1. Top
  2. » Twitter

スーパー・ナチュラルに出て来るジョー(Alona Tal)が可愛い&キレイ過ぎて困るから画像をこってり集めた。その1

海外ドラマ「スーパー・ナチュラル」に出て来るハンターのジョー(Alona Tal)が可愛くて&キレイ過ぎて困るので画像をこってりと集めました。(ちなみにAmazonプライム会員なら8シーズンまで全て見放題です。※現時点では

特にシーズン5、Ep10「死の天使」の時のドレス姿なんて可愛すぎて死にそうでした(笑)。

画像を集め過ぎて全部を1つのページに表示すると読み込みに時間がかかるので3つに分けました。
(画像は Alona Talの公式TwitterInstagram、そしてピンタレストから集めました。)

Alona Talはスーパー・ナチュラルの他にもヴェロニカ・マーズバーン・ノーティスにも出演しているようです。

ジョー(Alona Tal)の画像


スーパー・ナチュラルに出て来るジョー(Alona Tal)が可愛い&キレイ過ぎて困るから画像をこってり集めた。その2

1日1食を実践する人達のブログやFacebook、YouTubeまとめ

1日1食を推奨している船瀬俊介さんの本を参考に、実際に1日1食を実践している方たちのブログやTwitter、Facebookなどをまとめました。

1日1食を試してみたい場合や、実際に実践した場合にどうなるのか?などのリアルな情報を得られるかもしれません。

参考書籍)

この記事を書いた理由

1日1食は過去失敗したが、また挑戦したくなってきた。

過去、1日1食を試したことは3回位あるのですが、どれも失敗に終わっています。低血糖状態を回復させるためなのかアドレナリンが猛烈に出てヤクザの鉄砲玉のようになったこともありますし、

参考記事)

体に良いとされる「1日1食」をやってみたリアルな感想(場合によっては死ぬ可能性あり)

痩せて調子が悪くなったこともあります(1日1食実験は毎回数週間から数ヶ月行いました)。

・・なのですが、最近また「1日1食に挑戦してみよう」と思うようになってきました。

食後の眠気を1日1食で解消したい

最近は「白米よく食べる実験」をしてるのですが、食後の眠気をどうにかしたいと思うようになりました。

1日1食にすれば、少なくとも食後の眠気に関しては1日の内に1回しか来ないので、効率的に様々な活動ができるかもしれない、と思いました。

それで、実践者達の声が聞きたいと。

1日1食で頭が冴えた状態を維持したい

最近1日2食~3食食べているのですが、頭が全然冴えません。

これはもう本当に、俺ってこんなに頭悪かったんだっけか?と思うほどに頭が冴えないというか悪くなっているように感じます。また、少し鬱っぽいとさえ感じています。最近は。その原因がもしかしたら食べ過ぎ(1日2食~3食)にあるのかもしれない、と思うようになりました。

それで船瀬さんの本の中に「1日1食にすると頭が冴え渡る」と書いてあったのを思い出して、またしても1日1食をやってみたくなりました。

実際過去1日1食を試した時は少なくとも最初のうちはかなりの頭の冴えがありましたなので他の人はどうなのか?と思いました。

肉体労働者でも1日1食はありなのか?を知りたい。

また、私は現在、肉体労働をしているのですが、そのような状況でも1日1食はありなのか?などが知りたかったからです。

。。。

という理由で、実際に1日1食を実践している方たちの体験談や感想などを知りたいと思うようになりました。

1日1食を実践する人達のブログやFacebook、YouTubeまとめ

船瀬さんの本に登場している1日1食実践者達の中で、自分の媒体(ブログ、Twitter、Facebook、YouTubeなど)を持っている方たちを以下に紹介します。

(見つけられた媒体のみを載せています。)

1日1食を実践している有名人

ちょっとその前に、1日1食を実践してる有名人を一覧で紹介します(ブログなどがあった場合はリンクしてあります)。

船瀬俊介さん(ジャーナリスト、評論家)

まずは「1日1食」を激しく推奨している本家本元の船瀬俊介さんです。

廣岡雅裕さん(極真空手の師範代)

この方は極真空手の師範代のようですが、最近では健康系のコンテンツをYouTubeなどで配信しているようです。

田中裕規さん(ボディビルダー)

