1. Top
  2. » その他
  3. » ひび、あかぎれ対策のためのハンドクリーム「メンソレータムビタミンクリーム」と「ユースキンA」を比べてみた。

ひび、あかぎれ対策のためのハンドクリーム「メンソレータムビタミンクリーム」と「ユースキンA」を比べてみた。

スポンサーリンク
私はこの間まで日本酒作りをしていて、日本酒作りというのは、想像以上に寒い場所で“水で洗い物を何度も”しなければなりませんでした。

ですから、簡単に指先の皮膚がパックリと裂けます。

これが痛い痛い。

日本酒作りでは、乳酸という酸っぱいモノを扱うことがあるのですが、これが傷口に入ると、そこら辺を走り回りたくなるほどに、痛いです。本当に(笑)

で、これはいかん!

ということで、

良いハンドクリームを探しまくりました。

まずニベアを使ってみましたがこれはダメでした。

そもそもこれは「手あれ」に特化したものではありませんでした。ですから、効きは実際に弱かったです。パックリと割れてしまった傷口にいくら塗っても、私の場合は効果はありませんでした。

最初は何も考えずにニベアを買って塗ってみたのですが、

「そうかハンドクリームで、しかも、ひび・あかぎれに特化したモノが効くはず!」

と思い直して、近所の薬局を走り回りました。

すると、どの薬局でもひび・あかぎれ対策の主力商品は次の2つでした。
実店舗である薬局は「基本的には売れるモノを展示している」はずです。

そして「売れるモノとは商品がリピート購入されるモノであり、リピート購入されるということは“実際に効いたモノ”」であるはずです。

このような推測から、

私はロート製薬の「メンソレータムビタミンクリーム」とユースキン製薬の「ユースキンA」が手のひび・あかぎれに効くハンドクリームであるはずだ、と当たりをつけました。

そして実際にこの2つを購入。

パックリ割れた傷口に、それぞれ数日くらい塗ってみて試してみました。

その結果、

メンソレータムビタミンクリームの方が効きました。


Amazonを見てみると、ユースキンAの方が人気があるように思うのですが、ユースキンAは効くにはきくのですが、ロート製薬のメンソレータムビタミンクリームの方が効きが早かったです。

なので、個人的にはロート製薬のメンソレータムビタミンクリームをおすすめします。

また、もしパックリ割れてしまった傷口をハイスピードで治したいなら、BAND-AIDがオススメです。本当に早く治ります。水仕事用タイプもありますから、それを使うとなお良いです。

あとは完全予防には「水仕事をする時には手袋をする」ことですね。状況や職種などにもよると思いますけど。

私の場合、日本酒という口に入るモノを扱う仕事でしたので、仕事中はハンドクリームを塗ることができませんでした。ですから、BAND-AIDで傷口を塞ぎながら作業したり、手袋を使える作業の時は手袋をはめて洗い物などをしていました。そして家に帰ってきたらメンソレータムビタミンクリームを塗って保湿や傷口の補修などをしていました。

参考になれば幸いです。

ではではっ。
スポンサーリンク

関連記事

ブログ更新情報を受け取る
フォローして受け取る


RSS購読する
follow us in feedly
最新記事

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示