1. Top
  2. » その他
  3. » 五感に入る情報を遮断すると、ご飯(食事・料理)が3倍以上は美味しくなる。

五感に入る情報を遮断すると、ご飯(食事・料理)が3倍以上は美味しくなる。

スポンサーリンク

最近気づいたことがあります。

ある方法を実践することで、いつも食べていた食事(朝飯・昼飯・夕飯)が3倍以上も美味しくなるということを。

いきなり結論を言いますが、「情報を遮断すればするほど、食事が美味しくなる」ことに気づきました。

テレビを消すと、ご飯が美味くなる

例えば、一人暮らしですと、夕飯を食べる時はテレビをつけていることが多いと思います。1人って寂しいですしね。

私はある時、このテレビを消して、静かな中で1人食事を摂ってみました。

そしたら物凄く美味しかったです。

今度試しにやってみてください。

全然違いますよ!

これは、テレビをつけながら食事をすると、意識(脳のエネルギーの一部とでも言いますか)が、テレビに分散されます。100あるエネルギーの内の例えば50パーセントがテレビ、残りの50パーセントが食事(味覚・嗅覚・触覚)ということになります。

この状態では、食物の味や臭いなどに完全に集中することができません。全神経を食事に集中させることができません。

なので、テレビを見ながらの食事ですと、完全に「食」に集中できないため、料理の繊細な味、香り、舌触り、を感じることができなくなると思います。というか、私自身はそう体験&確信しています。

そのため、テレビを消して食事をすると、いつもにも増して料理が美味しくなる、ということになります(という経験をしました)。

モグモグする時、目を閉じても美味しくなる

そして今度は食物を口に入れたら、目を閉じてみてください。

これもまた、視覚を遮断することで、より味覚、触覚、嗅覚に集中しやすくなります。

人間は視覚から90%以上の情報を吸収していると言われていますから、その視覚を遮断してみると、そこに割いていたエネルギーの全てが残りの五感に流れ込むことになります。

そうすることで、より料理が美味しくなります。未知の味さえ出てくるかも知れません(笑)。

テーブルの上の余計なモノを全て片付けると美味しくなる

そしてまた今度は、料理を載せるテーブルの上を綺麗さっぱり片付けてみてください。

私自身がそうだったのですが、普段は料理を載せるテーブルの上に、

  • テレビのリモコン
  • ノート
  • ボールペン
  • 炊飯器
  • パソコン

などが乗っかっているのですが、

ある時、これら全てを綺麗さっぱり片付けて、まっさらな状態で食事をしてみました(この時テレビも消しました)。

そしたら、料理ってこんなにも美味しかったのか!!と思うほど美味しかったです。

これは目に入る(視覚)情報のほとんどが料理だけになったため、それまで、パソコンやテレビのリモコンに割いていた注意力の全てが、料理に集中されたためだと思います。

いま目の前にある料理に完全に集中できたので、今まで感じることができなかった、料理の繊細な部分、ダイナミックな部分が感じることができたのだと思います。

これもぜひ、試してみてください。全然違うはずです。

テレビを見ながらの飲酒はペース配分を間違える、という話

酒を飲む時に人と話していたり、テレビを見たりしていると「酒を飲むペースが速くなる(多く飲んでしまう)」という話があります。

これは、意識が他の部分に行ってしまうため、「どれくらい酒を飲んだか」「今、自分がどれくらい酔っ払ってるか」「あとどれくらい飲めるか」が、自分自身でわからなくなる、からだと思います。

余計な情報を遮断するとご飯(料理・食事)が3倍は美味しくなる

次のような余計な情報がある中、

  • テーブルが散らかっていたり
  • テレビを付けていたり
  • 考え事をしたり

そんな状態で食事をすると、それらに意識(五感)のエネルギーが割かれるため、「その食事の本当の味」を味わえなくなるのだと思います。

そんな時、そこに割いていた意識(五感)を遮断すると、

それまで感じることのできなかった、「本当の料理の味(美味しさ)」を感じることができると、私自身は実感しています。

その味の変化は「今までの3倍以上は美味しい」と感じるくらいです。

もしよければ、ぜひ試してみてください。

ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

ブログ更新情報を受け取る
フォローして受け取る


RSS購読する
follow us in feedly
最新記事

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示