1. Top
  2. » 食事

X-POWER食事法(同化テクニック)まとめメモ

Mr.X、あるいは仙人さんが公開している「X-POWER」という教材の食事方法(同化テクニック)をまとめてメモしておきます。

参考記事

少年のような健康体を取り戻してそれを維持したい!

最近、筋トレや栄養学などに興味をもちはじめ、どうやって青少年?のような健康体を創ってそれを維持できるか?とずっと考えたり、筋トレや瞑想その他のエクササイズなどを行なって試行錯誤していたのですが、ひょんなことから、以前にMr.X(仙人さん)が公開していた、X-POWERという商材の存在を思いだしました。

これは月額5千円くらいで参加できて初月が無料なのですが、私は初月だけ視聴して(主に音声教材)退会しました。なぜなら、音声のボリュームがありすぎて、当時の私にとっては消化できない料だったからです。あとは、当時はお金が足りなかった(笑)

そんなわけで、その商材の中で語られていた「同化テクニック」がもしかしたら、「食事」に関してのかなりの健康法なのではないか?と思ったからです。

少食(1日1食)、断糖食は上手くいかなかった

私自身は今まで断糖食、1日1食などを試して来ていましたが、どれも色々な不具合がでて、断念してきました。

参考記事)

原始人食は少ししか試していないが、今のところ微妙

また、最近「原始人食」というのを発見して、それも少しだけ試してみたのですが(あくまで少しだけ試してみた感想ですのでそんなに参考にならないかもしれません)、あまりピンときませんでした。

具体的には、

  • 野菜を食べた後の寝起きがかなり悪くなった
  • 肉体労働で結構ダルかった

などの実体験がありました。

「原始人食」に関しては次の本を参考にしました。

「同化テクニック」なる食事法

と、前置きが長くなってしまったのですが、上記のように色々な食事法を試してみたは来たのですが、今ひとつ「これだ!!!」というのがなかったので、人体実験好きの(自分の体を使っての)私としたは、何か新しい方法が無いかな?あればそれを試して(自分の体で人体実験して)みたいなっ。と思っていたわけです。

で、Mr.X(仙人さん)が公開しているX-POWERの中の「同化テクニック」のことを思いだしました。

それで、初月分(1話目)の音声はPCに入っているはいるのですが、それを聴き返すのがめんどくさかったのでネット上に公開されている「同化テクニックの基本的なこと」をこの記事でまとめたいと思います。

同化テクニックまとめ(おそらく基本)

次のようになります。

  • 食間は5時間空ける
  • 食事中は水を飲まない(消化を妨げるため。胃液が薄まる)
  • 主食は1食1つとする(主食=ご飯、イモ、パン、麺)
  • おかずは混ぜてOK(おかず=肉、野菜、油)
  • 24時間以内に同じモノは食べない
  • 細胞に必要な栄養素は1週間単位でバランスをとればOK(1日で無理してバランスをとる必要はない)

こんな感じです。そこそこシンプルでやりやすそうなので、この食事法を少し試してみようと思います。

ではでは!

五感に入る情報を遮断すると、ご飯(食事・料理)が3倍以上は美味しくなる。

最近気づいたことがあります。

ある方法を実践することで、いつも食べていた食事(朝飯・昼飯・夕飯)が3倍以上も美味しくなるということを。

いきなり結論を言いますが、「情報を遮断すればするほど、食事が美味しくなる」ことに気づきました。

テレビを消すと、ご飯が美味くなる

例えば、一人暮らしですと、夕飯を食べる時はテレビをつけていることが多いと思います。1人って寂しいですしね。

私はある時、このテレビを消して、静かな中で1人食事を摂ってみました。

そしたら物凄く美味しかったです。

今度試しにやってみてください。

全然違いますよ!

これは、テレビをつけながら食事をすると、意識(脳のエネルギーの一部とでも言いますか)が、テレビに分散されます。100あるエネルギーの内の例えば50パーセントがテレビ、残りの50パーセントが食事(味覚・嗅覚・触覚)ということになります。

この状態では、食物の味や臭いなどに完全に集中することができません。全神経を食事に集中させることができません。

なので、テレビを見ながらの食事ですと、完全に「食」に集中できないため、料理の繊細な味、香り、舌触り、を感じることができなくなると思います。というか、私自身はそう体験&確信しています。

そのため、テレビを消して食事をすると、いつもにも増して料理が美味しくなる、ということになります(という経験をしました)。

モグモグする時、目を閉じても美味しくなる

そして今度は食物を口に入れたら、目を閉じてみてください。

これもまた、視覚を遮断することで、より味覚、触覚、嗅覚に集中しやすくなります。

人間は視覚から90%以上の情報を吸収していると言われていますから、その視覚を遮断してみると、そこに割いていたエネルギーの全てが残りの五感に流れ込むことになります。

そうすることで、より料理が美味しくなります。未知の味さえ出てくるかも知れません(笑)。

テーブルの上の余計なモノを全て片付けると美味しくなる

そしてまた今度は、料理を載せるテーブルの上を綺麗さっぱり片付けてみてください。

私自身がそうだったのですが、普段は料理を載せるテーブルの上に、

  • テレビのリモコン
  • ノート
  • ボールペン
  • 炊飯器
  • パソコン

などが乗っかっているのですが、

ある時、これら全てを綺麗さっぱり片付けて、まっさらな状態で食事をしてみました(この時テレビも消しました)。

そしたら、料理ってこんなにも美味しかったのか!!と思うほど美味しかったです。

これは目に入る(視覚)情報のほとんどが料理だけになったため、それまで、パソコンやテレビのリモコンに割いていた注意力の全てが、料理に集中されたためだと思います。

いま目の前にある料理に完全に集中できたので、今まで感じることができなかった、料理の繊細な部分、ダイナミックな部分が感じることができたのだと思います。

これもぜひ、試してみてください。全然違うはずです。

テレビを見ながらの飲酒はペース配分を間違える、という話

酒を飲む時に人と話していたり、テレビを見たりしていると「酒を飲むペースが速くなる(多く飲んでしまう)」という話があります。

これは、意識が他の部分に行ってしまうため、「どれくらい酒を飲んだか」「今、自分がどれくらい酔っ払ってるか」「あとどれくらい飲めるか」が、自分自身でわからなくなる、からだと思います。

