1. Top
  2. » Facebook

1日1食を実践する人達のブログやFacebook、YouTubeまとめ

1日1食を推奨している船瀬俊介さんの本を参考に、実際に1日1食を実践している方たちのブログやTwitter、Facebookなどをまとめました。

1日1食を試してみたい場合や、実際に実践した場合にどうなるのか?などのリアルな情報を得られるかもしれません。

参考書籍)

この記事を書いた理由

1日1食は過去失敗したが、また挑戦したくなってきた。

過去、1日1食を試したことは3回位あるのですが、どれも失敗に終わっています。低血糖状態を回復させるためなのかアドレナリンが猛烈に出てヤクザの鉄砲玉のようになったこともありますし、

参考記事)

体に良いとされる「1日1食」をやってみたリアルな感想(場合によっては死ぬ可能性あり)

痩せて調子が悪くなったこともあります(1日1食実験は毎回数週間から数ヶ月行いました)。

・・なのですが、最近また「1日1食に挑戦してみよう」と思うようになってきました。

食後の眠気を1日1食で解消したい

最近は「白米よく食べる実験」をしてるのですが、食後の眠気をどうにかしたいと思うようになりました。

1日1食にすれば、少なくとも食後の眠気に関しては1日の内に1回しか来ないので、効率的に様々な活動ができるかもしれない、と思いました。

それで、実践者達の声が聞きたいと。

1日1食で頭が冴えた状態を維持したい

最近1日2食~3食食べているのですが、頭が全然冴えません。

これはもう本当に、俺ってこんなに頭悪かったんだっけか?と思うほどに頭が冴えないというか悪くなっているように感じます。また、少し鬱っぽいとさえ感じています。最近は。その原因がもしかしたら食べ過ぎ(1日2食~3食)にあるのかもしれない、と思うようになりました。

それで船瀬さんの本の中に「1日1食にすると頭が冴え渡る」と書いてあったのを思い出して、またしても1日1食をやってみたくなりました。

実際過去1日1食を試した時は少なくとも最初のうちはかなりの頭の冴えがありましたなので他の人はどうなのか?と思いました。

肉体労働者でも1日1食はありなのか?を知りたい。

また、私は現在、肉体労働をしているのですが、そのような状況でも1日1食はありなのか?などが知りたかったからです。

。。。

という理由で、実際に1日1食を実践している方たちの体験談や感想などを知りたいと思うようになりました。

1日1食を実践する人達のブログやFacebook、YouTubeまとめ

船瀬さんの本に登場している1日1食実践者達の中で、自分の媒体(ブログ、Twitter、Facebook、YouTubeなど)を持っている方たちを以下に紹介します。

(見つけられた媒体のみを載せています。)

1日1食を実践している有名人

ちょっとその前に、1日1食を実践してる有名人を一覧で紹介します(ブログなどがあった場合はリンクしてあります)。

船瀬俊介さん(ジャーナリスト、評論家)

まずは「1日1食」を激しく推奨している本家本元の船瀬俊介さんです。

廣岡雅裕さん(極真空手の師範代)

この方は極真空手の師範代のようですが、最近では健康系のコンテンツをYouTubeなどで配信しているようです。

田中裕規さん(ボディビルダー)

ボディービルダーでも1日1食で大丈夫だとすれば、大変興味深いです。

峰 真吾(会社員)

春田 丈夫(会社員)

菊永恵妃(ローフード指導士、ファスティングトレーナー)

この方は断食(ファスティング)で、腫瘍をかなり小さくしています(自力で)。個人的に興味深かったので動画を貼っておきます。

以下は、リンク切れ用です。(動画以外は見つかりませんでした。)

。。。

と、「1日1食」の参考情報をまとめておくためにこの記事を書いたんですが、最後に見つけた菊永恵妃さんの動画を見ていたら、またしてもかなり1日1食をやってみたくなりました。(その動画を流し聞きしながらこの記事を書いていたら、すっかりテンション上がってしまいました 笑)

この記事は今昼の12時頃に書いているのですが、さっそく昼食を抜いてます(笑)。また実践してみようと思います。

ではでは!

