1. Top
  2. »

サウナでむくみはとれるか?

このブログに「サウナ むくみ」で検索して来る方が少しいるので、「サウナでむくみはとれるのか?」ということについて記事にしたいと思います。

結論から言いますと、「少なくとも水分のとり過ぎによる、むくみは“とれる”」と思います。※体験済みです。

私は以前、酒を毎日結構飲んでいました。

具体的には、1日350mlのビールや酎ハイを3本くらい。

これが多いのか少ないのかは、個人の判断によるところですが、

私の場合、このペースで毎日酒を飲んでいました。

すると、日に日に、顔がフニャけてくるというか、顔がむくんできます。

それと当時に、少し鬱っぽくなってもきます。

そこで「なんだか調子が悪いなぁ」ということで、温泉に久しぶりに気分転換に行ってサウナなどで、たっぷり汗をかくと、これが大きくなってフニャけていた顔がシュッと小さくなります。

つまり、顔のむくみがガツンととれます。

私の場合、次のコースで温泉に3時間以上入ります。
  1. 湯船に入る(温かい温泉)
  2. サウナに入る
  3. 水風呂に入る
  4. 1に戻る
このサイクルを繰り返します。

すると、サウナに入りますから、どんどん汗をかきます。

たまに、洗い場に行って、水を飲んだりして(ペットボトルに入れて持ってきた自分の水)、鏡でふと自分の顔を見ると、

温泉に来たばかりの頃の顔と比べて「明らかにシュッと小さくなっている」ことに気づきます。

また、次に記事にあるように、


私の場合、温泉に入ると2kgくらいは普通に体重が減ります。

毎日酒を飲んで、体内に余分な水分が溜まっているからだと思いますが、それらの水分がなんとも恐ろしいことに、2リットルもある計算になります。あぁ、恐ろしい。

体内にあった余計な水分が汗として排出されるので(サウナの効果で)、当然、体重は減りますし、それと同時にむくみもとれるはずです。少なくとも、私はこの効果を毎回体感しています。

なので、もしあなたが酒の飲み過ぎなどで体内に余分な水分が溜まっているとしたら、またそれによって、むくんでいるとしたら、サウナでむくみはとれると思います。

また、体内の余分な水分を体外に排出させるためだからといって、水分を全く取らないで、温泉やサウナに長時間入るのはおすすめしません。

私も温泉に3時間〜5時間くらい入ることがあるのですが、水分補給のためのペットボトルを必ず持参しています。それができない場合でも、脱衣所の水を飲める場所がある温泉では、その水を飲んで水分補給しています。

私の場合、そのようにして水分補給しつつ、温泉やサウナに入ったとしても、お風呂から上がって体重を計ると、普通に2kgくらいは減っています。

なので、水分ほ補給しつつ、サウナに入ったらむくみはとれないんじゃないか!?という心配は無用です。普通にむくみは取れると思います。少なくとも私の経験上はそう思います。

以上、個人の体験談でしたっ。

ではではっ^^

酒の飲み過ぎの「むくみ」に困ったら、利尿剤が良いかもしれない、という話し。

以前、夜お酒を飲む仕事をしていた彼女と付き合ってた時期がありました。

仕事柄、その子はほぼ毎日酒を飲みます。すると水分(アルコール)の摂り過ぎでかなり「むくむ」んだそうです。

当時を思い返してみると、はたから見ても「確かにむくんでいる」と思えるほどでした。

で、彼女はその対策の1つとして「利尿剤のラシックス」を服用していました。(詳しくは知りませんが、ラシックスは病院で処方されるのかな??)

利尿剤ラシックスを飲むと体内の水分が排出される

このラシックスを飲むと、当然利尿剤ですから、体内から水分がオシッコとして排出されるため、かなりむくみがとれるそうです。

ですから、夜のお仕事をしている人や、私のように毎日酒を飲んでむくみがちな人には利尿剤はいいかもしれません。

薬嫌いの場合は漢方の利尿剤がいいかも

ただ、私自身もそうなんですが、薬嫌いの場合もあると思います。

そんな時は「漢方の利尿剤」が良いかもしれません。

次の記事にもありますが、

温泉入ったら体重2キロ減。酒を飲み過ぎた体には2リットルもの余計な水分が溜まってる?