ボディービルダーでも1日1食で大丈夫だとすれば、大変興味深いです。

峰 真吾(会社員)

春田 丈夫(会社員)

菊永恵妃(ローフード指導士、ファスティングトレーナー)

この方は断食(ファスティング)で、腫瘍をかなり小さくしています(自力で)。個人的に興味深かったので動画を貼っておきます。

以下は、リンク切れ用です。(動画以外は見つかりませんでした。)

。。。

と、「1日1食」の参考情報をまとめておくためにこの記事を書いたんですが、最後に見つけた菊永恵妃さんの動画を見ていたら、またしてもかなり1日1食をやってみたくなりました。(その動画を流し聞きしながらこの記事を書いていたら、すっかりテンション上がってしまいました 笑)

この記事は今昼の12時頃に書いているのですが、さっそく昼食を抜いてます(笑)。また実践してみようと思います。

ではでは!

特定ユーザーのツイートをメールで受け取る方法

Twitterの特定ユーザーのツイートを“メールで受け取る”方法を紹介します。

  • Twitterはそんなに使ってない
  • RSS購読もそんなに利用していない
  • メールなら頻繁に使う

という場合に、この方法は良いと思います。

次の手順で出来ます。

  1. 特定ユーザーのツイートのRSSフィードを生成する
  2. Blogtrottrに「フィードURL」と「メールアドレス」を登録する

1.特定ユーザーのツイートのRSSフィードURLを生成する

まずは、ツイートをメールで受け取りたいユーザーの「RSSフィードURL」を生成します。

Queryfeed」というウェブサービス使うと、特定ユーザーのRSSフィードURLを生成することができます。これを利用します。

方法は簡単です。

まず、Queryfeedにアクセスして、ボックスに「from:アカウント名」と入力し、「Search Twitter」をクリックします。

例えばこのブログのツイッター「シバタスブログ(@shibatasblog)」をRSS購読したい場合は、次のようにします。

_060815_092650_AM2

アカウント名はTwitterにアクセスした時に、次の場所に表示されるモノです。

_060815_092838_AM2

すると、次のようなRSSフィードが生成されます。

_060815_093025_AM3

アドレスバーに表示されている赤枠で囲った部分が「生成されたRSSフィードURL」です。

2.Blogtrottrに「フィードURL」と「メールアドレス」を登録する

Blogtrottr」というウェブサービスを使うと、特定のRSSフィードをメール購読することができます。これを使います。

このBlogtrottrに、今生成した「RSSフィードURL」と「メールアドレス」を登録します。

blogoro

一番左のボックスに「生成したRSSフィードURL」をコピーして貼り付け、真ん中のボックスに「メールを受け取りたいアドレス」を入力します。

一番右のプルダウン部分には、「どれくらいの頻度でツイートをメール受信するか?」の設定ができます。

詳しくは次のようになっています。

  • Realtime:リアルタイムで受信
  • 2 hourly digest:2時間毎に受信
  • hourly digest:4時間毎に受信
  • hourly digest:6時間毎に受信
  • hourly digest:8時間毎に受信
  • hourly digest:12時間毎に受信
  • Daily digest:1日毎に受信

個人的にはツイートする度にメールが来たり、何時間ごとにメールが来るのも結構邪魔くさいので「Daily digest(1日ごとに受信)」が良いと思っています。(ここは好みですが)

RSSフィードURLとメールアドレスを入力して、受信頻度を設定したら、最後に「Feed Me」ボタンを押せば完了です。

スクリーンショット_060815_100439_AM

登録したメールアドレスに確認メールが届いていると思います。

あとは、そのユーザーがツイートした日はまとめて、ツイート内容がメールで届きます。

特定ユーザーのツイートをRSS購読する方法

Twitterの特定ユーザーのツイートをRSS購読する方法を紹介します。

「Twitterはそんなに使ってないけど、この人のツイートチェックしたいな」と思う時って結構あります。(私もTwitterアカウントはいくつか持ってますが、常に放置してます 笑)。