許可したFacebookアプリを解除する方法

何らかの理由で「許可したFacebookアプリを解除したい」ことがあると思います。

そんな時は以下のページにアクセスして、削除したいアプリ横の「×」を押せば、連携を解除できます。Facebookにログインした状態でアクセスします。)

アプリ設定ページ
https://www.facebook.com/settings/?tab=applications

上記ページにアクセスして、次のように「×」をクリックすれば解除できます。

image

Facebook管理画面から上記ページを見つける方法

もしくは、Facebook管理画面、上部メニュー右端の「▼」をクリックして表示されるメニューの「設定」をクリック。

facebook_settei

移動した画面左側メニューにある「アプリ」をクリックしても同じページにたどり着きます。

facebook_apuri

ではではっ。

オネエ系キャラから出会い系勧誘メッセージが来ました(Facebook)

プロフィール写真「女性」、
性別「男性」、
恋愛対象「男性」、

Facebookユーザーから、「出会い系勧誘」メッセージが来ました。

(ややこしいな、おい 笑)

やっぱり、今までの出会い系業者のように、

「このSNS辞めるんで、このアドレスに連絡ください」

っていう内容でした。

女性系だとしても、オネエ系だとしても、
勧誘方法は同じなんですね。

面白かったのは、

このメッセージをくれたFacebookユーザーが、
「柴田」という苗字の方と、片っ端から友達になっている、

ということです。


最初に友達申請を受けた時、

その人(友達申請をしてきた、オネエ系設定Facebookユーザー。あぁ、めんどくさい)の友だち一覧を見てました。

そうしたら、やたらと、というか全て「柴田」という苗字がつく、ユーザーと友だちになってました。

この時は「??」って思っていたんですが、

さっきの「退会するからメール頂戴」メッセージで、
その謎が解けました。

そのメッセージの中に「柴田さん」という呼びかけがあるんです。

業者さんは、効率よく勧誘するために、
「柴田」という苗字のFacebookユーザーだけに友達申請をし、

そして、友達になって(あくまでFacebook内だけだけど)

その人達に「柴田さん」と呼びかけて、
(つまりコピペでメッセージが送れる)

メッセージを送信したんだと思います。


こうすることで、送るメッセージはコピー&ペーストで、
できるので、手間が大幅に省けます。

考えてますねぇ。

個人的に期待してた「オネエ設定キャラ」ならではの、
「出会い系の勧誘」は無かったので、少し残念でした。

なんて、分析&報告記事でした。

酔っ払ってるから、キーボードが走る走る(笑)

Facebookに出入りしている「出会い系業者」もオネエ戦略を取り入れだした?(あくまでも予想です)

私は基本、SNSは苦手なので、参加はしてはいるけれど、Facebookも放置状態なんですが、

「出会い系の業者さん」と思われる女性(のプロフィールの人)から、結構友達申請が来ます。

最初の内は浮かれながら、承認してたんですが、「あっ、これは業者かもしれない」ということがわかり、それでも、めんどくさいので(何が?)、友達申請されたら無感情に、承認してました。

そうすると、ドンドン業者と思わしき人(プロフィールが女性)から友達申請が来だしたので、さすがにめんどくさくなり、

そういう方達は、友達の承認をすることをずっと、保留(放置、というかほっておいた)してました。

そしたら、どうなったと思いますか?

プロフィールの写真は女性だけど、よくよくプロフィールを見てみると、「性別は男」で、「恋愛対象も男」っていう人から、友達申請が来るようになりました(笑)

「なるほど、女性からの友達申請を放置してたから、俺はデラックス・マングローブ系の人間だと思われたんだな」

そう思いましたよ(笑)

(いや、自分の思い違いかもしれないけど、いやそれでも、おかしいなと、どう考えてもおかしいなと)

