1. Top
  2. » その他
  3. » 東京上野ライン開通でいつものように居眠りできなくなったあなたへ。寝過ごし防止対策をまとめてみました。

東京上野ライン開通でいつものように居眠りできなくなったあなたへ。寝過ごし防止対策をまとめてみました。

スポンサーリンク

東京上野ラインが2015年3月14日に開通(開業)予定です。

これによって、いつもは普通に居眠りしていれば終点の上野駅に着いていたのが、そのまま寝ていると横浜あたりまで行ってしまう、という悲惨な状況になりかねません。

そこで今回は、東京上野ライン開通によって、いつものように終点まで安心して爆睡できなくなった人のために、その対策法を考えてみました。

1.携帯型アラームに起こしてもらう

個人的に一番簡単かな、と思ったのが「携帯型アラーム」を持ち歩いて、電車で寝る前に、アラームをセットして起こしてもらう、という方法です。

それで色々調べてみましたが、次の「携帯型アラーム」が良さ気です。

ナポレックス(NAPOLEX) Fizz(フィズ) タイマークロック ブラック Fizz-875

  • 商品サイズ:奥行き1cm、幅3.4cm、高さ6.3cm
  • 商品重量:27g
  • 最大アラーム時間:99分59秒(約1時間半)
  • 価格:1,022円

と、サイズはスマホよりも小さくて女性でも普通に手のひらに収まるサイズですし、厚さが1cmなのでポケットに入れておいても違和感がなさそうです。そして価格もリーズナブル。

また、寝ていて間違ってボタンを押してしまわないように「ロック機能」も付いています。

これを使えば、次が可能になります。

  1. 電車に乗り込んで席を確保
  2. このアラームをポチポチ押してセット
  3. 目的地まで爆睡

※ただし、この場合は、目的地に到着するまでの時間をわかっておく必要があります。

2.スマホアプリに起こしてもらう

駅に着いたら起こしてくれる便利なアプリもあります。

iPhoneアプリ

次の2つのアプリが良さ気です。

どちらも、「到着駅を登録」しておけば、その駅に着いたらアラームで知らせてくれます。

「駅着いったー」は、イヤホン使用時には音でも起こしてくれますし、そうでない場合はバイブで起こしてくれるようです。

「駅ぶるっ」の方は、その名の通りぶるっと「バイブ」で起こしてくれます。

Andoroidアプリ

アンドロイドでは次が良さそうです。

似たようなアプリは色々ありましたが、このネゴサーヌが最も話題になっていますし、管理画面を見てみても洗練されていて使いやすそうに思いました。

これも「到着駅」を登録しておけば、バイブで起こしてくれます。

3.“にんにくパワー”で居眠りが必要のない「疲れない体」を手に入れる

私も経験ありますが、そもそも電車で寝てしまうのは、疲れている証拠。

でも仕事に行かなきゃならない、がんばらなきゃならない、そんな時は電車の移動時間に爆睡して疲れをとるのが一番。

なのですが、

もし仕事をガンガンにしても疲れない肉体を持っていたら、電車で居眠りする必要がなくなるかもしれません。

そこで、「疲れないサプリメント」を調べてみたところ、次を発見しました。

雪待にんにく卵黄

これは「今まで6種類の“疲れをとるサプリ”を試した方の記事」を参考にしたました。

その結果、このサプリが「最も疲れに良いだろう」と判断しました。

この記事を書いた方は次のような6種類ものサプリメントを実際に飲んで試してみたそうです。

  • やずや雪待にんにく卵黄
  • 熟成やずやの香醋
  • 小林製薬マカEXセット
  • すっぽん小町
  • にんにく玉ゴールド
  • サントリー セサミンE+

その結果、「やずやの雪待にんにく卵黄」が最も効いて、疲れが取れるのを実感したそうです。

私も焼き肉のタレにはニンニクをたっぷり入れますが、次の日はかなり元気になります。やはりニンニクは体を元気にするようです。

。。。

とうことで、「上野東京ライン開通で、いつのもように爆睡していたらヤバイことになるかもしれない」、の対処法として次の3つを挙げてみました。

  • 携帯アラームで寝過ごし防止
  • スマホアプリで寝過ごし防止
  • にんにくパワーで疲れない体を手に入れる

参考になれば幸いです。

ではでは^^/

スポンサーリンク

関連記事

ブログ更新情報を受け取る
フォローして受け取る


RSS購読する
follow us in feedly
最新記事

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示