1. Top
  2. » Windows10

「Windows10更新プログラムをインストールしたら、Google日本語入力を再インストールしてもIMEがMicrosoft IMEから変わらない(怒)」を解決した方法

私はIMEは断然Google日本語入力派です。

以前、Windows10を無料インストールした時、それまで使っていたGoogle日本語入力が勝手にMicrosoft IMEに変えられて怒りに震えたのですが、この問題は単純にGoogle日本語を再インストールしたら解決できました。

なのですがっ、

最近、Windows10の更新プログラムなどをインストールしたら、またしてもデフォルトのIMEがMicrosoft IMEに変更されていました。

しかも今回は、Google日本語入力を再インストールしても解決しない・・。

怒りを通り越して脱力感に襲われたのですが、さっき重い腰をあげて調べたところ、IMEをGoogle日本語入力にできたので、その方法を紹介します。

次の手順で解決できました。

  1. コントロールパネルを開く
  2. 「時計、言語、および地域>言語>詳細設定」と進む
  3. 「既定の入力方式の上書き」を「Google日本語入力」に変更して保存する
  4. パソコンを再起動する

1.コントロールパネルを開く

左下スタートボタンを右クリックするとメニューが表示されます。その中に「コントロールパネル」があるので、それをクリックします。

1controlpanel

2.「時計、言語、および地域>言語>詳細設定」と進む

次は、

  1. 時計、言語、および地域
  2. 言語
  3. 詳細設定

と順番に進みます。

1.時計、言語、および地域

1tokeigengotiiki

2.言語

2gengo

3.詳細設定

3syousaisettei

3.「既定の入力方式の上書き」を「Google日本語入力」に変更して保存する

最後に「既定の入力方式の上書き」部分を「日本語-Google日本語入力」に変更して、「保存」をクリックします。

kiteihenkou

4.パソコンを再起動する

最後にパソコンを再起動すれば完了です。

右下に懐かしの(笑)、Google日本語入力が出てきているはずです。

kanryo

Window10Proでゲストアカウントを作成した方法(他人にパソコンを貸すために)。

事情があって他人(知人・友人)にノートパソコンを数時間貸すことになったのですが、自分のPCって個人情報の固まり。あれやこれは、恥ずかしいものからそうでないものまで(笑)。

で、「そういえばゲストアカウントを作れば、今の自分のパソコンには一切手を加えずに(ファイルを隠したりせずに)、他人にパソコンを貸すことができるかもしれない」と思いました。

そこで調べて&色々やってみたところ、

無事Windows10Proでゲストアカウント(ローカルアカウント)を作ることができました。これで、自分の個人情報は一切知られることなく、他人に安心してパソコンを貸すことができます。

その方法を紹介します。

参考記事

次の方法では上手く行かなかった。

その前にまず、「Windows10 ゲストアカウント 作成」と検索すると検索結果の上位に出てくる次の記事。

Windows 10にはGuestアカウントがない? 有効にする設定方法と注意点は – ライブドアニュース

この方法を試してみたのですが、“上手くいきませんでした”。

ちなみに、次の手順で行いますが、やってみてもおそらく上手くいかないと思います。

「スタートボタン」を右クリック>コンピューターの管理>ローカルユーザーとグループ>ユーザー>「Guest」を右クリック>プロパティ>「アカウントを無効にする」のチェックを外す>適用>OK

上記の方法を実際に試してみました。確かに、スタートボタンを押して左側に表示されるメニュー上部の自分のアカウント名をクリックすると、Guestアカウントが追加されています。

ですが、そこをクリックしてもGuestアカウントに移動しないし、PCを何度再起動してみても、Guestアカウントのログイン画面すら出てきませんでした。

なので、この方法では上手く行かないと思います。

※また、私は体験していませんが、この方法を実行するとパソコンに不具合が出る場合があるという情報も目にしました。なので、上記は実行しないか、実行したとしても、設定は元に戻しておいた方が良いと思います。私は設定を戻しました。

この方法で上手くいきました。

次の方法でやってみたところ、無事ゲストアカウント(ローカルアカウント)を作成することができました。(なお、私はWindows10Proなので、そのPCでの解説です。)

  1. 左下「スタートボタン」をクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 左メニュー「家族とその他のユーザー」を選択
  4. 中央メニュー「その他のユーザーをこのPCに追加」をクリック
  5. 「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリック
  6. 「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリック
  7. 「ユーザー名」を入力
  8. パスワードは設定しないで「次へ」をクリック
  9. 完了

上のように文字にすると長ったらしいですが、手順は簡単です。

次にわかりにくい部分の解説を加えます。

4.中央メニュー「その他のユーザーをこのPCをに追加」をクリック

スクリーンショット_110715_011203_PM

5.「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリック

スクリーンショット_110715_011512_PM

6.「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリック

スクリーンショット_110715_011648_PM

7~8.ユーザー名を入力。パスワードを設定しない

ここまで来ると、ユーザー名とパスワードを設定する画面が出てきます。

スクリーンショット_110715_012027_PM

ゲスト名は英数字のみのようです。

パスワードは個人的には面倒だったので、入力しませんでした。こうすることで、パソコンを借りた人はパスワードを入力することなくPCを利用できます。(安全性を高めるために、パスを設定したい場合はここで設定すると良いと思います。)

。。。

これで、無事ゲストアカウントを作ることができました。

PC起動時にゲストユーザーか、それまで自分が使っていたアカウントか選ぶことができます。

友人などの知人にパソコンを貸す場合は、そこでゲストアカウントを選ぶようにしてもらえばOKです。(自分のアカウントはパスワード保護していると思いますので)

ではでは!

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示