1. Top
  2. » 稼ぐ
  3. » 情報ビジネス
  4. » 情報ビジネス「最初の販売」は「メール販売」がオススメ

情報ビジネス「最初の販売」は「メール販売」がオススメ

スポンサーリンク

最近、情報商品の販売にガッツリ取り組んでいるのですが、実際にやってみて体感したことがあります。

それは「メール販売が最も良い」です。

今は時代が進んでいて、インフォトップやインフォカートなどの情報商品を登録できるサイト「ASP」がたくさんあります。それらに登録すれば、「決済ボタン」を発行してくれて、銀行振込、クレジットカード、ビットコイン、etc..、と様々な決済手段を用意してくれます。

そして多くの場合「購入者と直接コミュニケーションすることが”ありません”」。

ASPを使うと実感が伴わない

そのため、実感が伴いません。「人と人が商品とお金の交換をしている」という肉感と熱を感じることができません。ASP経由でも5本ほど情報商品を販売したことがあるのですが、どこかフワフワした感じでした。

「自分はビジネスをやっているんだろうか?」
「お金は入ってきてるけど、本当に売れたんだろうか?」
「購入者は本当に存在してるんだろうか?」

などと、どこかしっくりこない感じがありました。

もちろん、ビジネスをやっているのは事実だし、入金されたことも、購入者が存在してその方がお金を支払ったことも事実です。

でもその実感を感じることが(それほど)できませんでした。

「メール販売」にしたらメチャクチャ実感できて、楽しくなってきた

今回、情報商品を作って、それを販売したのですが主に「メールで販売」しました。

商品とセールスレターを用意するところまでは同じなのですが、決済時にメールのやり取りを行うようにしました。

  1. 購入者が「銀行振込やクレジット決済」をする
  2. そのことを私にメールで知らせる
  3. そのメールと振込内容を確認して、商品をメールで届ける

という3ステップで「商品とお金の交換」を行いました。

商売=生身の人間同士の取引

そのメールのやり取りで「購入者が生身の人間で実際に存在していること」「購入者の商品に対する期待」「商品の感想」などを”実際に肌で感じる”ことができました。お客さんが商品に喜んでくれたら、私も素直に感動してそのメールを返したりしています。

ようやく人間と人間の「生身の取引(お金と商品の交換)」ができていると、本当に実感しています。

商売って楽しいな。って思えるようになってきました。

最初の販売は「メール販売」がかなりオススメ

だから、特に最初の販売は「メール販売」を強くオススメします。

これで実感してから、ASPを利用したり、メール配信システムを利用すると、それらのありがたみも”本当の意味で”わかるようになってくると思います。

(私の場合Gmailで見込み客や購入者に一斉メール送信しています。Gmailなら500件まで無料で一斉送信することができます。詳しくは「GmailのBCCを使って、一括でメール送信できる件数は500件が限界」を参考にしてください。)

スポンサーリンク

関連記事

ブログ更新情報を受け取る
フォローして受け取る


RSS購読する
follow us in feedly
最新記事

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示