、「瞑想は風邪を予防する効果がある」と、私は確信しています。

瞑想は体を自然で“健康な状態に戻す”作用がある

以前の記事でも書きましたが、瞑想は「体を全体的に最適な状態に調節する作用」があります。

例えば、体の最適な状態を形状記憶合金で作っておいたとします。

でも日々の仕事や活動などで、体の色々な所に不具合や歪みが生じてきます。

これが瞑想をすると、その形状記憶合金にドライヤーの温風を当てるように、スーッと、体が自然な最適な状態に戻っていくことを体感します。

完全に「スーパー最適な状態だ」という所まで、戻るとは断言はできませんが、それでも「風邪を引かないレベル」までには回復します。私の経験上は。

風邪は肉体を強制的に休ませるツール(個人の見解)

あ、その前に私個人は「風邪は、疲れや歪みが生じた身体を強制的に休ませて回復させる、肉体にとっての“強制回復ツール”」だと考えています。

人間、真面目だったり、頑張り屋さんだったりして、身体に無理がかかる場合があります。

筋肉痛や疲れ、胃腸症状などで、身体は「休もうよ」という信号を送ってはいるのですが、真面目だったり頑張り屋な人の場合は、それも無視して(あるいは気付かずに)さらに仕事などをがんばったりします。

そうすると、いよいよ、肉体にとっては、「休まないと本当にヤバイぞこれ」ということになります。

そして発動するのが「風邪」です。(と考えています)

「風邪」という、肉体的にも精神的にもかなり辛い症状を「肉体」に与えることで、「どうしても休まざるをえない状態」を作り出します。

すると、頑張り屋さんの人はようやく「休む」ということをします。

すると、体の老廃物・疲労物質などが排出されて、自然な健康な状態に近づくことができます。

「風邪」はこのような、肉体の強制的な休息&回復ツールだと考えています。

つまり、「体が限界まで疲れた時に発動されるのが風邪」です。

ということは、肉体が限界まで疲れる前に休んだりして、適度な休息をとって、老廃物や疲労物質、体の歪みや疲れなどを取り除いておけば、風邪はひかない、ということになります。

「バカは風邪をひかない」の理由

昔から「バカは風邪をひかない」という言葉があります。

そのような人達はいい意味で余計な思考をせずに、純粋に体の声に従って「休みたくなったら休む」「活動したくなったら活動する」ということをしているのだと思います。

だからそのような人達は自然と体に疲れが溜まらない。

すると体を強制的に休ませようとする“風邪”を引く必要もありません。

それに対して、がんばるタイプだったり、色々と考えるタイプの人は「体が何らかの“休みたい”という信号」を発したとしても、それに気付かなったり、無視をしたりして、仕事などの活動を続けます。

すると、疲れが溜まっていつの日か「体を強制的にでも休ませなければならない時」が来る(=風邪)。

「バカは風邪をひかない」という言葉の理由はこのようなことだと考えています。

話を戻します。

瞑想を習慣化しておけば、風邪をひく前に疲れをとれるから、風邪をひかない。

まとめます。

つまり、肉体が風邪をひいて強制的にでも休まなければならなくなる“前に”適度に体の疲れをとって、身体を調節しておけば、風邪はひかないはずです。

そのかなり有効な手段の1つが「瞑想」です。

私は瞑想をやっている期間に、風邪をひいたことがありませんし、瞑想をサボった時に限って風邪をひきます。

これを何度も経験しています。

さらに、瞑想すると体のコリや痛みもスーッと消える場合があるのですが、それは瞑想が体を自然&健康な状態に戻す作用があるからだと考えています。

そのような、身体が自然な状態になると、血液やリンパの流れも正常になり、老廃物の排出もスムーズにいくと予想されます。

このようなことから、私は「瞑想すると風邪を予防できる」と確信するに至りました。

ですので、瞑想いいですよ。

風邪をひかない体を手に入れたい場合は試してみてください。

私の瞑想のやり方

私の場合の「瞑想のやり方」は結跏趺坐(けっかふざ)という座り方をして、両手は「知恵の印」という印を結びます。

結跏趺坐というのは、下の画像のように、胡座(あぐら)のような、少し足にとってキツイ形です。(最初はキツイですが、継続するとキツさは無くなってきます)

http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html), CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/) or CC BY-SA 2.5-2.0-1.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.5-2.0-1.0)], via Wikimedia Commons" href="http://commons.wikimedia.org/wiki/File%3APadamasana.jpg">Padamasana

