1. Top
  2. » WindowsLiveWriter

WindowsLiveWriterにプラグインを入れる方法

私もまだ全然使いこなせてないですが、WindowsLiveWriterには便利なプラグインが色々あるようです。

どんなプラグインがあるの?

と思う場合は、以下の記事が参考になります。

【改訂版】WindowsブロガーのためのWindows Live Writerプラグイン15選

で、以前はデフォルトの状態でいくつかのプラグインがインストールされていたそうなのですが、少なくとも私がWindowsLiveWriterを使い始めた時点のバージョンではプラグインは1つもインストールされていませんでした。

それでWindowsLiveWriterには標準で「表(テーブル)を挿入できる」機能があるのですが、それが使いにくかったので、表(テーブル)を手軽にそして細かく設定できる「Table Plugin」を導入しようと思いました。

それがこれです。

Table Plugin

これを無事インストールできたので、WindowsLiveWriterにプラグインを導入する方法を紹介します。

次の手順で行います。

  1. 導入したいプラグインページにアクセスする
  2. プラグインをダウンロードする
  3. それを実行する

次から1つずつやり方を解説します。 

1.導入したいプラグインページにアクセスする

WindowLiveWriterに導入したいプラグインのページにアクセスします。

何を導入したら良いかわからない場合は、先ほどの寝ログさんの記事「【改訂版】WindowsブロガーのためのWindows Live Writerプラグイン15選」を参考に、いくつかピックアップすると良いと思います。

または、今回私がインストールした「Table Plugin」を入れてみる、というのでも良いと思います。

例えば上記の「Table Plugin」のページにアクセスすると、次のようになります。

スクリーンショット_031715_022209_PM

2.プラグインをダウンロードする

そしたらプラグインをダウンロードします。

そのままTable Pluginを例にダウンロードしてみます。

1.「DOWNLOAD」をクリック

左中段にある「DOWNLOAD」をクリックします。

スクリーンショット_031715_022437_PM

2.「Softpedia Mirror (EU)」をクリック

次は「Softpedia Mirror (EU)」をクリックします。

(もしかしたら、この部分の文言は各Pluguinによって違うかもしれません。私も今回TablePulginをインストールしただけなので、他がどうなっているのかわわかりません。)

スクリーンショット_031715_022703_PM

するとダウンロードが開始されます。

3.それを実行する

最後にダウンロードしたプラグインを実行します。

普通にexeファイルなどを実行するように、ダウンロードしたプラグインをダブルクリックするなりして実行します。

するとインストール画面が表示されるはずです。

あとはそのまま指示に従ってインストールすればOKです。

。。。

これで完了です。

もし、WindowsLiveWriterをインストールした状態で、今までの「プラグイン導入作業」をやっていたとしたら、WindowsLiveWriterの再起動後にプラグインが有効になるはずです。

例:Table Pluginをインストールした状態

例えばTable Pluginをインストールすると、次のようになります。

スクリーンショット_031715_023132_PM

上部タブ「挿入」をクリックすると、顔文字の横に「プラグインメニュー」が表示されます。

そこに、今回インストールした「Table Plugin」が表示されています。

。。。

という風に意外に簡単にインストールできました。

WindowsLiveWriterのプラグインに苦手意識がある場合は、試してみてください。想像以上に簡単ですよ。私もこれから重い腰を上げて、便利そうなプラグインを探してみようと思います。

参考になれば幸いです。

ではではっ。

WindowsLiveWriterはこまめにセーブ(Ctrl+S)しながら使った方が良い。

Windows使いのブロガーなどはWindowsLiveWriterを使っていることが多いと思います。

力を入れた記事などは3000文字を越えることも普通にあるはず。

私もさっき力を入れた記事を書いていたんですが、不意に原因は何かわかりませんが「強制終了」されました。(大汗)

幸いこまめにセーブしていたので、消えたデータは1アクションくらいでしたが、これが数千文字消えたとしたら・・。

全然シャレになりません(笑)。

なので、WindowsLiveWriterを使っている場合は「Ctrl+S」などでこまめにセーブしておくことをオススメします。

(FC2ブログ)WindowsLiveWriterで「過去に更新した記事」を編集する方法

WindowsLiveWriterでFC2ブログの記事を更新していて、「過去の記事を編集する方法」を紹介します。

次の手順でできます。

  1. WindowsLiveWriterを起動する
  2. 左上「ノートのようなマーク」をクリック
  3. 表示されるメニューの「最近の記事を開く」を”クリック”する
  4. 編集したい記事を選択して、編集する
  5. 「投稿」をクリックして投稿する