余計な情報を遮断するとご飯(料理・食事)が3倍は美味しくなる

次のような余計な情報がある中、

  • テーブルが散らかっていたり
  • テレビを付けていたり
  • 考え事をしたり

そんな状態で食事をすると、それらに意識(五感)のエネルギーが割かれるため、「その食事の本当の味」を味わえなくなるのだと思います。

そんな時、そこに割いていた意識(五感)を遮断すると、

それまで感じることのできなかった、「本当の料理の味(美味しさ)」を感じることができると、私自身は実感しています。

その味の変化は「今までの3倍以上は美味しい」と感じるくらいです。

もしよければ、ぜひ試してみてください。

ではでは!

昼食後も眠くならないでガンガン仕事するためには「食前に水を約コップ2杯飲む」「腹八分目」「ゆっくり食べる」と良いようだ。

順天堂大学医学部教授、小林弘幸さんの著書「なぜ、「これ」は健康にいいのか?」の中に「昼食後も眠くならずにガンガンに仕事をするコツ」として次の3つが挙げられています。

  • 食前に300~500cc程度の水を飲む(だいたいコップ2杯。私のコップで計った所、コップ1杯で200ccでした。なので、約コップ2杯としました。)
  • 食べる量は腹八分目にとどめる
  • ゆっくりと食べる

小林さんによると、食後に急激に眠くなるのは「急激に副交感神経が働くから」なのだそうです。

つまり、食後に眠くならないためには、「副交感神経がゆるやかに働くようにする」と良いそうです。

仕事中は交感神経が優位になっています。逆に食べたモノを消化する時には副交換神経が優位になります。腹ペコの状態から一気にガツガツ大量の昼食を食べると、急激に消化しなければなりません。この時、今まで交感神経優位だったのが、急激に副交感神経に切り替わります。これが眠気の正体なのだそうです。

その副交感神経の急活性を「食前にコップ2杯程度の水を飲む」「腹八分目」「ゆっくり食べる」ことで、抑えられるそうです。

1つずつ見ていきます。

食前にコップ2杯程度の水を飲む

小林さんは食前に300~500ccの水を飲むことをオススメしています。

(私のコップで計った所、コップ1杯で約200ccでした。ですので目安として「約コップ2杯」にしました。)

水を飲むとそれが口→食道→胃を通って小腸に届きます。この時「胃結腸反射」が起こって腸が働き出し、副交感神経が働き出すのだそうです。

つまり、食後に急激に副交感神経が働き出す”前”に、水を飲んで副交感神経のあらかじめ動かしておく(アイドリングしておく)、と良いようです。これをすることで急激に副交感神経が働くことがなくなって、同時に眠気も起こりにくくなるそうです。

食べる量は腹八分目にとどめる

大量に食べると、大量に食べた分だけ消化しなければなりません。

この時、副交感神経が働きます。また、消化吸収するためには、胃や腸に血液が集中します。すると当然、脳への血流量は減少します。つまり、午後の仕事で頭が働かなくなります。

これを防ぐためには「腹八分目」に抑えることが良いようです。

ゆっくりと食べる

食物を消化吸収する時には副交感神経が働きます。

ただし、食事の時には「交感神経」が働いているのだそうです。

つまり、昼食をガツガツ一気に食べると、急激に交感神経が活性化します。食後に眠くなるのは、この急激に交感神経が高まったことの「反動(リバウンド)」なのだそうです。

つまり、次のような流れです。

  1. いっき食いによる交感神経の急激な活性化
  2. 反動で副交感神経が急激に活性化
  3. 眠くなる

このような流れを阻止するために「ゆっくり食べる」と良いそうです。

ゆっくり食べることで、「交感神経もゆっくりと活性化」します。するとその反動の「副交感神経もゆっくりと活性化」します。

すると「眠くならない」そうです。

。。。

このような3つのポイント「食前に約コップ2杯の水を飲む」「腹八分目」「ゆっくり食べる」を実践すると、「食後の眠気を抑えて、午後の仕事もガンガンにできる」そうです。

小林さんは、この本の中で「どんなに退屈な会議でも寝たことが無い」と言っています。

ですから、参考になると思います。

私も昼食後に仕事の能率が下がるのが嫌で、最近1日1食生活をしていたのですが、どうも、調子が良くありませんでした。おそらく昼食をとらないことで、交感神経が上がりっぱなしなんだと思います。ある意味で仕事ははかどるのですが、どうも反動があるように思います。夕食直前あたりになると「かなり弱った状態」になります。おそらく交感神経の働き過ぎで、不具合が出ているのだと予想しています。

それで、このような不調を改善するためには、どうしたら良いか?あぁ、そういえば、小林さんの著書に「昼食後も眠くならない方法」が書いてあったな、と思い出したので記事にしました。

今日はこの方法で昼食を食べて、午後の仕事に備えたいと思います。

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示