1. Top
  2. » GoogleAnalytics

Google Analyticsホーム画面でセッション(アクセス数)が急に表示されなくなった、の解決法。

つい先日、いつものようにGoogle Analyticsの管理画面(ホーム)に入った所、

いつもは表示されているはずのセッション(アクセス数)や平均セッション時間、直帰率、など全て非表示になってただ「-」が表示されているだけでした。

??とは思ったものの、新しい管理画面に移行する時の調整なのかなと思い、放ったらかしていたのですが(いずれは元に戻るだろうと)、今日、見てみても全然治る気配なし。

なので、調べてみたら、どうやら仕様が変わったようで、

「☆にチェックの入っているモノ“だけ”、データを表示する」ようになったようです。(データ=セッション、セッション時間、直帰率、コンバージョン率)

ですので、手っ取り早く元に戻す方法としては、

Google Analytics管理画面ホーム(サイト一覧が表示されている画面)で、「アカウント名(私の場合は自分の名前)横の☆にチェックを入れる」と、全てのサイトのデータがいつものように表示されるようになります。

(アカウント名横の☆にチェックを入れると、全てのサイト横の☆にチェックを入れたことと同じことになるので)


結構とまどいますよね、こういうことあると。

それにしても、アナリティクスの新管理画面まだかなぁ。

ではではっ。

Google Analyticsで「ページ毎の検索キーワード」を調べる方法(2015年版)

通常では解析画面から、全体の検索キーワードはわかるものの、ふと「ページ毎の検索キーワードって調べられないかな?」と思って調べてみたのですが、少なくとも私が見た記事は古くて、参考になりませんでした。

で、

自分なりにGoogle Analyticsを色々といじくってみた所、「ページ毎の検索キーワードを調べる方法」を見つけましたので、ここにメモしておきます。

次の手順で行います。

  1. Google Analytics管理画面にログイン
  2. 左メニューを「行動>サイトコンテンツ>すべてのページ」と進む
  3. 「ページURL」をクリック
  4. 表上部にある「その他」をクリックして、「集客>キーワード」と選択する
  5. するとページ毎の検索キーワードが表示される

1.Google Analytics管理画面にログイン

まずはGoogle Analyticsにログインします。

2.左メニューを「行動>サイトコンテンツ>すべてのページ」と進む

左メニューを「行動>サイトコンテンツ>すべてのページ」と進みます。

スクリーンショット_121715_022518_PM

※「すべてのページ」以外にも、「ディレクトリ、ランディングページ、離脱ページ」など、お好みのモノを選べます。ここではわかりやすくするために、例として「すべてのページ」を選びました。)

3.「ページURL」をクリック

すると、ページ一覧が表示されます。

デフォルトでは「ページURL」がズラーっと表示されていると思いますので、「検索キーワードを知りたいページ」のURLをクリックします(表上部にある「ページタイトル」をクリックすると、ページタイトルで一覧表示することもできます)。

スクリーンショット_121715_023021_PM

4.表上部にある「その他」をクリックして、「集客>キーワード」と選択する

ページが一覧で表示されている“表の上部”にある「その他」をクリックします。

すると、メニューが表示されるので、そこを「集客>キーワード」と進みます。

スクリーンショット_121715_023327_PM

5.するとページ毎の検索キーワードが表示される

そうすると、そのページ毎の検索キーワードが一覧で表示されます。

スクリーンショット_121715_023606_PM

これでオシマイ。お疲れさまでした!

Google Analyticsアレルギーを無料で克服する方法。

Google Analyticsの管理画面。

正直アレルギー反応出ないですか?

私は出ました。もう蕁麻疹(じんましん)が全身に・・。というのは言い過ぎですが、管理画面がわかりにくくて難しく感じて、

「これは俺には無理だな・・。」

と諦めて放置していた時期があります。

そんなGoogle Analyticsアレルギーがいつの間にか消えていた・・。

そんな状態だった私が、最近ではアナリティクスの管理画面をルンッ♪という感じで、ほぼノンストレスで触れてしまっています。

  • 「ここはどうなってるんだろ?」
  • 「なるほどここはこうなってるのか」
  • 「こんな機能があったとはっ」

などと、まるでGoogle Analyticsアドベンチャーを楽しむかのように、管理画面に親しめている自分がいます。

今回は、そんな私がGoogleAnalyticsアレルギーを克服した方法を紹介します。

Ptengineというアクセス解析に触れると、「アクセス解析中毒な体」になる

やり方はいたって簡単。

Ptengine」というアクセス解析を使ってみることです。

このアクセス解析。

死ぬほど使いやすいんです。そして分かりやすい。

そしてそしてさらに、「アクセス解析を見るのが楽しくて癖になってしまう」という状態になってしまいます。

私はこのPtengineを使ってアクセス解析したら、「アクセス解析中毒な体」になってしまいました。

まるで恋愛初期のメールチェック中毒のようにアクセス解析する毎日

一時期なんて、まるで恋人からのメールをチェックするかのように、Ptengineの管理画面に入って、アクセス解析をしていました。

リアルタイム解析もついていて、例えば今現在どこに住んでいる人が何ていうキーワードで検索してきて、どのページを見ているのか?この人は始めての訪問なのか、再訪問なのか。などが手に取るように直感的にわかります。

おかげで私の体は「アクセス解析中毒」になってしまったのです。

Ptengineは月間25,000PVまでは無料。それ以上は有料。

スクリーンショット_051415_074358_AM

Ptengineは月間アクセス数25,000PVまでなら無料でできるのですが、先日ついに、この上限を越えました。月間25,000PV達成です。

これよりさらにアクセス解析するためには有料版に申し込む必要があるのですが(月14,800円~)、個人的にはそこに今は費用はかけたくない、と思いました。

久々にGoogle Analyticsに戻ったら、苦手意識が消えていた。

それで懐かしのGoogle Analyticsに戻ることにしたんです。

アナリティクスの解析タグもずっと貼り付けたままだったので、スムーズにGoogle Analyticsに戻ることができました。

そして気付いたのです。

「あれ?俺Google Analyticsアレルギーを感じてないっ」

以前よりもずっとスムーズに楽しく、ノンストレスでGoogle Analyticsの管理画面を触っている自分がいました。

前は難しくて、自分には無理だなと思っていた管理画面がとてもやさしいモノのように感じてきたのです。

Ptengineを使ったことで解析中毒な体になって、さらに解析することに“慣れた”

おそらくこれはPtengineを使ったことで、「体がアクセス解析を求める=解析することが好き」な状態になったんだと思います。

さらには、サービスは違えど、アクセス解析はアクセス解析ですから、ざっくり言えば機能面は代わりません。つまり「何をどういじれば、どうなるのか」はほとんど同じということになります。

Ptengineの管理画面をいじり倒したおかげで、アクセス解析の管理画面操作が知らず知らずのうちに上達した(慣れた)のだと思います。

そのおかげで、前は難しく感じていたGoogle Analyticsの管理画面も簡単に操作できるようになたのだと思います。

Google Analyticsアレルギーの克服にはPtengineがオススメ。

おかげで私はGoogle Analyticsアレルギーを克服することができました。

今では以前の自分では考えられないくらい、簡単にノンストレスで管理画面をいじくっている自分がいます。

ということで、もしGoogle Analyticsアナリティクスの管理画面に苦手意識を感じていて、「難しいな」と思っているなら、個人的には「Ptengine」を激押しします。月間25000PVまでなら無料で使えます。

ではではっ。

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示