ちなみに、今日も来てましたよ。

メチャクチャ可愛いプロフィール写真で、「性別:男」「恋愛対象:男」っていう人から友達申請が。

もう、めんどくさくなったんで、

・女性からの友達申請も
・女性に見せかけて、デラックス・グローブ系の友達申請も

全部、承認してやったわさ。


どうだ、このやろう。

そっち(業者さん側、あくまでも予想だけど)の承認データだけを見ると、

「ん?この人、両方いけるの?」

って混乱させてやったぜっ。

という意味不明な達成感があったんですが。

Facebookも色んな業者さんが、入っているようですね。
あくまでも、予想ですけど。

今まで色んなSNSに参加してきましたが、

プロフィールの写真が女性で、でも性別は男で、さらに恋愛対象も男っていう人は、本当に初めて見ました。


時代なんだなぁ、って思いました。

マツコ・デラックス、ミッツ・マングローブ、流木・・じゃなくて、あぁ出てこない、あの人のように、

「性」の境界線んというか、定義が変わってくる時代なんだなぁ、って思いました。

俺が承認した、そっち系のプロフィールの人達が、どういうアクションを起こしてくるのが今後が楽しみです。

同じような、経験をもしあなたがしてるなら、

大丈夫ですよ、あなただけではないです^^

では、また♪

FC2ブログの自分の記事を読んだ人が「いいねボタン」を押したら、その人のFacebook友達全員に、「いいねを押したブログ記事」をお知らせできる、「特性いいねボタン」を設置する方法

FC2ブログに標準で装備されている、「いいねボタン」はある意味、ちょっと不便というか、かなりソーシャルな機能を殺してしまっています。

どういうことかというと、あなたのブログを見に来た人が、記事を気に入って、「いいねボタン」を押した時、それが表示されるのは、その「いいねボタンを押した人のFacebook画面だけ」になります。

つまり、その人が「いいねっ」って大声で叫んでいるのに、その人以外には、そのことが伝わりません。


これは不便だと思います。

でも、ある設定をすれば、その「いいねっ」という雄叫びが、「そのボタンを押した人の友達全員に知らせる」ことができます。

今回はその方法を紹介します。

その設定のことをOGP (Open Graph Protocol)と言います。

正式にこれを自分だけでやる場合は、Facebookに開発者登録しなければなりません。

これは面倒だと思いますので、私の開発者アカウントのIDを使うことで、かなり「簡単にOGP設定済みのいいねボタン」を設置することができます。

ただし、この方法だと、誰かがあなたがのブログで「いいね」を押した時に、ニュースフィードに表示される部分に「シバタスブログ」へのリンクが表示されます。

自分で開発者登録すると、この部分を自分のサイトやブログなどに設定できます。


自分だけでやりたい場合は、「OGP設定方法」などで検索するとヒットすると思いますので、そちらを参考にしてください。

開発者登録や管理画面や、不具合チェックツールなどは、なれるまで少し時間がかかると思いますし、結構めんどくさかったので、今回は簡単な私のIDを使用した方法を紹介します。

手順は次のようになります。

1.HTMLソースの<head>~</head>内にmetaタグを追加する
2.<body>の真下に専用タグを追加する
3.「いいねボタン」を表示させたい場所にタグを追加する
4.最後に変更を保存する

■1.HTMLソースの<head>~</head>内にmetaタグを追加する

FC2ブログ管理画面「テンプレートの設定」画面の「HTMLの編集」部分に移動して、<head>~</head>内に、次のmetaタグを追加します。



■2.<body>の真下に専用タグを追加する

同じく、「HTML編集」部分で、今度は<body>タグの真下に、次のタグを追加します。



■3.「いいねボタン」を表示させたい場所にタグを追加する

同じく、「HTML編集」部分で、「いいねボタン」を表示させたい場所に、次のタグを追加します。



記事本文の真下に表示させたい場合は、<%topentry_body>のすぐ下か、追記を書いている場合は、<%topentry_more>の真下あたりに追加すると良いと思います。

ここらへんは、試行錯誤しながらやってみて下さい。

■4.最後に変更を保存する

最後に「更新」ボタンをクリックして、変更を保存します。

。。。

これで、OGP設定済みのスペシャルな「いいねボタン」が表示できるはずです。

それでは、またっ^^
最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示