「水分の摂り過ぎは体に悪い」ということを主張している医師の石原結實さんは、

漢方の利尿剤として、次の2つを挙げています。

漢方の利尿剤2つ

それぞれ、「漢方の利尿剤」として古くから活用されてきたようです。

なので、ラシックスに抵抗がある場合は五苓散や苓桂朮甘湯をためしてみると良いかもしれません。

汗をかく(温泉、サウナ、運動)も効果的

あとは、その彼女も言っていましたし、私自身も体感していますが、温泉やサウナ、運動などで「汗をタップリかく」とむくみはかなり解消されます。

私の場合、温泉に入るとだいたい平均して2kgくらい減ります。どんだけむくんでたんだって感じなんですが(笑)。

まとめ

そんなわけで、酒の飲み過ぎのむくみに困ったら、

  • ラシックス
  • 五苓散
  • 苓桂朮甘湯

などの利尿剤を試してみるといいかもしれません。

ではでは!

ビールなどの酒をやめたら顔が小さくなるのか?→イエス!

かなり昔になりますが、酒をしばらくやめた時期があります。

そしたら日に日に顔がドンドンドンドン小さくなっていきました。

「顔が小さくなる」という意味では、酒のむくみ対策として次でも記事にしましたが、

酒をやめることで、余計な水分を摂取しなくなったせいなのか、日に日に顔が小さくなっていく、という経験を私はしました。

その証拠?でもないですが、顔が小さくなるのとは別に、おしっこがかなり濃い黄色になりました。まるでオロナミンCやリポビタンDのような真っ黄色のおしっこがこの頃は出ました。

これは、余計な水分を摂取しなかったため、超高濃度のおしっこが出たためだと私は思っています。

よくよく考えてみると、ビールやワイン、焼酎を「純粋に水分」として見た時、それらの「水分摂取量」はハンパないです。

ビールで考えてみてください。

もしあなたが、私と同じく飲兵衛だったとしたら、ビール350ml数本は余裕のはず。もっと言えば500mlを数本も余裕のはず。

例えば500mlのビールを2本飲んだら1リットルですよ!?

1リットルの牛乳パック1本分を普通の食事と一緒に摂取していることになります。

もしこれが、ただの牛乳だったら1リットルも飲みますかアナタ?そして私(笑)。

私は絶対の飲まないと思います。

ワインにしても、焼酎にしても、それらを水やそれ以外の清涼飲料水に換算したとすると、「酒じゃないなら、それほどは絶対に飲まない」というのが、正直な感想だと思います。

だからこそ、その「酒だから異常に水分として摂取している」状況を、酒をやめれば断つことができます。

なので、「酒飲みの日々に比べて遥かに水分を摂取する量が減る」ので、自動的に、それも当たり前に顔は小さくなると思います。

私自身もそれは、禁酒数日で体験しています。また、温泉でひたすら水分を排出したら、ドンドン小顔になっていった経験があります。

なので、「ビールやワイン、焼酎やカクテルなどの酒を辞めると、顔が小さくなる」というのは事実だと私自身は確信しています。

なのでなので、酒を常飲していて顔のむくみが気になる場合は「禁酒」というのも、かなり有効な手段だと思います。

ではでは!