そんな時にこの方法は便利だと思います。

次の手順でできます。

  1. Queryfeedで特定ユーザーのツイートRSSを生成
  2. RSSリーダーなどに登録

1.Queryfeedで特定ユーザーのツイートRSSを生成

まず「Queryfeed」というウェブサービスで、RSS購読したいユーザーのRSSフィードを取得します。

方法は簡単です。

まず、Queryfeedにアクセスして、ボックスに「from:アカウント名」と入力し、「Search Twitter」をクリックします。

例えばこのブログのツイッター「シバタスブログ(@shibatasblog)」をRSS購読したい場合は、次のようにします。

スクリーンショット_060815_092650_AM

アカウント名はTwitterにアクセスした時に、次の場所に表示されるモノです。

スクリーンショット_060815_092838_AM

すると、RSSフィードが生成されます。

2.RSSリーダーなどに登録

今までの作業をすると、例えば次のようなRSSフィードが生成されます。

スクリーンショット_060815_093025_AM

アドレスバーに表示されている、「https://queryfeed.net/twitter~」が生成されたRSSフィードURLです。

これをコピーして、RSSリーダーなどに登録します。

。。。

これでツイートをRSS購読することができます。

芸能人など著名人の画像を(著作権の心配をせずに)使いたいなら、Twitterやインスタグラムの「埋め込み」が使えそう。

ブログを運営していると、芸能人などの著名人の画像を記事に貼り付けたい場面って結構出てきます。

でもそれって著作権的に難しかったりします。

そんな時は、著名人の公式Twitterや公式インスタグラムなどの「ツイートや画像をブログ記事に埋め込む」ことで、著作権の問題を回避しつつWinWinの関係性で画像をブログ記事に表示できると“個人的には”考えています。

たとえば「米ドラマ「キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿」ヒロインのスタナ・カティック(Stana Katic)とタレントのホラン千秋が似てる。」の記事でホラン千秋さんの画像を使いましたが、これもホラン千秋さんの公式ツイッターのツイートをそのまま記事に埋め込みました。

また、以前カヤ・スコデラーリオ(Kaya Scodelario)さんの画像ギャラリー記事を作成したのですが、その時は公式インスタグラムの画像を埋め込みました。

Had a very fun day watching the Gold Coast Titans play

Kaya Scodelarioさん(@kayascods)が投稿した写真 -

このような「埋め込むことができるサイト」を著名人が利用していて、そこに(本人が)画像を投稿するということは、それ(画像)が使われる可能性もわかった上で公開している、ということになります。(少なくとも規約上はそうなっていると思います。)

なので個人的には埋め込んでも大丈夫だと考えています。

また、“画像を埋め込む形”ですので、例えば著名人の方が「あっ、この画像他で公開されるの嫌だな」と思って、元画像を削除すれば、

その画像を貼り付けたブログ記事上の画像も非表示になるはずです。(厳密に確認はしていませんが、仕組み上そうなると予想しています。)

つまり、画像の公開or非公開の主導権を「画像を公開した本人が握っている」ので、その画像をブログ記事などに埋め込んでも、それほど問題にはならないのではと、“個人的には”考えています。(画像を公開した本人が、即座に画像を非公開にできるので)

というわけで、賛否両論もあると思いますし、解釈も人それぞれだと思いますが、

私個人としては、著名人の画像を使うならTwitterやインスタグラムのツイートや画像を「記事に埋め込む形」の方が、安心できると考えています。

少なくとも、著名人のブログや公式サイトから画像を引っ張ってくるよりは、はるかに安心できます(私は)。

ですので個人的には、著作権の心配を軽減しつつ、ブログ記事に著名人の画像を貼り付けたいなら、Twitterインスタグラムの画像を“埋め込む”のが良いと考えています。

Twitterのツイートを埋め込む方法

Twitterのツイートを埋め込むには、埋め込みたいツイート下にある「・・・」をクリックして、「ツイートをサイトに埋め込む」を選択すれば、ブログ記事などに埋め込むためのタグが表示されます。

horan

あとはそれをコピーして、ブログ記事などに貼り付ければ、そのツイートを記事に埋め込むことができます。

インスタグラムの画像を埋め込む方法

インスタグラムもTwitterとやり方は同じです。

埋め込みたい画像の右下の「・・・」をクリックして、「埋め込み」を選択します。

kaya

埋め込み用タグが表示されるので、それをブログ記事などに貼り付ければOKです。

。。。

ブログ記事などに著名人の画像を使いたい時は、このように「ツイートや画像を埋め込む形」にすれば、著作権の心配も比較的少なくすんで、少しは安心して使えるのではと、個人的には考えています。

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示