1. Top
  2. » 自律神経

「舌の吸盤化」は、人によっては空気を飲み込んでしまう病気(呑気症=空気嚥下症)になる可能性。そしてそれを解決した方法。

宗廣素徳という方が「舌の吸盤化」を推奨しているようです。

舌は下でなく上に “舌の吸盤化”で、あなたの脳力・人生が開花する!

私は詳しくは知りませんが、このブログに「舌 吸盤化 空気を飲み込んでしまう」という検索ワードで来る方がいること。

また、以前母が舌を上の歯の裏にくっつけようとしたところ(その方が健康に言いとおそらくテレビで知ったので)、空気を飲み込んでしまい少し神経症のような状態になったこと。

これらのことから、

「舌の吸盤化」は人によっては、空気を飲み込んでしまって、「空気を飲み込んでしまう疾患=呑気症、空気嚥下症」のような状態になってしまう恐れがあるので、注意が必要だと私は考えています。

特に、真面目で神経質な方はあまり意識的に、このようなこと(舌の吸盤化)はしない方がいいと思います。

確かに、舌が上の歯の裏に収まるのが最適な状態だというのは、私も感覚的にはそう思います。

でもそれは、体が健康な状態であれば、“結果的にそうなる”のだと私は思います。

つまり、「体が健康な状態にあれば、舌は自然に上の歯の裏に収まる」はずだと考えています。

これをわかりやすく説明するのは難しいのですが、

以前私自身が空気を飲み込んでしまう病気(呑気症、空気嚥下症)になった時のことをお話します。

(ちなみに呑気症は「どんきしょう」。空気嚥下症は「くうきえんげしょう」と読みます。)

呑気症に関しては以前も記事にしました。

呑気症の原因は「首こり」? 「アメを舐める」「瞑想」で改善する可能性。

私自身、空気を飲み込んでしまう病気「呑気症(どんきしょう)」になったことがあります。

上記にもありますが、私自身は長時間パソコンに向かいすぎた結果、空気を常に飲み込んでしまう病気=呑気症、になってしまいました。

詳しくは上記記事を見てほしいのですが、

相当にキツかったです。

空気を飲み込むことが習慣になったのですが、私自身は意識的にゲップをする特技がありました。なのでこれを使って飲み込んでしまった空気を頻繁に出していたのですが、

それが災いしたようです。

「吐く」という行為が習慣化してしまったようで、日常で何もしていない時にでも口の中にツバば溢れるようになりました。そしてそれをまた吐く、ツバを止めように止まらない、また吐く、時と場所を選べずに・・。

という地獄の日々になった時期があります。

首・肩・背中のコリが原因で空気を飲み込んでしまう?

私自身は「この病気になった原因を、首や背中、肩まわりのコリ」だと考えました。

首や背中、肩まわりのコリが原因でツバを無意識に飲み込むようになってしまい(ツバと同時に空気を飲み込むようになってしまい)。その空気をゲップとして吐いていたら地獄のような状態になりました。

母は意識的に舌を歯の裏にくっつけようとして、呑気症のような症状になった。

そして時を同じくして、私の母の身に“私と全く同じ症状が出ていた”ことを後で知りました。

母は大の健康オタクで健康番組がテレビで放送されるとなるとひたすら録画。その録画を見てノートにメモする。また実践もする。

という大の実践的健康オタクです。

その母が何かのテレビ番組で「舌を上の歯の裏にくっつけると良い」ということを聞いたらしく、

私が呑気症で苦しんでいる時と同じ時期に、何故か「舌を上の歯の裏にくっつける(舌の吸盤化)」を実践していたようです。

そして久々に母に会った所、「このごろ何か空気を飲み込んでしまって辛い」と言っていました。

ある方法を実践して母の呑気症は完治

その時私は呑気症を経験して、そして回復していたので、その解決法を母に教えたところ、

無事、母も「空気を飲み込んでしまう状態」から脱することができました。

母は少し猫背気味というか、肩を少し上に上げたような、肩が詰まったような姿勢の人です。私自身はパソコンに長時間向かう(アメリカドラマの見過ぎですが 笑)ことで、首・肩・背中まわりが凝って呑気症を発症したのですが、おそらく母の体の状態も、当時の私と同じだったのではないかと思っています。