■1.WindowsLiveWriterを起動する

いつもどおり、WindowsLiveWriterを起動します。

■2.左上「ノートのようなマーク」をクリック

次は、左上にある「ノートのようなマーク」をクリックします。

image

■3.表示されるメニューの「最近の記事を開く」を”クリック”する

そしたら、左側に表示されるメニュー中の「最近の記事を開く」をクリックします。

※クリックしなくても最近の記事は10個くらい表示されていると思いますが、それよりももっと昔の記事は表示されていないはずです。それら全てを表示するためには「最近の記事を開く」をしっかりとクリックします。

image

■4.編集したい記事を選択して、編集する

そしたら編集したい記事を選択(クリック)します。

あとは記事を更新する時のように、編集します。

■5.「投稿」をクリックして投稿する

そしていつもの「投稿ボタン」をクリックして投稿します。

image

「このまま普通に投稿したら、新しい記事が更新されちゃんじゃないの?」と心配になりますが、それはないので大丈夫です。

ちゃんと上書き保存されます。

。。。

これでWindowsLiveWriterでFC2ブログの過去に更新した記事を編集することができます。

WindowsLiveWriterで記事を連続投稿する場合、これを知らないと将来「書いた記事が丸ごと消える」かもしれません。

やってしまいました。別のブログで筆が走ったので連続で3記事投稿しました。(WindowsLiveWriter使用)

が、2つの記事が丸々消えてしまっていました。

いつもどおりに記事更新をしたつもりで、3つ記事を更新し、深い満足感とともにブログにアクセスして確認しようとしたら・・。

無い!無い!!どこにも無い!!!

あんなに頑張って丹精込めて書いた記事がどこにもないのです。メチャクチャショックでした。ちゃんと保存されていたのは最後に書いた記事のみ。最初に書いた2つの記事はどこにも存在していませんでした。

(ただ、消えた1つの記事はブラウザの履歴から発見して、それをそのままコピペして復活させることはできました。)

WindowsLiveWriterで記事を「上書き」してしまっていた・・

私は最近記事更新に「WindowsLiveWriter」を使っているのですが、どうやら「記事を上書き」してしまったようです。

  1. 最初の記事を書く
  2. その上に次の記事を書く(上書き保存)
  3. さらにその上に次の記事を書く(さらに上書き保存)

ということをしたので最後の記事しか残っていなかった、と思われます。

いつもは今日のように連続投稿することなく、記事を書いて投稿したら、そのままWindowsLiveWriterを閉じていました。

今日もいつもと同じように、記事を書いて投稿しました。そして「記事本文を全選択して消して」「タイトルも手動で消して」次の記事を書く、ということをしていました。

連続投稿で次のようにすると、記事が丸ごと消えてしまう可能性があります。

つまりこういうことです。

  1. 1つ目の記事を書いて投稿
  2. 記事本文を全て選択して消す。タイトルも同じように消す
  3. 2つ目の記事を書いて投稿
  4. 2と同じようにして文章を消す
  5. 3つ目の記事を書いて投稿

やっちまったのが「赤文字」の部分です。

これをして記事を連続投稿すると、「上書き保存」されてしまって、どれほど記事を連投しようとも、最後に投稿した記事1つしか、結果的に保存されないようです。(何も知らずに、これをもっと大規模でやってしまったらと思うと寒気すらします。)

毎回「新しい記事」を新たに呼び出して、記事を書いて投稿すれば問題なし

これの解決策も簡単で(知りませんでしたが 笑)、左上の「ノートのようなアイコン」をクリックして、「新しい記事」→「新しい記事」と進んで、「記事を更新するたびに、新しい記事を立ち上げる」と良いようです。(もう少しわかりやすい位置に新記事アイコンなどを表示して欲しい 汗)

windowslivewriter_sinkiji_icon

つまりこうすればOKです。(連続投稿する場合)

  1. 記事を書いて投稿する
  2. 左上の「ノートのようなアイコン」をクリック
  3. 新しい記事>新しい記事、と進む
  4. 新たに記事を書いて投稿する
  5. これを繰り返す

わかってしまえば当たり前で、とても簡単なことですが、WindowsLiveWriterで「連続投稿」する時には、毎回新しい記事を呼び出して、新たに文章を書いていく必要があります。

私のように毎回、自分が書いた記事を手動で消して書いて投稿、をしていくと知らぬに記事が上書き保存されて、泣きを見るはめになってしまいます。

参考になれば幸いです。

Windows Live WriterにFC2ブログに最初から用意されている「ping送信先」を追加する方法

今さっき気づきましたが、Windows Live Writerはデフォルトの状態では「ping送信先がゼロ」でした。オーマイガッ。

FC2ブログには最初から「結構な数のPing送信先」が用意されています。

それをそのままWindows Live WriterのPing送信先に追加しました。

これで、Windows Live Writerで記事更新をした時も、FC2ブログで記事更新した時と同じように色んなところにPingを送れるはずです。

手順は以下です。

  1. FC2ブログ管理画面
    1. 「環境設定>ブログ設定」と進んで
    2. その一番下。「更新情報(Ping)設定」部分のPing送信先を全てコピーする
  2. Windows Live Writer
    1. Windows Live Writerを起動する
    2. 上部一番左のタブ(ノートのようなマーク横に▼が表示されてるモノ)をクリック
    3. 左メニュー「オプション」を選択
    4. 左メニュー「Pingサーバー」を選択
    5. 「以下のWebアドレスにPingを送信する」にチェクを入れる
    6. コピーした「Ping送信アドレス一覧」を空白ボックスに貼り付ける
    7. 「OK」をクリック

これで完了です。

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示