1. Top
  2. » 脳、肉体、精神
  3. » 空腹から一気に食べ過ぎると胃が痛くなる(最初は背中が寒かった)

空腹から一気に食べ過ぎると胃が痛くなる(最初は背中が寒かった)

こないだ「らくスパ・カフェ」というスーパー銭湯のような所に行きました。

そこは大量の漫画や雑誌、本、無料のインターネット、軽食、などがあり、長時間くつろげるのですが、

お金があまり無かったのもあって、食事を少しケチりました。

いつもなら夕飯を食べている時間にも関わらず、ずーっとコーヒーを飲んで(砂糖を多めに入れて)しのいでいましたし、空腹がきつくなってきたので、オムライスを1つ頼んで、彼女と2人で食べたりしていました。

そうして、夜の12時頃に家に付いて、そこでまたパスタを少々を食べて就寝。

次の日の昼頃に起きた時には、かなりの空腹で「早くご飯を食べたい!」という気持ちが強く、ご飯を炊いて、結構大量に食べました。それも急いで。

そしたら、その時彼女は「胃が固くなってる」と自分の身体のことを言っていました(体調不良はなかったようです)。

その後、私の身体に異変が起こりました。

背中がドンドン寒くなってきました。

背中にずーと寒気を感じている状態です。

そう、まるで風邪を引いた状態です。

あまりにも症状が風邪と似ているので、最初は風邪とも思ったのですが、どうも感覚的には風邪ではないように感じていました。

寒くて寒くて、部屋の中でジャンバーを着て、ネックウォーマーを着て、エアコンの暖房を全開にして過ごしていました。

「背中の寒気が少し良くなってきたかな・・」

と思っていたら、今度は胃が痛くなってきました。

胃がじんわりと寒くて痛いような感覚です。

この胃が痛い時間は長く、しばらく続きました。

あまりにも続くので、それと身体全体にも寒気を感じていましたので、私は温かいお風呂に入りました。

身体を温めれば何かが良くなるかもしれない、と思ったからです。

お風呂に入ったら、少しは良くなりましたが、胃の痛みはまだ続いていました。

だいたい6時間くらい、胃は痛かったと思います。

で、思い当たったのです。

「これって昨日の夜、ずっと空腹で、昼にいきなり大量のご飯を食べたからじゃね?胃がビックリしたんだきっと。」

断食の世界では断食明け(断食をやめて食事をするタイミング)に、ご飯を大量に食べるのは絶対的にNGなんだそうです。

胃がビックリしてしまいますし、場合によっては腸捻転の危険性もあるそうです。

なので断食の世界では断食明けの食事はかなり優しい、消化に良いモノを少量ずつ食べていく、ということを行います。

これを思い出しました。

前日、空腹時間があまりにも長かったため、身体が断食状態になっていたのだと思います。そこへ、大量のご飯を急に食べたせいで胃がビックリ(おそらく胃の痙攣か荒れ?)したのだと思います。

長時間の空腹後にご飯を急に大量に食べるだけで、ここまで体調が崩れるとは思いませんでした(笑)。

なのであなたも注意してください。

余談ですが、前に2日間の絶食をしたことがあるのですが、その絶食明けは、普通にご飯を食べましたが胃がビックリして体調を崩すことは無かったです。この違いは何なんですかねぇ。

2日間の絶食時にはわりと普通に「あれ、2日食べないでもなんともない」という感じで、ノンストレスで食事をしなかったのですが、今回は「結構、我慢していた」ので、このストレスで胃が縮こまったのかもしれません。

いずれにしろ、無理に食事を我慢するのは良いことではないですね。

人間、自然が一番です。

ではではっ。
スポンサーリンク
たった90日で成績ビリから、いきなりトップに躍り出た方法

関連記事

ブログ更新情報を受け取る
フォローして受け取る


RSS購読する
follow us in feedly
最新記事

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

最新記事
カテゴリ
ブログ更新情報を受け取る

フォローしてチェックする


RSS購読する
follow us in feedly
最新コメント
リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示