1. Top
  2. » 音楽

音楽を聴きながらPC作業すると「意識が聴覚に分散され」良い姿勢で作業できる。

通常、PC作業をしている時は「視覚」が優位に働いています。

当たり前といえば当たり前ですが、これが音楽を聴きながらPC作業することで、意識が「聴覚」にも振り分けられます。

例えば音楽無しだと「視覚100:聴覚0」だったのが、「視覚80:聴覚20」くらいになります。こうなることで少なからず意識が聴覚にも向きます。

通常「視覚だけ」に集中した状態でパソコンをしていると(特に長時間)、姿勢が除々に前かがみになってきます。これは「より見る」ために、首や頭が“前に移動”していく、ことの表れだと思います。

すると頭を支える「首の背中側」「背中」が、がんばって働かなければなりません。すると、その周辺の筋肉がガチガチに凝って、次第に頭は働かなくなり、イライラしだす・・。という感じで仕事の能率が下がってしまいます。

それが音楽を聴きながらPC作業すれば、いい具合に「前かがみにならずに済む」かもしれません。

ロルフィングというボディーワークを実践し、教えている藤本靖さんは著書かラジオで次のようなことを言っていました。

音楽を聴きながらパソコン作業をする人は、無意識に聴覚に注意を集め、姿勢が前かがみになるのを防いでいる

藤本さんが何の媒体で、こういう趣旨のことを言っていたのか、正確に思い出せなかったのですが(手元に本もあるんですが、その場所を見つけられませんでした。)、

次の3つの本の中に書いてあるかもしれません。

上記の本は軽くでも読んだことがあるので、これらの中に「音楽を聴いてPC作業すれば姿勢を保てる」という趣旨のことが書かれている可能性があります。

本題に戻ります。

ですから、音楽を聴きながらPC作業すると良いかもしれません。

このことに関しては、以前も記事にしています。

今この記事も音楽を聴きながら書いているのですが、

特に「好きな音楽」は注意を耳に傾ける力が強いな、と感じています。

私は音楽の中ではクラシックが好きで、特にショパンが好きです。

でも、ショパン以外の曲、たとえばバッハやチャイコフスキーを聴いている時では「書くテンション」が全然上がってきませんでした。

でもショパンを聴きながら書いた時は違いました。

テンションがグングン上がってきて、スムーズに早く、整合性のとれた文章を書くことができました。

当たり前と言えば当たり前ですが、好きな音楽であれば、「それを聴こう」と私達はします。

すると当然「聴覚」に注意が集中します。

例えばどうでもいい曲を聴いている時は「視覚90:聴覚10」だったのが、好きな音楽を聴いている時では「視覚75:聴覚25」くらいになっているかもしれません。

このバランス感覚はおそらく絶妙なモノが求められそうですが、かなり適度に、そして「最適に」という言葉を使ってもいいほどに、「聴覚に注意を分散」させることができれば、姿勢を前かがみにせずに、自然な形でPC作業できそうです。

また、文章を書いてるとすれば、書き上がる文章も質の良い物が出来上がる可能性があります。

さらに、仕事環境にもよると思いますが、イヤホンやヘッドフォンをつけて音楽を聴きながらPC作業すれば、外部の音をシャットアウトできるので、より集中できます。

そういう意味では「集中力」も上げることができます。

。。。

ということでやっぱり「音楽を聴きながらPC作業する」というのは、かなり良い方法だと思いました。

ではでは。

音楽はライティングの「質」と「スピード」を上げる

さっき、音楽を聴きながらライティングしたのですが、これが思いのほかスラスラと書くこができました。

  • 文字数:4500文字
  • 作業時間:3時間くらい

(ちなみに「PC作業の不調は「大腰筋トレーニングをすれば全て解決するかもしれない」、という仮説。」の記事です。)

神経科学研究者・アンドリュー・スマートの著書「できる人はダラダラ上手」に「適度なノイスは創造性を高める」という記述があるのですが、「音楽というノイズを聴くことで、創造性がアップした」と個人的には考えています。ライティングという文章を書く作業はどう考えても「創造的な作業」ですよね?

