1. Top
  2. » 稼ぐ
  3. » GoogleAdSense
  4. » アフィリエイト記事の外注に使えそうなサービス「CROWD」を発見。

アフィリエイト記事の外注に使えそうなサービス「CROWD」を発見。

スポンサーリンク

ASPアフィリエイトやアドセンスで稼ぐための「記事外注」に使えそうなサービスを発見しました。

CROWD」という記事作成代行サービスです。

稼ぐためにはテキスト(文章)はどうしても必要

アフィリエイトで稼ぐにあたって記事の作成は避けては通れない道です。

YouTubeやTwitterなどを使うという手もありますが、やはりインターネットはテキスト(文字情報)が主体だと、私は感じています。

文章だとサッと読めますが動画だと時間を喰います。私個人としても動画があってもテキストが無い記事などに遭遇するとイラッとします(笑)。

でも書くのは時間がかかる、面倒くさい。

そうは言っても、文章を書くには時間がかかる・・。

というのも事実だと思います。

何より時間をかけて調べて、それをカチカチとキーボードに打ち込んで文章を作り、さらには画像を盛り込んで(アプロードしてタグを貼り付けて)、そして最後に文章を推敲して整えて、始めてネット上に文章を公開できます。

これってかなり、いやかなり(2回目 笑)手間がかかります。

記事を外注すれば手間が省けるが・・。

そんな時に便利というか、作業の手間を省けるのが「記事の外注」です。

私自身は記事を外注したことはありませんが、「記事の作成代行」はしたことがあります。つまりライターとして活動していたことがあります。1年弱ほどですけど。

記事の外注として利用できるのが「Lancers」や「クラウドワークス」といったクラウドソーシングサービスです。

ここに発注者として登録するとライターさんに記事を書いてもらう(記事を外注する)ことができます。

私自身はLancersにライター(記事の書き手)として登録して、少しだけ活動したことがあります。

クラウドソーシング・サービスで記事を外注すると、「記事の修正依頼」など敷居が高い。

その経験から言えるのは、「記事を外注したい側」と「記事の書き手側」の間で行われる「やり取り」が結構面倒くさい、ということです。

まず、記事を外注したい側はどのライターが優秀なのか、きちんとした記事を書いてくれるのかがわかりません。過去の実績などを見ればある程度はわかりますが、そのライターが書ける内容と、こちらが外注したいテーマが一致しているのかがわかりませんし。もし仮に書けたとしても、どれくらいの質の記事が出来上がってくるのかがわかりません。

さらに、仕上がってきた文章を見て、直してもらいたいところを「ココを直して下さい」と言って、直してもらう。その文章を見てさらに修正してもらいたいところは修正してもらう・・。

ということを繰り返さなければなりません。

これは私のように(笑)遠慮がちな人間には結構なストレスになると思います。

「CROWD」なら“企業に”外注するので、やり取りのストレスが減る可能性

でも今回発見した「CROWD」は“企業レベル”で記事作成の代行をしてくれます。

なので、おそらくですが「窓口」と「ライター」は別個に分けられていて、私達が直接ライターさんに「ここを直して下さい」というストレスフルなメッセージを投げかけなくても済むと思われます。

料金は1記事1000円前後

気になる料金ですが、私が見た限りでは「1文字1円前後」です。

1記事あたり1000円前後になります。

(詳しくは「CROWD」のページを見て下さい。)

これを安いとみるか、高いと見るかは難しいところですが、私は「質の良い記事が出来上がるなら全然安い」と感じました。

(ちなみに私はライターをしていた頃は1文字1円で書かせてもらっていました。でも、私としてはもっと高い方が嬉しかったです。なにより、長時間PCに向かうので体調が物凄く悪くなってしまったため、地獄のような状態で日々文章を書いていました。その状況を考えると1文字10円位にしてほしいくらいでした。贅沢言い過ぎですか?^^;)

出来上がる記事の質は頼んでみないことにはわかりませんが、少なくとも1度は試してみる価値はあると思います。

1文字1円で、1記事1000文字とすると、「1記事1000円」で外注することができます。

記事の外注はアドセンスと親和性が高い

思ったのは記事の外注はアドセンスと親和性が高いように思います。

ASPアフィリエイトの場合、そのサービスや商品を紹介するための文章(≒セールス文章)のようなモノを書かなければならないので、それを外注するのはなかなか難しように思います。

でも、アドセンス記事ならばそもそも特定のサービスや商品を紹介しなくても済むわけですから、「アクセスさえ呼び込めればチャリンチャリンとお金が入ってくる」という状況を作り出せると思います。

私はまだ購入してませんが「ノーワーク・アドセンス」というアドセンス教材の発行者によると、

アドセンスと親和性の高いテーマを選べば、アドセンスだけで一家を養っていけるくらいの収入にはなる、しかもほったらかしで。というようなことを言っていました。

記事の外注×アドセンス=ほったらかし収入

ですから「CROWD」を使ってアドセンスと親和性の高いテーマ(高単価、クリックされやすい=悩み・痛み系)の記事を外注すれば、もしかしたら数千円から数万円の費用で「ほったらかしアドセンス収入」を作れるかもしれません。

さっき、試しに「保険系」のテーマで料金シミュレーションしてみたところ、1000円ちょっとで外注できるようです。(1記事1000文字)

結構いいかもしれません。

私も機会があったら試してみようと思います。

スポンサーリンク

関連記事

ブログ更新情報を受け取る
フォローして受け取る


RSS購読する
follow us in feedly
最新記事

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示