上記の画像は手を開いた形になっていますが、

知恵の印」の結び方は上記のように手の平を上に向けて、親指と人差し指をくっつけて「OKのマーク」を作ります。

そして目を閉じて、静かに呼吸する。

という形です。

瞑想中は真言やマントラを唱えるタイプのモノもありますが、私個人はめんどくさいのでやっていません。(笑)

ただ目を閉じて静かに呼吸しています。

時間はだいたい15分から30分くらいはやっていると思います。(計測せずに、ただ座って、やりたい時間だけやる、というスタンスなので)

これを日々習慣にするだけで、風邪をひかなくなりました。

かなり敏感に風邪の予兆を察知できれば、瞑想で風邪を回避できるが、習慣にしておいた方がやはり良い。

また、風邪を引く直前にも、瞑想をすることで、風邪を回避することができたことがあります。(普段は瞑想していない時)

ただ、体の中に「健康状態」と「風邪の状態」を行ったり来たりするメータがあるとすれば、その針が風邪の方に、完全に舵を切りきる前に、瞑想しないと、効果はありませんでした。

感覚としてはミリ単位よりもさらに細かい単位で「あ、風邪ひくかも・・」という予感があった時に瞑想する必要があります。

正直、ギャンブルに近いです。

なので日頃から瞑想を習慣にしておいて、体や脳の疲れを定期的にとっておいて、「風邪をひかない体を作っておく」ことが大切だと思います。

邪魔くさい風邪を二度と引きたくない場合は試してみてください。

ではでは^^/

長時間睡眠では解決できなかった「オデコの不調」が、たった数十分の瞑想で全快しました。

最近3日ほど、「早寝で爆睡」という生活をしていました。9時~10時位には布団に入って、翌日の7時前後に起きる、という生活です。

でも疲れがとれないのです。

私はパソコンに長時間向かう仕事をしています。

その大半が「文章を書く」という仕事です。最近は特に仕事に熱中していて、長時間文章を書いていました。(文章を書くといっても色々あるのですが、マインドマップを作ったり、下書き段階の文章を書いたり、実際に人に読ませる形の文章に仕上げたり・・といった形の仕事です。)

そうすると、オデコの部分が重く、鈍い痛みを感じるようになってきました。

集中力が下がり、やる気も余りでなくなって、「とにかく疲れた」という感覚がずっと続きます。できるなら夜も仕事をしたかったのですが、疲労困憊(ひろうこんぱい)なので、「疲れをとる」ことを優先させました。それで早く寝て、それも出来る限り、長時間寝るようにしてみたのです。

でも長時間眠っても、「オデコの不調」は改善されませんでした。

眠って起きても、まだオデコが重く、鈍い痛みを感じました。もちろん、少しは改善されました。でも全快とまではいかない。私が長時間睡眠で目指したのは「体調の全快」でした。

「寝るのが一番良い」という話もあるように、寝れば治ると思って、やってみたのですが、少なくとも、この「オデコの不調」はただ寝るだけでは、改善しませんでした。

それで機能の夕方、久々に瞑想してみたのです。おそらく15分~30分程度の瞑想だったと思います。

すると「オデコの不調が全快」したのです。10時間近く爆睡しても全然改善できなかった「オデコの不調」がたった数十分の瞑想で完治してしまったのです。

このことから、瞑想には「睡眠が回復できない何かを回復させる機能がある」と考えています。

それは次の2つです。

・身体をリラックスさせて、全身を最適な状態に戻す
・レム睡眠を強制的に行って、未処理の記憶を処理する

■身体をリラックスさせて、全身を最適な状態に戻す

瞑想すると体全体がリラックスします。

人間は外界の情報の9割を視覚から得ている、と言われていますが、瞑想はその視覚を遮断します。そしてただじっと座り続ける、ということをします。

こうすると、自然と身体全体がリラックスしてきます。

それに伴って精神もリラックスしてきます。

それまではイライラしていたり、心配事があったとしても、瞑想するとそららが気にならなくなります。瞑想前は精神的に限界だっとしても、瞑想後は元気いっぱいになっていることが少なくありません。