ノイズが創造性を高めるとは?

ノイズが創造性を高めるのは、脳が非線形のシステムであること。そして非線形のシステムにノイズを放り込むと整合性を持ったモノが出力されるからです。

この時の整合性を持ったモノが今回で言うところの「書きだされた文章」です。

詳しくは上記の本を見て欲しいのですが、このブログでも次で少し取り上げています。

「吹き替え映画」を聞き流しながらライティングすると自分でも驚くほどスラスラ書ける時がある。(適度なノイズは創造性を高める)

上記の同著では具体的には「70dB程度のホワイトノイズを聴きながら、創造的な作業をしたところ、最も効率が良かった」という実験結果が出ています。

ホワイトノイズとは?

ホワイトノイズ (White noise)、あるいは白色雑音(はくしょくざつおん)とは、不規則に上下に振動する波のこと。通常、可聴域のホワイトノイズを指すことが多い。フーリエ変換を行い、パワースペクトルにすると、全ての周波数で同じ強度となる。「ホワイト」とは、全ての周波数を含んだ光が白色であることからその表現を借りたものである。

ホワイトノイズ – Wikipedia

70dBとは?

dBとは音の大きさを表す単位で、「dBデシベルの話し 音の大きさ」によると、70dBは「騒々しい事務所の中・騒々しい街頭」のような音の大きさだそうです。

このような音を聴きながら、創造的な作業をした所「最も創造性を発揮できた」のだそうです。

で、話しは戻りますが、今回音楽を聴きながら、ライティングをしたら、私のとってはスラスラというスピードで、しかも質の良い文章がかけたと感じています。

これは音楽というノイズを聴いたことで、創造性が高まったからかもしれません。

それともう1つ。

音楽は脳にエネルギーを与えることもできる、ようなのです。

モーツァルト音楽を徹底的に研究したアルフレッド・トマティス博士は「音は内耳の蝸牛管でエネルギーに変換され、脳の直接供給される」と主張しています。(参考:モーツァルト療法

特に2万ヘルツを越す高音域の音がエネルギーが高いのだそうです。

これは蝸牛管の「音をエネルギーに変換する細胞」が“高音域の方が多い”からなのだそうです。

例えば、1,000Hzに対応する蝸牛管の中の細胞数が100個だったとすれば、10,000Hzに対応する細胞数は1万個ある、といった具合です。(これは例えです。)

私は結構クラシックが好きで、さっきは、ショパンの音楽をYouTubeで聴いていました。

具体的にはこれです。


Amazon「ショパン」検索結果ページ。これと同じCDを探しましたが日本のAmazonでは見つけられませんでした。)

ショパンはピアノの曲が多いのですが、調べてみるとピアノの音色の周波数はそれほど高くはありません。ですから、蝸牛管で音エネルギーが変換されて、脳にエネルギー供給されたのではないかもしれません。

ただし、テンションが上がったのは事実です。

そこでもう1つ考えられるのが、「“集中力”を10年以上研究してきたルーシー・ジョー・パラディーノの言葉」です。

この人は著書「最強の集中術」の中で、「集中力が上がらい時は音楽を聞くと良い」と言っています。

一般的に「ながら作業は悪い」という主張は多いですが、同著では「集中力が上がらない場合にはながら作業は“あり”」としています。

つまり今回の私のように音楽を聴きながらの“ながら作業”をすれば、集中力を上げられる、ということです。(集中力が上がらなくて困っている場合)

今回、これが効いたのかもしれません。

というのも、今日は天気もそれほどよくなく、もしかして低気圧が来ていたせいか、それほどテンションが上がりませんでした。眠くなるし、やる気もそれほど出てこない。当然集中力は上がらない。

