1. Top
  2. » その他
  3. » オサガメの口の中が想像をはるかに超えてグロテスクな件。

オサガメの口の中が想像をはるかに超えてグロテスクな件。

スポンサーリンク

今、NHKのテレビ番組「ダーウィンが来た」を見てたのですが、その中に出てきた「オサガメ」という最大級のカメの口の中が「想像をはるかに超えるレベルでグロテスク」でした。

見てこれ。

オサガメ1

何このクリーチャー。

「CGか、映画会社の腕利き技術者が何ヶ月もかけて作ったものでしょ?」

と言いたくなりますが、これがそのオサガメの口の中です。

当然実物。リアル。本物の口の中です。

引きで見るとこんな感じ。

オサガメ2

もう一度少しだけアップで見ると、こんな感じ。

オサガメ3

まるで映画に出てくるクリーチャーの口の中のようです。

「ダーウィングが来た」によると、このオサガメはクラゲを1日300キロ(たぶん)も食べるようで、そのクラゲをちゃんと咀嚼?して食べられるように、このような口の中をしているのだとか。

どいうことかというと、この全てのトゲトゲは口から胃の中の方に向かって伸びています。

イメージとしては、うなぎを捕る時の仕掛けのような感じです。

img60598026

こんな感じで、全てのトゲトゲが胃の中に向かって生えているのですが、クラゲを口の中にハムハムと飲み込んで、胃の中に流し込んでいく過程で、ゼラチン状のクラゲはゼリーを握りつぶすように少しずつ粉々になります。

それが一度ではクラゲ全体を粉々にできないため、この「口→胃の中」を食べられたクラゲは行ったり来たりするのだそうです。

つまりこういうことですね。

  1. 口 → 胃の中
  2. 胃の中 → 口の中

食べられたクラゲは、このように「口⇔胃」を往復運動しながら、少しずつカメに食べられやすいように、粉々になっていきます。

そうして食べやすい形になったら、飲み込む。

という食事法をオサガメはとっているそうです。

そのためにこのトゲトゲは口を入り口にして、内蔵の奥の方までずーっと生えていました。

めっちゃキモいんですが、

自然とはこういうモノなんですね。

「真実は小説よりも奇なり」

とは言いますが、まさにこのオサガメの口の中は想像をはるかに越えてました。

もしかしたら、クリーチャー系の映画はこのオサガメの口の中からインスピレーションを受けたモノもあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

ブログ更新情報を受け取る
フォローして受け取る


RSS購読する
follow us in feedly
最新記事

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示