という感じで心身共にリラックスしてきます。

すると体全体がまるで形状記憶合金を熱した時のように、「正常な状態に戻っていく」のを感じます。

これに関しては次の記事まとめました。

瞑想は形状記憶合金を温めるように「身体を正常な状態に戻すパワー」があるようだ。

詳しくは上記の記事を読んでもらえればわかりますが、とにかく瞑想をすると「身体が快方に向かう」のは、私の体験上、確かなことです。

■レム睡眠を強制的に行って、未処理の記憶を処理する

瞑想するとレム睡眠を強制的に行うことができます。

瞑想に関する著書を何冊も出されている宝彩有菜さんは、著書の中でこう言っています。

普通、人は睡眠中に約1時間半から2時間おきに約15分のレム睡眠の状態になります。レム睡眠とは、眠っていても眼球が活発に動いている状態からネーミングされたものですが、これは脳が活発に働いてデータの整理収納をしている状態です。

瞑想が上達してくると、このレム睡眠中に行う整理収納作業を、日中の瞑想中に進めることができるようになります。睡眠中では、約2時間おきにわずか15分しかその貴重な作業時間は得られないのですが、瞑想では、いきなりその貴重な15分を簡単に得ることができます。15分間瞑想するだけで、約2時間分の睡眠時間に匹敵します。

始めよう。瞑想―15分でできるココロとアタマのストレッチ

このように瞑想は「レム睡眠」の美味しい所だけを強制的に行うことができます。

人間の睡眠周期からいくと、レム睡眠は1回の睡眠中に数回しかありませんが、瞑想中はその美味しいところだけを瞑想を続ける限り、ずーっと続けることができます。

すると「心配事」や「イライラしていること」「腹が立つこと」など、たくさんの雑念が綺麗に処理されていくのです。

アーユルベーダの医師は「気持ちが落ち込んだら3日間、夜10時前には寝なさい。そうすれば全快する」と言っています(「脳にいいこと」だけをやりなさい!より)。これはおそらく、心配事などをレム睡眠で処理できるからだと思われます。

そのレム睡眠を瞑想ではすぐに行うことができます。

だから、瞑想すると気分が相当なレベルでスッキリするのだと思います。(瞑想すると、実際そうなります。)

。。。

瞑想にはこのような2つの効果があると、私は実感しています。

爆睡では回復できなかった「オデコの不調」が瞑想で全快したのは、この2つのどちらか、あるいは両方が効果を発揮したのだと思います。

。。。

これで今日、瞑想関連の記事3連発です(笑)。

残りの2発は次です。

呑気症の原因は「首こり」。「アメを舐める」「瞑想」で改善する可能性。
瞑想は形状記憶合金を温めるように「身体を正常な状態に戻すパワー」があるようだ。

忙しい毎日を過ごしていると、ついつい瞑想することを忘れてしまいます。

この記事3連投で、「瞑想」の価値を再認識し、再び習慣づけたいと思ったのでありました。

ばいばい。

呑気症の原因は「首こり」? 「アメを舐める」「瞑想」で改善する可能性。

私は昔、ひどい呑気症になったことがあります。

やめようと思っていても、何度もつばを飲み込んでしまう。これが数週間続きました。酒で紛らわせようと、赤ワインを大量に飲んで寝てみようともしました。でも、口の中にツバと泡がドンドン溢れてきて、すぐにトイレに駆け込んでは、口と胃の中に溜まったツバと空気を吐き出す。という毎日でした。本当に苦しかったです。

■アメリカドラマ「プリズンブレイク」の見過ぎで呑気症を発症

それでその時、何をしてたのかというと、アメリカドラマ「プリズンブレイク」を徹夜で見ていました(笑)。ネット上に無料でプリズンブレイクを見れるサイトを発見してしまって、それを夜中までずっと見ていました。(その時、アメリカドラマ「24」を徹夜で見てしまう、という友達の言葉を身にしみて感じたのでした。)