そんな状況です。

それで自分の次の記事を思いだし、

「吹き替え映画」を聞き流しながらライティングすると自分でも驚くほどスラスラ書ける時がある。(適度なノイズは創造性を高める)

「そうだ、音楽を聴きながらライティングしてみても良いかもしれない」と思ってやってみることにしたのです。

そしたらみるみるテンションが上がり、やる気もむくむくと湧いてきて、書くことに集中できるようになりました。

まとめると、音楽を聴きながらライティングすると次の3つの効果を望める可能性があります。

  • ノイズ効果で創造性が高まる
  • 高音域の音の場合、脳にエネルギーを供給できる
  • 集中力が上がる

今回の私の場合は、このうちの2つ。

  • 創造性が高まってスラスラと書けた
  • 眠くてやる気が出なかったが、テンションが上がって集中して書くことができた

これらの効果を感じました。

ですから、ライティングに「音楽」は結構使えるかもしれません。

ではでは。

メモ)

ちなみにこの記事は約2000文字。作業時間は40分くらいです。もっともっとライティングスピードを上げたいです。

「夜眠れない」「朝起きれない」、という人のための【厳選】睡眠改善グッズ。

  • 夜うまく寝つけない
  • 朝起きれない
  • 朝スッキリしない

という人のための「睡眠改善グッズ」を厳選しました。

以下に紹介します。

“普通じゃない”3タイプ目覚まし時計

mezamashidokei

1.“爆音”目覚まし時計

普通の目覚まし時計では二度寝してしまう・・。

という場合は、「爆音目覚まし時計」はどうでしょう?


PYXIS (ピクシス) 目覚し時計 スーパーライデン 大音量 NR401K

レビューによると音量は「小」「中」「大」と3段階に調節できるようです。中でも最大レベルの「大」では非常ベル並の大音量だとか。「大音量でビックリして起きてしまう」そうです。

値段も4,008円とお手頃です。

2.“振動”目覚まし時計

音で目覚めるのは苦手、という場合は「振動」という手があります。

携帯でも音を消してバイブのみにしている人もいると思いますが、これはその時計バージョンですね。


強力!振動式目覚まし時計 ソニックシェーカー☆ トラベルポーチ& 電池&説明書・保証付き

レビューによると、かなりの方がこの「振動」で起きることができています。

モードは次の3つがあります。

  1. バイブモード(音なし)
  2. アラーム音(振動なし)
  3. 振動とアラーム音

なので、「振動のみ」や「音のみ」、「振動と音」と、色々なパターンで目覚めることができます。

3.「光」で起こしてくれる目覚まし時計

「太陽と共に目覚め、太陽と共に眠る」と、誰かが言っていましたが、これはそれを実現する時計です。


ブライトアップ・クロック ブラック

「冬季うつ」の原因は日照時間の減少によるもの、という情報がありますし、ある芸能人は日照時間の少ないロンドンで長期間生活していたところ、「気が狂いそうになった」と言っていました。

それくらい人間にとって「太陽の光」 は大切なようです。

このブライトアップ・クロックは目覚ましを設定しておくと、アラームが鳴る少し前に「光を瞬間的に照射」して、目覚めをスムーズにしてくれる「プリウェイク機能」が搭載されています。これによって、実際に起きる前に「体が起きる準備を整える」ことができます。

そしてアラーム時刻になると、「高照度の光」と「音」で起こしてくれます。

またこの時の光は限りなく太陽に近くなるように設計されています。(太陽に近いスペクトラム:演色性Ra93、朝日のような色合い:色温度7500K、高照度:2500~7000ルクス)