ネガティブな気持ちで飲む酒は美味い。(悪い意味で)

さっき「目標達成に向けて行動していないと、今の自分に満足できなくて、酒を飲みたくなる。」という記事を書きましたが、

その記事を書く前に、ネガティブな酒を飲みました。

そしたら美味かったんです。(悪い意味で)

今まで色々と、「禁酒いけるぜ」という記事を書いてきました。

この3つの記事を書いている間は「目標をきっちり定めて、それに向かって毎日“行動”」していました。

だから、スムーズに酒を控えることができていましたし、最近は週末は飲むようにしてるのですが、そんな時に飲んだ酒は「マズかった」んです。

つまり、目標に向けて頑張っていて、毎日に満足しているとき、飲む酒はそれほど美味く感じないのかもしれません。

でも逆に、目標が見えなくなって、行動もしなくなって、今自分がどこにいるかわからなくなると、「偽の満足感を感じたい」というネガティブな欲求から酒を欲します。そしてそのネガティブな欲求で飲む酒は「異様に美味く感じる」ことがわかりました。

「快感」というモノをドーパミンの量で表すとすれば、それまでは行動してなし、行動による達成感も感じていないから、ずーっとドーパミンが低レベルな状態が続きます。

そこに酒という「ドーパミンをガツン!と放出させる飲み物」を飲むことで、一気にドーパミンが放出されます。そしたら当然気持ちいイイです。だから美味く感じるんだと思います。

でも、その日1日目標に向かって頑張っていたら、ある程度適度にドーパミンが放出されています。だから、そんな「既にドーパミンがある状態」の中で、さらにドーパミンが放出されても、それほど“快感”を感じないのだと思います。

最近は酒が本当にマズく感じていたし、ついに俺は酒から自由になれたな、と思っていたのですが、本当に酒から自由になるポイントは「目標に向けて実際に行動する」ことだと感じました。

もう少し具体的に言うと、次のようにすると良いと思います。

  1. 目標を定める
  2. 目標達成の計画を作る
  3. 自分が、今その計画の中の“どこにいるのか”を把握する(チェックする)
  4. 毎日、チェックしながら行動する

こうすれば、今自分が「目標達成の道のり」の中の、どこにいるのかを“確かめながら”行動することができるので、より達成感と安心感を得ることができています。

目標達成に向けて行動していないと、今の自分に満足できなくて、酒を飲みたくなる。

つい3日くらい前まで、目標をがっちり定めてそれに向かって行動していました。

そうすると、その日1日に満足できて、不思議とそれほど酒を飲みたくもならないし、仮に飲みたくなる時も「よしがんばったから飲もう」という“ポジティブな欲求”によって、飲むことができていました。

でも、昨日あたり「目標をもう一度見なおそう」と思って、掲げていた目標を一度解体して、ゼロからもう一度考えることにしました。

それで今日1日、どのような目標を立てていこうか・・、と“考えて”いました。具体的な行動をせずに、です。

そしたら無性に、酒を飲みたくなりました。

それもネガティブな欲求で、です。

「何か満たされていないから、今日は無性に飲みたい。酒によって、「達成感」や「満足感」の“ようなモノ”を感じたい。そうすれば、自分に満足できて、自分自身を責めることがなくなる。だから、飲んで自分に満足したい。」

という感じです。

つまり酒は満たされていない「満足感」や「達成感」を埋めるための手段として、使われる場合があると感じました。

そして「そういう酒の使い方」をすると、あまり良くないとも感じました。

本来は生きていくその中での「実際の行動」で達成感を味わうことができれば、人生は実際に前進して将来夢などを叶えることができるかもしれません。

でも、酒を飲んで「偽の達成感」を味わうと、現実的には何も行動していないし、変化もしていないにも関わらず、気分だけが前に進みます。でもある時気づきます。「俺何にもしてねぇ」と。そんな自分を見るとさらに情けなくなって、酒を飲みたくなる・・。という悪循環にハマります。

あくまでこれは「偽の達成感を味わうために、ネガティブな欲求から酒を飲んだ場合」です。

そうでなく、ポジティブな欲求で飲む酒は、私は全然OKだと思っています。

ですから、

  1. 目標を掲げて
  2. その目標達成までの計画を作り
  3. 今、自分がどの地点にいるのかを確認しながら
  4. 毎日、実際に行動してく

ということを繰り返してけば、「ネガティブな酒」を飲むことはしなくなると思いました。

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示