私はこの時、パソコンでプリズンブレイクを見ていたのですが、この「PCに長時間向かっていた」ことが呑気症の原因だったと思っています。

これ以外には、生活の変化がなかったからです。

■呑気症になると、無意識にツバを吐きたくなる

呑気症になると「無意識にツバを吐きたくなる」ということも起こります。

私もなりました。

外を歩いていても口の中にドンドンドンドンつばが溢れてきて、吐き出さずにはいられませんでした。それで、どこかで吐こうとも思うのですが、人目もあるのでなかなか難しいこともありました。吐くのを我慢しているうちに、ドンドン口の中にツバが溜まってきて、アンパンマンのような状態の口になったこともあります。とにかく辛かったです。

■パソコンに長時間向かう仕事をし続ける → 無意識にツバを吐いている自分

それで、私はパソコンに向かって文章を書く、という仕事をしています。

そして、「仕事に熱中するとツバを無意識に吐きはじめる」ということを何度も経験しています。

パソコンに向かうとどうしても下を向きがちになります。プリズンブレイクを長時間見た時も、そうでした。その時はノートPCを机に置いて見ていたのですが、やっぱり少し下を見る感じになっていました。

■学生時代、勉強のし過ぎでも「何度もツバを飲み込む」を経験

また、学生時代にも「ツバを何度も飲み込む」ということを経験しています。その時は意識的にゲップをすることで、胃の中に空気が溜まることを防いでいましたが、その行為が周囲の人にとっては怪しかったようです(当たり前ですね 笑)。

受験の頃に確かこうなったと思うんですが、その時は「前かがみになって机に向かう」という姿勢です。

これも首に負担がかかるはずです。

■首に負担がかかると呑気症になる可能性

このように、首に負担がかかるような状態だと、呑気症になるのだと思われます。

現時点では、長時間、机やパソコンに向かうことで、次のような不具合が出てくるのでは?と思っています。

・首が凝る
・肩、背中周りが凝る
・眼筋が凝る

この3つ。あるいは全てが作用して「物を上手く飲み込めなくなる」という、口周りの状態が最終的にできあがってしまうのだと思っています。(物というのは、空気だったり、ツバだったり、食物だったり)

「これら3つを改善できれば、呑気症も改善するのでは?」と考えています。

次から、私が実際に行って、呑気症が改善された方法を2つ紹介します。

・瞑想
・アメ玉を舐める

の2つです。

・瞑想で呑気症が改善

最近も私は仕事に熱中していました。すると「気づけばツバを吐いている」という状態にまたなっていました。私は長時間パソコンに向かう仕事をしているので、またしても前かがみの状態になっていたのだと思います。

その状態が瞑想でかなり改善できました。それを次の記事にまとめました。よければ参考にしてください。

瞑想は形状記憶合金を温めるように「身体を正常な状態に戻すパワー」があるようだ。

・アメ玉を舐めて呑気症改善

また、以前、呑気症で地獄のような状態を味わった時、それを改善できた方法も最後に紹介します。

それは「アメ玉を舐めた」です。

コンビニで「アメ玉の袋」を買ってきて、それを傍らに置いて常になめていました。そうしたところ、呑気症がスッキリ治ってしまいました。

おそらく、舌を動かすことで、首から胃にかけてがマッサージされ、正常な状態になったのだと思われます。

■呑気症の原因は「首こり」?