※気になる紫外線はカットされています。

あまり日の光を浴びる機会が無い、自然とスッキリ起きたい、という場合は良いと思いました。

就寝前に心や神経を落ち着けてくれる「リラクゼーションCD」

music-104602_640

起きる時の環境を整えることも大切ですが、寝る前に「スムーズに寝れる心身の状態を作っておく」ことも大切です。

次から寝る前に聞くと良いリラクゼーションCDをいくつか紹介します。

自律神経のバランスを図るために作られたCD


自律神経にやさしい音楽

専門医監修のもと「自律神経のバランスを図る」ために作れれたCD。

1曲ごとにMP3形式でダウンロード購入することもできます。

レビュー数が231件と半端ないです。また、ベストセラーになっています。

「不眠の悩み」を解消するためだけに作られたCD


究極の眠れるCD

複数の専門分野の先生、音楽制作者の監修・協力のもと「不眠の悩み」を解消するために作れたCD。

MP3形式でも購入できます。

「不眠を解消するためだけに作られた」という所が凄いです。

この制作チームではモニター参加者も募って、その方たちに、このCDを聞いた時の眠りの状況についてアンケートもとっています。

(以下、Amazonページより)

nemuri_anke-to

これによると、85%以上が「よく眠れた」と解答し、さらに半数以上が「目覚めも良かった」というモニター結果になっています。

モーツァルト療法のCD


モーツァルト療法 ~音の最先端セラピー ~3.癒しのモーツァルト ~耳と脳の休息の音楽 ~

モーツァルト音楽を徹底的に研究したアルフレッド・トマティス博士は「あらゆる音楽を検証したが、モーツァルトだけが別格だ」と言います。また色々な楽曲を様々な民族の人達に聴かせてみたところ、「モーツァルトの音楽だけが共通して好まれた」そうです。

研究によるとモーツァルト音楽は高音域の倍音が多数含まれていて、その音は耳の中(内耳)の「蝸牛管(かぎゅうかん)」という場所を特に刺激するのだそうです。

そしてトマティス博士によると、この蝸牛管は「音を(脳にとっての)エネルギーに変換する器官」なのだそうです。

つまり、モーツァルトのような高音域の倍音を含む音を聴くと「脳に直接エネルギーを注ぎ込める」ようなのです。

実際、このモーツァルト音楽の癒やし効果を扱った「モーツァルト療法」という書籍を執筆した篠原佳年さんは、トマティス博士が開発した特殊な音源を聴いた所、「元気がモリモリ湧いてきた」そうです。

このCDはその篠原佳年さんが監修しています。

「慢性疲労症候群」解消するためのサブリミナルCD


サブリミナル効果による 慢性疲労解消

サブリミナル効果によって、慢性疲労症候群を解消するためのCDです。

サブリミナル効果とは、人間には認識できない(見えない、聞こえない)メッセージを音楽や動画の中に挿入して、それを視聴した人間の深層意識に「実はそのメッセージが伝わっている」というモノです。

このサブリミナル効果は「ある」「いや、無い」ということが言われているようですが、脳の研究をしている池谷裕二さんの著書「海馬」の中では、「普通にサブリナル効果を利用した実験」が行われています。

つまり、サブリミナル効果は実際にある、ようです。

このCDでは楽曲の中に「慢性疲労症候群を解消するためのサブリナル音声」が挿入されています。

「神経疲労」を解消するためのサブリミナルCD


サブリミナル効果による 神経疲労解消

同じようにサブリミナル効果を利用して、神経疲労を解消するためのCDです。

このCDでは楽曲の中に「神経疲労を解消するためのサブリミナル音声」が挿入されています。

寝る前に音楽を聴くためのCDラジオ


SONY CDラジオ ZS-E20CP

最後に寝る前にこれらの音楽を聴くためのCDラジオの紹介。

もし手元にCDプレーヤーが無い場合は、これがお手頃価格で良いかもしれません(確認した時点で5,162円)。

またAmazon内でベストセラーになっていました。

サイズなども次のようにコンパクトです。

  • 寸法:36.8 x 11.2 x 19.3 cm
  • 重量:1.8 Kg

心と体を「睡眠に適した状態」にしてくれるアロマ

aroma

「嗅覚」は人間のより本能に近い部分に位置しているらしく、人間は「臭いには逆らえない」という特性があるようです。

つまり、「臭いで睡眠にアプローチする」ことは、かなり有効かもしれません。

(余談ですが、アロマを徹底的に研究して結婚相手をゲットした方を知っています。「臭いで落とした」というようなニュアンスのことをその方は言っていました。それくらい「臭い」は本能を刺激するようです。ただ、私が聞いた時点では、結婚相手をゲットしたら、何か物足りなくなってしまって、燃え尽き症候群のようになってしまったそうです^^;)