リラックスした状態で舌が上の歯の裏にくっつかない人が、無理に上の歯の裏に舌をくっつけようとすると、空気を飲み込んでしまう可能性

つまり、

「舌をダランと力を抜いて、自然な状態にした時、上の歯の裏に収まらない状態」

だったのではないかと、思っています。

そのような「舌を放っておくと、上の歯の裏にピッタリくっつかない状態」の舌を無理やり上の歯の裏にくっつけるような「舌の吸盤化」をした結果、

舌が無理に緊張して、余計な空気を飲み込んでしまったのだと思います。

理想的な健康状態なら、舌は自然に上の歯の裏にピタッとくっついているはず。

確かに舌が上の歯の裏にピッタリくっつくのが、人間の理想的な状態だとは思います。

でも、そのような理想的な健康状態になった時にはじめて、「舌は自然に上の歯の裏にピッタリくっつく」のだと、今の私は考えています。

つまりつまり、

舌を意識的に動かしたりするのではなく、体全体のリラックス感やバランスが最適化された結果として「舌は自然に上の歯の裏にピッタっとくっついて収まる」のだと思います。

でもそうではない状態。

リラックスしても舌が歯の裏にピタッとくっつかない状態の人が、無理に意識的に歯の裏に舌をくっつけようとした結果、無意識に空気を飲み込むようになってしまった。

それを解決するために「舌 吸盤化 空気を飲み込んでしまう」などというワードで検索してこのブログにたどり着いた。

そしてそのようは人が複数いる、ということだと思いました。

空気を飲み込んでしまうのがクセになってしまった場合の対処法2つ。

このような状態にもしあなたがなってしまっていたとしたら、私自身が体験した解決法を紹介します。

方法1(軽度の場合):常にガムを噛み続ける

空気を飲み込んでしまうような状態になったばかりの場合は「ガムを常に噛み続ける」ということをしてみてください。

私の母はこれで治りました。

(正確には、母はこの症状でかなり悩んでいたので、「それは舌が不自然になっていること」「気のせいだということ」「それほど問題ではない」ということなどを自然に伝えました。母は神経質な人なので、細心の注意を払って「それはなんでもないんだよ」ということを伝えました。その後で「ガムを噛めば治るよ」ということを伝えました。その結果、その場で母のその症状は収まりました。)

もし軽い状態でしたら、この方法で改善できるのではないかと思います。

方法2(重度の場合):常にアメ玉を舐め続ける

もし、その症状が重症化して昔の私のような地獄の日々を送っているとしたら、

「アメ玉を常に舐める」ということを実践してみてください。

これは私自身があの地獄の日々から脱出した方法です。

長時間パソコンに向かって、首・肩・背中周りの筋肉が凝ったせいなのか、もしくは暗闇でパソコンを見続けたせいで目の毛様体筋が緊張して自律神経が失調してしまったせいなのかはわかりませんが、

とにかくもう、「空気を飲み込んでしまう→吐こうとする→ツバが口の中に溢れる→吐く」ということがエンドレスにつづいて、本当に地獄でした。

そのような地獄の状態を「アメ玉を常に舐め続ける」ことで無くすことができました。

当時私は呑気症のことをパソコンでかなり調べたのですが、その結果「舌を動かし続ければこの症状は良くなるかもしれない」と考えました。つまり、原因はなんであれ、呑気症のメカニズムの1つとして「舌が緊張して硬直している」という風に当時の私は考えました。

だったら、その緊張して硬直した舌をほぐせばいい。

その為にはアメ玉を舐め続ければ良い。

という風に考えて、実際にそれを行動に移してみました。

そしたら“ものの見事に完治”しました。

なので、もしあなたが当時の私と同じように、地獄のような日々を送っているのであれば、「アメ玉を常に舐める」ということを実践してみてください。

もしかしたら、酷い呑気症状態を解決することができるかもしれません。

まとめ

ということで、「舌の吸盤化は健康に良い」と言われているようですが、

  • 真面目な人
  • 神経質は人
  • 繊細な人

は、「舌の吸盤化」を無理には行わない方が良いと思います。

場合によっては、空気を飲み込んでしまう疾患=呑気症(空気嚥下症)になってしまう可能性があります。

むしろ、舌をどうこうするよりはストレッチなどをして首肩背中まわりをほぐした方がよっぽど効果的だと思います(おそらくそれに成功すれば、舌は自然に上の歯の裏に収まると思います)。

またもし既に空気を飲み込んでしまうような状態になっている場合は、

  • ガムを常に噛み続ける
  • アメ玉を常に舐め続ける

というのを試してみてください。

母の場合は100円ちょっとのガム1つで完治しました。

私の場合は、コンビニで売ってる100円~200円前後のアメ玉、数袋を買ってきて、数日間「寝る時以外、常にアメ玉を舐めっている」ということをしたところ、ようやく地獄の日々から脱出することができました。

私の地獄の日々が参考になれば幸いです(笑)。

ではでは!

