1. Top
  2. » その他
  3. » 【実体験】BAND-AID(バンドエイド)キズパワーパッドは「軽度のやけど」にも使える

【実体験】BAND-AID(バンドエイド)キズパワーパッドは「軽度のやけど」にも使える

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社のBAND-AID(バンドエイド)キズパワーパッドは「軽度のやけど(火傷、熱傷)」にも使えます。


私はこないだまで日本酒作りの会社で働いていました。

日本酒を作る時、米を蒸すのですが、その時、相当に高温の蒸気を使います。余裕で100度を超えているはずです。

蒸気の開け閉めをするバルブがあるのですが、その開け閉めの時に誤って、超高温のパイプに手の甲をくっつけてしまいました。

「あっつ!!!」

と感じて、瞬間的に手をこちら側に引き戻したのですが、とき既に遅し。

手の甲の皮膚の一部が丸々剥げて、パイプの方にくっついていました。

それから水でしばらく水で冷やしたり、氷で冷やしたりもしたのですが、その冷やしている最中、

ふと、

「キズパワーパッドって火傷にも使えないのかな?」

と思いました。

傷口をしばらく冷やして「もういっかな」と思い、バッグに入れておいたキズパワーパッドの説明書を読んで見ると・・、

ありました!

“使える傷口”の部分に「軽度の熱傷」と書いてありました。

「軽度ってどれくらい??」とも思いましたが、個人的に病院が大っ嫌いで行きたくなかったので、バンドエイドで治すことに決めました。

「うん、俺の火傷は軽度に違いない」と自分自身に言い聞かせながら(笑)。

幸い、剥がれた皮膚の部分は持っていたキズパワーパッドに収まるサイズでしたので、そこに貼り付けて、それからたしか4週間くらい、仕事と普段の生活を続けました。

(※正確には、作業や生活でキズパワーパッドが剥がれてくるので、その都度、張り替えました。たしか約4週間で3回か4回張り替えたと思います。)

そしたらそしたら、

かなり綺麗に治りました!

火傷をしたのが、確か2017年の11月くらいだったと思うのですが、今はよく見ないと傷跡かどうかがわからないほどに目立たなくなってきています。

なので、BAND-AID(バンドエイド)キズパワーパッドは軽度の火傷にも使えますよ。

どれくらいが軽度なのか?は個人の判断になりますが(笑)

んではではではっ。
スポンサーリンク
たった90日で成績ビリから、いきなりトップに躍り出た方法

関連記事

ブログ更新情報を受け取る
フォローして受け取る


RSS購読する
follow us in feedly
最新記事

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示