「臭いに本能は逆らえない」ということを題材にした映画に「パフューム ある人殺しの物語」があります。

そこそこ猟奇的な内容なので閲覧注意ではありますが、コミカルなタッチで描かれているので、それほど深刻なダメージは、少なくとも私は受けませんでした。これを見ると「これほどの臭いに人間は逆らえないのか!!」とショックを受けます。

(余談終わり)

眠りにつきたい時のアロマレシピ」では、睡眠に効くアロマとして次を挙げています。

  • ラベンダー
  • カモミール
  • ネロリ
  • サンダルウッド
  • オレンジ

それぞれ紹介します。

ラベンダー:心地よい眠りに誘う


GAIA エッセンシャルオイル ラベンダー・トゥルー 5ml

ラベンダーには「鎮静、鎮痙、消炎、鎮痛、生体リズム調整」という作用があり、これによって「心地よい眠りに誘う」ことができるようです。

  • 怒りを和らる
  • 疲労を回復させる
  • 中枢神経のバランスをとる
  • 躁鬱的な状態の時に効果を発揮する

などの特徴があります。

香りは「フローラルでやさしい香り」です。

参考:ラベンダー Lavender

カモミール(カモマイル):ストレスを和らげる


カモマイル・ローマン精油

カモミール(カモマイル)は「鎮静、緩和、鎮痙、抗アレルギー」の作用があり、これによって「ストレスを和らげる」ことができるようです。

  • 不安
  • 緊張
  • 恐怖

これらを和らげる非常に強力な緩和力があるそうです。

香りは「青りんごのようなほのかに甘い香り」です。

参考:カモミル(ローマン) Roman camomile

ネロリ:心を穏やかにし、安眠を誘う


生活の木 チュニジア産 ネロリ エッセンシャルオイル 1ml

ネロリは「緩和、高揚、鎮痙、細胞修復」の作用があり、これによって「心落ち着かせ、安眠を誘う」ことができるようです。

  • 催眠性があり幸福感をもたらす
  • 不安症、抑うつ症を軽快させる
  • ストレスの減少
  • 気分を沈め、平和な感情を浸透させる

などの特徴があります。

香りは「甘く優しくて、上品な女性的な香り」がします。

参考:ネロリ(オレンジ花) Neroli

サンダルウッド:緊張を和らげる


GAIA エッセンシャルオイル サンダルウッド3mL

サンダルウッドには「鎮静、強壮、収れん、催淫」の作用があり、これによって「緊張を和らげる」ことができるようです。

  • かなりのリラックス効果
  • 神経の緊張と不安を和らげる
  • 過去との結びつきを断つ

などの特徴があります。

香りは「セクシーで甘いオリエンタル調の香り」がします。

参考:サンダルウッド Sandalwood

オレンジ:不安や緊張をほぐす


GAIA エッセンシャルオイル オレンジ・スイート5ml

オレンジには「緩和、消化器系機能調整、抗菌」の作用があり、これによって「不安や緊張をほぐす」ことができるようです。

  • 気分を明るくする
  • 緊張とストレスを洗い流す
  • 建設的な考え方を取り戻す

などの特徴があります。

香りは「甘くフルーティーな柑橘系の香り」がします。

参考:オレンジ Orange

アロマを焚く道具:アロマディフューザー


middle colors(ミドルカラーズ) アロマディフューザー ホワイト MD-AM906(WH)