昼食後も眠くならないでガンガン仕事するためには「食前に水を約コップ2杯飲む」「腹八分目」「ゆっくり食べる」と良いようだ。

順天堂大学医学部教授、小林弘幸さんの著書「なぜ、「これ」は健康にいいのか?」の中に「昼食後も眠くならずにガンガンに仕事をするコツ」として次の3つが挙げられています。

  • 食前に300~500cc程度の水を飲む(だいたいコップ2杯。私のコップで計った所、コップ1杯で200ccでした。なので、約コップ2杯としました。)
  • 食べる量は腹八分目にとどめる
  • ゆっくりと食べる

小林さんによると、食後に急激に眠くなるのは「急激に副交感神経が働くから」なのだそうです。

つまり、食後に眠くならないためには、「副交感神経がゆるやかに働くようにする」と良いそうです。

仕事中は交感神経が優位になっています。逆に食べたモノを消化する時には副交換神経が優位になります。腹ペコの状態から一気にガツガツ大量の昼食を食べると、急激に消化しなければなりません。この時、今まで交感神経優位だったのが、急激に副交感神経に切り替わります。これが眠気の正体なのだそうです。

その副交感神経の急活性を「食前にコップ2杯程度の水を飲む」「腹八分目」「ゆっくり食べる」ことで、抑えられるそうです。

1つずつ見ていきます。

食前にコップ2杯程度の水を飲む

小林さんは食前に300~500ccの水を飲むことをオススメしています。

(私のコップで計った所、コップ1杯で約200ccでした。ですので目安として「約コップ2杯」にしました。)

水を飲むとそれが口→食道→胃を通って小腸に届きます。この時「胃結腸反射」が起こって腸が働き出し、副交感神経が働き出すのだそうです。

つまり、食後に急激に副交感神経が働き出す”前”に、水を飲んで副交感神経のあらかじめ動かしておく(アイドリングしておく)、と良いようです。これをすることで急激に副交感神経が働くことがなくなって、同時に眠気も起こりにくくなるそうです。

食べる量は腹八分目にとどめる

大量に食べると、大量に食べた分だけ消化しなければなりません。

この時、副交感神経が働きます。また、消化吸収するためには、胃や腸に血液が集中します。すると当然、脳への血流量は減少します。つまり、午後の仕事で頭が働かなくなります。

これを防ぐためには「腹八分目」に抑えることが良いようです。

ゆっくりと食べる

食物を消化吸収する時には副交感神経が働きます。

ただし、食事の時には「交感神経」が働いているのだそうです。

つまり、昼食をガツガツ一気に食べると、急激に交感神経が活性化します。食後に眠くなるのは、この急激に交感神経が高まったことの「反動(リバウンド)」なのだそうです。

つまり、次のような流れです。

  1. いっき食いによる交感神経の急激な活性化
  2. 反動で副交感神経が急激に活性化
  3. 眠くなる

このような流れを阻止するために「ゆっくり食べる」と良いそうです。

ゆっくり食べることで、「交感神経もゆっくりと活性化」します。するとその反動の「副交感神経もゆっくりと活性化」します。

すると「眠くならない」そうです。

。。。

このような3つのポイント「食前に約コップ2杯の水を飲む」「腹八分目」「ゆっくり食べる」を実践すると、「食後の眠気を抑えて、午後の仕事もガンガンにできる」そうです。

小林さんは、この本の中で「どんなに退屈な会議でも寝たことが無い」と言っています。

ですから、参考になると思います。

私も昼食後に仕事の能率が下がるのが嫌で、最近1日1食生活をしていたのですが、どうも、調子が良くありませんでした。おそらく昼食をとらないことで、交感神経が上がりっぱなしなんだと思います。ある意味で仕事ははかどるのですが、どうも反動があるように思います。夕食直前あたりになると「かなり弱った状態」になります。おそらく交感神経の働き過ぎで、不具合が出ているのだと予想しています。

それで、このような不調を改善するためには、どうしたら良いか?あぁ、そういえば、小林さんの著書に「昼食後も眠くならない方法」が書いてあったな、と思い出したので記事にしました。

今日はこの方法で昼食を食べて、午後の仕事に備えたいと思います。

「これを実行しているのは自分ではない」と思いながら行動すると、自律神経を高いレベルで維持できて、楽に高いパフォーマンスを発揮できるかもしない。

何か行動する時、特に慣れていない行動をする時、人はストレスを感じます。この時、「この行動をしているのは自分では無い」とうい意識で行動すると、楽に行動できるかもしれません。

