1. Top
  2. »

「太もも上げ運動」は腰を柔軟にして、肩・背中をほぐす効果がある。

今日は次の記事にある、「太もも上げ運動」をPC作業の合間にするように心がけています。

PC作業の体の不調は「大腰筋トレーニングをすれば全て解決するかもしれない」、という仮説。

(太もも上げ運動は記事の最後の方にあります。)

そしたら、この「太もも上げ運動」をした“ほぼ直後”に「背中や肩がジンワリと暖かくなる」のです。

「それってただ血液循環が良くなっただけでしょ?」

と思うかもしれませんが、少なくとも私の経験上はそうではありません。

運動をした“ほぼ直後”に背中や肩周りがジンワリと熱くなるのですが、これは「腰がほぐれたことによって、背中や肩が正常な位置に戻ろうとしている」と私は解釈しています。

私は主に文章を書く仕事です。

長時間PCに向かいます。

このような長時間PC作業する人で特に運動不足の人は「肩が下がってしまう」ことがあります。

何を隠そう私がその1人です。

これはただ単に肩周りが硬直したのではなく、腰(腰椎)を含む、体全体が凝り固まってしまったからだと考えています。

その理由は冒頭の記事でも書いてるのですが、整体師の宮川眞人さんが、「人体の力学的な要は“腰”だ」と語っているからです。

つまり腰が悪くなれば全てが悪くなるし、体の全ての歪みやコリなどは腰を起点にしている。そしてつまり「腰が良くなれば全ては良くなる」ということです。

宮川さんの書籍には、たとえば人体が「腰を根本として硬直する」と、「肩が下がって前に入っていく」ということが書かれています。

宮川眞人さんは、このようなことが起こることを「メカニズム的に理解」しています。これまでの研究で「こうすれば、こうなる」ということが、私から見るとかなり詳細に“わかっている”ように見えます。これほど人体の整体的な仕組みを細かく論理的に解説している人を、私は宮川さん以外まだ知りません。

話しを戻します。

この「肩が下がって前に入っていく」という現象。

PC作業を長時間して、体をほぐさずに、さらに長期間していると、このような体の状態になる、と私は確信しています。

なぜなら、私自身がそのような状態になったからです。

その時は結構悲惨でした。

腰が硬直して、肩が下がって前に入るので、知らず知らずの内に痩せてきました。

久々に会う人には頻繁に「痩せた??」と言われます。

体重は確か54kg。(現在は62kg)

ご飯をどれだけ食べても太りませんでした。

おそらく、腰が硬直しきっているので、胃腸などの内蔵が正常な場所に収まることができなくて、消化吸収が上手く出来なかったのだと思います。

ドンドン痩せていきました。

家族も相当心配していました。

銭湯などに行って、当時の私の裸を横から見るとペラペラの「アイスの芯の棒」が、ただ歩いているように見えたと思います。

それくらい痩せていました。

今では色々なエクササイズなどをして、健康な状態を取り戻しつつありますが、「腰が硬直して、肩が前に入って下がる」と、人間の体はここまでの状態になると、私は自分の身をもって体感しました。

私がそのようになった原因は「長時間のPC作業」以外考えられませんでした。

そして、色々なエクササイズをして、体が柔軟になって、リラックスすることを思い出してきたら、体も除々に正常な状態に近づいてきいました。

ですから、私は「PCの長時間作業は腰を硬直させ、肩が前に入って下がる」と考えています。

。。。

つまりこういうことです。

  1. 人体の力学的な要が“腰”で
  2. 腰が硬直すると、肩が前に入って下がり
  3. それがPC作業不具合の最終形体のよなモノであるなら
  4. 「腰をほぐせば」全てが解決するかもしれない