最後にアロマを焚く道具「アロマディフューザー」を紹介します。

Amazonでベストセラー1位になっていました。価格も4,350円とお手頃。

直径110mmと男性であれば手のひらに乗るサイズなので場所を取りません。本体重量は200g。

「良い眠り」ができるように、脳や体を整えてくれるサプリメント

sapuri

睡眠には様々な物質が関与しています。

ここでは、その中でも特に注目されている「トリプファン」「グリシン」のサプリメントを紹介します。

「眠り」「普段の生活」に良い効果をもたらす「トリプトファン」


国産原料、国内生産のL-トリプトファン (120粒、1ヶ月分)

メラトニンは脳の松果体から分泌され、次のような作用があります。

  • 眠りに誘う
  • 細胞の新陳代謝を促す
  • 疲れをとる

このため、「睡眠時にメラトニンが十分に分泌されることが大切」と言われています。

(参考:体内時計と睡眠のしくみ | 体内時計を調節するホルモン、メラトニン | 体内時計.jp

メラトニンが十分に分泌されていたり、その原材料が体の中にたっぷりある場合は質の良い睡眠をとることができるようですが、場合によっては、この「メラトニンの原材料」が体内にあまり無いことで質の良い睡眠が得られないことがあるようです。

「じゃあ、メラトニンの原材料をサプリメントで摂取しちゃおうよ!」ということで、「トリプトファン」のサプリメントが多くの方に好まれています。

「メラトニンが欲しいのに、なぜトリプトファンのサプリ?」

なのですが、これを理解するためには、次のような「メラトニンが作られるまでの工程」を知る必要があります。

メラトニンは次の流れで作られます。

  1. トリプトファンを摂取する
  2. トリプトファンからセロトニンが作られる
  3. セロトニンからメラトニンが作られる

つまり、トリプトファンはメラトニンの原材料であるセロトニンの、さらなる原材料、ということです。

なので、トリプトファンを取れば、メラトニンを睡眠時に十分に分泌できる、と考えられています。

セロトニン研究の第一人者の有田秀穂さんは、著書「セロトニン生活のすすめ」の中で、セロトニン神経(セロトニンを分泌する脳神経)が活性化すると、次のような効果があると書いています。

  • キレイで若々しくなる
  • 夜はぐっすり、朝はスッキリ目覚める
  • 朝からできる人になる
  • 冷え性とオサラバできる
  • 生理痛が楽になる
  • 偏頭痛がやわらぐ
  • イライラ・ドキドキに動じなくなる
  • ストレス食いしなくなる
  • 欲しがらないココロになる
  • スッキリ快腸になる

そのセロトニンの原材料がトリプトファンですから、睡眠の改善以外にも、上記のような効果が望めるかもしれません。

睡眠の質を高める「グリシン」


国産原料、国内生産のグリシン1kg 【3gぴったり計量スプーン付き】

研究によるとアミノ酸である「グリシン」は「睡眠の質を高める」ことがわかっています。

味の素のサイトにはグリシンには次のような効果があると書かれています。

  • 睡眠リズムを整える
  • 深い睡眠を得られる
  • スッキリと目覚められる
  • 日中の作業効率が上がる
  • 集中力の向上
  • ストレスの軽減
  • 睡眠の質の改善

かなり素晴らしい効果ばかりです。

以下の味の素のサイトで、グリシンの効果がデータと共に挙げられています。

アミノ酸“グリシン”が睡眠の質を高めます | 睡眠に関するお悩み | 味の素KK あなたの悩みを解決!「いきいき健康研究所」

(「Yamadera,W.et al., Sleep and Biological Rhythms 5 (2). 126-131 (2007)」という論文を元にグリシンの詳しいデータが示されています。)

。。。

以上、睡眠を改善するグッズ達でした。

お役に立てれば幸いです。

ではでは^^/

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示