というのも、今朝方、このブログの記事を2つ書き上げたのですが、その時それほどいつものように気負ってはいませんでした。楽に、それも何か「これを書いているのは自分では無い」というような「ある意味で無責任な感覚」で書きました。

そしたらスラスラと書けるのです。

しかも主観ですが、文章のデキも良い。

だから、何か行動する時には「この行動をしているのは自分ではない」という意識で行動すると、楽にノンストレスで、しかも「質の良い行動」ができるかもしれません。

これで思い出したのがスピリチュアルリーダー、ディーバックチョプラの著書「迷ったときは運命を信じなさい」の中にある次の一文です。

意思を抱けばたえずチャンスがめぐってきます。チャンスが到来すれば、行動が必要になります。

行動に踏み切るときは、「実行しているのは自分ではない」という態度をとってください。自分の行動を「すべて」である知性、あらゆる物事を組織化する宇宙のスピリットの行動だと思うことです。

すると不安を抱くこともなくなり、結果にも執着しなくなります。

迷ったときは運命を信じなさい―すべての願望は自然に叶う

これはスピリチュアルな表現です。このようなモノが苦手な人もいると思います。

今日はこれを「医学的な視点」から見て行きたいと思います。

私が今日の経験を通じて思ったのは次のことです。

「ある意味で無責任に行動できれば、自律神経を安定的に保てるから、結果として高いパフォーマンスを発揮できるんじゃないか?」

というものです。

何かを行動に移す時、その全責任が自分にあると思う時、人は緊張します。緊張している時、自律神経は乱れているはずです。ちなみに私が注目している自律神経の専門家は小林弘幸さんです。この方は自律神経に注目して長年研究されています。小林さんの著書は2冊持っています。「なぜ、「これ」は健康にいいのか?」と「超一流の人の「健康」の極意」です。

話を戻します。

何かを行動に移す時、ある意味で無責任に「この行動をしているのは自分ではない」「責任は自分にない」と思う時、心は安定します。自律神経も「交感神経」と「副交感神経」が絶妙なバランスでダンスをしているはずです。

ちなみに小林さんによると、最高のパフォーマンスを作り出せる時、人は「交感神経、副交感神経”共に”高い状態にある」そうです。交感神経だけが高くてもダメだし、逆に副交感神経だけが高くてもダメなそうなのです。両方が高いレベルにある時、人は最高のパフォーマンスを発揮できるそうなのです。

「行動しているのは自分では無い、と思うと、これと同じことが起こるのではないか?」

と思ったのです。

何か行動をする時、それも普段なら緊張するような行動をする時、「これを実行しているのは自分ではない」と思えば、交感神経、副交感神経ともに、高いレベルに保つことができるかもしれません。

実際、今朝、ほぼ無意識に、無感情にこのブログの記事を2つ書きました。「行動しているのは自分でない」「責任は自分に無い」というような感覚で書きました。そしたらスラスラと流れのある文章が書けました。

逆に「この行動をしているのは俺だ」という思いが出てくると、「自分」が文章の中に出てきます。自分が出てくるとそれを守りたくなります。「何か変なことを言ったらどうしよう」「突っ込まれたらどうしよう」「あたりさわりの無いことを言っておこう」などと、自分を守るための雰囲気が文章ににじみ出てきますし、実際そういう文章になってきます。そういう文章は人の役にスムーズに立つことができないことが多いと感じています。

そういう自分(エゴ)が今日、「実行しているのは自分ではない」と思いながら行動したら(文章を書いたら)出てこなかったのです。普段なら胃が痛くなるような思いをしながら、書いていたレベルの量と質の文書を短時間で書くことができました。今朝から2記事で合計6000文字書いているのですが、これくらい書くと以前はヘロヘロになっていました。背中はガチガチに凝って、首や肩も調子が悪くなります。精神状態もイライラして怒りっぽくなります。今回、それがありません。

これは交感神経と、副交感神経の両方が高いレベルにあったからかもしれません。

ですから医学的な視点から見ても「これを実行しているのは自分ではない」と思いながら行動すると、楽に高いパフォーマンスを発揮できる可能性があります。

。。。

何かを行動に移す時、「これを実行しているのは自分ではない」と思えば、最高パフォーマンスの行動を”楽に”行うことができるかもしれません。

追伸)

今日これから、クライアントに依頼された案件をライティングします。普段ですと、これは苦手です。「俺に責任がある」と強く思っているからです。なので結構疲れますし、苦痛です(向いていないのかもしれませんが 笑)。そこで今回「実行しているのは自分ではない」という感覚で、依頼された案件もこなしてみようと思います。

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示