これをひとまず記事にまとめたのが以下です。

PC作業の体の不調は「大腰筋トレーニングをすれば全て解決するかもしれない」、という仮説。

この、「腰を正常に戻すトレーニング」の1つに「太もも上げ」があります。

これを今日1日、PCに作業の合間にやるようにしているのですが、これをやった直後に、「背中や肩周りがジンワリと暖かく」なります。

これは上記のような理由によって「腰が柔軟になったから」だと考えています。

  1. 腰が柔らかくなる
  2. 背中・肩まわりがほぐれる
  3. ほぐれた周辺の血流が良くなる
  4. そこが暖かく感じる

という流れです。

ということで、「太もも上げ運動」は腰を柔軟にして、結果的に「背中」や「肩まわり」をほぐす効果がありそうです。

という、太もも上げトレーニングの感想でした。

ではでは。

左手首を内側にヒネると「ピキッ」って音がなる原因は、腰の硬直が原因かも。腰を左右によく捻ったら一時的に音がしなくなった。

いつの頃からか、左手首を内側にヒネると「ピキッ」と関節が鳴るようになりました。

具体的には左手を「手の甲」が見えるように、眼の前に持ってきて、「手の平を見るように内側にヒネる」。

すると「ピキッ」と手首の辺りの関節が鳴ります。

私はシンメトリーフェチっぽい所があって、体も左右対称じゃないと気がすまないのですが、鏡で自分の鎖骨を見ると、右側の鎖骨だけが前に出っ張っています。

これが気になってしょうがない。

この鎖骨のアンバランスも間接的に「左手首のピキッ」と繋がっていると睨んでいます。

話しを元に戻して。

このような、左手首のピキっという音が気になっていて、それをなんとか治せないか試行錯誤していたのですが、今日、その突破口を見つけた気がします。

学生の頃、体育の授業でやったように、「体育座り」の形から、後ろを見るようにして体を左右に何回かひねりました。

つまり、腰を左右に捻って、腰の筋を伸ばすようにしました。


これをしたら、一時的にですが「左手首を内側にひねった時のピキっ」という音が“鳴らなくなった”のです。

同時に「肩」「脇腹」の具合もいい感じです。

普段はずーっと肩と脇腹に、突っ張ったような、捻れているような違和感がありました。

それが軽減されました。


なので、おそらく左手首を内側にひねった時の、ピキッという音の原因は、腰の硬直にあるのだと思いました。

厳密には説明できないのですが、腰が硬直することで、体がねじれる形になり、右肩が前に出て、左肩が下がって、下に引っ張られるようになる。

その影響で左の「肩」「脇腹」「手首」が「正常に動けなくなる」ことで、ピキっという音が鳴っていたのだと思います。

それが腰を左右に捻って、筋などを伸ばすことで、少しだけ「左半身が正常な位置の方に戻った」。

だから、一時的に左手首を内側に捻ってもピキッという関節音が鳴らなくなったのだと思います。

私は一日中パソコンに向かう仕事をしているので「腰をヒネる機会が少ない」です。

歩くことも、犬の散歩位で1日30分程度。

かなりの運動不足かも(いや、かもじゃない)しれないので、

・パソコンに長時間張り付いている
・座りっぱなし
・運動不足


という三重奏が原因で、腰の捻転が少なくなり、腰が硬直してしまっているのかもしれません。

思えば、左手首がピキッとなるようになったのは、真剣にパソコンの仕事をがんばろう、と思い始めた頃からでした。

私は無駄に真面目な所があるので、PCに向かい過ぎて「運動」や「柔軟体操」などを忘れてしまっていました。

明日から、運動、ストレッチ、腰の柔軟などを心がけて様子を見たいと思います。

。。。

最後にまとめます。

私は長時間PCに向かう仕事をしていて、運動不足です。

そして、左手首を内側に捻った時にピキっと音が鳴るのがずーっと気に鳴っていました。

それが、体育座りをした状態で、振り返るように後ろを見る形で、腰を左右に何回か捻ったらその「左手首の音」がしなくなりました。


このことから、この「左手首のピキッという音」は腰の硬直が原因なのではないかと予想しました。

ということは、腰をストレッチしたり、運動不足の場合は運動することで、このような不調を改善できるかもしれません。

野菜ジュースを飲んだら「たった7日」でドンドン体調が良くなってきてる件

以下の記事を書いた日から、私は野菜ジュースを飲みはじめました。

50歳で20歳の彼女を満足させている、平秀信さんの「元気になる」野菜ジュースレシピ

そしたら日に日に体調が良くなってきています。

思えば上記の記事を書く数日前。私は平秀信さんが「野菜ジュースは最高!」と言っているのを思い出しました。それで平さんの野菜ジュースレシピを探していたら、自分も野菜ジュースを試してみたい気分になりました。それで実際にその数日後、野菜ジュースを試してみたのです。そしたら驚くほど体調が良くなるではありませんか!

その日から継続して野菜ジュースを飲んで、今日で7日目になります。日に日に体調がよくなってきているのを実感しています。

軽い気持ちではじめた野菜ジュースにこれほどの威力があるとはっ。

■ミキサーに野菜やフルーツをぶっ込んだ

平さんはミキサーとジューサーを駆使して野菜ジュースを作っているようですが、偶然ウチにもミキサーとジューサーがありました。(平さんオススメのジューサーはヒューロムスロージューサー。ミキサーのオススメはバイタミックス。)

で、私はジューサーは洗うのがめんどくさかったのでミキサーのみを使いました。

■今のところの野菜ジュースレシピ

入れたのは大体、次の物。

・ゴーヤ(半分くらい)
・バナナ(1本~2本)
・プチトマト(5個前後)
・スイカ(適当に。たまたまスイカがあった時に入れた)
・生姜(大きさにもよりますが、だいたい5mm~10mmくらい)
・にんにく(一度だけ試したが、口の中がモヤっとして&少し調子が悪くなったので、それ以来は試してない)

こんな感じの物をいっきにミキサーに入れてギュワンギュワンと粉々に砕いて、ジュースにして飲んでます。

だいたい、コップ2杯くらいなります。

それを飲んだら日に日に体調が良くなってきています。

■右腰の痛みがよくなってきてる

私は右腰の痛みに悩んでいて、ストレッチや筋トレ、ヨガ、ぷるぷる体操など、色々と試してみたのですが、この右腰の痛みだけはいっこうに良くなりませんでした。野菜ジュースを飲んだらこの右腰の痛みが少しずつ良くなってきているを実感します。

ウソだと思うかもしれませんが、野菜ジュースを飲んだ瞬間、腰の当たらいがジュワーッと暖かくなるのを感じます。メカニズムはわかりませんが、野菜ジュースの影響で「腰がほぐれてる」ようです。(体はほぐれると血の巡りがよくなって、そこが暖かくなってくるので)

■他の部分も少しずつ良くなってきている感じがあります

私の体の不調は他にもこんなモノがあります。

・右肩が前に入っている
・左肩が下がっている
・左の首が痛い
・手首を内側にひねると「ピキ」っと音が鳴る
・足に魚の目がある

こんな感じですが、肩は少しずつ上がってきている実感があります。このまま行けば、全快するんじゃないかと、ワクワクしています。

他には、足の魚の目がドンドン良くなってきました。これを書いている時点では、ほぼ見えなくなっています。

野菜ジュース、良いですよっ。
最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示