今思いつきましたが、呑気症になっている状態というのは、舌が正常な位置に無い、のかもしれません。

一般的に舌の正常な位置は前歯の裏にピタっとくっついた状態だと言われています。が、長時間PC作業すると、その舌の位置から離れていきます。前歯の裏にピタッとくっつけられなくなってきます。

ですから、呑気症は前かがみの姿勢などによって、首・肩・背中まわりが凝って、舌が正常な位置から離れてしまう。結果として、「飲み込む」という行為が正常にできなくなり、ツバや空気を何度も飲み込んでしまう、という状態に達する。

というのが呑気症の正体かもしれません。

。。。

ということで、呑気症の原因は「首のコリ」が原因かもしれません。

そして、「アメ玉を舐める」や「瞑想」で、その不調は改善できる可能性があります。

ではでは。

瞑想は形状記憶合金を温めるように「身体を正常な状態に戻すパワー」があるようだ。

最近、仕事に熱中してました。

すると疲れます。

私の場合、主にパソコンで文章を書く仕事をしているのですが、最近は「オデコの辺りが重くて凝った」ような状態が続いていました。しんどかったです。(PC作業の体勢によって、凝る部分が違うようで、腰が痛くなることもあれば、首が痛くなることもあります。)

それで、睡眠を多くとってみることにしたのです。

大体、夜の9時~10時位には布団に入るようにして、次の日の7時~8時位に目覚める、という感じです。だいたい10時間くらい寝てる計算です。

すると、ある部分では調子がいい感じはします。でも、肝心のオデコの重さとか、凝った感じはそれほど改善しませんでした。それで次の日も仕事をするわけですから、昨日の疲れを引きずったまま仕事をする形になっていました。

■瞑想したらオデコの不調が消えた

で、昨日の夕方、久々に瞑想してみたのです。

(疲れが溜まっていたようで、瞑想中カックンカックンと何度も眠りに落ちそうになりました。それを立て直しながら瞑想を続けました。)

そしたら、そのオデコの凝りがスッキリ良くなったんです。

瞑想中の自分の身体をよくよく観察してみると、首のあたりの筋肉がほぐれるのを感じました。また、瞑想を始めた直後は「舌が上の前歯の裏にくっつかなかった」のですが、瞑想を続けるうちに少しずつ、舌が前歯の裏にピタッとくっつくようになったのです。

「舌の正常な位置は前歯の裏にピタッとくっつくことだ」とは結構言われていることですし、それに特化した本もあった気がします。(調べ見ました。たぶん次の本だと思います。舌は下でなく上に “舌の吸盤化”で、あなたの脳力・人生が開花する!

瞑想をしたらその「舌の正常な位置」に舌が収まるようになりました。

おそらく、長時間のPC作業で首・肩まわりが凝って、舌が正常な位置に収まれないような身体状態になったのだと思います。

■瞑想を習慣づけてた頃は風邪をひかなかった

思えば、瞑想を習慣づけていた頃、風邪を引くことがなかったです。

仕事で体が凝ったりすることはあるんですが、瞑想するとそれが改善されていたことを思い出しました。

瞑想は形状記憶合金を温めるのと同じように、身体を正常な状態に戻す作用があるのだと思います。(形状記憶合金は温めると元の状態に戻る性質があります。)

■瞑想したら視力アップ

そうそうもう1つ変化が。

瞑想前はPCの画面上の文字が読みづらかったのですが、それが瞑想したらクッキリ見えるようになりました。

森田健さんは仙人修行のための瞑想を数日間行った所、視力が0.4前後から1.0までアップした、と著書、ハンドルを手放せの中で語っています。

筋肉、神経、血液など、身体全てが瞑想によって「正常な状態に戻る」としたら、視力がアップするのも不思議ではありません。

原久子さんは、主に瞑想で視力改善を指導されています。著書、呼吸を変えれば目はどんどんよくなるによると、この方法で視力がアップした方が多数いるそうです。

ですから、瞑想は視力アップにも良い。と考えられます。

■瞑想は身体全体を元の正常状態に戻そうとするパワーがある

また瞑想に関する著書を多く出している宝彩有菜さんは、「瞑想すると長年の肩こりや腰痛が治る」と著書、始めよう。瞑想―15分でできるココロとアタマのストレッチの中に書かれています。ですから、瞑想すると「身体の状態が改善される」というのは、ほぼ間違いないと思います。私はそれを体感しています。

そして、私の経験では、瞑想は形状記憶合金を温めるように、「身体の状態を正常に戻す」作用があると、感じています。

忙しい日々に追われると、ついつい瞑想を忘れがちですが、もう一度習慣づけようと思った次第でした。

ちゃんちゃん。
最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示