1. Top
  2. » IP電話

IP電話不正アクセスで「250万円も盗られる」可能性があるので、NTTひかり電話の国際電話を停止した。

最近、インターネット回線を利用してIP電話に不正アクセスされ、高額な料金を請求される(払わされる)事件が発生しています。

以下のニュース記事では「250万円もの見に覚えのない通話料を支払う羽目になった」という事例が紹介されています。

総務省でも注意を促しています。

総務省|第三者によるIP電話等の不正利用に関する注意喚起

見に覚えのない通話料だけど「支払わなければならない」らしい。

しかもこれ、「支払わなければならない」のだそうです。

さらにさらに、NTT側は何の保証もしないようですし(今のところ)、「原則支払ってもらう」というスタンスです。

以下、その部分をニュース記事より引用します。

NTT東日本は「当社の設備の故障ではないので原則支払ってもらう」とする。

通信事業者は、第三者が推測しやすいパスワードは設定しない▽国際電話の必要がない場合、利用できないよう設定する??ことなどを呼び掛けている。

IP電話:高額請求被害 不正アクセスされ国際電話 - 毎日新聞

不正アクセスされて身に覚えのない通話料なのに、「原則支払わなければならない」のだそうです。

マジっすか!?

どんな仕組みで不正請求されるのか?

仕組みとしては、まだ良くわかっていないようなのですが、どうやら「電話を受けた側が情報料を“もらえる”仕組み」があるようです。それを利用したものと考えられているようです。

以下、ニュース記事よりその部分の引用です。

国際電話の場合、国内の電話会社が現地の電話会社に接続料を支払うが、電話を受けた側も情報料を受け取れることがあるといい、情報料目的で不正アクセスしている可能性がある。

ただ、不正アクセスの可能性があっても料金は利用者に請求される。

IP電話:高額請求被害 不正アクセスされ国際電話 - 毎日新聞

「不正アクセスの可能性があっても料金は利用者に請求される」

そしてNTTさんは「原則、支払ってもらう」というスタンス。

これ、シャレにならへんでっ!!

NTTひかり電話の国際電話を停止することにした。

ということで、NTTのひかり電話(光IP電話)の国際電話を停止することにしました。

こうすれば、例え不正にアクセスされたとしても、そもそも海外に電話をかけることができなくなります。なので、「いきなり高額な料金を支払うことにはならないだろう」という考えからです。

方法は簡単で、「NTTに直接電話して国際電話の利用を停止してもらう」ことです。

以下に、NTT東日本の公式ページより、その部分を引用します。

Q:国際電話にかけられないようにするにはどうすればいいですか?

A:「0120-116116」までお電話でお申し出ください。
受付時間:午前9時~午後5時
土日・休日も営業(年末年始を除きます)

国際電話にかけられないようにするにはどうすればいいですか? | よくあるご質問 | NTT東日本 | フレッツ光

少なくともNTT東日本では上記電話番号に連絡して、「国際電話が使えないようにしたいです」と言えば、利用を停止できます。

電話する前に用意しておくと良いモノ

電話すると、「契約者の確認」のために、色々と聞かれます。

私の場合は、以下を質問されました。

  • お客様ID
  • 住所、電話番号
  • 契約者と電話した者の氏名
  • 料金の支払い方法(口座振替かクレジットか、など)
  • 口座振替の場合、金融機関名

「お客様ID」は契約した時の「開通のご案内」という書類に書いてあります。英数字のヤツです。

料金の支払い方法や、口座振替の金融機関名などは、覚えていない場合は、事前に調べておくとスムーズに運ぶと思います。

。。。

上記を用意して電話すれば、ものの数分で「ひかり電話の国際電話の利用停止」ができるはずです。

私の場合は5分以下で完了しました。

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示