1. Top
  2. » 脳、肉体、精神
  3. » Mr.Xのサーキット・トレーニング動画とそのメモ。

Mr.Xのサーキット・トレーニング動画とそのメモ。

スポンサーリンク

最近、PC作業のし過ぎで体が限界。これはイカン!ということで、肉体のトレーニングをすることにしました。

それで日本のインターネット・ビジネスの世界では知る人ぞ知る人物「Mr.X」のサーキット・トレーニングを参考にすることにしました。その方法などをここにメモしておきたいと思います。

出演されているのはMr.Xをメンターに持つ小松裕次朗さんです。

■全体の流れ

  1. 懸垂
  2. 鼻●●●こすり腕立て
  3. 後転スクワット
  4. つま先タッチ腹筋
  5. 体重引き上げ
  6. ヒンズープッシュアップ
  7. 片足スクワット
  8. 肘膝当て腹筋
  9. ジャンピングスイッチ
  10. 完全スラスト
  11. 瞑想

サーキット・トレーニング1/6 : プロローグ

■マーケティング・ファネル

  1. 【たくさんの層に】短期欲求を満たすプレゼントを無料プレゼント
  2. 【絞り込む】凄いフロントエンドを提供(販売)する
  3. 【さらに絞り込む】中長期的な満足ができるモノを提供(販売)する

ハンティングではなく「フィッシング」。向こうから手を上げてもらう。

■マズローの欲求5段階

  1. 生理欲求
  2. 安全欲求
  3. 親和欲求
  4. 自我欲求
  5. 自己実現

■進化の方法も同じ

  1. 肉体の進化
  2. 感情の進化
  3. 精神の進化

まず下から(1から順番に)進化させていく。 肉体を進化させてこそ、感情や精神を進化させることができる。その逆は無い。肉体が健康でなければ、ビジネス上のあらゆる作業で不具合が出ることがある。

サーキット・トレーニング2/6

所要時間は40分~60分。10種類の運動を組み合わせたモノ。

  1. 懸垂
  2. 鼻●●●こすり腕立て

※懸垂の時、ドアに引っ掛ける器具装置は「パワーアップ・チンアップ」というそうですが、調べた時点では売り切れがほとんどでした。

それで、調べてみたところ「室内で懸垂」するためには、次の3つが良さそうでした。

サーキット・トレーニング3/6

  1. 後転スクワット
  2. つま先タッチ腹筋
  3. 体重引き上げ
  4. ヒンズープッシュアップ

※体重引き上げる器具は「ジャングルジム」と言うそうです。Amazonで検索したら唯一「LifelineUSA Jungle Gym XT サスペンション トレーニングセット」を見つけました。Amazonページには詳しい解説や使い方などがあまりありませんでしたので、YouTubeの検索リンクを載せておきます→Lifeline USA Jungle Gym X - YouTube

サーキット・トレーニング4/6

  1. 片足スクワット
  2. 肘膝当て腹筋
  3. ジャンピングスイッチ
  4. 完全スラスト

サーキット・トレーニング5/6

  1. 瞑想

サーキット・トレーニング6/6 : エピローグ

サーキットトレーニングは肉体の進化の中でも最も効果が高いアクティビティ。少ない時間で効果的に肉体の進化を遂げる方法。体のエネルギー、血液をいかに循環させるか、が重要。

  • 睡眠をしっかりとる
  • 朝一番にこのサーキット・トレーングをする

これを毎日の習慣の中に取り入れていく。

これをせずに、スーパーシェイク、ハーブ、エンザイムなど、体の自然治癒力を高める方法をしても、体の血液循環が良くない状態だと効果が無くなる。

だから、サーキットトレーニングをして血液循環を良くすることが大切。

これを朝イチで行うことで、感情エネルギーが高まる。いい気分で1日をスタートさせることができる。 すると他者やお客様にもいい影響を与えることができる。するとプラスのフィードバックがある(褒められるなど)。それを受けて、自分のエネルギーがさらに上がる。といういいスパイラルに乗っかることができる。

睡眠をしっかりとった上でサーキット・トレーニングをすることが大切。

スポンサーリンク

関連記事

ブログ更新情報を受け取る
フォローして受け取る


RSS購読する
follow us in feedly
最新記事

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示